まだ見ぬ伊豆に会いに行こう。伊豆の大自然穴場スポット4選。

東京から車で2時間。日帰りにも宿泊にもちょうど良い。そんな大人気の観光地「伊豆」をみなさんは全て知り尽くしてますか? 実はまだまだ知らない穴場ともいうべき観光スポットがあるんです。 ということで今回は自然系に絞った伊豆の穴場スポットをドドンとご紹介しちゃいます!

1. 三島スカイウォーク

aumo編集部

全長400メートル。
歩行者専用のものでは「日本最長」(※三島大吊橋公式ホームページより抜粋)を誇る吊り橋です。
2015年末に営業を開始したばかりの最新スポットで、三島の新たなランドマークになりました。
都内の人がドライブで行く目的地として近頃人気急上昇中です。

筆者が訪れた日は麗らかな快晴で富士山まで綺麗に見渡せました。
その名の通り、まるで空の上を歩いているかのような感覚になります。

aumo編集部
aumo編集部

正面から見るとこんな感じ♪
その大きさが伺えます。
主塔は44メートルにも及ぶとか。

【三島スカイウォーク】
住所:静岡県三島市笹原新田313
電話番号:055-972-0084

2. 浄蓮の滝

aumo編集部

続いてご紹介するのが浄蓮の滝。
一本の堂々とした滝が25メートル下の滝つぼまで一気に流れ落ちます。

伊豆半島のちょうど中心にあり、修善寺温泉のついでに行くのにベストです。
この滝は石川さゆりさんの名曲「天城越え」の中でも歌われていて、また曲のタイトル「天城峠」も滝から車で10分ほどで行けちゃうのでぜひ合わせて行ってみたいですね。

周辺にはわさび畑が広がり、名物「わさびアイス」も食べれちゃいます。
甘いのに辛いという矛盾の味わいをぜひ体験してみてください。

aumo編集部
aumo編集部

さらにここ浄蓮の滝ではます釣り体験ができます。
釣り具セットなどは全て借りることができるのでその場のノリでドタ参できちゃいます。
コツを掴めばどんどん釣れますよ。(ただし数量制限あり)
釣った後は店員さんが無料で処理してくれるのでご安心。
コンロを借りて、大自然の中、自然の恵みを味わってみてください。

aumo編集部

ちなみに筆者は三島からこの伊豆箱根鉄道駿豆線で修善寺まで行き、そこからバスで行きました。
車でも公共機関でも行きやすいです!

【浄蓮の滝】
住所:静岡県伊豆市湯ヶ島 892-14
電話番号:0558-85-1125

3. 田牛サンドスキー場(とうじサンドスキー場)

砂丘と海原がゼロ距離で向き合っている。
こんな奇抜な風景なかなかお目にかかれないのではないでしょうか?
しかも驚くことにこれは自然に出来上がったもの。
海風が砂を巻き上げこのような地形になったとか。

そしてここではなんとサンドスキーが楽しめちゃいます。
傾斜30度のソリで一気に滑り下りれば自然の広大さを肌を通して体験できます。
自動車で行く人はソリを持参するのをお勧めしますがバスなどで行く人は近くのお店でレンタルもできますよ。
忘れちゃ行けないのがサングラス!
日差しと砂から目を守ってくれます。

【田牛サンドスキー場】
住所:静岡県下田市田牛
電話番号:0558-22-1531

龍宮窟

まるでジブリ映画に出てきそうなこの入り江は、田牛サンドスキー場から徒歩5分で行ける「龍宮窟」。
海水の浸食によって生まれた洞窟、通称”海食洞”の天井が崩れこのような神秘的な地形になったとか。
竜宮窟上部には遊歩道があり、上下左右様々なアングルから見れますよ♪

【竜宮窟】
住所:静岡県下田市田牛
電話番号:0558-22-1531

4. 堂ヶ島

ラストを飾るのはここ堂ヶ島。
西伊豆を代表する大自然観光スポットです。
干潮時には幻の道が現れ、歩いて島まで渡れます。

ここで絶対したいのがクージング!
海に削られてできた洞窟の中を船が進んで行く様はまるで冒険家になった気分!
天窓洞という天井が開いた場所がいちばんの見どころ。
差し込む日光が反射して海水がエメナルドグリーンに映えた風景はまるで映画のワンシーンのよう。

【堂ヶ島】
住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2060

伊豆は自然の宝庫!

aumo編集部
aumo編集部

今回は伊豆半島の各地から、あまり知られていないが、確実に大自然が堪能できる穴場観光スポットを集めました。
ぜひ恋人と、友達と、家族とまだ見ぬ伊豆を探しに行ってみてはいかがですか?

この記事を書いた人

関連タグ