【2020年版】北海道で一足早く紅葉を!秋のおでかけスポット8選

北海道では、国内でも一足早く燃えるように赤く色づいた紅葉が一面に広がります。本州では色づき始めるのが10月〜ですが、北海道の早いところでは9月上旬から見頃を迎えます。今回は寒くなるからこそ早めに楽しめる紅葉スポットをはじめ、おすすめ8選をご紹介!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

1. 北海道の紅葉を地上約2,000mから空中散歩「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ」

「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ(だいせつざんそううんきょう・くろだけ)」は、山一面に広がる色鮮やかな紅葉と渓谷を空中散歩で楽しむことができる紅葉スポット。

JR石北線上川駅より道北バスで約30分、札幌市内から車で約3時間、旭川からは約1時間半のところにあります。無料の駐車場も完備されています。

ゴンドラでも徒歩でも!自分に合った紅葉狩りを

大雪山の紅葉は、標高にもよりますが9月中旬~9月下旬に見ごろを迎えます。101人乗りのゴンドラで5合目まで登ることができ、そこからはさらにリフトで7合目まで登ることができます。ロープウェイから眺める石狩川の渓谷と紅葉は絶景!

また紅葉の季節は、6:00から運行しているので、朝活にもピッタリです。自然散策路のコースならロープウェイに乗らずして片道約15分で、プチ登山気分が味わえますよ。
大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ

2. 北海道の紅葉と大自然を肌で感じる!「大沼国定公園」

「大沼国定公園(おおぬまこくていこうえん)」は、壮大な森に囲まれた3つの湖とそれに浮かぶ孤島が美しい北海道南西部に位置する自然公園。

こちらの公園はJR函館駅から特急で約20分、バスで約60分のところにあります。函館空港から車で約5分の場所にありますが、有料の駐車場が完備されているので車で来ても安心です。

静かな湖面に反射する一味違った紅葉狩り

「大沼国定公園」の紅葉の見頃は、例年10月中旬~10月下旬。

広大な敷地の中でサイクリング、ランニングやボートなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。カヌーに乗って、湖の上から湖面に映る真っ赤な紅葉を眺めるのもおすすめです!

大沼国定公園

3. 北海道でゴンドラから紅葉を贅沢に一望!「札幌国際スキー場」

スキー場の立地を生かした雄大な紅葉を眺望できるのが「札幌国際スキー場」。そんな札幌国際スキー場では2020年9月26日(土)~10月18日(日)の間、「秋祭り」を開催しており、紅葉ゴンドラと題して標高1,100mの頂上まで約15分間の空中散歩をお楽しみいただけます。紅葉ゴンドラの上り最終便は15:00と早めに出発するのでお気をつけください。

札幌市内から車で約1時間の場所にあります。入場料、駐車場ともに無料です。
(※"定山渓高原札幌国際スキー場 公式HP"参照)
札幌国際スキー場
GoToキャンペーンでお得に予約
rakuten_travelで予約

4. 北海道の紅葉に間近で触れる!幻想的な渓谷「定山渓」

「定山渓の二見吊橋(じょうざんけいのふたみつりばし)」は、北海道の定番紅葉スポット。色づいた木々の中に、ポツリとある赤い吊橋がなんとも幻想的!紅葉とのコントラストが印象的ですね。

定山渓は、JR札幌駅からバスで約1時間、札幌市内から車で約1時間かかります。車で来るときは「定山渓スポーツ公園」の無料駐車場の利用がおすすめです。

紅葉を間近で楽しめる

定山渓の紅葉の時期は例年10月中旬です。

二見吊橋周辺には温泉街があるため、宿泊スポットやランチスポットもたくさん!北海道の壮大な紅葉をゆったりと眺めながら、郷土料理に舌鼓を打つのもいいですね。

二見吊橋

5. 北海道の穴場紅葉スポット!黄金色に染まるトンネルをお散歩「北海道大学のイチョウ並木」

意外と知られていない穴場の紅葉スポットが、「北海道大学のイチョウ並木」。こちらのイチョウ並木は、北海道大学構内にあり、アクセスも抜群。北海道大学までは、JR札幌駅から徒歩約7分、地下鉄南北線北12条駅から徒歩約4分と札幌市内からのアクセスが楽々!イチョウ並木までは正門から徒歩約10分ほどです。

黄金色に色づく秋のトンネルをお散歩しよう!

イチョウ並木の見頃は、例年10月下旬から11月上旬です。秋限定で、黄金色に色づいたイチョウのトンネルを作り上げます。

夏は、青々とした緑のトンネルに早変わり。春夏秋冬、四季の変化を楽しむのもおすすめです。
北海道大学札幌キャンパス

6. 北海道で水面に反射する紅葉を!大自然が織りなす絶景「知床五湖」

北の大地の雄大な大自然とともに紅葉を味わえるスポットが、こちらの「知床五湖(しれとこごこ)」。北海道の北東部に位置し、斜里町ウトロから車で約20分の場所にあります。

例年では9月下旬頃から紅葉が始まり、10月上旬から10月下旬が見頃となっています!

知床五湖に映る色鮮やかな紅葉は必見!

知床五湖を訪れたら是非見てほしいのが、湖面に反射する紅葉!まるで、湖をオレンジ色に染めているかのようですね。知床の大自然の魅力を思う存分感じてみてください。
知床五湖

7. 北海道で話題の"青い池"と紅葉のコラボレーション「美瑛 白金青い池」

aumo編集部
北海道で話題の写真スポットになっている、北海道美瑛町の「青い池」。実は、ここでも紅葉が楽しめるんです!紅葉の時期は10月中旬から10月下旬。期間限定で、青い池が紅葉に色づく様子を見ることができます!

青い池にはJR美瑛駅から車・バスで約20分ほどで行くことができ、有料の駐車場も完備されています。

青いだけじゃない!赤と青のコラボレーションを楽しんで

青い池といえば、名前の通り神秘的なブルーの色!池にそびえる白樺の木々も幻想的な雰囲気を醸し出しています。季節によって異なるブルーやエメラルドグリーンの表情を見せてくれるので、それぞれの季節で四季の変化を楽しむのもおすすめです。
青い池

8. 北海道の山を登って紅葉を楽しむ「ニセコアンヌプリ」

最後にご紹介する北海道のおすすめ紅葉スポットは「ニセコアンヌプリ」。北海道では人気のスキー場でもあり、毎年シーズンになると全国各地から観光客が訪れます。そんな「ニセコアンヌプリ」は例年木々が鮮やかに色付くので、魅力的な紅葉スポットの1つでもあります。

麓から登山をしてもよし、途中まではゴンドラを使って登ってもよし!初心者さんにも挑戦しやすい登山コースです。ゴンドラは、2020年の秋は10月11日までの土日4日間しか営業していないのでご注意くださいね。
ニセコアンヌプリ

北海道の大自然が生み出す圧巻の紅葉を見に行こう!

いかがでしたか?
今回は、北海道の紅葉スポットを厳選して8つご紹介しました。ゴンドラに乗れたり、水面に反射する紅葉が見られたり、北海道ならではの様々な楽しみ方があります。北海道の大自然の中で息を呑むほどの絶景を満喫してみてください。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ミスド福袋2021の中身を徹底予想!発売日や予約はいつ…
    kabutan
  2. 2【2020年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  3. 3【11月27日最新版】出前館のお得なクーポンキャンペー…
    chanyama
  4. 4【2020】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗からメニ…
    Nalumi_uyu
  5. 5【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama