【江ノ島】水族館LOVERが教える「新江ノ島水族館」の魅力!

江ノ島にある水族館と言えば、「新江ノ島水族館」!毎日忙しいと、癒しを求めたくなりますよね。クラゲやペンギン、イルカなど見ているだけでも疲れが吹き飛ぶ海の生き物たちが暮らしています♪今回は、水族館が大好きな筆者が魅力を伝授します!
この記事の目次

「新江ノ島水族館」ってどんなところ?

aumo編集部

神奈川県で人気のある水族館の1つとして挙げられる「新江ノ島水族館」。
休日には、カップルや家族連れで賑わっており、その人気ぶりが伺えます。

「新江ノ島水族館」は水族館の中でも大きめ!
14のエリアから成り、深海生物のようなレアな生物からイルカのような王道なものまで、いろんな生き物が展示されているんですよ♪

今回は、そんな「新江ノ島水族館」の情報を水族館に足繁く通う筆者が余すことなくご紹介します♡

「新江ノ島水族館」の基本情報

aumo編集部

まず初めに、「新江ノ島水族館」の基本情報をご紹介します♪
入場料金、年間パスポートの情報だけでなく、割引情報まで…♡
新江ノ島水族館に行く前に、1度目を通しておくと便利な情報を一挙にお伝えします。

「新江ノ島水族館」の基本情報:入場料

aumo編集部

「新江ノ島水族館」の入場料金は以下のようになっています。

大人 \2,400(税込)
高校生 \1,500(税込)
中学生・小学生 \1,000(税込)
幼児(3歳以上) \600(税込)
※2018年7月14日から大人料金が¥2,400に改定されました。(※"新江ノ島水族館公式ホームページ"参照)

高校生の方はチケットを購入の際に、水族館のチケット売り場窓口にて学生証の提示が必要なので注意!
また、障がい者手帳をお持ちの方と同伴の方は、一般料金の半額になります。(手帳の所持者1名に対して、同伴者1名まで)

「新江ノ島水族館」の基本情報:営業時間

aumo編集部

新江ノ島水族館は、なんと年中無休!
お正月から夏休みまで、いつでも訪れることができちゃいます。
営業時間は月ごとに変わるので、事前にチェックして置くのがおすすめ◎

2018年度の秋~冬にかけての営業時間は以下を参照してください♪

9月10日~9月30日 9:00~19:00(最終入場は18:00まで)
10月1日~11月30日 9:00~17:00(最終入場は16:00まで)
12月1日~12月21日 10:00~17:00(最終入場は16:00まで)
12月22日~12月25日 10:00~20:00(最終入場は19:00まで)
12月26日~12月28日 10:00~17:00(最終入場は16:00まで)
12月29日~2019年1月6日 9:00~17:00(最終入場は16:00まで)
1月7日~2月28日  10:00~17:00(最終入場は17:00まで)

幼稚園や小学校の遠足などの行事にも使用されることの多い「新江ノ島水族館」。
公式ホームページには平日の混雑予想も掲載されているので、チェックしてくださいね☆

「新江ノ島水族館」の基本情報:割引情報

aumo編集部

せっかく新江ノ島水族館に訪れたのですから、お得に利用したいですよね。
そんな方に、おすすめの割引情報をご紹介します♪
新江ノ島水族館は他の水族館と比べても、割引の種類が豊富。

各種電車の乗車券を水族館のチケット売場窓口で提示すると、入場料金が10%割引になるんですよ♡

小田急線の「江の島・鎌倉フリーパス」と「江の島1dayパスポート」、相鉄線・西武線の「江の島・鎌倉フリーパス、東急田園都市線の「東急江の島・鎌倉フリーパス」、江ノ電の「江ノ電1日乗車券 のりおりくん」、湘南モノレールの「1日フリーきっぷ」が対象になります♪(※購入者本人1名のみ有効)

また、湘南モノレールの1日フリーきっぷと水族館入場券のセットになった「モノレールdeえのすい」もあります。このプランは、湘南モノレールの大船駅の窓口にて購入可能です◎

(※"新江ノ島水族館 公式HP"抜粋)

「新江ノ島水族館」の基本情報:年間パスポート

aumo編集部

さらにお得に新江ノ島水族館を楽しみたいという方におすすめなのが、年間パスポート。

大人 \4,800(税込)
高校生 \3,000 (税込)
中学生 \2,000(税込)
小学生 \2,000(税込)
幼児(3歳以上) ¥1,200 (税込)
※2018年7月14日から大人料金が¥4,800(税込)に改定されました。(※"新江ノ島水族館公式ホームページ"参照)

新江ノ島水族館の年間パスポートは、なんと入場料金2回の値段で購入することができるんですよ♡
2回分の値段で、1年の間何回でも水族館に通えるなんて嬉しいですよね。
年間パスポートを購入する際は、1階のチケット売り場でパスポート用のチケットを購入してください。

年間パスポートを所有すると、会員限定のメール配信サービスがあったり、新江ノ島水族館にあるカフェやショップでの買い物が割引になります。新江ノ島水族館の館内だけでなく、周辺施設でも割引になるので、足を運ぶ前に要チェック!

また、年間パスポート所有者と一緒に水族館に訪れると、同伴者まで入場料金が1割引きになるんですよ♪
これなら、気になるあの人をデートに誘う口実にもなりそう…♡
年間パスポートを購入して、新江ノ島水族館を余すところ無く、楽しんじゃいましょう。

1. 新江ノ島水族館の魅力:まずは、相模原湾でお気に入りの1匹を探そう♪

aumo編集部

ここからは、筆者が実際に新江ノ島水族館に足を運んで「これだけは伝えたい…!」と感じたおすすめポイントをご紹介♪

まず初めにご紹介するのは、「相模原湾ゾーン」。こちらのコーナーでは、新江ノ島水族館が面している相模湾に生活している海洋生物が展示されているんですよ♪

相模湾は、暖流と寒流がぶつかる場所に近いこともあり、豊富な生態系を有しています。
「模湾大水槽」は新江ノ島水族館の中で1番大きい水槽で、ウツボや約8,000匹のマイワシなど、様々な生物を見ることが可能◎

「相模原湾ゾーン」では、新江ノ島水族館の飼育員が水中カメラを使って紹介する「フィンズ」と飼育員が水槽に潜り魚たちと触れ合いながらパフォーマンスを行う「uogokoro (うおゴコロ)」の2つのショーがあります。これらのショーを見れば、あなたもお気に入りの1匹を見つけられるはず…!

どちらも、相模湾の生物たちを存分に知ることができる内容になっていますよ♡

とびきり可愛い「エイ」にひと目ぼれ♡

aumo編集部

筆者も「相模原ゾーン」でお気に入りの1匹を見つけましたよ♪
こちらの写真は水槽で泳いでいた「エイ」。上から見るとキリリとした目が印象的なエイですが、お腹の方を向けると、可愛らしいもう1つのお顔が…!
お腹の方の2つの穴は、目ではなく鼻なんだとか。その可愛さに思わず写真を撮ってしまいました♡

2. 新江ノ島水族館の魅力:ゆらゆら、ふわふわ♡幻想的な空間で心を洗おう

aumo編集部
aumo編集部

新江ノ島水族館で見逃せないポイントとしてあげられる1つに、「クラゲファンタジーホール」があります。

丸い球体の水槽の中に泳ぐクラゲのはとっても幻想的!インスタ映え抜群のエリアでもあるんですよ◎
新江ノ島水族館は約60年以上に渡ってクラゲの研究を行っており、展示されるクラゲの種類もとっても豊富。
淡い照明の中にゆらゆら浮かぶクラゲを見ていると、いつの間にか時間が過ぎてしまいます…♡

無数のクラゲがロマンティックに漂う♪

aumo編集部

筆者の1番の押しのクラゲは「ブルージェリー」。
水を蹴るようにふわふわ動く様子は、なんとも言えません…!
クラゲはインスタ映えしやすいので、カメラで撮った写真をインスタに上げれば、「いいね」がもらえること間違いなし◎

3. 新江ノ島水族館の魅力:江ノ島の海を背景に「ドルフィンファンタジー」を見よう♪

aumo編集部

クラゲを存分に眺めた後は、イルカのショーなんてどうですか?
新江ノ島水族館には「きずな/kizuna」というイルカだけでなく、アシカも登場するものと、人とイルカ一体となって行う「ドルフェリア」という2種類のショーがあります。

人間とイルカのコンビネーションに拍手喝采!

aumo編集部

筆者は今回、「ドルフェリア」を観覧しました。
「ドルフェリア」のショーの中では、なんとイルカに餌を与えずに、身振りだけで指示をします。
餌をあげないので、イルカが人間と一緒に居て「楽しい!」と思ってもらえるようにすることが大切なんだとか。

「ドルフェリア」のショーを見た時、「人間とイルカはこんなにも通じ合うことができるのか!」と思わず涙がこぼれそうになりました…♡


また、「新江ノ島水族館」の「イルカショースタジアム」では、天気の良い日に江ノ島の海岸に浮かぶ富士山をバックにショーを見ることができるので、気分も爽快!

4. 新江ノ島水族館の魅力:新エリア「カワウソ ~木漏れ日のオアシス~」でカワウソを発見!

aumo編集部

続いてご紹介するのは、2018年3月に新しくできた新エリアの「カワウソ ~木漏れ日のオアシス~」。
最近いろんな水族館で見かけるカワウソですが、新江ノ島水族館のカワウソはとっても元気。
水の中を泳いだり、駆けまわったり、とにかくよく動きます♪
活発に動くので写真におさめるのに一苦労。しかし、うるうるとした瞳がとってもキュートで、そんな苦労も吹き飛んでしまいます!

沢山動いた後は、ハンモックでゆらゆらお昼寝♡

aumo編集部

カワウソの展示は、室内からだけでなくオーシャンデッキの方からも眺めることができます!
デッキ側にはハンモックが掛かっており、2匹のカワウソが仲良くじゃれ合っていました。

体を寄せ合ってハンモックの中に居る2匹を見ていて、思わずうっとり。
「こんな可愛い子が家にいてくれればいいのに…」と本気で思ってしまいました♡

カワウソを見た後はお土産コーナーへ☆

aumo編集部
aumo編集部

カワウソの水槽の横には、カワウソグッズが売っているコーナーが!
ぬいぐるみやお菓子、バッグなど様々なカワウソグッズを購入することができますよ。

自宅でカワウソを飼えない人は、こちらでカワウソのぬいぐるみを買えば、癒されるかも…♡

5. 新江ノ島水族館の魅力:ペンギンを見なきゃ「新江ノ島水族館」は終われない…!

aumo編集部

みなさん、お待たせしました…!最後を締めくくるのに相応しい、水族館のアイドル「ペンギン」がいる水槽をご紹介します。
こちらの水槽には、22匹のペンギンが飼育されているんですよ♪
新江ノ島水族館のペンギン水槽は、屋内にあるので外の天候に左右されず、快適にペンギンを眺めることが可能◎
筆者は、何時間でもペンギンを眺めていられるタイプの人間なので、室内なのはポイントが高いんです!

一方のペンギンは毛づくろいをしていたり、一方のペンギンはボーっと一点を見つめていたり…♡
見ているだけで、昨日あった嫌なことも忘れられそう。

ペンギンのキュートなお顔が間近に♡

aumo編集部

新江ノ島水族館のペンギン水槽は、足元から目線の高さまで水が入れられており、ペンギンが泳いでいる姿を間近に眺めることができます。
水槽を見ていると、ペンギンが寄って来てくれました…!わざわざ近くまで来てくれるなんて、その可愛さに感激♡
1羽ごとにお腹の模様が違ったり、動き方も個体によって変わるので、見ていて飽きません。

「ペングィーン!」でペンギンについて学ぼう♪

aumo編集部

ペンギンプールでは、「ペングィーン!」というショーが行われているんですよ♪
新江ノ島水族館で働く飼育員の方が、水槽で暮らすそれぞれのペンギンについて約15分間熱く語るショーになっています。

観覧者は、水槽の外から気になるペンギンを指名して、名前や性格などを知ることができちゃう◎
1羽1羽の個体を知ることにより、より身近にペンギンを感じられるます。

とても人気のショーなので、開始の時間になると多くの人だかりが!
モニターもあるので、後ろの方からでも見ることはできますが、「前の方で存分に楽しみたい!」という方は、早めに並んでおくことをおすすめします☆

モニターの名前を見て押しペンを決めよう!

aumo編集部

ショーでも使われるモニターは普段、ペンギン1羽1羽の写真とプロフィールが映されています。
ペンギンの羽にはタグが付けられており、その色の違いによってどの子か識別可能!

性格も書かれているので、より親近感が湧きますね♡

「フンボルト家の家系図」で関係性を確認☆

aumo編集部

また、同じモニターに新江ノ島水族館に暮らすペンギンの家系図も投影されていました!
この図を見れば、どの子が兄弟なのか一目瞭然◎
ペンギンはつがいになって行動するので、どのペンギン同士がカップルなのかも分かってしまいますよ♡

今までペンギンに興味の無かった人も、思わずファンになってしまうコンテンツが盛りだくさん◎
新江ノ島水族館に訪れた際は、絶対にチェックしてくださいね。

江ノ島に訪れた際は、水族館で癒しの時間を過ごそう♡

aumo編集部

いかがでしたか?
今回は、年間パスポートを所有するほど水族館が大好きな筆者が伝授する「新江ノ島水族館」のおすすめポイントをご紹介しました。
写真を見ているだけでも、心が癒されるのが水族館の良いところ♡
ですが、実際に行ってみると写真だけでは分からない新たな発見があなたを待っています!
もともと水族館が好きな方も、「最近あまり行ってない…」という方も楽しめる「新江ノ島水族館」へ足を運んでみませんか?

新江ノ島水族館
詳細情報を見る
jalan_kankou
asoview_yoyaku
※掲載されている情報は、2019年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【大阪】春から初夏におすすめ◎インスタ映えフラワーパーク
    mika
  4. 4【京都】水上を電車が走る?絶景の宝庫"海に近い街"
  5. 5【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908