【大分】といえば名物グルメが盛りだくさん!肉も魚もスイーツも♪

大分といえば温泉を連想する方が多いはず。しかし!実はそこは、美味しいグルメの宝庫なのです!九州の沿岸部に位置しながらも、山も多く、自然豊かな街。それ故に、新鮮な魚やお肉が豊富に手に入ります。今回は、そんな大分で食べたい"といえば"なグルメをご紹介☆
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

大分といえばこの味!味わい方たくさん♪【とり天】

まず最初にご紹介する「大分といえば」なグルメは、「とり天」。「とり天」は、鶏肉に衣をつけて揚げた、鶏の天ぷらのこと。大分県中部地方では郷土料理として知られる、大分といえば外せない名物グルメです♪
衣はさくっと、中はふわっとした、軽い口当たりが特徴的。最初はそのまま、2口目はタレを付けて、3口目は大分県の特産物であるカボスを絞って…。1度で何通りもの味わい方ができる、満足感たっぷりなグルメです♡
大分でとり天といえば、発祥地である「レストラン東洋軒」がおすすめ。お持ち帰りもできるので、家ではもちろん、ホテルでもその味が楽しめます♪
元祖のお店で、「大分といえば」なグルメを味わってみてくださいね◎
とり天発祥の店 レストラン東洋軒
ネット予約でポイントをGET!
hot-pepper-gourmetで見る
他のサイトで見る

素朴で優しい家庭の味◎【吉野鶏めし】

続いてご紹介する「大分といえば」なグルメは、「吉野(よしの)鶏めし」。こちらは、大分県大分市にある吉野地区に伝わる郷土料理です☆
「吉野鶏めし」の作り方は簡単。砂糖と醤油で煮込んだ鶏とゴボウを、ご飯と混ぜ合わせるだけ!シンプルだからこそ楽しめる素朴な味わいは、家庭の味を彷彿とさせます。実際、大分県吉野地区でおもてなしといえば「吉野鶏めし」が出されるんだとか。
おにぎりとして出されることが多いこちらのグルメ。「大分といえば」な本場の味を味わうなら、「吉野鶏めし保存会」で頂きましょう♪
優しい家庭の味に、心もお腹もほっこりすること間違いなしですよ♡
吉野鶏めし保存会 (よしのとりめしほぞんかい)
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

サバを生で頂ける!?大分といえばこの魚【関さば】

続いてご紹介する「大分といえば」なグルメは、「関(せき)さば」。こちらは、大分県大分市にある佐賀関(さがのせき)沖で水揚げされるサバのこと。組合員によって一本釣りされる、高級なサバなんです。
普段は火を通して食べるサバですが、大分といえば、サバを生で頂けるところ!そう、「関さば」なら刺身として頂けちゃいます♪その身には濃厚な旨味が凝縮されており、口の中でとろけ出す…♡1度食べたら忘れられない味です。
刺身だけでなく、寿司ネタとしても◎大分特産物のカボスを絞れば、爽やかな風味と濃厚な旨味が口いっぱいに広がります。
魚介も美味しい「大分といえば」なグルメを、ぜひ堪能してみてはいかがですか?
こつこつ庵 (こつこつあん)
ネット予約でポイントをGET!
hot-pepper-gourmetで見る
他のサイトで見る

大分のB級グルメといえばこれ☆【日田やきそば】

続いてご紹介する「大分といえば」なグルメは、「日田(ひた)やきそば」。普通の焼きそばと違うのは、生麺を茹でてから、鉄板で焦げ目がつくまでじっくり焼くこと。大分県日田市で生まれた、地元民に愛されるご当地グルメです☆
焦げ目がつくまで焼かれているので、モチモチの麺の部分と、パリパリの麺の部分が混在し、食感が楽しめる♪ソースはさっぱりとした味わいで、ペロリと1皿食べ切れてしまいます。
福岡にも店舗が出るほど人気のある「日田やきそば」の発祥は、「想夫恋(そうふれん)」というお店。こちらの初代が昭和32年に生み出した、オリジナリティ溢れるグルメなんです。(※"想夫恋"公式HP参照)
「大分といえば」欠かせないB級グルメを、本場のお店で味わってみてはいかがですか?
想夫恋 新本店 (ソウフレン)
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

爽やかなのどごしを堪能したい♡【別府冷麺】

続いてご紹介する「大分といえば」なグルメは、「別府(べっぷ)冷麺」。こちらは、昭和25年頃、旧満州より引き揚げてきた料理人から伝わった冷麺を、和風にアレンジしたグルメのこと(※"別府冷麺団"公式HP参照)。
別府市も協力している「別府冷麺団」というプロジェクトが作られるほど、地元では有名なご当地グルメです♪
ツルツルとした食感の麺に、和風ダシベースのスープがよく絡みます。和の味わいの中には大分特産物のカボスの香りがふんわりと広がり、思わず箸が進んでしまう…!付け合わせのキムチやチャーシューも一緒に食べることで、また違った味わいに♡
お店ごとに麺の太さや付け合わせが違うので、食べ比べをしてその違いを楽しむのもいいですね◎別府に行く際には「大分といえば」なご当地グルメを食べることをお忘れなく☆
一休の泪 (ikkyu no namida)
ネット予約でポイントが貯まる
gnaviで見る
他のサイトで見る

お土産にも◎大分のお菓子といえば【やせうま】

次にご紹介する「大分といえば」なグルメは、「やせうま」。名前だけ聞くと、何のこと?と疑問に思われる方も多いでしょう。実はこちら、大分では有名な郷土菓子なんです。
小麦粉ベースの平たい麺を茹でたものに、きな粉をまぶしたシンプルな作り。それでも、その優しい風味にやみつきになり、ついついつまみたくなってしまいます♪
お店で食べるのはもちろん、お土産にもぴったり◎大分県内の様々なお店で売られているので、見かけた際にはぜひ食べてみてくださいね!
甘味茶屋 (あまみじゃや)
ネット予約でポイントをGET!
hot-pepper-gourmetで見る
他のサイトで見る

大分といえば温泉、温泉といえば【地獄蒸しプリン】

最後にご紹介する「大分といえば」なグルメは、「地獄蒸しプリン」。一見物騒な名前ですが、とても美味しいプリンです♡
蒸されて作られる「地獄蒸しプリン」は、カスタードのような、濃厚な味わい。クリーミーさと少し苦味のあるカラメルのバランスが、絶妙な美味しさを生み出しています◎
「地獄蒸し」は温泉街として有名な大分といえばの調理方法で、天然の温泉の蒸気を使って食材を蒸すこと!その方法を利用して作られたのが、「地獄蒸しプリン」なんです。
「地獄蒸しプリン」の元祖は、別府市内の明礬(みょうばん)温泉にある「岡本屋 売店」(※"岡本屋"公式HP参照)。お土産としても喜ばれる、折り紙つきの「大分といえば」なグルメですよ♪
岡本屋 売店
ネット予約でポイントをGET!
hot-pepper-gourmetで見る
他のサイトで見る

グルメに温泉に…「大分といえば」を満喫しちゃおう♪

今回は、「大分といえば」食べたいグルメをご紹介しました♪多くの人が知っているグルメから、温泉地ならではのグルメ、聞き馴染みはないけど食べてみたくなるようなグルメもありましたね!どれも大分旅行では欠かせないグルメですので、訪れる予定がある方は参考にしてみてください♡

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年01月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1★第2弾★無料ペア宿泊券が当たる♪「#おでかけ」フォト…
    aumo編集部
  2. 2【2020】スタバのおすすめカスタム10選!メニューご…
    satomi0908
  3. 3【関東】1度は泊まってみたい!夢が広がるリゾートホテル…
    yuri1020
  4. 4【2020】名古屋で桜!名所から穴場まで絶景お花見スポ…
    shigemichi07
  5. 5「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner