今アツい!バスケBリーグをルール知らないけど観戦してみた@東京

アルバルク東京_009

スポーツ観戦といえばサッカー、野球、バレーボールetc……たくさんの競技がありますが中でもいまアツいのがバスケットボール!その中でも2016年に始まった新しいバスケットボールリーグ『Bリーグ』が猛烈な勢いで人気を拡大しているとのこと。

 

かっこいい!めちゃめちゃ面白そう!

今回、そんなBリーグ東地区で首位争いを繰り広げている、アルバルク東京v.s.栃木ブレックスの試合が東京、代々木第二体育館にて開催されるというので早速観戦しに行ってみました♪

まるでお祭り?様々なイベントブースや太っ腹なプレゼント

IMG_8749

まず行ってみてびっくり。平日の夜なのに代々木第二体育館はこの長蛇の列。みんな開場の時をいまかいまかと待っています。

IMG_0168

中に入るとまるでお祭りのよう。ゲームが始まる前なのに、熱気がすごいです。今回はアルバルク東京のホームゲームとあって、会場はチームカラーの赤一色。

IMG_8748

選手のグッズブースや

IMG_8766

なんとフェイスペインティングのコーナーまで。スタッフさんたちもとても元気で親切に対応してくれるので気分もアガります!

IMG_0116

こちらの綺麗なアルバルク東京サポーターの女性たちが来ているこのTシャツはなんと来場者プレゼント!(※プレゼントがない場合もあり)

観戦できてTシャツまでもらえるなんてなんてお得。会場は満員御礼なのでTシャツをみんなで着て真っ赤です。

ボルデージがたかまる!

平日の夜なのに様々な人が!

IMG_0115

おそろいのTシャツ、タオルを持っているカップルや

IMG_0107

仕事帰りのサラリーマンまで。お二人はこの後アルバルクTシャツに着替えるそうです(笑)マスコットキャラのルークも可愛い!

IMG_8780

試合前にはファンの方にインタビューなんてコーナーも。

IMG_0109

スポーツ観戦の代名詞、ビールの売り子さんまで。ゲームを観戦しながら1杯…考えるだけで最高!

スポーツ観戦なのにお洒落な雰囲気!

IMG_0117

入ってからずっと思っていて、試合が始まってから確信に変わったのですが、Bリーグの試合って本当にお洒落なんです。試合中のBGMや会場の雰囲気、試合前のチーム紹介の映像グッズもお洒落!思わずインスタグラムで自慢したくなります(笑)

ゲームスタート!!

IMG_8806

アルバルク東京公式チアのパフォーマンス(めちゃくちゃ照明もお洒落でカッコいい!)が終わるとついに試合開始!

アルバルク東京_018

試合中はみんなこのハリセン(ボードのように見えますがハリセンで音が鳴ります)をもって応援。このボードもTシャツと一緒についてきます。(※プレゼントがない場合もあり)周りとおそろいでTシャツ、ハリセンを持って応援するこの熱量は生だからこそ。

アルバルク東京_015

試合を観戦していて本当に思ったのが、とにかく目を離す暇がない!ちょっと油断しているすきに全く見ていなかったところから選手が飛んできてダンクシュートを決めたり(大迫力!)、かと思えばコートの真ん中あたりからふわっとボールが飛んできて綺麗にゴールに入ったり。

アルバルク東京_010

まるでジェットコースターのように目まぐるしくゲームが動くときもあれば、ゴールリングの周りをゆっくりとボールが回る瞬間入るか入らないか全員で固唾を呑んで見守る瞬間もあり、緩急はっきりしていて全く飽きないです。むしろ夢中です。フリースローの瞬間思わず手を握って入れ!なんて叫んでしまいました(笑)

試合終了

アルバルク東京_027

今回の試合は89-73でアルバルク東京の勝利!いやああっという間!すごかった!前半終わり同点だったりと本当に目が離せない試合でした。

Bリーグに行ってみて…

まず初心者の私が思ったのはバスケットボールの試合ってわかりやすい!勝手にプロのリーグともなるとルールがわかりにくかったり色々あるのかなあと思っていましたが全くそんなことはありませんでした。

またこんなに展開やスピードが速いスポーツ観戦は初めて!と思うくらいゲーム運びが速い!思い返しても退屈な時間は1分もありませんでした。

アルバルク東京_030

しかもBリーグは、クォーター間の空き時間やタイムアウトの時間で、チアのパフォーマンスやファンクラブ会員も含めたミニゲームなど飽きさせない工夫が垣間見え、休むことなく楽しめます。

他にも室内なので天気気温関係なく楽しめたり、新設されたばかりのリーグなのでこれからの様々な成長やドラマを余すことなく見守れるなどなど初心者でもひしひしと伝わるたくさんの魅力が詰まっていました。

アルバルク東京_001

皆さんもぜひ、こんなアツいBリーグを一度観戦してみてはいかがでしょうか?


(文/aumo編集部・hnk227.jp)