斎藤工さん主演!常識を覆す最新映画の裏側をレポート♡

「僕らのキャパシティ以上のものができてしまった」と俳優・斎藤工さんが語る映画『MANRIKI』。先日開催された、米国アカデミー賞公認 アジア最大級の国際短編映画祭 東京発ショートフィルムの祭典「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア 2019」にて、『MANRIKI』ショートバージョンを世界最速上映!そのイベントの様子をたっぷりお届けします♡
この記事の目次

斎藤工さん主演!11月公開の最新映画◎

俳優のみならず、映画プロデューサーや監督などクリエイターとしても注目を集める斎藤工さんと、その独特の世界観で個性を放つ芸人・永野さん、さらにミュージシャン、俳優、音楽プロデューサーなど幅広く活躍する金子ノブアキさん、映像クリエイター清水康彦さんが集い動き出したプロジェクト「チーム MANRIKI」。彼らが放つ長編映画『MANRIKI』は、「ファッションイベントにゲスト出演したときに感じた違和感から着想した」という永野さんの原案・原作に、プロデューサー・斎藤工さん、監督・清水康彦さんのクリエイティブエッセンスが詰め込まれた作品。

キャストは、斎藤工さんが主演を務め、永野さん、金子ノブアキさん、SWAYさん、小池樹里杏さん、神野三鈴さん他。さらに、金子ノブアキさんが担当した劇中音楽と、清水康彦監督の独創的な映像で、常識的観念にとらわれず自由なクリエイティブを実現した意欲作。世界中の方々に楽しんでいただきたいという圧倒的なエネルギーで作られた映画『MANRIKI』。日本では2019年11月29日(金)の公開が決定しています。

そして本日、昨年のショートショートフィルムフェスティバルで長編作制作が発表された本作が1年の時を経て、満を持しての公開となり、映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」が、昨年のイベント時に長編の制作を発表した SSFF & ASIA 2019(米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭、ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019)にて、世界初公開となる最新ショートフィルムの上映とトークイベントが開催されました!

出演者がイベントで語った裏側とは…?

©2019 MANRIKI Film Partners

イベントの冒頭、「チーム万力」の最新ショートフィルム『DEATH BIKE』が上映されると彼らの色全開かつ、SWAYの作品の世界観にバッチリとハマった内容に集まった観客は吸い込まれるように鑑賞。上映後、斎藤工さん(斎藤工さん名義で企画・プロデュース)、永野さん(原案・脚本)、メインキャストのSWAYさん(DOBERMAN INFINITY)、監督の清水康彦さんが登壇すると観客から大きな歓声が。

MCから「チーム万力」の結成理由と『DEATH BIKE』の制作経緯を聞かれた永野さんは、「去年の6月にお笑いのライブでやったネタなんですけど、そこに来ていた監督が是非映像にしましょうと言っていただき、『DEATH BIKE』と命名いただいた上で実現しました。」とコメント。SWAYさんは、「自分はセリフがなく、台本だと上裸でバイクにまたがってエンジンを吹かしている。というのを見て、撮影日めがけて身体造りだけしていきました。でも現場についたら黒のタンクトップが用意されていて、そのタンクトップにはイラッとしましたね笑」と笑いを交えながら自信の役作りに対して語った。

撮影について監督は、「朝に現場に入って、夕方4時には終わったので、6時間ぐらいで終わりました笑」とコメントすると、SWAYさんは「1日の撮影でこのクオリティができるんだと驚きましたし、もっとショートフィルムをやりたいと思いました。」と満足気に語った。

©2019 MANRIKI Film Partners

そして、11月日本公開となる長編映画『MANRIKI』を、本映画祭のためにショートバージョンに再編集した特別版が世界初公開!

永野さん曰く、長編を短くしたものではなく、また角度の違う、別作品に見えるようなショート用の『MANRIKI』とのことで、作品の押し寄せるような恐怖、サイコな雰囲気が見事に圧縮され表現されていました。再度、キャスト、監督が登壇すると、劇中音楽を担当した金子ノブアキさんもサプライズで登場!

MCから、音楽制作について聞かれた金子さんは、「監督が編集室に入れてくれたので、隣で音をあてながら作成しました。そのおかげで通常1~2週間かかるものが数時間でできた気がします。すごい楽しかったです。他の作品の撮影中の控室でも作っていました。今回は自由にやらせてもらえることが宝物でした」と制作の裏側を語ると監督は、「彼の作った音楽を是非劇場で聞いてほしいです!低音がずっと鳴っていたりと、劇場でこそ体験できると思います」とそのクオリティに太鼓判を押した。

さらに、作品の裏側が垣間見られる、メイキング映像を上映しながらの生オーディオコメンタリーも披露。衝撃のシーンの連続に永野さんは「こんなに見せてしまっていいんですか!?」と焦ると、斎藤さんは「映画が公開される11月には忘れているでしょう笑」と語り、会場の笑いを誘った。そして斎藤さんは「永野さんのTVで見られる部分は氷山の一角でしかなくて、その奥に広がる永野さんの世界観というのが映画的に見えて、そこに金子さんが入って、SWAYさんが作品を閉じてくれたんじゃないかと思いました」とチームを絶賛。

監督も観客に向けて「一緒に盛り上げていただけると嬉しいです!」と熱を込めて語った。最後に斎藤さんは本作について、「魔物を生み出してしまった、しかし天使でもある。僕らのキャパシティ以上のものができてしまったと思っています。皆さんは、この作品を見て感じたことが何かあれば、共犯者となって大いに盛り上げていただけたらと思います」と集まった観客に作品に込めた思いを語りイベントは幕を閉じた。

※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【2019年度版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ26店…
    meme1127
  • aumo
  • 斎藤工さん主演!常識を覆す最新映画の裏側をレポ…