海外旅行保険に入る?入らない?メリットとデメリットを確認しよう

海外旅行保険は、日数のわりにちょっと高額だと思ったことはありませんか?保険に入らなくても旅行には行けますが、何かあったらと思うとちょっと不安ですよね。保険に入るか迷っている人のために、海外旅行保険のメリットとデメリットについてご紹介します♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

海外旅行保険とは

「海外旅行保険には入っておいた方がいい」とは聞きますけど、なんだか漠然としていますよね?実際にはどんな保険なのか、しっかりとは理解していない人も多いのではないでしょうか?

海外旅行保険のメリットとデメリットを知るためにも、まずは、海外旅行保険がどういったものなのかを把握しておきましょう♪

盗難や病気、事故等の損害補償を受けられる

海外旅行では、ケガや病気、盗難など不測の事態に襲われる危険があります。

特に医療費に関してはかなり高額で、例えば、ハワイで3日間入院したときに¥2,000,000以上請求された事例もあるようです。

滅多に起きることではありませんが、たった1回の旅行でその後の人生に影響するような負債額を抱えてしまいかねません。

そんな時、海外旅行保険に入っていれば、医療費や損害金額を大幅に軽減できるのです◎

個別申し込みとカード付帯保険がある

海外旅行保険の加入方法には、大きく分けて2つあります。個別に直接申し込む方法と、クレジットカードの付帯保険です♪

個別申し込みは、旅行代理店や保険会社の窓口、当日に空港で直接申し込む方法です☆

一方、クレジットカードの付帯保険というのは、旅行中にクレジットカード決済を行うことで、クレジットカードに付属している保険が適用されるシステムのことを言います◎

保険に入るメリットは?カード付帯との違い

実際に、海外旅行保険に入るメリットについて解説します☆

個別で申し込んだ場合と、付帯保険の違いについても見ていきましょう♪

補償内容や金額のバリエーションが豊富

付帯保険は、クレジットの支払いによって適用されるようになるため、わざわざ加入するための費用はかかりません◎

その代わりに、元々想定してある内容の保険しか適用されないという、融通の利かなさがあります。
また、補償金額もあらじめ決まっていることが多いですね。

窓口で直接申し込む場合は、自分でコースやオプションを選べるのがポイントです。

そのため、旅行先の国や自分の状況などを考えて保険を選べますし、飛行機の遅延によって発生した損害など、付帯保険では補償されないケースにも対応できるのが魅力ですね♪

年単位の期間加入も可能

付帯保険の場合は、旅行から最大90日以内の損害に対して補償されるのが一般的です。

ですが、直接申し込む保険の場合は、半年以上の長期滞在にも利用できる保険があります♪

海外出張や留学はもちろんですが、元々病気があり、海外生活でちょっとした不安がある場合にも対抗できるでしょう。

デメリットは手続きの手間と費用

直接申し込むタイプの保険のデメリットは、「旅行の度に手続きが必要」ということですね……。

いちいち必要な書類を提出したり、わざわざ窓口まで行くの面倒に感じる人もいるでしょう。

また、旅行に行く度に保険料が発生しますので、コンスタンスに旅行する場合は、気づいたら保険料が高額になっていることもあります。

その点は、クレジット決済をするだけで保険が適用されるようになる、付帯保険の方が優れていると言えますね☆

カード付帯保険と併用して賢く利用

これまで読んでもらえらば、付帯保険と直接申し込むタイプ、両方の保険加入方法それぞれに、メリットとデメリットがあるのは分かってもらえたかと思います☆

そのため、それぞれのデメリットを補うために、両方を合わせて利用するという方法が一般的です。

どういう方法なのか詳しく見ていきましょう♪

付帯保険をベースに必要な内容だけ追加加入

付帯保険は、死亡事故やケガや病気、盗難保険など…海外旅行で必要な保険の内容は一通り揃っている場合が多いです。

その代わり、ほかのオプションだったり、病気など高額になりがちな保険の補償金額が低めだったりと、細かい部分が足りていない印象を受けるでしょう。

メインとしてはクレジットカードの付帯保険を利用し、足りない部分を直接申し込みのオプションで補っていく、という方法を取るとさまざまなケースをカバーできますよ♪

費用を抑えることが可能

保険の費用でもっとも金額が高いのは、死亡や病気、ケガなどの保証です。
この部分をクレジットカードの付帯保険で賄うことで、コストをかなり抑えられます♪

クレジットカードの付帯保険は、年会費がそのまま保険料なので、年会費が無料なら保険料も実質無料です☆

上手に組み合わせれば、保険料を半分以下にまで抑えることもできるでしょう。

補償内容とコストを比較検討し最適な選択を

海外旅行における、さまざまなリスクを考えると、海外旅行保険には入った方が良いと言えます◎

保険のコストをどうやって抑えていくのかということに、問題を絞るべきでしょう☆

そのため、オーソドックスなのは、付帯保険と個人で申し込みする保険を併用するという方法です☆
お互いのデメリットをうまく補うことができます。

保険の準備を万全に整えて、海外旅行を楽しみたいですね♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月21日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月20日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  4. 4【10月19日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  5. 5【12/15まで】新幹線が半額で乗れる!乗り放題情報や…
    irh173
  • aumo
  • 海外旅行保険に入る?入らない?メリットとデメリ…