【1分で巡る絶景】柔らかな自然に包まれた島の“天使の道”

「日本の地中海」とも呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ島、「小豆島」。暖かな気候と、オリーブとハーブの柔らかな自然が魅力となっている。そんな島に、消えたり現れたりする不思議な道「エンジェルロード」が存在する。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

瀬戸内海を臨む自然豊かな「小豆島」

「小豆島」は、温暖な気候に恵まれ「日本の地中海」とも呼ばれる瀬戸内海に浮かぶ美しい島だ。
香川県小豆郡に属していて、人口は約2万8千人の瀬戸内海で浮かぶ島の中では2番目に大きい。(『小豆島観光協会』公式サイトより引用)

島の小高い丘に広がる、「ギリシャ風車」が目印の「道の駅 オリーブ公園」には、約2,000本のオリーブの木や130種類以上のハーブが栽培されており、柔らかな緑と香りを楽しむことができる。

現れたり、消えたり…魅惑の「エンジェルロード」を渡る

潮の満ち引きによって、1日に2度だけ現れる不思議な砂の道。
南側にある小さな島を「弁天島」といい、そこから砂浜で繋がった4つの島を総称して「余島」と呼ぶ。

島と島を結ぶ約500mの細長い砂州の道は「天使の散歩道」とも呼ばれていて、大切な人と手を繋いで渡ると砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、願いが叶うと言われているそう。(『香川県観光協会』公式サイトより引用)

そこはまさに、「恋人の聖地」

「弁天島」を登ると「約束の丘展望台」があり、「エンジェルロード」が消えたり現れたりするその様子を、上から楽しむことができる。
また、展望台では“幸せの鐘”を鳴らすこともでき、まさに「恋人の聖地」となっているのだ。
ぜひ1度、大切な人と訪れてみたい。
小豆島
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年05月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1\「また行きたい」場所はどこ?/第2弾★あなたの思い出…
    aumo編集部
  2. 2【2020】IKEAのおすすめ人気商品31選!雑貨・家…
    chanyama
  3. 3【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  4. 4【2020年度版】カロリー低い順にご紹介!スタバの低カ…
    satomi0908
  5. 5【激ウマ!】新大久保でジューシーな韓国チキンがおすすめ…