長野県のおすすめ温泉地【野沢温泉村】の魅力をご紹介!

冬といえば何を思い浮かべますか?筆者はウィンタースポーツと温泉が思い浮かびますね。今回はこの2つを同時に楽しめちゃう長野のおすすめ観光スポット【野沢温泉村】についてご紹介します!冬に長野を訪れるなら是非ともおすすめしたい観光地です♪

長野の温泉地【野沢温泉村】ってどんなところ?

東京から車で約3時間20分、毛無山(けなしやま)の麓に広がる温泉地、野沢温泉村。
夏場は山から流れる清流が村中の水路を駆け抜け、冬場は雪が降り積もりスキー客で賑わいます。

野沢温泉村は長野県有数の温泉地であり、村の中には十数個もの公衆浴場が点在します。様々な天然温泉をほぼ全て無料で巡ることでき、温泉好きにはたまらない観光スポット。日常と温泉が密接に関わりあった村の生活は野沢温泉村ならではの魅力です。

【野沢温泉村】
住所:長野県下高井郡野沢温泉村

【野沢温泉村】の名物、温泉めぐり♪

野沢温泉村には、13個の「外湯(そとゆ)」と呼ばれる温泉が存在します。これらの温泉は村の公衆浴場、つまり、村の人にとっては”家の外にあるお風呂”なのです。もちろん観光客の方も利用可能、タオル片手にぶらぶらと「外湯めぐり」を楽しみましょう♪

温泉が密集している地域なので「どこに行っても温泉自体は一緒なのでは?」と考えていたのですが、不思議なことに匂いや色、効能などは様々。飽きることなく温泉巡りを楽しむことができます♪

「外湯」の魅力は村の人々との交流。外湯文化は村の生活に根ざしており、村人の皆さんも外湯を利用します。村の方々と湯船で談笑できるのは野沢温泉村ならでは◎

村のシンボル【大湯】

13ある「外湯」のなかでも外せないのが「大湯(おおゆ)」。温泉街の中心にある趣たっぷりの湯屋建築は村のシンボル的存在です。

中には2種類の湯船、「ぬる湯」と「あつ湯」があります。しかし「ぬる湯」とは名ばかりでとても熱い!村人の方からすればぬるいのだそう。入るときは気をつけてくださいね!

【大湯】
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷大湯

野沢温泉村の台所【麻釜】

こちら「外湯」ではありませんが、村の名物温泉の一つ「麻釜(おがま)」。
温泉とはいっても温度は90度近く、人は浸かることができません!
村の皆さんはここで野菜を湯掻いたり、温泉卵を作ったりと台所のように活用しています。

村の生活と温泉の密接な関係を感じることができるおすすめの温泉ですね♪
温度が高く、危険なため村人以外は立ち入り禁止。柵の外から眺めましょう。

【麻釜】
住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8712-1

麻釜温泉公園 ふるさとの湯

「外湯」も良いですが、露天風呂やシャワーブースのある設備の整った温泉に入りたいという方には「麻釜温泉公園 ふるさとの湯」がおすすめ。

野沢温泉村の「外湯」は無料で入れるのが魅力ですが、もちろんシャワーなどは付いていません。
こちらの「麻釜温泉公園 ふるさとの湯」は有料ですが、一般的な温泉施設のように脱衣所、洗面台、備え付けのシャンプーなどがついているのが魅力◎また、露天風呂があるのも嬉しいですね♪

【麻釜温泉公園 ふるさとの湯】
住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8734
電話番号:0269-85-3700

冬は温泉めぐりとセットでウインタースポーツも!

野沢温泉村は、温泉街としてだけではなくスキー場としても有名。村から徒歩でアクセスできる「野沢温泉村スキー場」は36ものコースがある日本有数のビックゲレンデ。冬場はスキー客で賑わいます!

「野沢温泉村スキー場」のおすすめコースは標高1450mから一気に滑り降りることができる、全長4.5kmの「スカイラインコース」。山の尾根を縦走するようなコースになっており、常に見晴らしが良いのが魅力♪急斜面や狭い場所、新雪エリアなどがあり上級者向けのコースとなっているのでご注意ください!

また筆者が個人的におすすめしたいのが、こちらの「上ノ平ゲレンデ」にある道路標識。
冬には通行止になる県道502号線の道路標識がゲレンデの外れに頭を出しているのです。

積雪量が多い時期には道路標識に触れられるほどの高さまで雪が積もっており、道路標識をバックに写真を撮ることができます。きっと雪国らしい1枚になるので思い出にいかがですか♪

【野沢温泉村スキー場】
住所:長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷
電話番号:0269-85-3166

国の重要無形民俗文化財【道祖神祭り】

あなたは道祖神(どうそじん)をご存知ですか?
日本各地でみられる民間信仰の一つで、子孫繁栄や厄災避けのご利益があると言われています。

野沢温泉村はこの道祖神信仰が特に強いようで、村のあちこちに男女の道祖神像を見つけることができます。

そんな野沢温泉村には年に一度、1月に「道祖神祭り」という村をあげてのお祭りがあります。
江戸時代から続く歴史あるこちらのお祭りは「国の重要無形民俗文化財」に指定されており、長い歴史を今に伝える大祭です(”野沢温泉観光協会ホームページ”より抜粋)。

徹夜で作られた大きな社殿に42歳厄年の男性が登り、村人たちはそれに火をかけようとします。それを守るのは25歳厄年の村人男性。炎の中で繰り広げられる必死の攻防は迫力満点です!

火の付いたたいまつと松の木の枝で殴り合うこちらのお祭りは怪我人が続出する危険なお祭り。村人のみ参加することができます。

魅力いっぱいの温泉地【野沢温泉村】

いかがでしたか?
今回は長野県のおすすめ温泉地、野沢温泉村についてご紹介しました。ウィンタースポーツとセットで温泉も楽しむことができる”お得”な観光地なので是非訪れてみてください。また年に一度の「道祖神祭り」も外せないイベントですね。長野で温泉地をお探しの際は、こちらの記事を参考にしていただければ幸いです!

人気記事ランキング

  1. 1ディズニーランド・ディズニーシーの2017クリスマスグッズ特集♪chihiro16
  2. 2絶対行くべき!小豆島・直島の美しい観光名所8選myon48
  3. 3【女子必見】箱根で良縁祈願♡縁結びの神社で幸せを願おう!shimatta
  4. 4ひとりを楽しむ♡京都のまったり贅沢なおすすめ観光スポット11選myon48
  5. 5【クリスマスを満喫】特別な日にカップルで行きたい場所といえば…!riko42