【五島列島】1泊2日の観光モデルコース!絶景ビーチと教会を巡る旅

九州の西方に位置する五島列島。その観光で外せないのが、絶景ビーチと長い歴史を持つ教会の数々。今回は実際に五島列島を訪れた著者が1泊2日の観光モデルコースをご紹介します。豊かな自然が織りなす絶景スポットを巡れば、インスタ映えも狙えちゃいますよ♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

そもそも五島列島とは?観光を楽しむための基本情報

五島列島は長崎県の西側に位置する、5つの大きな島と無数の小島からなる列島。別名「祈りの島」とも呼ばれ、教会がとっても多いのが特徴。島のいたるところに教会が建ち、中には世界遺産に登録された教会も!
(※"五島の島たび 公式HP"参照)

周囲を透き通った青い海に囲まれた五島列島は、豊かな自然の織りなす絶景スポットも豊富。今回は北側の新上五島町エリアと南側の五島市周辺エリアをそれぞれ1日ずつ巡るモデルコースをご紹介します!

五島列島までのアクセス

五島列島への主なアクセス方法は「飛行機」と「船」の2つ。

飛行機の場合は「福岡空港」または「長崎空港」を経由し、その後五島列島の「五島つばき空港」へ向かいます。「福岡空港」からは約40分、「長崎空港」からは約30分のフライトです。

船でのアクセスの場合は、新幹線やJRを利用し、「長崎駅」へ向かいます。長崎駅から15分ほど歩くと、五島列島への高速船やフェリーが発着する「長崎港」に到着します。

今回のモデルコースでは長崎港を経由し、高速船で五島列島を目指します。

【五島列島観光1日目:上五島町編】長崎港を出発、高速船で「有川港」へ

aumo編集部
まずは7:55発の高速船で「長崎港」を出発し、上五島の「有川港」を目指します!
有川港まで、約1時間40分の船旅です。朝が早くて眠い!という方は船でひと眠りしてエネルギーをチャージしちゃいましょう。乗船には事前の予約が必須ですのでお忘れなく!

※時期により運行時間が異なる場合があります。"九州商船株式会社 公式HP"から時刻表をご確認下さい。

有明港に到着したら、まずはレンタカーを借りましょう!有川港から徒歩圏内にいくつかお店があるので、ご安心下さいね。
有川港ターミナル(上五島)

【五島列島観光】1. おとぎ話に出てきそう!石造りの教会「頭ヶ島天主堂」

aumo編集部
車に乗り込んだら、五島列島観光の1日目がスタートです♪

最初に行くのは、おとぎ話に出てきそうなかわいらしい外観が特徴の「頭ヶ島天主堂(かしらがしまてんしゅどう)」。
世界文化遺産の構成資産である「頭ヶ島の集落」にひっそりと佇む、石造りの教会です。教会は近くの島の石を切り出して造り上げられており、その建築には当時の当時のキリスト信者が携わったのだとか。

見学には事前連絡が必要なのでご注意を!また、車両乗り入れ制限が行われている期間もあるので、その際は上五島空港駐車場に車を停め、無料のシャトル車をご利用下さい。
(※"長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター 公式HP"参照)

教会見学の後は青い海で絶景を楽しもう

aumo編集部
美しい教会に心を洗われた後は、天主堂の階段を上って道なりに2分ほど進みましょう。
五島列島の魅力の1つ、フォトジェニックな青い海が広がる絶景スポットが待っていますよ。浜辺で波音を聴きながら、島ならではのゆったりとした時の流れを感じてみて下さいね。
頭ヶ島天主堂

【五島列島観光】2. 五島で外せないおすすめグルメ!五島うどんと海の幸「麺's はまさき」

aumo編集部
浜辺でのお散歩を楽しんだら、そろそろお腹がすいてくる時間です。有川港近くの「麺's はまさき」で、五島グルメをいただきましょう。

五島グルメで外せないのが「五島うどん」!
筆者のおすすめは「地獄炊き」と呼ばれる王道の食べ方です。細くて丸みがあり、モチモチとした触感が特徴のうどんを、「白だし」または「あごだし」のタレにくぐらせていただきます。1口食べればすぐに、一般的なうどんとの違いを感じられるはず!

五島列島に来たら、旬の海鮮も外せない!

aumo編集部
また、五島うどんと並び食べておきたい五島グルメが旬の海鮮。

「麺's はまさき」では五島列島でとれた旬の海鮮を贅沢に使った海鮮丼とミニうどんがセットになった「海鮮丼(ミニうどんつき)」がいただけます。グループでお越しの際は海鮮丼を注文し、地獄炊きをみんなでシェアするのがおすすめですよ♪
麺's はまさき
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る

【五島列島観光】3. デートにもぴったり♡絶景の「蛤浜海水浴場」をのんびりお散歩

五島グルメでお腹を満たしたら、「蛤浜(はまぐりはま)海水浴場」に向かいましょう!有川港から車で5分程、近くに駐車場もありアクセス良好です。

白い砂浜に映える、透き通った海の綺麗さに気持ちが高ぶるはず!夏は子供たちから大人まで多くの人で賑わいます。砂浜をのんびり散歩するもよし、夏には浮き輪や水着を持って行って思いっきり遊ぶのも楽しそう♪
蛤浜海水浴場

【五島列島観光】4. 新上五島町の観光ラストは「矢堅目公園」で夕景にうっとり♡

新上五島町観光、最後のスポットは「矢堅目(やがため)公園」。

夕方になると東シナ海の水平線に夕日が沈んでいく様子を見ることができ、島でも人気の高い夕景スポットです。矢堅目公園の向こう岸(赤ダキ断崖のある方面)からは巨大な奇岩越しに、夕日に染まる志摩湾の絶景が楽しめますよ。
矢堅目公園

【五島列島観光2日目:五島市】福江港から海上タクシーに乗って五島クルーズへ♪

aumo編集部
五島列島観光おすすめモデルコース、2日目は五島列島の南側を巡ります♪
まずは新上五島町の「青方港」から福江島の五島市に位置する「福江港」まで向かいましょう!

「青方港」から「福江港」まではフェリーで約2時間(※有川港から福江港への直行船はないのでご注意を…!)。2日目のコースは船に多く乗船するので乗り物酔いしやすい方は酔い止めを飲んでおいて下さいね。

時刻表やご予約は"野母商船株式会社 公式HP"をご確認下さい。

海上タクシーで五島クルーズに出発!

aumo編集部
船でないとアクセスできないところへは海上タクシーを使って向かいます。海上タクシーは福江港から出ていて個人から団体、ファミリーまで誰でも予約が可能です。船を丸ごと貸し切る海上タクシー、他ではなかなか味わうことのできない新鮮な体験ができますよ♪

海上から望む景色を楽しみながら、優雅な五島クルーズに出かけましょう!
福江港

【五島列島観光】5. 久米島にある木造建築に思いを馳せる「旧五輪協会堂」

aumo編集部
aumo編集部
2日目、最初に向かうのは「旧五輪教会堂(きゅうごりんきょうかいどう)」。福江港から船で約20分、世界文化遺産の構成要素の1つである「久賀島の集落」に位置する木造教会です。

弾圧を受けていたキリシタンの隠れ家のような場所で、大事に保存をされてきたことが感じられました。入口上部にある配色の可愛いステンドグラスも要チェックのポイントです!

こちらも見学には事前連絡が必要ですので、ご注意下さいね。
(※"長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター 公式HP"参照)
旧五輪協会堂

【五島列島観光】6. 船でしか行けない断崖の洞窟!隠れ観光スポット「キリシタン洞窟」

aumo編集部
続いて向かうのは、船でのみアクセスが可能な「キリシタン洞窟」。

五島崩れと呼ばれるキリシタン弾圧が行われた際、キリスト教徒が迫害を逃れるために身を潜めた洞窟です。そびえたつ断崖にある洞窟の入り口に立つ、白い十字架と高さ約3mのキリスト像は信仰を守り続けた先人を偲ぶために建てられたものなのだとか。五島列島の歴史を感じる、必見スポットです。
キリシタン洞窟

【五島列島観光】7. もう1つのおすすめ五島グルメ!絶品はこふぐを食べよう「いけす割烹心誠」

お腹が空いてきた頃におすすめしたいのが、「いけす割烹心誠(しんせい)」です。

筆者がおすすめするメニューは「はこふぐの味噌焼き」。はこふぐのお腹の中に、ネギや味噌などとふぐの身と混ぜたものを詰めて焼かれています。

お酒との相性が抜群で、五島列島に来たら1度は食べるべき料理と言っても過言ではないメニューです。是非お試し下さい♪
いけす割烹心誠
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

【五島列島観光】8. まるで絵本に出てきそう♡水色の窓枠がキュートな「江上天主堂」

aumo編集部
五島グルメを楽しんだ後は、奈留島にある「江上(えがみ)天主堂」へ向かいます。
2018年に世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産に認定され、今後さらなる注目が集まりそうです!
(※"ながさき旅ネット 公式HP"参照)

クリーム色の外壁と水色の窓枠が特徴の、まるで絵本に出てきそうなかわいらしい教会です。協会近くに生えている木の枝の形は「ハートに見える」と密かに話題になっています。カップルで訪れた際はぜひ見つけてみて下さいね♪

こちらの見学も事前連絡が必要です。(※"長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター 公式HP"参照)
江上天主堂

【五島列島観光】9. インスタ映えを狙うならココ!絶景フォトスポット「大瀬崎灯台」

五島列島観光2日目、最後のスポットは五島市の西端に位置する「大瀬崎(おおせざき)灯台」!
紺碧の海と真っ白な灯台のコントラストが美しい大瀬崎灯台へは、「大瀬崎展望所」から徒歩で片道約30分の道のり。大瀬崎断壁に立つ灯台は「日本の灯台50選」の1つにも選ばれているんです。
(※"五島の島たび 公式HP"参照)

崖の上からは東シナ海を一望でき、夕陽が沈む様子も見られます。五島列島観光を彩る、まさにフォトジェニックな絶景撮影スポットです。
大瀬崎灯台

【五島列島観光:番外編】高級感溢れる落ち着いた雰囲気のホテルを◎「マルゲリータ」

最後に、五島列島の観光におすすめのホテルを紹介したいと思います!
筆者のおすすめは「五島列島リゾートホテル マルゲリータ」。五島列島の中通島(なかどおりじま)にあるホテルで、マーガレットが一面に広がる素敵な外観が特徴的です。

まるで修道院のような館内は、落ち着いていてゆったりとできる雰囲気。さらにホテル1階のレストラン「空と海の十字路」では、新鮮な魚介などが食べられるので、是非利用してみて下さいね!
五島列島リゾートホテルマルゲリータ
GoToキャンペーンで最大55%お得!
ikyuで予約
他の宿泊予約サイトで見る

五島列島で美しい教会群と絶景ビーチを観光しよう

aumo編集部
いかがでしたか?
今回は五島列島のおすすめ観光スポットを巡る、1泊2日のモデルコースをご紹介しました。
世界遺産にも登録された教会やオーシャンビューが広がる絶景スポットなど、1度は訪れたい観光スポットが目白押し!島の間を行き来するので、海上タクシーをやツアーを利用すると効率よく回れます◎
是非この記事を参考に、五島列島のゆったりとした時間を満喫してみて下さいね♪
あわせて読む
豊かな食で乾杯!五島列島のグルメを楽しもう!

五島列島の観光ツアーならHISがおすすめ!

HISでは簡単に国内旅行の予約ができます!
セール中のツアーから、格安プランをいつでも検索することが可能です◎交通費・交通手段もセットのパックツアーなら自分で観光の計画を立てる手間も省けちゃいます!

HISのお得なプランで旅行を思いっきり楽しんで下さい!

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ミスド福袋2021の中身を徹底予想!発売日や予約はいつ…
    kabutan
  2. 2【2020年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品15…
    chanyama
  3. 3【完全版】コメダ珈琲をテイクアウト!コスパ抜群メニュー…
    irh173
  4. 4【楽天スーパーセール】12月4日(金)20:00スター…
    t0shi_22
  5. 5【2020最新版】業務スーパーのおすすめ人気商品13選…
    chanyama