【2019年決定版】上野の美術館で話題のイベント展を徹底紹介!

上野は美術館が集中しているエリアで、毎年多くのイベント展が開催されている、美術好きにはたまらない街!そこで今回は、2019年に上野の美術館で開催されるぜひチェックしたい、筆者おすすめの話題のイベント展をまとめてご紹介しちゃいます!
この記事の目次

上野・東京都美術館でおすすめのイベント展1. 「奇想の系譜展」

aumo編集部

まずは上野・東京都美術館で2019年に開催される、おすすめのイベント展をご紹介していきます。東京都美術館は、美術初心者でも存分に楽しめる企画展が頻繁に開催されている、筆者おすすめの美術館!

そんな東京都美術館で、2019年2月9日(土)から4月7日(日)まで開催されているのが「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」!展覧会名からも分かるように、奇想天外で斬新な江戸絵画たちを楽しめる展覧会です!鑑賞できる作品は、浮世絵から水墨画まで多岐にわたります。

伊藤若冲に歌川国芳も!巨匠の描いた江戸絵画に会える!

※写真はイメージです。

「奇想の系譜展」では、江戸時代を代表する画家たちが描いた作品を楽しめます。中でも筆者がおすすめなのが、伊藤若冲(じゃくちゅう)!伊藤若冲といえば2016年に開催された「若冲展」の大混雑を思い出す方もいるのではないでしょうか?鶏を描いた美しい屏風絵が話題になりましたよね。

「奇想の系譜展」では、そんな“鶏の画家”伊藤若冲が最晩年に鶏を描いた屏風絵が、世界初公開されるんです(※“奇想の系譜展公式HP”より抜粋)!江戸時代を代表する“奇想”の画家たちの作品を楽しみに、東京都美術館にお出かけしてみては?

上野・東京都美術館でおすすめのイベント展2. 「クリムト展」

※写真はイメージです。

続いてご紹介する、上野・東京都美術館でおすすめのイベント展は「クリムト展 ウィーンと日本 1900」。2019年4月23日(火)から7月10日(水)まで開催される企画展です!19世紀末のウィーンを代表する画家、グスタフ・クリムトにフィーチャーした注目の展覧会!クリムト作品が日本で見られる機会はかなり少なく、筆者も今から心待ちにしている展覧会です♪

甘美で艶やかなクリムト作品が集う、注目の展覧会!

※写真はイメージです。

クリムトの作品は鮮やかで装飾性豊かな背景と、艶やかな表情が特徴の女性描写が魅力。今回開催される「クリムト展」では、25作品以上のクリムトの油彩画が来日するんだとか!(※“クリムト展公式HP”より抜粋)

華やかだけれどどこか儚げなクリムト作品の魅力に、どっぷりと浸ることができますよ♪

上野・東京都美術館でおすすめのイベント展3. 「コートルード美術館展」

※写真はイメージです。

続いてご紹介する上野・東京都美術館でおすすめのイベント展は、2019年9月10日(火)から12月15日(日)に開催予定の「コートールド美術館展 魅惑の印象派」!

イギリス・コートルード美術館から、日本でも非常に人気が高い印象派の作品がたっぷりと紹介される「コートルード美術館展」。2019年2月現在では細かい開催概要はまだ発表になっていませんが、マネやゴッホ、ルノワールなどの印象派を代表する画家たちの作品が60点ほど展示されるそう!筆者も大好きな印象派。そのデザイン性や色彩の美しさから、美術初心者のあなたにもおすすめなんです。

楽しみな展覧会が盛りだくさんの東京都美術館。ぜひ、皆さんも東京都美術館のイベント展に足を運んでみてくださいね!

東京都美術館
rakuten_travelで見る
他の宿泊予約サイトで見る
あわせて読む
2019年決定版!上野の東京都美術館で、芸術に親しもう♪

上野・国立科学博物館でおすすめのイベント展1. 「大哺乳類展2」

続いては上野・国立科学博物館で開催されるイベント展についてご紹介!こちらは国立科学博物館で開催される「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦ー」!
開催期間は2019年3月21日(木・祝)~6月16日(日)です。

2010年に大好評を博した「大哺乳類展」から、さらにパワーアップして帰ってきた今回の展覧会では、哺乳類の驚くべき能力にスポットを当てているんです!より多くの哺乳類の神秘を知ることができます♪楽しみながら学べる必見のおすすめイベント展!

迫力いっぱいの標本や剥製が勢ぞろい!

※写真はイメージです。

迫力いっぱいの剥製や骨格標本はもちろん、映像での展示もあるので、より分かりやすく哺乳類の生態を知ることができます。小さい子どもでも楽しみながら学ぶことができますよ◎

今回は「海のなかま」も!

※写真はイメージです。

「大哺乳類展」では見られなかった「海のなかま」の展示もあり、哺乳類がどのように生き残ってきたのか、陸と海の境を超えて新しい発見ができますよ◎

1番の見どころは会場の中心に、陸の哺乳類と海の哺乳類が一挙に集まる『哺乳類大行進』!圧巻の光景です☆デートにはもちろん、動物好きのお子様と一緒にぜひ!

国立科学博物館
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou
あわせて読む
上野の東京国立博物館は文化の宝庫☆日本・アジア美術を学ぼう!

上野・国立科学博物館でおすすめのイベント展2.「恐竜博2019」

※写真はイメージです。

次にご紹介する上野・国立科学博物館で楽しめるイベントは、「恐竜博 2019」。
開催期間は2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)です。

この展覧会では迫力満点の化石はもちろん、恐竜研究の最先端に触れることができるような貴重な資料もたくさん!恐竜好きに限らず、あまり詳しくない方にもおすすめの展覧会です☆

見どころは2つの“世界初”!

※写真はイメージです。

「恐竜博 2019」の目玉は2つの世界初!
2.4メートルもの長い腕を持つ謎の恐竜“デイノケイルス”の全身復元骨格と、北海道で発見された“むかわ竜”の8メートルを超える全身骨格化石を両方楽しむことができるんです!(※“恐竜博 2019公式HP”より抜粋)

恐竜の化石って何だかとってもわくわくしますよね?誰もまだ見たことがない恐竜の化石を見て、歴史のロマンを感じてみませんか?

国立科学博物館
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou
あわせて読む
上野の【国立科学博物館】へおでかけ!恐竜や地球の歴史を楽しく学ぶ

上野・国立西洋美術館でおすすめのイベント展1. 「ル・コルビュジエ展」

ここからは、国立西洋美術館で2019年に開催される、注目のイベント展をご紹介していきます!最初にご紹介するのは2019年2月19日(火)~5月19日(日)の3か月間開催される「ル・コルビュジエ展 絵画から建築へ―ピュリスムの時代」!(※“国立西洋美術館公式HP”より抜粋)

国立西洋美術館を設計した、世界的な建築家であるル・コルビジエにフィーチャーした展覧会です!こちらの写真はル・コルビュジエが建築した邸宅。直線的かつ開放的な設計様式を取り入れた、ル・コルビジエらしさが全面に出た邸宅です。

ル・コルビュジエの作品はモダニズムを代表する”キュビズム”に影響を受けたんだとか。キュビズムとは、色彩や造形、遠近感についての常識を脱構築しようとする20世紀初頭の潮流のこと。

本展覧会ではキュビズムを代表する画家であるジョルジュ・ブラックの作品を鑑賞することもできます!筆者も大好きなブラックの作品は、見れば見るほど感じる奥の深さが魅力!

ル・コルビュジエの作品がどう生まれたのかを知ることができる、必見の企画展です!

上野・国立西洋美術館でおすすめのイベント展2.「松方コレクション展」

aumo編集部

次にご紹介する上野・国立西洋美術館で美術館で楽しめるイベント展は、「松方コレクション展」。
開催期間は2019年6月11日(火)~9月23日(月・祝)です。
こちらの展覧会は、美術館が誇る“松方幸次郎”のコレクションにスポットを当て、国立西洋美術館開館60周年を記念して開催される企画展!

展覧会の目玉は“モネ”の『睡蓮』

※写真はイメージです。

“松方幸次郎”は“モネを口説いた男”とも呼ばれ(※“松方コレクション展公式HP”より抜粋)、今回の展覧会でも2つの『睡蓮』を同時に見ることができるんです!
世界文化遺産にも登録された美しい建物で、美術館の原点ともいえるコレクションを存分に楽しめるおすすめの展覧会です◎

国立西洋美術館
詳細情報を見る
jalan_kankou
あわせて読む
上野に来たら国立西洋美術館へ!楽しみ方や展覧会情報を徹底紹介♪

上野・東京国立博物館でおすすめのイベント展1.「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

最後にご紹介する上野の美術館で楽しめるイベントは、東京国立博物館で開催される「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」。
開催期間は2019年3月26日(火)~6月2日(日)です。
空海が作り上げ、京都にある“東寺”に伝わってきた数々の至宝が一堂に会するこの展覧会は、仏像好きにはたまらない特別展!

密教美術の最高峰が一堂に会する

※写真はイメージです。

空海が作り上げた曼荼羅(まんだら)の世界が表現された立体の仏像は、国宝11体・重要文化財4体を含み21体も展示されます!国宝と重要文化財の多さは史上初なのだとか!(※“東京国立博物館公式HP”より抜粋)

他にも彫刻や絵画、工芸など密教美術の最高峰を一挙に楽しむことができ、“空海ワールド”を存分に味わえる贅沢な展覧会になっています。名品たちがこんなにたくさん一堂に会する機会はかなり稀!ぜひ1度足を運んで、奥深い仏像ワールドに飛び込んでみませんか?

上野・東京国立博物館でおすすめのイベント展2.「美を紡ぐ 日本美術の名品展」

※写真はイメージです。

続いてご紹介する上野・東京国立博物館でおすすめのイベント展は「美を紡ぐ 日本美術の名品展」。2019年5月3日(金・祝)から6月2日(日)までの約1か月間の開催です!他のイベント展と異なり、短期間の開催となっているため、「うっかり行き忘れてしまった!」なんてことが無いように注意が必要!

本展覧会は筆者もびっくりの大注目の展覧会。それもそのはず、皇室の持つ芸術品のコレクションや国が所有する国宝を大々的に展示する非常にレアな展覧会なんです…!雪舟の水墨画や狩野永徳の屏風画など、国宝や重要文化財をまとめて楽しめる、要チェックな展覧会です!ぜひ足を運んでみてくださいね♪

東京国立博物館
rakuten_travelで見る
他の宿泊予約サイトで見る

上野の美術館で話題のイベント展を満喫しよう♪

いかがでしたか?今回は上野の美術館で2019年に楽しめるおすすめのイベント展を、美術館・博物館ごとに9選ご紹介しました。チェックしておきたい貴重な展示が盛りだくさんでしたね♪芸術好きな方はもちろん、今まであまり美術館を訪れたことのなかった方も、この記事を参考にぜひイベントに足を運んでみてください!

あわせて読む
【東京の美術館2019】美術館マニアがテーマ別におすすめ10選…
※掲載されている情報は、2019年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2極上肉が半額以下で食べられる!11日・29日(いい肉の…
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新26選…
    yuri1020
  4. 4京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  5. 5【2019年】新宿花園神社の「酉の市」を徹底解説!時間…