【2018年版】東京都のおすすめ花火大会の情報を大公開♪

少しずつ暖かくなり、もうすぐ夏ですね!夏といえば「花火」。ということで、今回は東京都内で行われるおすすめの花火大会を、日程順に4つ公開しちゃいます!東京都内にお住まいの方や、都心の花火大会に行きたい!という方は必見ですよ◎こちらの記事を参考にして、夏の風物詩である花火を楽しむ予定を立ててみてくださいね♪
この記事の目次

【東京都の花火大会】その1. 足立の花火

「足立の花火」の日程◎

まず最初にご紹介する東京都のおすすめ花火大会は、足立区「荒川」の河川敷で行われる「足立の花火」です!
こちらは都内でも特に早い日程で行われ、例年多くの人が訪れる人気の花火大会なんですよ♪

気になる日程は、7月21日(土)19:30~20:30の1時間で、約13,600発のも花火が打ち上げられます◎
雨天時の開催は未定となっているので、公式サイトをご覧ください。

「足立の花火」会場へのアクセス方法♪

こちらの花火大会は「荒川」の河川敷、西新井橋と千住新橋間で打ち上げられます。
打ち上げる会場の最寄り駅はJR他各線「北千住駅」、東武スカイツリーライン「小菅駅」、「五反野駅」、「梅島駅」から徒歩15分ほどとなっています。

駐車場はないため、交通機関を利用したアクセスをおすすめします◎

「足立の花火」の有料席情報を大公開!

花火大会というと混雑はつきものですよね?混雑が苦手な方に「有料席」をご紹介します!
「足立の花火」では、有料席は1人席~4人席まで用意されていて、価格は¥5,000(税込)~と比較的お手頃な価格設定になっているんですよ♪

席は千住側と西新井側に分かれており、千住側の有料席は主に1人用のシングルシートでの利用、西新井側は2人用のペアシートから4人用のガーデンチェアまでそろっているので、ご利用に合わせた席をお選びください☆

販売期間は2018年6月23日(土)10:00~2018年7月20日(金)23:59です。
こちらは売切れ次第終了だそうなので、ご利用の方はお早目に◎

【東京都の花火大会】その2. 隅田川花火大会

「隅田川花火大会」の日程◎

続いてご紹介する東京都で行われる花火大会は、「隅田川花火大会」です!
こちらは東京都内でも最大級の規模を誇り、日本でも有数の花火大会としても有名ですね♪

「隅田川花火大会」は例年隅田川の上流と下流、2か所に会場を分けて打ち上げを行うのですが、合計で約2万発を打ち上げるというからびっくり!

気になる日程は、2018年7月28日(土)19:00~20:30となっています!
荒天時は翌日に延期、両日実施できない場合は中止になるそう。詳しくは公式サイトをご覧くださいね◎

「隅田川花火大会」会場へのアクセス方法♪

aumo編集部

「隅田川花火大会」の第1会場となる、上流側の会場は桜橋付近となり、最寄り駅は「浅草駅」、「曳舟駅」からは徒歩15分ほど、「押上駅」からは徒歩16分ほどとなっています!

第2会場となる、下流側の会場は厩橋付近となり、「蔵前駅」から徒歩約6分、「浅草駅」から徒歩約11分、「両国駅」からは徒歩約16分、となっていますよ!

どちらの会場も浅草から近いので、日中に浅草を観光し、夜は花火大会を楽しむプランもおすすめです♪

「隅田川花火大会」の有料席情報を大公開!

都内でも有数の花火大会なだけに気になる有料席ですが、「隅田川花火大会」では、例年有料席と協賛席というものが用意されています♪

有料席でも特におすすめなのが、東京スカイツリーの展望台!
今年は展望フロアで隅田川花火大会を楽しめるチケットの抽選販売のほか、スカイツリーで花火大会を楽しめるツアーも組まれるそうですよ♪
期間は2018年6月11日(月)から順次販売開始だそう。詳しくは公式サイトをご覧くださいね!

【東京都の花火大会】その3. 江東花火大会

「江東花火大会」の日程◎

3つ目にご紹介する東京都で行われる花火大会は、「江東花火大会」です!
こちらは荒川河川敷で行われる花火大会で、打ち上げる数は約4000発と近辺では控えめな規模ですが、東京都内でも特に人気なんですよ♪

気になる日程は、2018年8月1日(水)19:30にセレモニーが始まり、打ち上げ時間は19:40~20:30となっています!
雨天時は小雨の場合決行。荒天時は中止になるそう。詳しくは公式サイトをご覧くださいね!

「江東花火大会」会場へのアクセス方法♪

「江東花火大会」の打ち上げ会場である、砂町水辺公園の最寄り駅は「南砂町駅」です。こちらからは徒歩15分ほどで行くことができますよ♪

また例年、会場周辺は交通規制する場合が多いため、車での利用は避け、交通機関を利用したアクセスをおすすめします◎

「江東花火大会」有料席情報は?

「江東花火大会」のでは有料席は用意されないため、おすすめの花火の楽しみ方をご紹介しますね♪

まず最初におすすめするのは、花火の打ち上げ会場の近くにある「荒川砂町水辺公園」です!
こちらからは打ち上げ会場までの距離がとても近く、大迫力の花火が楽しめるのでぜひご覧いただきたいスポットです!
当日は混み合うので、早めに場所取りをすることをおすすめしますよ◎

そしてもう1つおすすめしたいのは「屋形船」。屋形船から眺める花火も風情があっていいものですよね♪
花火大会当日に飲み会を任された幹事さんにはこちらが特におすすめ◎

【東京都の花火大会】その4.調布花火大会

「調布花火大会」の日程◎

最後にご紹介する東京都で行われる花火大会は、「調布花火大会」です!
こちらは秋口に調布市内の玉川周辺で行われる花火大会で、3か所に分かれて打ち上げられるんです♪打ち上げる数は合計で約10,000発!東京都内でも屈指の人気を誇る花火大会なんですよ◎

そして日程ですが、2018年10月27日(土)開会式が17:00から行われたのち、17:30~18:30で打ち上げとなっています☆
雨天時は中止。実施の可否は当日朝に公式サイトで発表されるそうなので、詳しくは公式サイトをご覧くださいね!

「調布花火大会」会場へのアクセス方法♪

「調布花火大会」の1つ目の会場である、布田会場は「布田駅」から徒歩20分ほど、「調布駅」からは徒歩25分ほどと少し距離はありますが、周りには高い建物が少なく、比較的見やすい会場となっています◎

2つ目の会場である、京王多摩川会場は「京王多摩川駅」から徒歩10分ほど、「調布駅」から徒歩20分ほどと3つの会場の中ではアクセスしやすいため、おすすめの会場ですよ♪

そして3つ目の会場である、電通大グランド会場は「調布駅」、「布田駅」からそれぞれ徒歩20分ほど。こちらは河川敷にある会場で周りが開けているため見やすさでも引けを取りません☆

また、会場には駐車場がなく、例年周辺では交通規制されるため、なるべく交通機関を利用したアクセスをおすすめします!

「調布花火大会」有料席情報を大公開!

気になる「調布花火大会」の有料席ですが、開催が10月ということもあり、まだ発表はされていません。(2018年5月30日現在)
ですが、例年の通りであれば8月頃には有料席が販売されるそうなんで、公式サイトを要チェック!

毎年多くの人が訪れる「調布花火大会」は有料席も人気なため、たくさん用意されている有料席ですら1か月あれば売り切れてしまうそう。
2017年開催時には、調布市民の方限定で優先購入もできたそうなので、調布市にお住まいの方はこちらも注意してチェックしてみてくださいね♪

東京都内の花火大会は迫力が違う!

いかがでしたか?
今回は東京都内で行われる花火大会の中でも特におすすめな情報を4選、2018年版の日程と併せてご紹介しました!

これから夏のシーズン、花火大会は必須のイベントですよね♪
夏から秋にかけては、東京都内でも特に大きな花火大会が目白押し!この記事を参考に、あなたも夏の風物詩「花火大会」を存分に楽しんで、2018年の夏を満喫してみてください◎

※掲載されている情報は、2018年06月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1関西の紅葉ベストスポット3選♡〜( 安国寺・永観堂・北野天満宮…愛です♡
  2. 2【大阪】美味しくインスタ映え!大阪の最新おしゃれカフェ15選hr27ff
  3. 3新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21
  4. 4【カフェ巡り】京都旅行で行きたいおすすめカフェ4選♡yoko.
  5. 5金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポットご紹介♡aiko1019
  • aumo
  • 関東
  • 東京
  • 【2018年版】東京都のおすすめ花火大会の情報…