【熊本】古代に栄えた山城!ロマンある鞠智城の歴史

菊池川の上流域、丘の上に建つ山城、それが鞠智城(きくちじょう)だ。時は7世紀中頃、太宰府政庁が置かれた大野城と基肄城(きいじょう)、そしてここ鞠智城の三山城が作られた。国史跡鞠智城を訪ねます。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

古の貯蔵庫は語る

T.YAMADA
鞠智城は、 7世紀後半に大和朝廷が築いた山城です。
菊池市と山鹿市にまたがる宏大な土地に、倉庫や鼓楼が居並ぶ様は、どうしても想像出来かねます。
全国から多くの民が集められ、防人として任務を遂行することになったそうです。
(※「歴史公園鞠智城・温故創生館」より)

校倉造がこんなところに?

T.YAMADA
事の発端ですが、当時アジアの情勢は、「日本と百済」連合VS「唐、新羅、高句麗」連合が一触即発の状態です。
遂に663年の白村江で勃発。
この戦いで日本は敗北してしまった。
次は日本に攻め入る可能性が出てきた為、大野城、基肄城、金田城を築いて太宰府を守る準備をしたと云う。
その為の資材、食糧庫が鞠智城だったそうです。
(※「歴史公園鞠智城・温故創生館」より)

灰塚展望台へ

T.YAMADA
貯蔵施設が居並ぶ倉庫エリアを離れて灰塚展望台へ向かう。
灰塚展望台からは、ほぼ360度パノラマが広がる。
眼下には菊鹿平野の条理制を採用したばかりの水田が広がったに違いない。
目を凝らせば、遠く山の稜線に山鹿の不動岩が見えている。

防人達の悲哀を詠んだ歌

T.YAMADA
かつて、関東周辺から集められた防人は、西海道支援の為九州へ向かった。
彼等を3年間の孤独な労働が待っていた。
故郷に残して来た家族への思いを歌に読ませた防人の歌もまた、万葉集に編纂されているらしいですよ。
歴史公園鞠智城
熊本県山鹿市菊鹿町米原443-1
★★★★★
★★★★★
3.20
6件
18件
白村江の戦いで負けた大和朝廷は太宰府政庁を守るために大野城、基肄城等を建てましたがそれらの山城を支援する為に建てられたのが鞠智城だそうです。此処に支援物資(武器や食料)を保管し兵舎も建てられていたそうです。遠く有明海の向こうの普賢岳が臨めます。とても眺めが良く散策する人も数組ありました😊
投稿日:2021年10月4日
鞠智城址公園古代の歴史的遺構が発見されて、日本と朝鮮半島の関連性も分かってきました。古代の日本は倭国と呼び、朝鮮半島は百済、新羅、高句麗の三国が戦ってゆく時代でした。鞠智城はその頃に建てられたもの。
投稿日:2019年12月5日
いかがでしょうか?
鞠智城の八角鼓楼の姿は、日本らしくなくて、どこかアジア系の塔のように思われます。
唐に敗退した百済人を日本へ招いて、彼等の技術によって山城が築かれましたとさ。
日韓関係は、この頃から続いているのですね。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年1月25日

  1. 11月25日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  2. 2レターパックはコンビニで購入できる!発送方法や値段も解説
    k__
  3. 3【2022】サイゼリヤのテイクアウトメニューと注文方法…
    maple11
  4. 4【2022年1月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ランチ…
    tunetune95
  5. 5【2022最新】ミスド食べ放題の実施店舗はどこ?メニュ…
    Nalumi_uyu