【定番じゃない】フォトジェニックな京都旅をしよう♪

国内の観光地において常に人気の京都。ガイドブックやネットなど京都に関する記事は溢れるほどあるものの、意外と同じような内容ばかりだと思いませんか?今回は京都を愛してやまない筆者が、定番じゃないとっておきのフォトジェニックスポットをご紹介します♪今すぐチェックしてみてくださいね。
この記事の目次

本山 叡昌山 本法寺(ほんざんえいしょうざんほんぽうじ)

harurin8528

皆さんは上京区にある「本法寺」を御存知でしょうか。とても立派で見所の多いお寺なのですが、意外と知られていないんです。こんな素敵な場所に足を運ばないなんてもったいないですよ!

本法寺は室町時代の僧侶であった日親上人(にっしんしょうにん)が創建した日蓮宗のお寺です。また著名な芸術家とも縁の深いお寺で、本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)による『巴の庭』や長谷川等伯(とうはく)の大作である『佛涅槃図(ぶつねはんず)』は必見です。

harurin8528

とても立派な多宝塔。青空をバックにすると、とてもよく映えますね。

harurin8528

そして絶対に見逃せないのがこちらです。こちらは有料拝観にはなりますが一見の価値ありです。
『巴の庭』や『佛涅槃図』はこちらで観ることが出来ます。

『佛涅槃図』は、通常は原寸大の複製が展示されているのですが、毎年春の特別公開期間「大涅槃図開帳 春季特別寺宝展(3月14日~4月15日)」のみ真筆を拝観することが出来るんです。

通常拝観料は大人¥500(税込)で、春の特別拝観料は大人¥1,000(税込)です。

harurin8528

こちらは「十の庭(つなしのにわ)」です。
「十」と書いて「つなし」だなんて、普通は読めませんよね。

本法寺でいただけるパンフレットによると、ひとつ、ふたつ、みっつ…と数えていくと、十は「とう」と読み、「つが無い」ので「つなし」と読むのだそうです。

また庭には9つしか石が無いのに「十の庭」と言われているのは、見る人の心にもう1つの石(意志)が存在するということだそうです。なるほど、奥が深いですね。

harurin8528

そして、こちらが「十の庭」のフォトジェニックなリフレクションバージョンです。

実はこのリフレクションは筆者も現地で初めて気付いた景色なんです。後述の床みどりのことは知っていたんですが、もう1つこんなにも素晴らしいリフレクションが見られるなんて…。

青空と常緑木と朱色の柱が綺麗に映り込んで何とも言えない素敵な風景でした。

harurin8528

そして、こちらがもう1つのフォトジェニック『巴の庭』を臨む「床みどり」です。これからの紅葉の季節には「床もみじ」が見られますよ。

harurin8528

クレジットを見ての通り、これは筆者が撮影したものです。筆者は写真は全くの素人で、カメラも一眼レフなどの特別なものではありません。それでも、こんなにキレイな写真を撮影することが出来るんです。

実際の景色がいかにキレイかお察しいただけると思います。

harurin8528

こちらが光悦作の国指定名勝でもある『巴の庭』です。全体が写っていないのでわかりづらいですが、3ヶ所の築山で巴紋が表現されています。

室町時代の書院風枯山水の風情を残しながらも、桃山時代を感じさせる名庭です。心が落ち着きますね。

harurin8528

また、本法寺には摩利支天をまつる摩利支天堂があり、『【2019年京都の注目スポットはここ!】イノシシ所縁の寺社で幸せ祈願♪』のタイトル記事の中でも紹介していますので、そちらも合わせて読んでみてくださいね。
2019年の干支に関わる内容なので見逃せませんよ~!

本法寺
詳細情報を見る
jalan_kankou

風情溢れる京都らしい街並み

harurin8528

皆さん、この写真を見て何か気付かれたことはありませんか?

harurin8528

こちらの写真はどうでしょう。何か気付きましたか?

harurin8528

そうなんです。実はこれらの写真には電柱や電線が写っていないんです。

こちらは本法寺の東側、仁王門のすぐ前を南北に走っている小川通で、北は上御霊前通(かみごりょうまえどおり)から南は寺之内通(てらのうちどおり)に至るまでの約250mに渡り無電柱化されているんです。

この小川通は小さい通りではありますが、茶道で有名な千利休の伝統を守る三千家(裏千家、表千家、武者小路千家)があり、茶道具店なども建ち並んでいることから、通称「家元通り」とも呼ばれているんですよ。

無電柱化に伴って、路面も石畳風に舗装されたんですが、これは茶道家の方々の「ひたひた」という足音も感じてもらいたいという思いからだったそうです。

harurin8528

歴史的街並みが数多く残る京都では、実はこのような無電柱化(電線地中化)のまちづくりがあちこちで行われているんです。

皆さんがよく行かれる花見小路や清水寺界隈等も無電柱化の地区なので、知らず知らずの間に目にしていたかもしれませんね。

この小川通は人通りも少ないので写真も撮りやすく、のんびりと京都らしい街並みを堪能出来るのでおすすめです。

日々の暮らしの中で当たり前のものとなってしまった電柱や電線ですが、無いとこんなにも街の景色が美しく感じられるのですね。そんな些細なことにも目を向けながら、京都観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

小川通の無電柱化区間

俵屋吉富小川店併設 茶房「茶ろん たわらや」

harurin8528

歴史ある老舗の和菓子店「俵屋吉富小川店」さん。本店は相国寺の近くにあります。

俵屋さんは、相国寺が所蔵する雲龍図に感銘して作り上げたという「雲龍」というお菓子が有名で、「雲龍の俵屋」と呼ばれるほどなんですよ。

ガイドブックなどでもよく紹介されているのを見かけるので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

harurin8528

こちらの小川店さんには、俵屋さん初の茶房「茶ろん たわらや」が併設されているんです。

「季節の上生菓子(抹茶又は煎茶付)」をいただきました。お菓子は今の季節らしく「朝顔」をいただきましたよ。上品な甘さでお抹茶ともよく合いますね。

お店は本法寺の仁王門を出て(仁王門を背にして小川通を右側へ進みます)、小川通を南に下がった突き当たりにありますので、無電柱化の街並みを堪能しつつお店に行くことが出来るのでおすすめです。

茶ろん たわらや
詳細情報を見る
tabelog

みんなが知らない自分だけの京都を見つけよう!

定番じゃないフォトジェニックな京都はいかがでしたか。

筆者が訪れたのは夏の終わりの頃でしたが、これから紅葉の季節には床もみじが見られるのでそちらも楽しみですし、春は桜の名所の1つでもあります。

京都の寺社は少し名の知れた所だと、とにかく観光客がいっぱいでちょっと気疲れしてしまうことも少なくないですよね…。
ですが、ご紹介した本法寺は、本当にゆっくりと拝観できるのでおすすめです。ぜひお出かけくださいね。

※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1夏の登山。天気が心配…。登山初心者の私を救ってくれた、…
    aumo編集部
  2. 2金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  3. 3【定番から穴場まで】横浜観光ならここだ!観光スポット2…
    sykxa14
  4. 4【アイス食べ放題】お子様連れで楽しめる無料の工場見学!!
    Shiori
  5. 5【2019年度版】話題&定番な北海道の外さない人気お土…
    dyna6390