毎日食べたい♡東京ふわふわかき氷7選

夏らしさが増して、段々と暑くなってきたこの頃。東京でもジメジメむしむし~な日が続いていて、気分も滅入っちゃう…そんなときこそ冷たいもので、憂鬱な気分を吹き飛ばそう☆冷たいもの、それはかき氷!とくにふわふわなら文句なし!今回は、東京都内の絶品ふわふわかき氷が食べられるお店を紹介します♪

ウララ

aumo編集部

代官山駅から徒歩5分ほどのところにある「ウララ」。
おしゃれな街並みの中に突如として現れる昔懐かしい外観のこちらのお店は、居心地抜群☆
代官山というと、おしゃれな印象で少し背伸びをしてしまいがちな筆者ですが、そんな筆者でも何も気にすることなく、くつろげるのが「ウララ」のいいところ!

aumo編集部

入口には暖簾(のれん)がかかっていたり、看板もレトロで、机やいすも木やパイプでできています。
ついおばあちゃんちに来たかのような気持ちに...。
平日の昼間は、子連れのママさんたちや外国人観光客がのびのびと過ごしているので、ゆったりと過ごせますよ♪

aumo編集部

メニューはレモン・宇治小豆・いちご(期間限定)のかき氷や自家製の甘酒、夜にはアルコールなども提供しています!
氷は日光の天然氷で、蜜も下までたっぷりかけてあるので、最後まで美味しいかき氷を味わうことができますよ♡

【ウララ】
住所:東京都渋谷区猿楽町20-10
電話番号:03-3461-8506

たいやき そら

aumo編集部

吉祥寺駅から15分弱歩いたところにある「たいやきそら」のかき氷は夏限定!
かき氷をしているのは、7月から10月までの3か月間。
普段は美味しいたい焼きを売っています♡
「かき氷」と書いてある小さな暖簾が目印♪

aumo編集部

黒蜜きなこミルク

八ヶ岳の天然氷に黒蜜や抹茶、あんこなど伝統的なフレーバーがとてもよく合う!
氷は少し荒く削られているのにガリガリ感がなく、口に入れた瞬間に溶けてしまいます。

aumo編集部

岡山県産フルーツ ぶどう

数あるフレーバーの中でも筆者が特におすすめしたいのは、地方の旬なフルーツを使ったかき氷!
筆者が訪れたときは、岡山県産のフルーツでした!
なんとお店のご主人も筆者と同じ岡山県出身だそうで、ご主人自らが岡山まで仕入れに行ったそう…。
仕入れにも全力なご主人がけずるかき氷、ぜひ訪れてみてください☆

【たいやき そら】
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3-10-3
電話番号:080-2265-1704

ひみつ堂

aumo編集部

いちごみるく

かき氷といえば「ひみつ堂」という人も多いのでは?
夏だけでなく、いつでも列をなしているこちらのお店ですが、並ぶ価値ありです☆
定番のいちごみるくは、初めて訪れた際にはぜひとも食べていただきたい一品。
このかき氷を食べたとき、筆者のなかでのかき氷の概念が覆されました。
そのくらい美味しい!

aumo編集部

ロイヤルティキャラメル

「ひみつ堂」には定番のフレーバーだけでなく、少し変わったものもたくさん!
種類が多いため、メニューは日替わり。
前日に次の日のメニューがお知らせされるので要チェック☆

aumo編集部

フレンチトースト

さらにかき氷以外のメニューも!
季節によってフレンチトーストやグラタンなどその時の旬な食材を使ったものが提供されます♪

【ひみつ堂】
住所:東京都台東区谷中3-11-18
電話番号:03-3824-4132

銀座のジンジャー

aumo編集部

センガセンガナ エスプーマトッピング

銀座1丁目にある「銀座のジンジャー」は、洋風なかき氷を提供しているお店。
定番のいちごでも、センガセンガナというヨーロッパが原産国のいちごを使用しており、一般的ないちごよりも少し酸味があります。さらにジンジャー風味!
かき氷を食べているのに、なんとなくぽかぽかしてくる、そんな不思議な感覚がしてきます♪

aumo編集部

きなこ太郎

最近InstagramやTwitterで頻繁に見かけるフレーバーは「きなこ太郎」!
マスカルポーネがかかっている氷の中に黒豆が入っているんです♪
なんと上に載っている直方体のようなものは、マシュマロ!印象的です…。
これがSNS人気の秘密かもしれませんね☆

【銀座のジンジャー 銀座本店】
住所:東京都中央区銀座1-4-3 カルチェブラン・ギンザ 1F~2F
電話番号:03-3538-5011

ちもと

aumo編集部

この山のように聳(そび)え立つかき氷は、八雲もちが有名な和菓子屋さん「ちもと」のもの。
こちらのお店のかき氷の特徴は、濃厚な抹茶に程よい甘さのあんこ!さすが和菓子屋さんです。
種類によっては、氷の中から美味しい和菓子がゴロゴロと出てくるものも♡
あんこもつぶあん、こしあんと選べるので、どちらかが食べられなくても大丈夫!

ちなみに筆者は開店の少し前に行ったのですが、すでに整理券をもらうための列ができていました。
開店前に行っても最後から2番目の整理券で「16時ごろに戻ってきてください」とのことでしたので、要注意。

【ちもと】
住所:東京都目黒区八雲1-4-6
電話番号:03-3718-4643

浅草浪花屋

aumo編集部
aumo編集部

元祖たいやき麻布十番浪花家総本店から暖簾分けとして開いたという「浅草浪花屋(あさくさなにわや)」。
浅草へ訪れたら、ぜひ食べてほしいこちらのお店のかき氷!
定番だけでなく季節限定の蜜もあるこちらのお店。
フルーツのかき氷は、まるごとそのフルーツを食べていると錯覚するほど素材の味が生かされています♪

ちなみに、席数が少なく、常に何人かのお客さんがいるため、あまり大人数で行くことはおすすめしません…。

【浅草浪花屋】
住所:東京都台東区浅草2-12-4
電話番号:03-3842-0988

ぎおん徳屋 原宿店

aumo編集部

京都府祇園に本店がある「ぎおん徳屋」の味が、東京でも味わえる!
原宿でのショッピングの休憩は、ちょっとリッチに甘味をたべませんか?

aumo編集部

通年で食べられるかき氷でおすすめは「練乳氷」!
真っ白でふわふわなかき氷の上にカラフルでかわいいあられが、乙女心をくすぐります♡
練乳も濃厚でシンプルなのに大満足できる一品。

aumo編集部

こちらは筆者イチオシ、期間限定の「お番茶のかき氷」。
はちみつ漬けされたレモンのスライスが回りを取り囲んでいるという、夏らしい爽やかな一品☆
シロップは、どれだけかけてもかけすぎと思うことがないくらい、さっぱりとしていて飽きが来ない!
1年で夏にしか味わうことのできないこの味をぜひ味わってみてください♪

【ぎおん徳屋】
住所:東京都渋谷区神宮前2-31-12ユナイテッドアローズ 原宿本店 ウィメンズ館内 1階
電話番号:03-5772-6860

ふわふわかき氷で暑い夏を乗り切ろう!

いかがでしたでしょうか。
東京の夏はこれからが本番!
そんな時こそ、かき氷を食べて涼んじゃいましょう!
同じ種類でも、お店によって氷のふわふわ感や蜜の味が全く異なるので、いろんなお店をまわってみるのもいいですね♪

この記事を書いた人

関連タグ