【2019冬】北海道で流氷を見よう!もっと楽しめる方法をご紹介☆

北海道・オホーツク海は流氷の有名観光地。船に乗りながら見る方法しかないと思っていませんか?実は北海道では流氷ウォークと言った体験型のアクティビティや科学館も充実しているんですよ。今回はグルメや周辺の観光スポットと共に、より楽しむ方法を紹介します☆
この記事の目次

流氷ってなに!?北海道の流氷の時期・見どころをご紹介☆

みなさん【流氷】とは何かご存知でしょうか?
流氷とは水面を漂流している氷のことを指し、日本では北海道が観光スポットとなっています。その中でも知床・紋別・網走は有名ですね♪
オホーツク海から流れてきた流氷が北海道に流れ着き、例年1月中旬から3月下旬頃の時期に見ることができます。

今回は北海道の流氷をより楽しむためのアクティビティや周辺のグルメ、流氷観光スポットをご紹介☆きっと流氷を見に行きたくなるはずです!

【北海道の流氷を楽しもう♪】1. 「知床」で流氷ウォーク☆

最初に紹介する北海道の流氷スポットは「知床」。知床では【流氷ウォーク】を楽しむことができます。「シンラ」のツアーの1つで、北海道・オホーツク沿岸を体感できる非常に珍しいアクティビティ!

流氷の上を専用のスーツを着用して歩くため、流氷をより近くに感じることができるでしょう。また氷の海に浮くこともできるため、ラッコなどの目線で流氷を堪能することも可能です。
北海道の雄大な自然を肌で感じたい方は、ぜひ行ってみてくださいね♪

シンラ
詳細情報を見る
jalan_kankou
asoview_kankou

【北海道の流氷を楽しもう♪】2. 「紋別」朝日と夕日の景色がおすすめ!

続いて紹介する北海道の流氷スポットは「紋別」。「流氷砕氷船 ガリンコ号2」は、真冬の北海道・オホーツク海を進む船です。写真のような真っ赤な船は、白い流氷の景色によく映えますね♪

先端部にあるアルキメディアンスクリューは「流氷砕氷船 ガリンコ号2」自慢の装備。ガリガリと砕いて進む船をお楽しみください!
また、6:00発の「サンライズクルーズ」や16:10発の「サンセットクルーズ」もおすすめ。普段とは違い、朝日や夕日の中で流氷を堪能するのも良いかもしれませんね。

流氷砕氷船 ガリンコ号2
詳細情報を見る
jalan_kankou

【北海道の流氷を楽しもう♪】3. 「阿寒湖」期間限定の遊覧船は必見!

次に紹介する北海道の流氷スポットは「阿寒湖」。例年4月末から5月上旬頃に運航を始める阿寒湖の遊覧船は、営業開始の約1週間限定で「阿寒湖砕氷帯観光遊覧(あかんこさいひょうたいかんこうゆうらん)」となります!

氷が貼っている湖の中を、氷を割りながら進む遊覧船は必見◎広大な阿寒湖の景色を、遊覧船に乗りながら楽しみましょう!期間限定なので、特別な雰囲気を味わいたい方にもおすすめ☆
釧路駅より車にて約90分で行くことができます。

阿寒湖遊覧船
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

【北海道の流氷を楽しもう♪】4. 「網走」で「おーろら」に乗船!

続いて紹介する北海道の流氷スポットは「網走(あばしり)」。
網走では「網走流氷観砕氷船おーろら」に乗り、オホーツク海を覆う流氷を堪能しましょう。

船は1階、2階に加えて展望デッキもある大型船!そのため、のんびり鑑賞したい方も展望デッキで流氷の迫力を感じたい方にもぴったりです◎
また運が良ければ、流氷の時期にやってくるオオワシ・アザラシ・クリオネ等の動物も見ることができますよ☆
網走駅から「おーろら」の乗船場まではバスで約10分です。

網走流氷観光砕氷船 おーろら
詳細情報を見る
jalan_kankou

【北海道の流氷を楽しもう♪】5. 「流氷物語号」で車窓から流氷を見よう♪

続いてご紹介する北海道の流氷スポットは「流氷物語号」。
こちらの列車は釧網(せんもう)線の網走駅から知床斜里(しれとこしゃり)駅の間で運転されている臨時列車!以前は「流氷ノロッコ号」という臨時列車が走っていたのですが、現在は引退した「流氷ノロッコ号」に代わりにこちらの「流氷物語号」が走行しています!
そんな「流氷物語号」のおすすめポイントは、なんといっても車窓からの景色♡
視野に広がる流氷の迫力は圧巻です。

流氷物語号

【北海道で流氷を楽しもう♪】6. 魅力満載の「オホーツク流氷館」へ!

aumo編集部

夏に流氷を見たい!という方や流氷の天使・クリオネを近くで見たい!という方、必見☆
「オホーツク流氷館」では、1年を通して流氷を常設展示やプロジェクションマッピング、オホーツクの層物たちに会うことができます!

室内をマイナス15℃に保っている「流氷体感テラス」で、本物の流氷に触れてみましょう。写真のように室内には動物も一緒に展示しており、まるで流氷を見に行っているみたいですね!

aumo編集部

飼育展示されているオホーツクの生き物も必見◎
真っ青な水槽の中で飼育されているクリオネはとても可愛く、実際に確かめてみて欲しい生き物の1つです!

そして「オホーツク流氷館」1階で「流氷ソフトクリーム」を食べるのをお忘れなく☆オホーツク海の塩を使った塩キャラメル味のソフトクリームで流氷の旅を〆ましょう。

オホーツク流氷館(天都山展望台)
詳細情報を見る
jalan_kankou

【北海道で流氷を楽しもう♪】7. 合わせていきたい!「能取岬海岸」

aumo編集部

続いて北海道で流氷を見る際に、ぜひ行って欲しいスポットを1つ紹介します。「能取岬海岸(のとろみさきかいがん)」、目の前でオホーツク海が一望できる岬ですよ。

夏は緑が生い茂っていますが、冬は雪で覆われている様子がわかりますね♪多くの観光客で賑わう遊覧船とは打って変わって、能取岬は静かで落ち着いているのが特徴◎ゆっくりと冬の北海道を楽しみたい方にぴったりです。運が良ければ、アザラシを見ることができるそう。
しっかりと防寒をして、北海道の流氷を能取岬からも堪能しましょう!

能取岬海岸
詳細情報を見る
jalan_kankou

【北海道の流氷を楽しもう♪】8. 有名グルメはここ!「リスの森」

aumo編集部
aumo編集部

最後に、北海道で流氷を見る際におすすめグルメを1つ紹介します。「リスの森」はリスの看板が目印の本格ジェラートのお店♪
地元網走の牛乳や野菜・果物を使用したジェラートは絶品です。定番のバニラやチョコチップに加えて、トウモロコシやかぼちゃ味もありますよ!

また「リスの森」に隣接する「リスノモリーノ」もおすすめ◎ピザ生地にチーズやトマトソースを挟んで揚げる「パンツェロッティ」は片手で食べることができます。
ジェラートと合わせてドライブにぴったりな1品ですよ☆

Rimo (リモ 【旧店名】リスの森)
詳細情報を見る
tabelog

雪!流氷!と言えば北海道☆冬を存分に満喫してみては?

いかがでしたか?
今回は、北海道の流氷をより楽しむための方法を紹介しました。
流氷は船の中で見るだけでなく、流氷の上を歩いたり岬でも見ることができたりと堪能する方法が非常に豊富でしたね♪

流氷の時期に北海道に行きたくなったのではないでしょうか。北海道に流氷を見に行った際には、他の観光スポットにもぜひ足を運んでみてくださいね!

あわせて読む
【時期別】北海道のアクティビティ9選!子供連れにもおすすめ◎
※掲載されている情報は、2019年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  4. 4【浅草】肉好きを魅了する"熟成たん"。仕事帰りに「たん…
    aumo Partner
  5. 5【2019年度版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ26店…
    meme1127