【#これって脈アリ?】焼肉デート体験記。気になる先輩から、浅草「阿吽ノ和牛」に誘われた♡

今宵の舞台は、浅草「阿吽ノ和牛」。気になる先輩から"焼肉デート"に誘われました!これまでも何度か一緒に出掛けたけれど、焼肉屋さんへ行くのは初。先輩は私の事、どう思っているんだろう?そんな事を考えながら訪れた「阿吽ノ和牛」での時間、ここに綴ります。
提供:阿吽ノ和牛
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

3回目のディナーは…まさかの"焼肉"?

aumo編集部
「明日の夜、焼肉食べない?浅草でおいしい店知ってるんだけど、一緒に行けたらなって思って」

連絡をくれた相手は、入社時から尊敬している会社の先輩であり、私の好きな人。

後輩として沢山可愛がってくれているという事もあり、2人で出掛けるのも気づけば3回目。
"もしかして…"なんて、期待している自分がいたり、いなかったり。

グルメな先輩は、毎回素敵なお店に連れて行ってくれるんだけど、今回のお店は…まさかの焼肉?
これまでとは違う"がっつりグルメ"で、正直戸惑いが隠せない。

先輩は私の事、どう思っているの?
なんて考えが頭の中でぐるぐるとしている間に、「阿吽ノ和牛」に到着してしまった。

本当に焼肉屋さん?これまでのイメージを覆すような店内に、胸が高まる

aumo編集部
「予約していた者です」
店員さんにそう告げた先輩の後に続き、「阿吽ノ和牛」の中へ。

すると、そこに広がっていたのは、木の温もりを感じるテーブルと赤黒で統一された内装!
あまりにもおしゃれな"和モダン"空間に、思わず背筋が伸びる。

焼肉屋というと、大衆的で騒がしいイメージを持っていたけれど…
"こんな素敵な空間の焼肉屋さんもあるんだ"
なんて、心の中でびっくり。
aumo編集部
「こちらへどうぞ」

店員さんに案内されたのは、窓際のカウンター席。
どうやら"カップルシート"と呼ばれる席に案内されたみたいで、緊張がより大きくなる。

「お待ちしてました、隣の女性は彼女さん?」
「実は僕からアプローチ中なんです。それで、1番好きなお店に連れてきちゃいました(笑)」

なんて目の前で普通に会話してるけど…冗談ですか?本音ですか?
aumo編集部
「ここからの景色がね、最高に良いんだよ」

緊張のためか、席に着いてからずっと下を向いていた私。
先輩に声を掛けられ顔を上げる。

「…すごい!こんな景色初めて見た!」

目の前に広がっていたのは、キラキラと輝く"浅草の街"。
ビルの光がまるでイルミネーションのよう。ロマンチックな夜景にうっとりしてしまう。

「良かった、やっと笑ってくれた。この後も期待してて」

絶品ドリンクとおつまみに、驚きと感嘆の連続!

aumo編集部
しばらくすると、1杯目のドリンクが到着。
先輩は「生ビール」を。
そして、私は何を頼むべきか迷った結果、店員さんのおすすめ「阿吽のレモンサワー」を注文する事に。

実は、「阿吽のレモンサワー」に使用されているのは"メゾンルータン"と呼ばれるレモンシロップ。
レモンの香りがふわっと漂い、実際に飲んでみると、レモンなのに蜂蜜のような甘さを味わう事ができるんです♡

あなたはどっちがお気に入り?

aumo編集部
次に登場したのが、「天使と悪魔のとまと」。

「これは衝撃受けると思う!とりあえず食べてみて」
そう言われ、まずは右の「天使のとまと」、左の「悪魔のとまと」をそれぞれパクリ。

「あれっ、同じトマトのはずなのに…全然味が違う!」

天使と悪魔、どちらも甘いけれど「天使のとまと」は程よい酸味が残っている感じ。
「悪魔のとまと」は、食べた瞬間"トマトではなくてブドウかな…?"なんて勘違いしちゃいました。

「天使と悪魔のとまと」は、アルコールを煮て飛ばした後、皮がむけたトマトをエキスに1晩とちょっと漬けて完成させるのだとか。
1つのトマトで、2種類の味を楽しめるなんて…初めての発見だなあ♡

歯ごたえの良さがクセになる♡

aumo編集部
「焼肉のお供と言えばキムチだよね」
ということで、「シャキシャキ白菜キムチ」が登場。

メニュー名の通り、"シャキシャキ"と音が聞こえてくるくらい、歯ごたえの良さが特徴のキムチ!
個人的にキムチの"芯"が好きな私は、「シャキシャキ白菜キムチ」にゾッコン♡

1度食べ始めたら止まらない…こんなに自分好みのキムチは初めて食べました。

"焼肉のお供"といえばコレも外せない!

aumo編集部
もう1つ、焼肉のお供に大切なメニューは「MIXナムル」。

ナムルって理由は分からないけど、なぜか食べたくなっちゃうんだよね。
ごま油の匂いがふわっと香る「MIXナムル」は、これまた歯ごたえの良さに感動!

おつまみのあまりの美味しさに、お酒も進んで良い気分♪

衝撃の1品!「阿吽ノ和牛」の「厚切りタン」

aumo編集部
「焼肉の部位だとどこが好き?」

先輩にそう聞かれ、「タンです!」と即答した私。
おつまみも良い具合に食べたところで、先輩おすすめの「厚切りタン」が登場しました。

なんですか、この厚さ。
こんな分厚いタン、見るの初めてなんですけど…!
aumo編集部
ジュ~っと焼かれる「厚切りタン」を見ながら、"もう少し…!"なんて心の中の自分と戦い。
そして、焼くとさらに明らかになる"厚さ"!

「こんなタンが食べられるなんて…なんて幸せなんだろう♡」
と思わず声が漏れる。

「まだ序盤だよ。本当にすごいのはこれからなんだけどね」
なんて、先輩が心の中で思っているとは知らずに。
aumo編集部
焼きあがったタンは、「焼肉のタレ(左)」と、「おろしタレ(右)」と一緒に。
「阿吽ノ和牛」では、レモンの代わりに「おろしタレ」を使用しているのだとか◎

オシャレな容器に入っているのも、なんだかテンション上がる♪
とは言いつつ、最初はシンプルに塩コショウを振り、お肉本来の味を堪能します。

早速、大事に育てたタンを口に運んで。噛んだ瞬間…肉汁がドバ~っ!
そして、タン特有のコリコリとした食感がありながらも、すぐにお肉が溶けちゃうんです。

「おろしタレ」も、レモンとはまた違うさっぱり感!
個人的に、レモンと一緒に食べる時より好きかも…♡

食べ方にもこだわりが。「阿吽ノ和牛」名物の登場♡

aumo編集部
「なにこれ!こんな豪華な焼肉見た事ない♡」

店員さんの「お待たせしました~」という声と一緒に登場した、こちらの"焼肉タワー"。
これぞ「阿吽ノ和牛」名物、「阿吽ノ和牛贅沢7種盛り」!
どこの部位なのか分かるように札が置かれているのも嬉しいポイント◎

「これをぜひ食べてもらいたくて。焼き方にもこだわりがあるんだよ」
aumo編集部
メニュー名通り、7部位を焼肉で堪能できる「阿吽ノ和牛贅沢7種盛り」。

・最初にサーロインを塩とわさびで食べる事。
・そして、"ランプ"と"くり"と呼ばれる赤身の部位は、専用のタレに30~40秒漬けてから焼く事。

この2点が、「阿吽ノ和牛贅沢7種盛り」を美味しく味わうための極意なのだとか!

焼肉を塩とわさびで頂くのは、実は初めて。
この2つの組み合わせが、お肉の甘みをより引き立ててくれるんです♪
aumo編集部
「阿吽ノ和牛贅沢7種盛りは」1部位につき2枚。
この貴重な感じもたまらないんだよなあ。

「次はどの部位を食べてみる?」
なんて相談しながら味わう時間も、これまた至福♡

これまでは、「焼肉といえばタンでしょ」なんて思ってたけれど…
「阿吽ノ和牛」で、焼肉に対するイメージが変わったかも♪

パフォーマンスも必見!ボリューム満点の「焼きすき」

aumo編集部
「阿吽ノ和牛贅沢7種盛り」を半分ほど堪能したところで登場したのが、手のひらよりも大きいサイズのお肉!

"何を頼もうか迷っている人がいたら、まず薦めるメニュー"
と店員さんに教えていただいて注文した「焼きすき(白)」の登場です。

「焼きすき」は店員さんがその場で調理。
そのパフォーマンスが…とにかく凄いんです!
写真を撮り忘れてしまうくらい、華麗な手さばきに見とれちゃいました(笑)
aumo編集部
お肉を焼いて、卵の黄身を乗せたら…「焼きすき」の完成。
パフォーマンス、ボリューム共に迫力満点な「焼きすき」は、まさに"肉力"が強いメニュー♡

「この見た目、美味しくない訳がないよね!」
なんてワクワクしている、先輩のかわいい姿も見れちゃいました。
aumo編集部
卵の黄身を崩して、タレとお肉を絡めて…!
食べる前から思わずにやけてしまうの、分かりますよね。

そして食べた瞬間、お肉の甘さ、卵の黄身、タレの甘みが、ぶわあ~っと口いっぱいに広がるんです!
なんて贅沢な時間を過ごしているんだろう…これぞ、まさに"至福のひととき"♡

先輩はなんと、「焼きすき」を豪快に一口で!
私も1度チャレンジしましたが、流石に厳しかったです(笑)

ワイン片手に"肉尽くし"!この時間がずっと続けば良いのに…

aumo編集部
「せっかくだし、ワインも頼もうか?」

「阿吽ノ和牛」は、お肉に合うワインを多く取り揃えているのも魅力なのだとか!
今回は、店員さんおすすめの赤ワインをいただくことにしました♪

希少なA5和牛の雌牛を使用している「阿吽ノ和牛」の焼肉と、そんなお肉にぴったりのワイン♡
こんな魅力的な場所に連れてきてくれるなんて、良い先輩を持ったなあ…としみじみ。

この素敵な時間が、ずっと続けば良いのにな。
aumo編集部
「お待たせしました、肉寿司です」
ワインを堪能していると、「肉寿司(赤)」が運ばれてきました。

「阿吽ノ和牛」の贅沢"肉尽くし"の時間は、まだ終わっていなかったみたい。
それに、焼肉だけでなく肉寿司までいただけるなんて予想外!

早速わさびを付けて、贅沢に1口で「肉寿司」をパクリ。
焼肉とはまた違い、さっぱりとした味わいが特徴の肉寿司。
そして、口の中ですぐに溶ける…!

「…幸せ~♡」
今日このワード、何回言ったか分からないくらい連発している気がする(笑)

〆も外せない◎お腹がいっぱいでも食べてもらいたいメニュー

aumo編集部
「ここの〆が美味しいんだよ、お腹大丈夫そう?」

なんて先輩におすすめされたら、たとえお腹がいっぱいでも食べるにきまってるじゃないですか。
「阿吽ノ和牛」のお肉は、油ものを食べ過ぎる"胃もたれ"を感じないから、しっかり〆まで食べる準備はできてますけど♡

すると、そこに登場したのが「盛岡冷麺」!
まさに"〆"にぴったりのさっぱり感。
ツルツルと罪悪感なくいただける冷麺は、頼まないと損する1品です♡

ちょっとした遊びゴコロも!?「阿吽ノ和牛」のデザート

aumo編集部
〆までしっかり堪能して、最後に登場したのが「バニラアイス」。
ひんやり甘いアイスが、焼肉後の胃にちょうど良い…!

「実はね、このバニラアイスには秘密があるんだよ。ちょっと目つぶってみて」
…どういうこと?と思いながら、言われるがままに目を閉じて待機。
aumo編集部
「準備完了!ちょっとしたサプライズ?なんちゃって(笑)」
恐る恐る目を開けると、置かれているのは…カラフルなソース?

「アイスにかけて食べてみて」
そう言われ、とりあえず1番左に置かれたソースをかけてみる。

「…すごい!ポップコーンの味がする!」

実は「阿吽ノ和牛」でいただけるバニラアイス、左からポップコーン・キャラメル・ヘーゼルナッツ・キュウリ・トウガラシのソースでいただけるという、ちょっとしたサプライズを楽しめる1品。

個人的にはキュウリとアイスの相性の良さにびっくりでした!

最初から最後まで新しい発見がたくさんだった「阿吽ノ和牛」。
浅草で"贅沢尽くし"の時間を過ごしちゃいました♪

「阿吽ノ和牛」の帰り道。いつもと同じ…なはず?

aumo編集部
「こんな素敵なお店に連れて来てくださって、本当にありがとうございます!」

いつも通りの帰り道、のはず。
先輩が深刻そうな表情をしている事以外は。

「…先輩?どうしたんですか?」
何か迷惑かけるような事をしてしまったのではと思い尋ねると、先輩が急に立ち止まる。

「そろそろさ、ただの"先輩と後輩"って関係…やめない?」

「阿吽ノ和牛」での焼肉デート。
その後2人がどうなったのかは、またの機会に。

基本情報

店舗名:阿吽ノ和牛(あうんのわぎゅう)
住所:東京都台東区雷門2-1-13 4F
電話番号:03-5830-6129
営業時間:
【ランチ】11:30~14:30(L.O. 14:00)
【ディナー】17:00~22:30(L.O. 22:00)
定休日:月曜日
アクセス:
【東京メトロ銀座線】「浅草駅」4番出口から徒歩約45秒
【都営浅草線】「浅草駅」A5出口から徒歩約1分
阿吽ノ和牛
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る
他のサイトで見る
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner
  2. 2【外出できない今こそ】「モッピー」で"ポイ活"してお得…
    aumo Partner
  3. 3【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  4. 4【最新から定番まで】埼玉県民が教えるハズレなしのお土産…
    kanako0215
  5. 5【大阪】青の絶景!一面に広がるネモフィラ畑へ行こう♡
    coco_camera