【神奈川】紅葉を楽しみながら鎌倉の神社仏閣を巡ろう!

鎌倉には素晴らしい神社仏閣が無数に点在します。どこに行こうか迷ってしまいますよね。そこで、これからの時期必見!紅葉と合わせて楽しめる神社仏閣を厳選して1日で回れるよう、順番にご紹介します♪
この記事の目次

厳格な雰囲気漂うお寺。円覚寺。

manna.1014

円覚寺は、鎌倉観光雑誌などには、頻繁に取り上げられる、鎌倉有数の巨刹。紅葉の時期は総門辺りから、北鎌倉の秋の風物詩とも言われる色鮮やかなカエデが楽しめます。

JR北鎌倉駅で下車し、少し歩くと円覚寺が現れます。

manna.1014

広い境内を進むと、凛とした空気を感じます。迫力のある印象的な三門は、夏目漱石の『門』の舞台にもなっています。

仏殿にある白龍図の天井画は必見!!

manna.1014

仏殿には巨大なご本尊、「宝冠釈迦如来(ほうかんしゃかにょらい)」が鎮座しています。

manna.1014

遠くから見ると険しい表情にも見えましたが、近づくと慈しみをたたえた美しいお顔で、その瞳には吸い込まれそうなほどの魅力を感じました。

manna.1014

仏殿内を見上げると圧巻の白龍図が。文化勲章受章者の前田青邨さん監修、守屋多々志揮毫さん作の「三爪の龍図」です。

円覚寺に刻まれる「三つ鱗」紋をチェック!

manna.1014

円覚寺にちらほら見られる三角形のマークは「三つ鱗」。鎌倉幕府の執権家、北条家の家紋です。そんな所も見つつ、紅葉と合わせて、歴史も感じて頂けたらと思います。

鎌倉三名鐘で鎌倉一大きい洪鐘(おおがね)

manna.1014

国宝に指定されている梵鐘(ぼんしょう)。
正安3年、北条貞時が国家安泰を祈願して寄進されたとされる鐘。
(※“公式ホームページ”参照)

manna.1014

円覚寺の御朱印です。

紅葉の見頃

11月中旬から12月中旬と予想されます。カエデやイチョウが見ごたえありです♪

円覚寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

禅の世界の神髄に触れられるお寺。健長寺。

円覚寺から歩くこと10分弱。

manna.1014
manna.1014

円覚寺から歩くこと10分弱。
総門。別名、「巨福門(こふくもん)」。額の「巨福山」の文字は第十代住職一山一寧によるもので巨の字が勢い余って一点加わり、百貫の重みが増したということで百貫点と呼ばれています。注目して見てみてください。

manna.1014

三門は安永4年建立。
下層に仁王像や門扉がない簡素な造りで、禅の世界を体現しています。
高さ20mを誇る二重門は見るものを圧倒します。

仏殿の、「地蔵菩薩坐像(じぞうぼさつざぞう)」と、天井、壁面に注目!

manna.1014

ご本尊の地蔵菩薩坐像は室町時代に造られ、釈迦仏が多い禅寺の本尊としては珍しい例だそう。仏殿の内部は、天井や壁面に華麗な彫刻が施されていますのでお見逃しなく!

法堂の天井画、「雲龍図」は必見!!

manna.1014

文化11年建立で、国の重要文化財に指定されている法堂天井画(はっとうてんじょうが)、「雲龍図」。
画は、なんと80畳分!
縦10m、横12mという迫力ある大きさです。中国では天下を治める者を意味する五爪(ごそう)の龍が描かれています。
写真は見やすいように、180度回転させていますが、本来は堂内に入ると逆さまの龍が目に飛び込んできます。

manna.1014

同じく堂内には「千手観音像」と「釈迦苦行像」が安置されています。

鎌倉時代鋳造の国宝。

manna.1014

円覚寺、常楽寺の鐘と並ぶ、鎌倉三名鐘の一つ。創建当時から残る数少ない寺宝であり、国宝にも指定されています。

manna.1014

建長寺の御朱印です。

紅葉の見頃

11月中旬~12月下旬と予想されます。
境内の最も奥にある半僧坊(はんそうぼう)の紅葉が有名ですが、境内各所でさまざまな木の紅葉が楽しめます♪

建長寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

鎌倉を代表する神社。鶴岡八幡宮。

manna.1014

建長寺から歩くこと10分~15分。

北鎌倉側から来る場合、正面から入りたい時は、本宮の横を通りすぎ、ぐるっと大回りして三ノ鳥居までいきましょう。
三ノ鳥居をくぐって左側が平家池。鶴岡八幡宮のシンボルとして親しまれる太鼓橋を挟んで右側が源氏池と、旗上弁財天社があります。
まずは、本宮(上宮)に参拝しましょう。

manna.1014

鎌倉の象徴である「鶴岡八幡宮」は、鎌倉時代から現在まで多くの人に親しまれてきました。常に、他県からも修学旅行生やツアー客など数多くの人が訪れます。
境内には江戸幕府11代将軍徳川家斉が造営した御本殿(本宮)をはじめ、源頼朝・実朝両公を祀る白旗神社、静御前の逸話で有名な舞殿、頼朝公が妻・北条政子の安産祈願のために造った参道、段葛(だんかづら)など歴史ある建物が数多く残されています。

manna.1014

大銀杏ゆかりの素敵な絵馬は、祈と願の二種類があります。樹齢約1000年の大銀杏にあやかりたいものですね。

源氏池の小島にたたずむお社。旗上弁財天社。

manna.1014

お社はパッキリした朱色で緑の中に映えます。

manna.1014

源氏の象徴である白いのぼり旗が並ぶ。

manna.1014

「旗上弁財天社」の絵馬には柔らかい表情で琵琶を弾く弁財天の姿が描かれています。

manna.1014

境内は自然豊かなため、野生のリスに遭遇することも!

manna.1014

鶴岡八幡宮の御朱印です。

紅葉の見頃

11月下旬~12月上旬と予想されます。
カエデ、モミジ、イチョウの紅葉が源平池や柳原神池、鎌倉国宝館の周辺を彩ります。

鶴岡八幡宮
rakuten_travelで見る
他の宿泊予約サイトで見る

鎌倉駅から江ノ電で長谷駅までいこう。

manna.1014

江ノ電で、鎌倉駅から5分弱の旅♪

極楽浄土を再現し、花に彩られたお寺。長谷寺。

manna.1014

長谷寺庭園を抜けて観音堂へ。

巨大な十一面観音像は必見!

manna.1014

このお寺は、天平8年の創建されました。ご本尊の「十一面観音像」は高さ約9mもあります。この像は楠の一木造りで創作されており、立ち姿が見ものです!康永元年に足利尊氏が金箔を施し、明徳3年には足利義満が光背を造って納めたと伝わるそうです。

四季によって様々な花が楽しめます♪

manna.1014

長谷寺は、四季折々の植物が楽しめる花寺。鎌倉屈指のアジサイの名所として知られており、多くの種類のアジサイが見られる眺望散策路では、由比ヶ浜の海を見ながらアジサイの花を楽しめます!また紅葉の名所としても知られており、11月下旬頃から夜間特別拝観が開催され、ライトアップされた幻想的な紅葉もお楽しみいただけます♪
1年を通して様々な花を楽しめるのもこのお寺の魅力のひとつです。

見ごたえありの、弁天窟も見逃せないポイント。

manna.1014
manna.1014

弘法大師参籠の地と伝わる弁天窟にある「窟内壁面」には、弁財天とその眷属である十六童子が彫られています。
何か神秘的なものを感じました!

インスタ女子必見!!

manna.1014

境内には、インスタ女子が飛び付く、可愛らしいお地蔵さまスポットがいくつかあります♪
やさしい表情をした「良縁地蔵」は、高さ30cmもないので、お見逃しなく☆

manna.1014

弁天堂の前にたたずむ、愛らしい表情に思わずこちらまで微笑んでしまう、「和み地蔵」。
これは、人の大きさほどもあるお地蔵さま。是非、隣に並んで写真を撮ってみてください☆

manna.1014

鎌倉長谷寺の御朱印です。

紅葉の見頃

11月下旬~12月中旬と予想されます。
池の周りにはカエデが配され、見頃には鎌倉唯一のライトアップも実施されます。

長谷寺
rakuten_travelで見る
他の宿泊予約サイトで見る

古都鎌倉で日本の歴史と、四季の素晴らしさに思いを馳せながら、移動すらも楽しもう♪

鎌倉に数ある神社仏閣の中で、紅葉に特化してご紹介してきた4ヶ所ですが、1日でまわれるのもメリットです♪鎌倉の空気を感じながら歩いたり、江ノ電に乗ったりと、楽しみながらまわれると思います。是非!これからの紅葉の時期、古都鎌倉へ、足を運んでみてはいかがでしょうか。
この記事が少しでも皆様のお役に立てたら幸いです。

※掲載されている情報は、2018年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  2. 2【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  3. 3【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390
  4. 4【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
    sykxa14
  5. 5悪縁を断ち切り良縁を結ぶ神社「安井金比羅宮」に行ってみ…
    sanomarina