雨だって、もう大丈夫。雨の日キャンプでも最大限に楽しめる方法♡

突然の雨でどうしよう!せっかくキャンプを楽しみにしていたのに!なんて途方に暮れている方、安心してください◎雨の日でも最大限に楽しめる方法を、アウトドア通の筆者がご紹介します♡ぜひ今後の参考にしてみてください!どんなキャンプになろうと、楽しめるはず♪
この記事の目次

【実践編】雨キャンプでも楽しめる♪雨の日にやっておきたいこと

「サイト選び」も大事

サイト選びは雨の日のことも考慮しましょう。

土が多い地面は、ぬかるんだり、汚れやすかったりとしがち…。それに比べて、芝生や砂利の地面は水はけがよく行動しやすいのが特徴。なので、土の地面は極力避けたほうが良いです。

キャンプの土台となるサイトも、雨への配慮が大事なんですよ◎

「タープ」は必須、こう張るべし◎

雨の日のキャンプを楽しむためには、タープの使用は必須。そして雨の設営時は、タープから設営するべし◎タープから設営することによって、雨宿りすることができるのでテントを張るのもだいぶ楽になります!

筆者の経験上、タープは急傾斜でしっかりと張るのがおすすめ。そうしなかったために、タープ上で雨が溜まり重さに耐えらず崩れてしまったなんて苦い経験も…。

また、テントを設営するときはタープに被せるか、連結できるものはさせましょう!テントに出入りする際、濡れることもないので安心。テントを立ててから気づくのは大変。

ペグの上に重りを置くなどして、強化しておくのがおすすめ!

タープ崩壊の予防として、ペグを強化するのも吉◎
雨の日には地面がぬかるんでペグが抜けてしまうなんてこともあるので、芝生などの強度の高い地面に差し込んだり、ペグの上に重りを置くなどしておくのがおすすめです。

【持ち物編】雨キャンプでも楽しめる♪雨の日対策にも必見!

必須アイテム「カッパ」

雨の日のキャンプでまずあったら便利なグッズが「カッパ」。

テントを張るにしても、何かを運ぶにしても、アウトドアは手作業がほとんど!傘をさすのはちょっと邪魔ですよね。こんな時に助かるグッズが「カッパ」なんです。全身を包んでくれるカッパだと、なお良し◎

意外と対策として忘れられがちなアイテムなので、要チェックです。

万能グッズ「ブルーシート」

続いてご紹介するアイテムは、「ブルーシート」。

「ブルーシート」は荷物の上に被せて雨を防いだりするときなど、万能に使えるんです。撤収時、びしょ濡れなテントやタープを包んで持ち帰るのにも◎

包んで持ち帰ったタープやテントは、自宅に戻って晴れの日に干しましょう♪

晴れの日にも「グラウンドシート」

続いてご紹介するのは、雨の日にテントの下に敷く「グラウンドシート」。

防水性に優れた「グラウンドシート」は、テントの下から水が染みるのを防いでくれるアウトドアグッズです。雨の日だけでなく晴れの日でも、レジャーシートとして利用したり、地面での荷物置きとして使えるので持っておいて損はない便利アイテム◎

【料理編】雨キャンプでも楽しめる♪雨の日はこうしよう!

雨だって「BBQ」をしたい!

キャンプでの楽しみの1つである「バーベキュー」。

でも雨だし、炭火だと火の粉でタープに穴が空くなんてことも。そんな時には鉄板でのBBQがおすすめです◎鉄板で焼くお肉や野菜は、炭火とはまた違った味わいになります♪

そして、鉄板なら余った具材でシメの焼きそばも作れちゃいます。

餃子パーティーはいかが?

雨の日の料理で筆者がおすすめするのは、「餃子作り」。

キャンプ椅子に腰をかけながら、タープの下でのんびり餃子を包むのもキャンプでの楽しみ方の1つ。焼いたり茹でたり、面白い具材を入れてみたり…。子供も一緒に参加できるオススメの過ごし方です♪皮を包む作業は、大人でも真剣になってしまいます(笑)

普段なかなかできないことを、雨の日のキャンプでやってましょう!

【遊び編】雨キャンプでも楽しめる♪雨でも楽しみ方無限大!

みんなで盛り上がる!「ゲーム」

続いてご紹介するのは、雨の日のキャンプでの楽しみ方♪

手軽に持ち運べる「カードゲーム」や「ボードゲーム」は、仲間や家族でワイワイ盛り上がること間違いなしのオススメアイテム◎雨の日のキャンプをより楽しくしてくれます。

近くの「体験プラン」を探してみよう

aumo編集部

雨の日の泊まりキャンプの楽しみ方としては、近くの工場見学やもの作り体験スポットを探してみるのが筆者のオススメ。

郊外には、車でドライブすれば工場見学を楽しめるところが結構あるんです。馴染みの商品ができるまでの過程をみれたり試食ができたり、子連れの家族でも楽しめる穴場スポットです◎

雨の日でもキャンプを楽しもう!

いかがでしたか?
今回は、雨の日のキャンプの楽しみ方をご紹介しました♪

普段からできる対策から、突然の雨の日での実践までご紹介したので、もう安心ですね。ちょっぴり苦労した日ほど、思い出深いものです。気を落とさず、最大限に楽しんでみてください。

晴れでも雨でも使えるキャンプの楽しみ方、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読む
【関東】キャンプ場でエンジョイしよう!筆者おすすめ13選

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  4. 4【浅草】肉好きを魅了する"熟成たん"。仕事帰りに「たん…
    aumo Partner
  5. 5【2019年度版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ26店…
    meme1127