【実録】東京メトロ24時間券で、冬の都内をどれだけ遊び尽くせるか検証してみた!

東京観光するなら、ぜひチェックしておくべきなのが「東京メトロ24時間券」。東は西船橋、西は荻窪や和光市、南は豊洲や恵比寿、北は綾瀬や王子まで、東京メトロが走る全駅で乗り降り自由のチケットです!今回はそんな「東京メトロ24時間券」を使った、1DAYプランを紹介していきます♪
提供:東京地下鉄株式会社
この記事の目次

【HOW TO】東京メトロ某駅で待ち合わせ

aumo編集部

それでは早速、チケットの購入から。
当日券と前売り券の2種類があり、今回は当日券をチョイス。

東京メトロ各駅の券売機で購入可能です!

1分足らずで完了

aumo編集部

大人1人¥600(小児¥300)で手に入る「東京メトロ24時間券」。
24時間の間で4回以上乗車すると、モトを取れる計算に。

【そしてここがポイント!】
・有効期限は"24時間"なので日付をまたいでもOK!
→今回は朝の10:00に購入したので、次の日の10:00まで利用できます。

それでは早速東京観光スタート◎

【MORNING】エモい谷根千エリアで朝活を

aumo編集部

最寄駅:東京メトロ千代田線「根津」駅、又は「千駄木駅」

まずは東京の下町、谷根千エリア。
"猫の街"や"下町情緒あふれる街"と言われている、谷中~根津~千駄木までの地域のことです。

「行ってみたい」とずっと思っていたけど、初めて来たこのエリア。
タイムスリップしたかのような街並みは、毎日の生活ではなかなか味わえません!

忙しない朝からちょっと解放

aumo編集部

毎日押し寄せる朝の通勤ストレス。
今日くらいはそんな圧から解放されて、爽やかな朝を過ごしましょう!

下を向いた朝とは異なり、頭上に広がる空を見上げられる朝って、なんかイイ♡

食べ歩きだって醍醐味

aumo編集部

もちろん、気になるグルメもしっかり押さえておきましょう。
お店からの良い香りに足を止められるのも、東京観光ならでは。

"直感でおいしそうなものを選んで、食べ歩きできる"
時間を気にせず利用できる「東京メトロ24時間券」の魅力の1つです。

【LUNCH】冬はアツアツのもんじゃで温まる

aumo編集部

程よい食べ歩きは、食欲UPの良い起爆剤に。
それではランチを食べに改札を通りましょう。

"元祖"のもんじゃは一味違う…!

※画像はイメージです。
最寄駅:東京メトロ有楽町線「月島」駅

寒い冬に食べたくなるのは、アツアツのもんじゃ。

もんじゃ激戦区の月島にある「もんじゃストリート」で、直感を信じてお店をチョイス。
エモい雰囲気の店内で、大きな鉄板の上で焼くもんじゃは別格です。

せっかくの東京観光。
東京の歴史を感じる名物を食べに行ってみませんか?

【PM】おしゃウォールアートを巡りに散歩

aumo編集部

お腹も心も満たされたところで、東京散歩をしてみることに。

最近気になっていた無料スポット…。
それは"ウォールアート"です◎

宝探し感覚で見つける"ウォールアート"

aumo編集部

最寄駅:東京メトロ日比谷線「中目黒」駅

実は中目黒には、ウォールアートがたくさん潜んでいます!
特に、高架下にできた約70mのウォールアートは、今や観光名所の1つ。

まさに、"中目黒カルチャー"の発信地です。
普段は壁を"ただの壁"として素通りしていましたが、調べてみると魅力にハマる!

意外と知らない東京

aumo編集部

※画像は「厩橋際公衆トイレ」です。
最寄駅:東京メトロ銀座線「田原町」駅

唯一無二のオブジェも要チェック。
景色や雰囲気を肌で感じるのはもちろんですが、せっかくなら思い出をカメラに収めてみましょう◎

例えば、"ウォールアートのための観光"というコンセプトを決めて、「東京メトロ24時間券」を利用してみるのも◎
他にも"御朱印巡り"や"スイーツ巡り"、"雑貨巡り"など、自分の趣味を基に"行ってみたかったあの場所"を周ってみるのもおすすめ。

どんな旅でも、「東京メトロ24時間券」を使えばお得に楽しめるはず。

【EVENING】冬の夕日の美しさに感動!

aumo編集部

最寄駅:東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座」駅

楽しいことはアッという間。
朝から始まった「東京メトロ24時間券」の旅も、折り返し地点。

ですがまだまだ1日は終われません。

未加工なのに美しい

aumo編集部

冬の澄んだ空気の中でしか見られない夕焼け。
日没が早い冬だからこそ、絶妙な角度から差し込む夕日は絶景です。

普段は気づかない夕空でも、意識して見てみると胸を打たれます♪

「東京メトロ24時間券」は電車乗り放題だけでなく…?

aumo編集部

「「東京メトロ24時間券」は、お得に電車を使えるだけでしょ?」
と思っている方はもったいない!

グルメ・ショッピング・ビューティー・エンタメ・ミュージアム・庭園といった多彩な6つのカテゴリで、割引特典を受けることが可能です◎しかもその数なんと、350以上!

施設や店舗で「東京メトロ24時間券」を見せれば、リーズナブルに食事をしたり買い物をしたりできるんです◎
そんな素敵な特典、「ちかとく」を使わずにはいられませんよね。詳しくは、下の黄色いリンクをクリックしてみてください!

【NIGHT】最先端エリアからの東京の夜景

渋谷スクランブルスクエアPR事務局

最寄駅:東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷」駅

日没後の夕焼けタイムは、ほんの一瞬。
ふと空を見上げると、もう東京の空は真っ暗です。

せっかく冬に観光するなら、冬の代名詞"イルミネーション"を満喫してみるのも良いかもしれませんね!
クリスマスの時期はもちろんですが、バレンタインの頃まで開催しているイルミネーションイベントって、実はたくさんあります◎

「渋谷スクランブルスクエア」47Fからの夜景は必見

渋谷スクランブルスクエアPR事務局

最近、渋谷周辺には新しい商業施設が続々OPENしています。
特に「渋谷スクランブルスクエア」最上階からの夜景は、息を飲む美しさ。

せっかく街に繰り出したなら、トレンドを追ってみるのも大いにアリですね!
これまで知ってる印象が、ガラリと変わるかもしれません。

【DINNER】"裏"の銀座を遊び尽くす

aumo編集部

最寄駅:東京メトロ銀座線「新橋」駅
    東京メトロ有楽町線「有楽町」駅

すっかり辺りは賑やかモード。

1日の最後のスポットとして選んだのは、"東京の夜の街と言えば"な新橋・有楽町エリア。
せっかく1日楽しめるチケットをゲットしたら、24時間遊び尽くさないともったいない!

今と昔が混在する非日常空間

aumo編集部

生き物のように変わっていく"街"。
昭和レトロなお店はそのままだったり、新しいおしゃれなお店がOPENしたり…。

ちょっとカオスな街並みだからこそ、独特な雰囲気を味わえます!

1日の終わりは、"いつもの"乾杯で締める

MURA Bar 銀座裏コリドー店

何が起こるか分からないのも、東京観光の楽しみ。

「このお店に来なかったら、この道を歩いていなかったら、この人とは出会わなかった。」
なんてことも…、あるかも…?

"想像をはるかに超える、良い意味で裏切られた、超充実な東京観光"
これが今回「東京メトロ24時間券」を使った、筆者の率直な感想です◎

【画像提供】

MURA BAR 銀座裏コリドー店
詳細情報を見る
tabelog

【東京メトロ24時間券】前売り券情報はこちら

aumo編集部

「この記事を読んで、事前に買っておきたいな~!」と思っていただいた方へ。
前売り券のご案内です♪

【前売り券】は、中野駅・西船橋駅・渋谷駅<副都心線>の3駅を除く、東京メトロ定期券うりばで販売されています。
有効期限は発行日から6か月以内!こちらも【当日券】同様24時間利用可能です。

東京メトロ24時間券で、賢い東京観光

aumo編集部

「東京メトロ24時間券」の使い道はあなた次第!

趣味に没頭する旅をするも良し、ビジネスで使っても良し、コンセプトを決めてエリア内の一番遠いところに足を運んでみるも良し。

とにかく得する「東京メトロ24時間券」。
想像以上のコスパの良さに、東京観光の虜になるかも♡

※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3【2020年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【渋谷の穴場カフェ10選】ゆったりした時間をお過ごしま…
    oseraboch21
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  • aumo
  • 関東
  • 東京
  • 【実録】東京メトロ24時間券で、冬の都内をどれ…