2人の距離がもっと近くなる。東京タワービュー&豪華ディナー付宿泊プランを先行体験

記念日。すなわちそれは、カップルにとっての大勝負。”絶対に外せない・外したくない”からこそ、ホテル選びに慎重になりませんか?そんな方にこそ、この記事がオススメです。読む読まないの判断は、一章目を読んでからでも遅くない!
提供:ロイヤルパーク汐留
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

【結論】ディナーに夜景に…二人の記念日を盛り上げること間違いなし!

aumo編集部
汐留の高層ビル群にそびえる『ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留』
こちらホテルでは、2020年4月1日から、絶景の東京タワーを眺めながら贅沢ディナー&お部屋で楽しめるスパークリングワイン付きで、しかも!12時まで滞在可能なレイトアウトまでついた1日3室限定の1泊2食付プラン「~Special Anniversary Day~」プランを販売してします。
今回はこの贅沢プランの感想を皆様にご紹介すべく、ひと足先に体験させてもらいました。
急いでいる方のために、まずは結論だけ先にお伝えしますね。
【結論】
ちょっと背伸びした、贅沢で大人な時間が二人の記念日を盛り上げる、20代カップルにオススメ!

【理由】
・東京タワーを望む夜景が美しく、ラグジュアリー
・くっつぎすぎず、放っときすぎず、接客の距離感がちょうどよくて心地よい
・1泊1室¥32,980~(2名/税・サ込)と、価格としてもちょうどよい背伸び感
・実際すでに記念日をお祝いする20~30代のカップルに人気のホテル
以下では、チェックインから翌日の朝食までをさらに詳細ルポ!
カップル目線で嬉しいポイントも記載したので、ぜひ参考にご一読ください。

---お読みいただく前に---
・この記事はおひとり様のていで進むため、絵的にちょっとシュールです。
・食事シーンは皆様の想像力で、お相手をイメージしていただけると嬉しいです。

高層ビル群の中に現れた『ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留』

aumo編集部
JR新橋駅汐留口より歩くこと約3分、スマホのマップに導かれ、レンガ色の高層ビルに辿り着きました。
『ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留』って、ここなんだ!
一見しただけでは見逃してしまいそうな看板の控えめさに、トーキョーイズムを感じます。
aumo編集部
一歩中に入ると、漆黒のエレベーターホールがお出迎え。
一般的にホテルの正面玄関から入る瞬間ってちょっぴり緊張するものですが、ロビーが高層階にある場合、エレベーターのなかで気持ちの準備ができて良し
aumo編集部
エレベーターを待っている間、宇宙をイメージしたようなデザインのアートを発見。
黒を基調とした中に青い地球が浮かび上がっていて、とてもシンボリックな空間です。

24Fには、開放的な吹き抜けが印象的なロビー

aumo編集部
エレベーターで24Fに到着すると、そこはおよそ高層階とは思えぬ吹き抜けのフロア
一歩踏み出せば、カツン、と足音が響いて、ラグジュアリーな気分に。
aumo編集部
▲螺旋階段を上がると、都心の景色が1枚の絵画のように一望できる『THE BAR』
オーセンティックな装いのホテル、静謐を重んじるホテル、フォトジェニックなホテル…etc.
さまざまなホテルがありますが、ここ、『THE BAR』はオトナが存分に笑ったり、時には静かにグラスを傾けたり、まさしく洗練された大人時間を楽しめる『ICONIC』らしい場所であり、
音響さえもアクセサリーにしてしまう空間は、どことなくN.Yを思わせます。
aumo編集部
もし記念日デートで来たのなら、このN.Yのような高層ビル群の夜景を眺めるだけで二人の仲を自然に近づけてくれそう
そんなことをメモ帳にひとりごちながら、客室フロアに接続するエレベーターで移動します。

本日宿泊する、「エコノミーダブル」のお部屋へ到着!

aumo編集部
▲まるで満月のようなウォールランプをパチリ。月面着陸したみたい?
本日宿泊させてもらうお部屋は、今回ご紹介するプランで実際に使用する「エコノミーダブル」タイプの客室。
窓からは東京タワーが望めるとあって、内心どきどき。
東京タワーって、東京出身であっても見ればやっぱりテンションが上がるものです。
aumo編集部
室内は、約20.3㎡とホテルの中でも比較的コンパクトなサイズ。
とはいえ、アイボリー系でまとめられた内装は窮屈さを感じさせないスタイリッシュさ。
aumo編集部
W160cm×L203cmサイズのベッドも、ゆったり眠れて嬉しい限りです!

機能的に収納された充実のアメニティ

aumo編集部
デスクと一体型になったコンソールの扉を開けてみると、ドリンク類がお目見え。
aumo編集部
▲コーヒー・グリーンティー・アールグレイティー・ダージリンティーの4種類に加えて、ミネラルウォーター(500ml)2本を完備
その他、フロアには自動販売機コーナーのご用意も。
ステイ中のドリンクには事欠かなそうですね。

さらにさらに、
aumo編集部
シャンパングラスとワイングラスのご用意まで!こうしたスタイリッシュなシティホテルで、グラスが常設されているのは初めて見たかも…!
グラスはやっぱり、空間の華。カップルの記念日にも贅沢をプラスしてくれそう。

もちろん、窓の外は東京タワービュー

aumo編集部
窓からは、ビル群の中に聳え立つ東京タワーが
大都市然とした混沌に、詩的な美しささえ感じます。
見渡せば、新幹線やJR、ゆりかもめなどが行き交っていて、鉄道好きには堪らない光景も!

浴室はアイボリー×ブラックの色使いが落ち着いた空間

aumo編集部
さあ、ルームツアーの続きに戻りましょう。
こちらはバスタブ・トイレ・洗面台が一体となったユニットタイプ
コンパクトながら、アイボリーとブラックの色使いが高級ブティックのよう。
この色使いって、緊張感とリラックス感が同居しているから好きです。
aumo編集部
アメニティは蓋つきのBOXに収納されていました。
なかには、歯ブラシ、コットン、綿棒、ヘアブラシ、シャワーキャップ、バスソルト、カミソリなど、ひと通りのアメニティが。
aumo編集部
こちらは可動タイプのラックに、フェイスタオル、身体を洗うためのボディタオル、ドライヤーが収納。
木製のラックがバスルームの雰囲気にもマッチしていて、しかも可動タイプなので支度の時も適当な場所に色々置けて便利!

間接照明がつくりだす、N.Yモダンな雰囲気

aumo編集部
夜はどんな感じだろう?
aumo編集部
間接照明だけ灯してみると、ウッディなヘッドボードに、アートや照明などのストレートラインがシックに映えます。
感じるのは、ここでもやはり、N.Yモダン。
「New York Ambient」というデザインコンセプトだけあって、気取らないのに、お洒落。この塩梅が絶妙です。

『HARMONY』で東京タワーを眺めながら絶品ディナー

aumo編集部
お部屋でゆっくりしていたら、そろそろディナータイム。
24Fへ戻って、フロントを通り過ぎ、今夜のレストラン『HARMONY(ハーモニー)』へ。
aumo編集部
まず店内に案内され目に飛び込んでくるのは開放的な窓一杯に広がる高層ビルの光の群。
店内のモダンでありながら、あたたかみを感じさせるインテリアが、夜景も二人の雰囲気もやさしく包み込んでくれています。
”いかにも”すぎないこのさりげなさが、人気の秘密なのかもしれません。
aumo編集部
▲ライブキッチンから放たれる臨場感も雰囲気を盛り上げます。

味、香り、彩り…五感全てで楽しむディナーコース

aumo編集部
「食前のお楽しみ」として一品目に運ばれてきたのは、”スパニッシュオムレツのトマトソース”

ひとくちのお楽しみ♪食欲を掻き立てる一品です。
aumo編集部
前菜は、「黄色ピーマンのババロア仕立て オマールエビ 蟹 ウニと共に」
aumo編集部
口に含めば、冷たいウニ・蟹・キャビアが一拍置いたのちにふわぁっと香り立つ一皿。
蟹の甘みと、ウニ・キャビアの上品な塩気が1つになり、得も言われぬ味に。
クリーム色に染まるババロアは、濃厚の一言。オマールエビをスイーツに仕立て上げたような、クリーミーな食感が口の中を満たしていきます。ひんやりとした食感に、爽やかな酸味のトマトソースが好相性。
クリーミーな食材は、長く味わいが愉しめ、より一層幸せな気持ちに。
aumo編集部
メインの魚料理は「鯛のピカタ フレッシュハーブとパルメザンクラスト レモンクリームソース」
エディブルフラワーがあしらわれ、テーブルの上も春満開。
aumo編集部
ひと口いただいて、びっくり。
淡白で引き締まった白身にハーブの香りがワンポイントとなり、そこにさっぱりとしたレモンクリームソースが絡まって、素材を引き立てます。ハーブが混じりあい、想像以上にヘルシーな味わいなんです。
添えられたパルメザンクラストと合わせてもうひと口いただくと、またまたびっくり。
パルメザンクラストは薄焼きながら芳ばしく、ひときわ料理のアクセントとして味覚をさらっていきました。
見た目に反した味わいの連続に、なんだか狐につままれた気持ち。料理って奥深い!
aumo編集部
不思議の国の料理のようなメニューを平らげ、迎えたのは「仔羊の香草スパイス焼き 温野菜とタップナード グレービーソース」
aumo編集部
仔羊、大好物なんです。沸き立つ心を押さえながら、ひと口目をパクリ。
仔羊の柔らかかつジューシーな食感コクを添えるマデラソース、仕上げとばかりにボタニカルな苦みを余韻に残すタップナード……サンドアートのように少しずつ、けれどハッキリと味わいが変化してゆきます。掴みきれないからこそもう一度確かめたくなって、次のひと口を急いてしまう。
ああ、これこそ”魔性”かな。
aumo編集部
▲デザートプレートは、テーブルの長辺を覆うほどのビッグスケール

狐につままれ、魔性に化かされ、今夜のメニューは摩訶不思議。
”美味しかったー!”のカタルシスで終わらないミステリアスな磁力が、ここにはありますね。
そうこうしているうちに、コースも終盤。
最後は「ショコラムース ミルクアイスクリーム添え」をいただきます。
aumo編集部
おおおお!こ・れ・は!
たったひと口、含んだだけなのに。
特急エレベーターでチョコレート天国へ直行しました、今。
よく味わうと、柔らかな舌触りのなかにしゃりしゃりとしたザラメのような食感が愉しめ、さらに美味しい。これは前回二品とうって変わって分かりやすい”甘党ほいほい”です。
aumo編集部
こっちはどうかな?
”抹茶のムース”をワンスクープ。
クリーミーなミルククリームを溶かしてゆくと、ほろ苦いスポンジが出現。
それさえ解けると、舌に残るは、柔らかな小豆のみ。

例えばカップルで、会話の行間に、こんなしっとりとした料理があったなら。
楽しい・美味しいだけで終わらない余韻が、より一層、二人を近づけるのかもしれません。

煌めく東京タワーを眺めながら、スパークリングワインで更に贅沢な夜を

まずは入浴で心身の疲れを解きほぐして

aumo編集部
美味しいご馳走でお腹を満たしたあとは、客室でゆっくりナイトタイムをくつろぐことに。
バスソルトを入れたお風呂で、ひと心地。
汗がじんわあり出てきて、今日の疲れが解放されていくよう。
aumo編集部
お風呂から上がったら、さらりとしたパジャマに着替えてリラックス

そうだ、そろそろスパークリングワインを持ってきてもらおうかな。
そう、このプランには”お部屋でスパークリングワイン”が付いているんです。

星空に届きそうなビル群の光とひと際輝く東京タワー

aumo編集部
▲東京タワーがいつの間にかオレンジ色に

ポンッ!
景気のよい音とともに栓を開けたら、シャンパングラスになみなみと注いで。
立ち昇る泡の向こうには、街に灯る星々。

ささやかに分け与えられた、東京の空の片隅で、二人だけの乾杯をしたら……。
きっと、この上なく甘やかな時が始まるはず。
aumo編集部
更けゆく夜をスパークリングワインとともに過ごしていたら、いつの間にか眠りに落ちていました。
明け方目が覚め、窓の外を見てみると、夜の闇とも違う、群青の空
明滅するライトは、まるで蛍のよう。

非日常って、こんなに近くにあったんだ。

翌朝は晴れ渡る東京の空のもと、「アメリカンブレックファースト」を

aumo編集部
スパークリングワインを呑んだ割には、爽やかな朝。
天気のせいか、非日常のせいか、俄然食欲が湧いてきました!
さあ、昨夜と同じ『HARMONY』で、美味しい朝食を頂こう
aumo編集部
▲前菜のプレート(チーズ/マリネフレッシュ/コールミート/ヨーグルト/フルーツ)、オレンジジュース/スクランブルエッグ/スープ/付け合わせ(ソーセージ・ベーコン・じゃがいも料理・スパイシーラタトゥイユ/サラダ パナッシェ/トースト/コーヒー)
aumo編集部
コブサラダドレッシングがたっぷりかかったサラダや、こっくり甘いコーンスープ。
その美味しさに顔をほころばせながらふと見れば、淡くかすむ青空に、東京タワーが凛とそびえて。
東京って、なんてきれいな街なんだろう。
昨日の余韻を引きずっているのか、やっぱりまだ、夢心地みたいです。
aumo編集部
大都会の絶景に目を奪われていると、注文していた卵料理が到着。
オムレツ/スクランブルエッグ/フライドエッグ/エッグベネディクトのなかから、筆者はエッグベネディクトを選択しました。
ナイフで切り分ければ、お馴染みの、黄身がとろぉり。
しっかりとした味付けも、うん、起き抜けの身体を目覚めさせてくれる感じ。

美味しい朝食を頂きながら、せわしない街を見下ろす、この特等席。
大好きな人とここで一緒に過ごしたら、それはきっと、ある種の”秘密の共有”だと思うのです。
ちょっと幸福で、ちょっと罪悪感。
カップルには欠かせないスパイス、なのかもしれません。

同プランでは、N.Yを思わせるシックモダンな「ジュニアスイートキング」の利用も

aumo編集部
『~Special Anniversary Day~ 【1日3組限定】』では、筆者が実際に宿泊体験した「エコノミー」のほか、「ジュニアスイート」1泊1室¥43,420~(2名/税・サ込)のお部屋のご用意も

今回はちょっとだけ、「ジュニアスイート」の内部を見せてもらいました。
グリーンとブラウンを基調にした、コージーでリュクスな雰囲気。
aumo編集部
約57㎡の角部屋からは、東京の景色がパノラミックに広がります。

キングタイプのベッドも、さすがは”スイート”と名の付く贅沢さ。
aumo編集部
コーヒーマシンも用意されているので、お部屋でも二人でゆったりとした時間が過ごせそう。
もちろん、窓の外には東京タワービュー
aumo編集部
パウダールームは、どことなくアーリーアメリカンを思わせるレトロな雰囲気。
スイートルームには、人気の『C.O.Bigelow(シー・オー・ビゲロウ)』のメイク落とし、洗顔料、化粧水、乳液のセットが。
aumo編集部
独立タイプのバスルームなので、心ゆくまで手足を伸ばすことができそう。

”二人の特別な日をもっと特別な日に…”
そんな時は、思い切って「ジュニアスイート」を。
きっと忘れられない二人だけの大切な思い出に変わるはず…。

人気
ホテル
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留
東京都汐留
★★★★★
★★★★★
4.07
1件
7件
ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 1枚目ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 2枚目ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 東京汐留 3枚目

新橋駅徒歩約3分・汐留駅徒歩約1分・銀座徒歩約6分の立地でビジネスにも観光にも便利。快適性と機能性を追及した全室26階以上の高層ホテルです。

“象徴的な”という意味を持つアイコニックは、東京・汐留の“象徴的な”おもてなしの拠点でありたい、という想いが込められています。 アイコニックで過ごす時間(とき)がゲストにとってより美しいものとなるように、ロビーや客室のしつらえ、ゲストに寄り添うスタッフのおもてなしから生まれる 心地よさを提供いたします。
利用シーン
ランチディナーデートドライブおしゃれリーズナブル記念日クリスマスランチデートディナーデート
感染症対策済み
住所
〒105-8333 港区東新橋1-6-3
アクセス
都営大江戸線 汐留駅から徒歩70m ゆりかもめ 新橋駅から徒歩157m ゆりかもめ 汐留駅から徒歩173m 都営浅草線 新橋駅から徒歩173m JR山手線 新橋駅から徒歩276m
宿泊時間
15:00(IN) ~ 11:00(OUT)
ユーザーのレビュー
東京都100投稿
travel
汐留のザロイヤルパークホテルの“プレミアムフロア宿泊特典”が贅沢になりました!!特別感が味わえる空気です♪小さなデザートとアイスクリームの盛合せにコーヒーまたは紅茶付きの「デザートプレートセット」オードブルプレートとスパークリングワインなどが60分間のフリーフローで楽しめる「フリーフローセット」を選ぶ事ができます♪贅沢な選択ですね✨特別な日に特別に行きたいですね♪
投稿日:2022年4月6日
公式HPが最安値(ベストレート保証)
----
1泊 4,000円〜/人
----
----
----
----
1泊 4,750円〜/人
1泊 10,500円〜/人
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2022年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年12月2日

  1. 1【スタバ福袋2023】当選結果が11月28日配信!中身…
    kabutan
  2. 2【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
    kabutan
  3. 3【2022年11月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  4. 4レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  5. 512月2日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  • aumo
  • 関東
  • 東京
  • 2人の距離がもっと近くなる。東京タワービュー&…