名古屋で行ってよかった!と思えるおすすめ博物館と美術館5選を紹介

名古屋は多くの人が集まる、経済と文化の中心地。そんな名古屋には他ではなかなか見られないような魅力的な博物館や美術館が、数多く存在するんです!今回は、そんな魅力的な名古屋の博物館と美術館を厳選して5選紹介◎家族連れやカップルは必見ですよ!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

1. 名古屋の歴史を扱った常設展と、個性的な特別展が人気「名古屋市博物館」

初めに紹介するのは「名古屋市博物館」です。「名古屋市博物館」は古代から現代にいたるまでの展示が魅力!中でも「尾張の歴史」という常設展では名古屋のある「濃尾平野」における旧石器時代から戦後にいたるまでの歴史と文化の展示を行っています。徳川家に関する展示も充実しているので同じく名古屋にある「徳川美術館」と合わせて観覧するのもいいですね◎

また、1Fの特別展では時期によって実に様々な内容の興味深い展示を行っています。中でも2019年9月まで開催していた「スヌーピー展」や2018年に開催していた「レオナルドダヴィンチ展」は人気を博しました。

「名古屋市博物館」の最寄り駅は「桜山駅」。駅からは徒歩約5分で到着します。入館料は一般¥300(税込)、高校生¥200(税込)、名古屋市内在住の65歳以上は¥100(税込)で利用できます。開館時間は9:30~17:00まで。休館日は月曜日と第4火曜日、年末年始となっています。
名古屋市博物館
詳細情報を見る
jalan_kankou

2. 名古屋で恐竜からプラネタリウムまで楽しめる博物館「名古屋市科学館」

続いて紹介するのは「名古屋市科学館」です。「名古屋市科学館」では最先端の科学を扱った展示から天文室まであり、プラネタリウムの鑑賞の可能です◎子供から大人まで楽しめるようになっています。プラネタリウムは夜まで開いているのでデートに訪れるのもおすすめです♡

また「名古屋市科学館」では恐竜の展示も行っていることで有名。「マブサウルス」というティラノサウルスそっくりの大型肉食恐竜の展示を行っていて、子供から大人まで多くの人を惹きつけています♪

「名古屋市科学館」のアクセスや料金は?

「名古屋市科学館」は「伏見駅」から徒歩約5分、白川公園の中にあります。白川公園は名古屋市の都心にありながら緑あふれる公園で、秋には紅葉が楽しめます。同じ公園の中には「名古屋市美術館」があるので両方訪れるのもいいですね◎

「名古屋市科学館」の営業時間は9:30~5:00。休館日は月曜日と第3金曜日、年末年始となっています。また月によってスケジュールの変更があるので訪れる前は1度事前に公式HPをチェックしておくのがおすすめ◎
料金は展示室のみが大人¥400(税込)、大学生・高校生が¥200(税込)、中学生以下は無料となっています。プラネタリウムも鑑賞する場合、入館料との合計で大人¥800(税込)、大学・高校生が¥500(税込)、中学生以下は変わらず無料となっています。
名古屋市科学館 スイーツ展
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

3. 名古屋と言えばここ!日本の自動車産業について学べる博物館「トヨタ産業技術記念館」

続いて紹介する、名古屋おすすめの博物館は「トヨタ産業技術記念館」です。「トヨタ産業技術記念館」はまさに「日本のものづくり」の技術が体験できる博物館。博物館の展示はかなり本格的で、日本の自動車産業がたどった発展の歴史を深く学ぶことができます。車好きはもちろん、子供の自由研究の場としてかなりおすすめです◎「展示についていけるかわからない!」という方にもガイドツアーが用意されているので安心♪

「トヨタ産業技術記念館」のアクセスと営業時間は?

「トヨタ産業技術記念館」は名古屋本線「栄生駅」から徒歩約5分、「名古屋駅」からは車で約5分のところに位置しているため、「名古屋駅」からのアクセスも抜群です◎

「トヨタ産業技術記念館」の営業時間は9:30~17:00、月曜日と年末年始は休館日となっているので注意が必要です◎料金は一般が¥500(税込)。夏休みや春休みの間は小学生が無料の期間もあるので、長期休みに子供連れで訪れるのもおすすめ♪

「トヨタ産業技術記念館」には「ミュージアムカフェ」やレストランあるのでランチにも困りません。名古屋に行ったら一度は訪れてみてはいかがでしょうか。
トヨタ産業技術記念館
詳細情報を見る
jalan_kankou

4. 名古屋で鉄道について学んで遊べる博物館「リニア・鉄道館」

続いて紹介する名古屋おすすめの博物館は「リニア・鉄道館」です。「リニア・鉄道館」は日本の鉄道技術について学びを深められるだけでなく最新技術を体感できる博物館で、鉄道好きにはもちろん、子供連れの家族にもおすすめの博物館です。

「リニア・鉄道館」の展示内容は鉄道好きじゃなくても楽しめるものばかリ。例えば運転シミュレーターができる機械が何台もあり、他の博物館ではなかなか体験できない鉄道の運転を名古屋で体験することができちゃいます!また、鉄道のジオラマや新幹線・鉄道の車両が展示もされていて、何時間いても飽きないほどその展示は充実しています◎

「リニア・鉄道館」のアクセスや料金は?

「リニア・鉄道館」の最寄り駅は「金城ふ頭駅」です。ただ自動車でのアクセスには注意が必要で、「リニア・鉄道博物館」には駐車場がないので、最寄りの駐車場を利用してください。入館料は大人が¥1,000(税込)、小中高生が¥500(税込)となっています。「リニア・鉄道館」の営業時間は10:00~17:30、火曜日と年末年始は定休日なので注意しましょう!
リニア鉄道館
詳細情報を見る
jalan_kankou

5. 名古屋で博物館と一緒に訪れたい美術館【名古屋市美術館】

最後に紹介するのは「名古屋市美術館」です。「名古屋市美術館」は「名古屋市科学館」と同じ白川公園の中に位置しています。白川公園は名古屋都心にありながら緑にあふれたきれいな公園のため、デートスポットや家族の憩いの場として大変人気。博物館や美術館鑑賞後に散歩するのもよいですね◎

「名古屋市美術館」の作品は常設展で1910年~1929年にかけて、フランス・パリで勢いのあった「エコール・ド・パリ」と呼ばれる個性的な画家たちの作品や1920年代のメキシコで起こった絵画運動「メキシコ・ルネサンス」の作品のような珍しい作品を扱っています。また愛知県にゆかりのある画家の作品もあり、特別展やイベントも開催。

館内にはカフェやミュージアムショップもあるので、アート好きにとっては1日中楽しむことができます♪

「名古屋市美術館」のアクセスや料金は?

「名古屋市美術館」への最寄り駅は「名古屋駅」から1駅の「伏見駅」。駅から徒歩約8分で到着します。常設展の入館料は一般が¥300(税込)、高校・大学生が¥200(税込)、名古屋市在住の65歳以上の方は¥200(税込)、中学生は無料となっています。

休館日は基本的に毎週月曜日。月曜日が祝日の場合は翌日の平日が休館日となります。また展示替期間として年末年始や1週間~1か月ほどの休みが月によって設けられているので、訪れる際は公式HPでスケジュールの確認をしておくと安心ですね◎

名古屋の博物館と合わせて、美術館に足を運んでみるのもいかがでしょうか。
名古屋市美術館
詳細情報を見る
jalan_kankou

名古屋の博物館や美術館を訪れて、文化的な1日を過ごそう!

いかがでしたか?文化の中心でもある名古屋には、家族やカップルで訪れるべきおすすめの博物館や美術館がいっぱいあるんですよ!

天気が心配な日や夏休みの自由研究には、名古屋の博物館や美術館に是非足を運んでみてはいかがでしょうか?
あわせて読む
愛知観光がもっと充実♡名古屋から行けるオススメ美術館ご紹介!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【スタバ】元店員が伝授するおすすめのスタバマイタンブラ…
    mhp120
  2. 2【RIZAPの女性専用暗闇フィットネスに潜入】非日常空…
    aumo Partner
  3. 3【最新版】楽天カードの申し込み手順と作り方!お得な使い…
    overflow
  4. 4銀座にものまねショー!?aumo編集部が新しい遊び場を…
    aumo Partner
  5. 5【2020】名古屋で桜!名所から穴場まで絶景お花見スポ…
    shigemichi07