釧路・根室・阿寒・摩周・知床羅臼

「釧路・根室・阿寒・摩周・知床羅臼」エリアに関する情報を集めたページです。おすすめの観光スポットやおでかけスポット、グルメ情報、ホテル・宿泊施設情報など「釧路・根室・阿寒・摩周・知床羅臼」エリアに関する旬な情報をご覧になることができます。
4,210件のスポット
11件の記事
1 - 30件/4210件
1

釧路和商市場 (くしろわしょういちば)

釧路駅から249m / 北海道釧路市黒金町13-25 / 寿司・海鮮丼・定食・食堂
★★★★★
★★★★★
4.17
7件
24件
北海道釧路の市場で買ったお店を、ししゃもキンキ真ほっけめちゃくちゃ脂が乗って、美味しい‼️ししゃもメス美味しい流石北海道‼️釧路‼️ 
北海道釧路市 和商市場北海道の非常事態宣言が一応解除され、少しでも元気取り戻せたらと思い釧路和商市場に伺いました。ここでは自分好みの海鮮を買ってオリジナル海鮮丼を頂けます。楽しいしメチャメチャ美味しいです。なんとか苦境乗り越えまた活気あふれる市場に戻って欲しいと思います。新鮮で旨い海鮮丼を是非食べに来て下さい!
ジャンル:グルメ・レストラン和食寿司グルメ・レストラン和食丼もの海鮮丼グルメ・レストランレストラン(その他)定食・食堂
2

オンネトー

北海道足寄郡足寄町茂足寄 / その他
★★★★★
★★★★★
4.02
55件
212件
北海道足寄郡足寄町 オンネトー先日オンネトーの湖畔までの冬季通行止めが解除され、今年はじめて訪れました。ようやく氷が緩み始めてきた所で春手前の感じ。雌阿寒岳と阿寒富士を背景に相変わらずの美しさです。四季折々の風景を楽しみにまた今年もお世話になります。
オンネトー北海道足寄郡足寄町茂足寄TEL0156-25-2141旧足寄駅から車で60分🚗駐車場全体について駐車場は主に三か所あります。展望デッキ(展望台北登口)横、散策路出入口横オンネトー湯の滝出入口(展望台南登口)です😊
 オンネトー湯の滝を見に行きました。オンネトーの南東側、キャンプ場の駐車場から森の中を片道20分位歩きます。温泉の影響で、滝の周りだけ異質な風景です。
ジャンル:観光スポットその他
3

摩周湖

摩周駅から445m / 北海道川上郡弟子屈町 / その他
★★★★★
★★★★★
4.01
50件
194件
北海道川上郡弟子屈町 摩周湖桜の開花宣言が本州のあちこちで聞かれる様になりました。北海道も雪解けが進んできて、冬の終わりがすぐそこまで近づいて来ています。摩周湖の風景も徐々に春近しを感じさせます。北海道の桜はまだ先ですが、なんだか心が昂ぶってくるこの頃です!
摩周湖北海道川上郡弟子屈町摩周湖は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれているそうですね😊👍アクセス川湯温泉駅からバスで40分摩周駅からバスで20分駐車場 バイク 200円    普通車 500円 マイクロバス 1000円大型バス    2000円(第一展望台)第三展望台は無料です😆
摩周湖第三展望台第三展望台からはアトサヌプリ全体が良く見えます。アトサ(裸の)ヌプリ(山)臭いは漂ってきませんでした。摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。流入・流出河川がなく、摩周湖には生物が少ない。そのため有機物が堆積せず、この高い透明度が保たれているのだ。このように閉鎖的な湖である摩周湖だが、摩周の地下深くに湖の水が浸透し、摩周周辺では摩周湖の伏流水が存在している。有名な観光地である「神の子池」も摩周の伏流水によって生まれたといわれている。現在、環境保全のため、湖内、湖畔への進入は禁止。今もなお手つかずの自然が多くの人々を魅了し続けている。外出自粛中にて数年前画像
ジャンル:観光スポットその他
4

阿寒湖

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉 / その他
★★★★★
★★★★★
4.01
36件
173件
阿寒湖温泉街で8月1日からはじまった「阿寒湖カムイへの祈り〜カムイコオリパク〜」に参加してきました。「阿寒湖カムイへの祈り〜カムイコオリパク〜」は、新型コロナウイルスの収束と、コロナ患者さんの対応にあたっている医療従事者さんへの感謝の気持を、カムイ(神)に伝えるという取り組みです。船で夜の阿寒湖に行ったり、アイヌ伝統の儀式に参加したりと貴重な体験ができました!参加の際には全員マスクが配られ、イベント中はマスクの着用が必要です。使う道具の消毒や船の換気なども徹底して行われていました。安全対策をとりながらも、厳かな雰囲気の中で進められていったイベント。会場では医療従事者さんにへの募金も行われています。チケットは、阿寒湖温泉のホテルや観光案内所でご購入できます。陽が落ちた19時過ぎに、阿寒湖畔の「まりもの里桟橋」へ。ここが「阿寒湖カムイへの祈り〜カムイコオリパク〜」の集合場所です。ゲートでチケットを渡し、船に乗る時に「アイヌ文様入りマスク」や消毒用ハンドジェル、マリモに見立てた青く光る丸い玉と、願い事を書く「祈り紙」が渡されます。先ず向かうのは夜の阿寒湖。船は、20時ちょうどに真っ暗な阿寒湖へ向けて出発します。
北海道釧路市 阿寒湖温泉④2020.6.4撮影真っ青な空の中、湖面はボートが走った後の波が押し寄せています。波紋がとても綺麗に見えました。ボコボコとボッケと呼ばれる泥泡も沸きたっておりました。今回阿寒湖の素晴らしさを再認識することが出来ました!
ジャンル:観光スポットその他
6

納沙布岬

北海道根室市納沙布 / その他
★★★★★
★★★★★
4.00
20件
90件
北海道根室市の納沙布岬から見る日の出です。本土最東端にあり、日本一早い朝日に出会える納沙布岬。北海道では初日の出スポットとしても人気があり、元日にはたくさんの人が足を運びます!
日本の本土最東端の地、納沙布岬。日本で一番最初に朝日を見ることが出来ます。そして、一番最初に夕日が見られます。道東のオホーツク海側に行くと、北方領土がすぐ近くに見えます。この岬からは、歯舞群島がすぐ見えます。地平線に薄っすら見えるのが、歯舞群島です。三枚目、四枚目は、北方領土返還を祈るゲートと祈りの火です。世界平和を願い、正しい秩序の中で北方領土が帰ることを願って灯されています。祖国復帰を実現した最南端の島波照間島で自然点火させた火を灯しています。ここで、日本本土四極最東端到達証明書がもらえます。2020.10.8
沖には巡視船が浮かんでいた。北方領土を返せと書いてあり、日本の領土を占領されていることを実感した。すぐ向こうに歯舞諸島が見えていた。国後島ではないと売店の方が教えてくれた。北方領土について説明してある会館がありよくわかった。日本の最東端の景色は素晴らしかった。残念ながらここが日本の最東端となるのでしょうか。ここから肉眼で北方領土が確認出来ますが、それがまたこの地の厳しさを感じさせてくれます。そばに北方領土資料館がありますのでぜひご覧になって歴史を学んでいただきたいものです。他にも返せ北方領土納沙布岬の碑や北方館などがありますので単に最東端の地と言うことではなく、領土返還への強い思いがあることを感じとって欲しいと思います。廃墟のようなオーロラタワーが残っているのは残念ですが景色の良いところなので公園として見られるのも良いかと思います。日本一早い日の出が見られる場所とされ、縁起が良い。名物の「花咲蟹」は、茹で上がると鮮やかな赤色に染まる事で、その名が付いたとされる。晴れていれば、歯舞群島はもとより、国後島を望めるが、日本国の最大の島である択捉島は、ここからでも見えない。第二次大戦後から続く、領土問題の最前線でもある。そう、この地が日本の涯ではなく、この先が海の向こうにあるのである。長期化する問題の解決は、世代交代、着実な意思の伝達にかかっており、地元の安定した経済活動が、運動の持続に必要である。周辺には、資料館もあるが、土産物店、飲食店等も、領土問題については密接である。利用がてら会話すると、知見を深める事になるだろう。
ジャンル:観光スポットその他
7

阿寒湖アイヌコタン

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目7-19 / その他
★★★★★
★★★★★
4.00
9件
65件
とても楽しいところですね。つれないんだか、なつこいんだかわかりにくい感じが、逆に「らしさ」を感じさせてくれます。ウポポイのように、美しくまとめられた、標本的アイヌではなくて、実社会に生きる生のアイヌに出会えるところだと思いました。刺繍をしてたお母さんがたのしいのなんの…。聞けばいろいろおしえてくれて、アイヌ文化のリアルな担い手に出会える場所です。阿寒湖畔というロケーションもいいですし宿泊施設に併設という利便性も素晴らしいです土産屋さんはお店の方がみんないい人ばかりでとても気に入ってます。アイヌの伝統工芸品やアイヌ料理を出す店が軒を連ねている一角です。主に木彫彫刻が多くあります。コロポックルの彫刻はお店によって顔やデザインが違うので、沢山のお店を周りお気に入りのコロポックルを探すのが楽しいです。
ジャンル:観光スポットその他
8

釧路湿原国立公園

北海道釧路市(釧路町・標茶町・鶴居村) / 高原
★★★★★
★★★★★
4.00
15件
52件
北海道釧路郡釧路町釧路湿原と釧路川に沈む夕日とエゾシカ気温も氷点下に下がり氷が張ってます。木々の葉もすっかり落ちて、これからやってくる冬を感じさせます。釧路湿原の中で黙々とエゾシカ達が食事中。北海道でしか見られない光景。
釧路湿原の西側にある展望台。1時間ほど取れれば、遊歩道(木道)を歩いてサテライト展望台まで行くことで、湿原を堪能できる。湿地遊歩道は1周すると約2.5km。サテライト展望台までの木道だと片道約1km。道中は珍しい植物などが見られる。展望台の左側から入る時計回りの方が女坂になっているので疲れないと思う。駐車場からアクセスしやすい反時計回りで行くと急な上り階段が多く、アクロバティックなコースになる。散策コースや周辺の動植物の案内が丁寧に掲示されている。屋外の散策コース途中の案内掲示は写真が変色しているのがちょっと残念。しかしソフトクリームやミルクはとても美味しかったです。釧路湿原展望台から1周2.5㎞の遊歩道を散策しました。途中、珍しい植物を写真に撮ったり、湿原を眺めながらのゆっくり2時間でしたが、美味しい空気をたっぷり吸ってリフレッシュできました。
ジャンル:観光スポット自然景観・絶景高原
11

釧路市湿原展望台レストハウス 憩っと

北海道釧路市北斗6-11 / 定食・食堂・アイスクリーム
急上昇
★★★★★
★★★★★
3.98
6件
41件
散策路を利用して展望台経由の一周2.5キロのウォーキングをしてきました。いい運動です。夏場ですけど少し汗ばむぐらいでまわれますよ。ただ楽して展望台まで行って帰りたいなら最初に時計回りに行って展望台まで行ったら、同じ道を折り返しで戻ってください。そのまま時計回りを続けると、ハードなウォーキングが待ってます。1階は無料ですが、有料ゾーンがあり2階より屋上までも有料ゾーンになっています。料金はワンコイン五百円程度。屋上からは、広大な釧路湿原が眺められました。望遠鏡が設置されているのは、丹頂鶴の観察?と言うのは難しい感じで、手前の森林が眺望を遮っていますから、中景から遠景の湿原の様子を眺めることが中心のようです。展望台より徒歩で約小一時間歩けば、森の先にある湿原の裾野原を見ることが出来ます。健脚を試す森林浴コースになっています。住居跡の窪みが多数あり、いくつか復元されています。シカなど動物が竪穴式住居の屋根を壊すこともあるそうで、この日も修復しておられました。中に入ることもできます。北海道の歴史は本州とは違うって縄文時代が長いようで、本州で見た竪穴式よりもなんだかスマートな気がしました。手入れがいいせいかも。
15

丹頂鶴自然公園

北海道釧路市鶴丘112 / その他
★★★★★
★★★★★
3.83
4件
17件
釧路空港近辺の国道沿いの牧草地でタンチョウヅルが2羽いました。タンチョウはいつも夫婦2羽か子供がいれば夫婦と子供の3~4羽で必ず一緒に行動を共にしています。とても仲の良い家族です。秋になると畑の収穫後でたくさんのタンチョウヅルを見掛けることも良くあります。道路を歩いて横断しているという話も良く聞きます。なので交通事故に合うタンチョウもたくさんいるようです。道東では鹿、キツネ、たぬき、の他にスズメやカラス、ワシなども良く車にぶつかって亡くなっているのを見かけます。特に鹿とぶつかると車は全損になることもあるので気を付けましょう。
阿寒バスにて釧路駅前から向かいました。1020円で買った、しつげん55パス(連続5日間で5箇所見学可能な施設)の1つでもあり、釧路の旅の最終日で空港に到着するには時間があったので見学しました。渡鳥ではないタイプの丹頂が10数羽生き残っていたことから保護活動が活発になっていった歴史を知ることができたのは興味深かったです。丹頂鶴を間近で観察する事が出来ます。カメラ撮影用に金網が開けられた所が有ったりその開けられた部分のカバーが可愛いかったり手書きの説明や豆知識が付けられていたりとスタッフさんの工夫がいっぱい。大きな施設ではありませんが、展示室や売店も有り楽しめます。蚊が多いです。虫よけスプレーは必須です。親子3匹で暮らしている様子や野生のアオサギがゲージの上にとまっているところも見れました。外出自粛中にて数年前画像
ジャンル:観光スポットその他
17

あかん湖 鶴雅ウイングス

北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目 6番10号 / ホテル
★★★★★
★★★★★
3.80
3件
17件
冬に利用しました。阿寒湖はかちこちに凍っていたのでわかさぎ釣りをしました。とてもいいところでした。全体的に落ち着いた感じで、デザインもおしゃれでした。アイヌ民族の彫刻や、文様があちこちに使われているところも素敵でした。お土産屋さんも充実していました。何種類か記念のスタンプがありました。温泉もゆっくり楽しめました。是非また行きたいと思います。何度も泊まっていますが大好きなホテルです。温泉もたくさん種類があります。館内着は浴衣ではなく作務衣なのでカップルで温泉旅館に来ていると浴衣だったらいいのになーといつも思います。思い出に残る素敵なホテルでした。阿寒湖周辺巡り、楽しかったです。夜スナックでお酒を飲みながら広いホールでカラオケするのが最高でした。
ジャンル:宿泊施設ホテル
18

らーめん工房 魚一 (うおっち)

釧路駅から304m / 北海道釧路市幸町13-1 釧路丹頂市場内 / ラーメン
★★★★★
★★★★★
3.80
4件
15件
北海道釧路市 らーめん工房魚一(うおっち)北海道はラーメン王国ですが、ここ釧路はちぢれ細麺が有名な地域です。魚系醤油味が基本ですが、釧路駅近くのくしろ丹頂市場内の一角に構える魚一(うおっち)さんの魚醤ラーメンはとびっきりです🍜港町釧路ならではの多彩なメニューの中、太麺と細麺・あっさりとこってりなどが選べます😳イチオシの魚醤ラーメンはサンマベースの魚醤で、それはそれはとてもとても味わい深いのです⤴️市場の中にあるフードコート的な佇まいの中、ミシュランガイドでも紹介された出汁が効いたラーメンをご堪能下さい👍
魚醤ラーメン。釧路に行くと毎回立ち寄るらーめん屋。魚一があるのは小さい方の市場です。どのラーメンもあっさりと、こってりと選べます。写真はあっさりの方です。お腹がめちゃくちゃ空いてる時はこってりで、普通くらいならあっさりが良いかと思います。
ジャンル:グルメ・レストランラーメン
27

ラーメン まるひら

釧路駅から1877m / 北海道釧路市浦見8-1-13 / ラーメン
★★★★★
★★★★★
3.44
1件
2件
ジャンル:グルメ・レストランラーメン
28

硫黄山

摩周駅から445m / 北海道川上郡弟子屈町町 / その他
★★★★★
★★★★★
3.41
12件
65件
北海道川上郡弟子屈町 硫黄山もう何十回も行ってますが、北海道のスポットとしてもう一つ取り上げられないので紹介します。雪が積もって今は噴煙の間近までは行けませんが、それ以外のシーズンは湧き上がる噴煙と硫黄の匂いが間近に体験できますよ!その迫力は絶対オススメです。ここは摩周湖と屈斜路湖観光を合わせて楽しめますし、川湯温泉へはほんの数分です。シーズンは川湯温泉を拠点に、津別峠の雲海やさくら滝のマスの遡上、神秘漂う神の子池、世界自然遺産の知床までも楽しめます。コロナ禍が少し収まって、北海道にと計画れる方はこのルートは私のオススメでございます!
アイヌ語で「アトサヌプリ」、裸の山と呼ばれる硫黄山。山肌からはゴウゴウと音を立てながら噴煙がほとばしり、周囲には独特の硫黄の匂いが立ち込めています。レストハウスのある駐車場から山裾の砂礫を少し進むと、噴気孔のすぐ近くまで行くことができます。黄色の硫黄の結晶がいくつも見られ、勢いよく噴気があがる様はとてもダイナミック。地球の鼓動を間近に感じられる空間が広がっています。また、ここは弟子屈町の歴史の大切な1ページとなっている場所。かつて硫黄の採掘で栄えたこの山が、この地に鉄道を敷設させ、川湯温泉の発展を支えてきました。往時の活気あふれる様子に想像をめぐらせながら、歴史を感じるひとときを過ごしてみる。硫黄山は、その名のとおり良質な鉱山資源である硫黄の豊富な山。明治期にはマッチや火薬の原料として、また外貨獲得の手段としても注目を集めます。この山での本格的な硫黄採掘の開始は、明治10年。釧路の網元である佐野孫右衛門が、政府の許可を受け30数人の抗夫を使って採掘を開始しました。佐野はその後3年がかりで輸送路を開拓し、明治16年には全道一の採掘量を上げるほどの一大事業へと成長を遂げます。その後、明治20年に採掘権は安田財閥の祖、安田善次郎へと移されます。安田は釧路集置監の囚人達を使ってわずか8ヶ月で標茶までの鉄道を敷設させ、硫黄の大量輸送の道を切り開きます。この鉄道は北海道でも2番目に古いもので、沿線の近代化に貢献するとともに今日のJR釧網本線の礎を築くこととなりました。しかしこの大量輸送の実現により、硫黄資源はあっという間に枯渇し、鉄道の歴史もわずか9年で終幕。明治29年に安田は硫黄採掘事業から撤退し、採掘も中止となりました。幻のごとく消え去った原野を走る鉄道ですが、現在でも硫黄山レストハウスの横から1.5キロほどの散策路にわずかに軌跡が残されています。散策路は両側に広葉樹が茂り、新緑のころには木々が道路を覆うように見えることから「青葉トンネル」と呼ばれています。
ジャンル:観光スポットその他