都心からもアクセス◎!栃木市からすぐの日帰り温泉6選♪

北関東でも温泉が豊富に湧き出る栃木県。昔ながらの名湯から、山の中の秘湯までその種類はさまざま。温泉には浸かりたいけど、あまり遠いのは厳しいな…なんて方も多いのでは??栃木市には、市内やその周辺に日帰りできる温泉施設やスーパー銭湯が多数あるんです♪今回は、都心からも好アクセスな栃木市周辺の温泉6選を特集しちゃいます!

1. 栃木温泉 湯楽の里(ゆらのさと)

※写真はイメージ写真です。

「栃木温泉 湯楽の里(ゆらのさと)」では、貴重な重曹泉と言われる泉質で、スーパー銭湯風な雰囲気でありながらも、良質な温泉に入ることができるんです!これなら温泉好きさんも満足できそう!疲れを癒しに来る地元民も多いのだとか。

※写真はイメージ写真です。

また高濃度炭酸風呂などの他、しゃぼん風呂や雪見風呂などの”エンタメ風呂”も!家族で楽しめそうな温泉ですね☆また「栃木温泉 湯楽の里」では手作りのお料理も魅力のひとつ!栃木の名物料理を美味しくいただけて、ここに来ただけで旅行気分を満たすことができちゃいます。

【栃木温泉 湯楽の里】
住所:栃木市大町22-70
電話番号:0282-20-2641

2. 太子館

#いい天気#温泉#柏倉温泉#太子館#aumo

A post shared by Akemi Shibata (@ake1104p) on

静かな落ち着いた雰囲気が素敵な「太子館」。こちらでは日帰りでお食事も楽しめる本格旅館。部屋が離れになっているので、まったりした時間を過ごすことができるんです。もちろん温泉でもくつろぐことができます。

※写真はイメージ写真です。

温泉は内湯のみが源泉だそうですが、露天の岩風呂は開放的で気持ちよく浸かることができます。また「太子館」は元々料亭だったということもあり、和食中心のお料理が絶品。是非じっくり味わってくださいね。

【太子館】
住所:栃木県栃木市柏倉町967
電話番号:0282-23-5035

3. 小山思川温泉(おやまおもいがわおんせん)

「小山思川温泉(おやまおもいがわおんせん)」は「おやまゆうえんハーヴェストウォーク」という、ショッピングモールの奥に位置する温泉施設。買い物帰りに立ち寄れる立地が◎ですね♪

露天風呂からは思川が見えて、眺めも良く気持ち良い♪温泉はどれもぬるめの温度なので、じっくり浸かることができます。湯あたりしにくいので、夏場はとくにおすすめな温泉です☆宿泊施設もあるので、たっぷり温泉を楽しみたい方はそちらを利用してもいいですね。

【小山思川温泉】
住所:栃木県小山市大字喜沢1475
電話番号:0285-21-2020

4. 真岡井頭温泉(もおかいがしらおんせん)

広い館内にたくさんの種類の温泉がある「真岡井頭温泉(もおかいがしらおんせん)」。プールのような感覚で入れる”バーデ・プール”という水着着用の温泉プールに、アトラクション風呂などもあって、1日いても飽きずに楽しめます☆女性に嬉しいミストサウナや日替わりの薬湯まで揃っており、老廃物を全部流したい!なんて時にぜひ行きたい温泉です♪

【真岡井頭温泉】
住所:栃木県真岡市下籠谷21
電話番号:0285-83-8822

5. 宇都宮天然温泉ゆらら

※写真はイメージ写真です。

「宇都宮天然温泉ゆらら」は、1日家族でゆっくりできそうな温泉施設。コミックコーナー、ボールプールなどもあり、お子さんがいても飽きることなく過ごせそう☆大人はリラックスできるソファやベッドスペースで、ゆったりとくつろげます。

※写真はイメージ写真です。

「宇都宮天然温泉ゆらら」では、露天風呂のつぼ湯にかけ流しの天然温泉を使用しています。順番を見計らって是非入っておきたいですよね!お肌をきれいにしてくれそうな、にごり湯を使った”エステ風呂”なども必見です。

【宇都宮天然温泉ゆらら】
住所:栃木県宇都宮市鶴田町1457-2
電話番号:028-647-4126

6. 小山やすらぎの湯

※写真はイメージ写真です。

「小山やすらぎの湯」ではサウナや岩盤浴、さまざまな種類の内湯が楽しめます。「小山やすらぎの湯」には塩サウナ、遠赤外線サウナ、よもぎサウナなど3種類あり、サウナ党さんには最高な施設♪お肌をつるつるにしたいなら、塩で身体をマッサージできる塩サウナがおすすめです☆

【小山やすらぎの湯】
住所:栃木県小山市東城南5丁目26-5
電話番号:0285-31-2617

栃木市周辺の温泉で疲れ知らずに☆

いかがでしたか??栃木市周辺でも温泉は充実しています☆本格天然温泉の施設から、まったり過ごせるスーパー銭湯までタイプは幅広いですが、気軽に行けるので疲れ知らずでいられそうですよね♪都心からでも好アクセスな栃木市周辺で、温泉に浸かってお肌つるつる、元気になっちゃいましょう!

この記事を書いた人

関連タグ