【2020】岐阜で初詣ならここ☆筆者がおすすめの5社をご紹介

岐阜で初詣するならどこがおすすめ?東海地方の中心地・名古屋からのアクセスがよく、関ヶ原の戦いなど歴史に残る出来事に所縁があることで有名なスポット。そんな岐阜で新年を迎えませんか?今回は初詣にぜひ訪れて頂きたい、おすすめの神社仏閣をご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

【岐阜初詣】初詣といえばここ!岐阜のテッパン初詣スポット「 伊奈波神社」

まずご紹介するのは伊奈波(いなば)神社です。こちらの神社にはなんと、1900年もの歴史があります!
祀られている神様は垂仁天皇(すいにんてんのう)の長男で、勅命により美濃(岐阜)の池溝を開拓し農業を豊かにさせたことで讚えられた五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)です。(※公式HP"伊奈波神社"より参照。)

「水」と切っても切れない関係にある神社

岐阜は長良川・揖斐川・木曽川の3つの川に恵まれている一方、たびたび洪水に悩まされることがあります。そのため水を防ぐ神社として信仰されていました。

近年では神徳を慕って商売繁盛、初宮詣、七五三詣、安産、家内安全、交通安全、土建、水利などの参拝が多いです!(※公式HP"伊奈波神社"より参照。)

ぜひ初詣を…◎

近年では、岐阜でお宮参りといえば伊奈波神社が有名で、初詣でも多くの人が訪れます。
初詣で岐阜を訪れの際はぜひ伊奈波神社へ♪

【伊奈波神社】
住所 : 岐阜県岐阜市伊奈波通り1-1
電話番号 : 058-262-5151
アクセス:岐阜バスに約10分乗り、「伊奈波通り」にて下車。そこから徒歩約10分。
伊奈波神社
詳細情報を見る
jalan_kankou

【岐阜初詣】岐阜の由緒あるお寺に行くなら「谷汲山華厳寺」

次にご紹介するのは谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)です。こちらのお寺は西国三十三所の三十三箇所目と由緒あるお寺なんです。
西国三十三所とは近畿と岐阜県に点在する33か所の観音信仰の霊場を巡るもので、四国八十八箇所の本州版のようなものですね。(※公式HP"谷汲山華厳寺"より参照。)

華厳寺の魅力は他にも初詣以外に春には桜、秋は紅葉が楽しめます。ですから初詣はもちろん、それ以外の時期に訪れても美しい日本の四季が味わえます♪

周辺にはお土産屋さんや飲食店、旅館が並ぶ参道もあり初詣以外にも楽しめる要素がいっぱいですね☆

【谷汲山華厳寺】
住所 : 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
電話番号 : 0585-55-2033
アクセス:養老鉄道揖斐駅からバスで約25分。「谷汲山」で下車し、そこから徒歩約5分。
谷汲山華厳寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

【岐阜初詣】岐阜で合格祈願するならこの神社「御首神社」

※写真はイメージです

次にご紹介するのは御首神社(みくび)です♪この神社は、かの有名な平将門を祀っているんです!なぜこの地に将門を祀る神社があるかというと、"この地に将門の首が落ちたとの伝説"があるからなんです。(※公式HP"御首神社"より参照。)

近年では合格祈願でご利益があると有名であり、毎年多くの受験生が参拝に訪れています。
御首神社で受験のある1、2月の前に初詣と合格祈願を済ませて万全の意気込みで臨みましょう!

【御首神社】
住所 : 岐阜県大垣市荒尾町1283-1
電話番号 : 0584-91-3700
アクセス:JR「大垣」駅よりJR美濃赤坂線利用。「荒尾」駅にて下車し、そこから徒歩約1分。
御首神社
詳細情報を見る
jalan_kankou

【岐阜初詣】国の重要文化財で初詣「南宮大社」

続いてご紹介するのが南宮大社!こちらはいつ誰が創建したのかはっきりしたことはわかっていませんが、崇神天皇の時代、すなわち3、4世紀に創建したとされており、祀られている神様は金山彦命であり伊勢神宮の天照大神の兄神なんです。
かつて美濃(岐阜)唯一の国幣大社だったこともありその存在感は折り紙つきですね♪(※公式HP"南宮大社"より参照。)

そして南宮大社は国の重要文化財にも指定されており、歴史を感じさせる建造物には思わず息をのんでしまいます!(※公式HP"南宮大社"より参照。)
初詣の時期は非常に混雑しています。

【南宮大社】
住所 : 岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1
電話番号 : 0584-22-1225
アクセス:垂井駅から徒歩約20分
南宮大社
詳細情報を見る
jalan_kankou

【岐阜初詣】岐阜で多くの参拝数を誇る!有名神社は「千代保稲荷神社」

最後に紹介するのは千代保稲荷神社(ちよほいなりじんじゃ)です。
千代保稲荷神社は"おちょぼさん"の愛称で人々から呼ばれており、岐阜では人気の神社となっております。

由緒は約1000年前の平安時代に遡り、八幡太郎源義家(みなもとのよしいえ)の六男・義隆(よしたか)が分家する際に、森の姓を授かり、先祖の霊璽(れいじ)、宝剣(ほうけん)、義家の肖像などを「千代代々に保っていけ」と賜りました。

その後今から約550年ほど前の文明年間に、 義隆の子孫 森八海(もりはちかい)がこの里を開墾し、 義家から伝わる霊璽を祀ったのが神社の始まりです。

歴史深い神社なので、初詣以外に参拝してみても楽しめそうですね♪

千代保稲荷神社ならではの参拝方法

商売繁盛のご利益があると言われている千代保稲荷神社。

そんな千代保稲荷神社の参拝方法は変わっており、なんとお賽銭の代わりに稲荷神の御使いである狐に油揚げを奉納するんです!

お賽銭の代わりに油揚げを奉納するなんて珍しいですよね、千代保稲荷神社ならではの参拝方法です。

社殿の入口近くにお供え用のお神酒や油揚げを売る店があるので、そこで購入するそう

是非岐阜で初詣行かれる方は他とは違う千代保稲荷神社へ行ってみて下さい♪

【千代保稲荷神社】
住所:岐阜県海津市平田町三郷1980
電話番号:0584-66-2613
アクセス:岐阜羽島駅からバスで約20分乗り、「お千代保稲荷」にて下車してから徒歩約1分。
千代保稲荷神社
詳細情報を見る
jalan_kankou

初詣は岐阜で☆

いかがでしたでしょうか?岐阜にある初詣におすすめの神社やお寺を5箇所ご紹介しました。岐阜は東海地方から訪れやすく自然豊かでいいところです。都会で忙しい毎日を送っている方も、岐阜周辺にお住まいの方、年末年始に旅行を計画している方も岐阜でのんびりとした初詣を味わうのはいかがでしょうか♪
あわせて読む
【観光】岐阜羽島に来たら訪れたい!おすすめの神社から公園まで♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【スタバ】元店員が伝授するおすすめのスタバマイタンブラ…
    mhp120
  2. 2【RIZAPの女性専用暗闇フィットネスに潜入】非日常空…
    aumo Partner
  3. 3【最新版】楽天カードの申し込み手順と作り方!お得な使い…
    overflow
  4. 4銀座にものまねショー!?aumo編集部が新しい遊び場を…
    aumo Partner
  5. 5【2020】名古屋で桜!名所から穴場まで絶景お花見スポ…
    shigemichi07