海外利用のクレジットカード請求は遅い?知っておくべき要点とは

海外に滞在する間は、持ち歩く現金を最小限にしてクレジットカードで買い物をする人も多いでしょう。その際、海外利用のクレジットカードの請求は遅いという話があるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?請求に関する基本的な知識と要点について解説します☆
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

海外でのクレジットカード利用の請求の流れや手数料

海外でクレジットカードを利用したとき、請求の流れや手数料は、国内利用とは異なる点がいくつもあります。まずはそれを知っておきましょう♪

請求は日本円換算

クレジットカード会社からの請求は、利用者の国の通貨に換算されるのが一般的です☆

例えば、ハワイでクレジットカード決済の買い物をしたとすれば、請求される金額は日本円で提示され、カード会社の指定した期日までに支払います。

しかしながら、ハワイのお店で取り扱っている通貨は米ドルなので、決済時の米ドルから、請求する日本円に換算しなければなりません。

このときに使われるレートを「基準レート」と言います。これについて詳しく見ていきましょう♪

基準レートとは

現地通貨から日本円への換算、あるいはキャッシングなどで日本円から現地通貨に換算するときにカード会社が用いるレートを、基準レートと呼びます。

レートは本来、為替相場の変動によって、常に動いています。しかしこれを支払いに適用しようとすると、ショップとカード会社、カード利用者の間でレートに差違が生まれてしまうなどのトラブルが起きかねないのです。

そこで、基準レートを設けることによって、カード利用者にレートを明確化し、換算しやすくしています。レートは国際ブランドによって異なり、1日ごとに為替レートを参考に値が決定します☆

海外事務手数料とは

クレジットカードの請求金額は、現地で使った金額に基準レートをかけ、そこに海外事務手数料を加えた金額になるのが一般的です。

海外事務手数料は、カード会社が事務処理にかかった費用で、カード会社ごとに異なります。一般的なカード会社の事務手数料は1.6~2.0%が相場です。

現地通貨の両替を空港のカウンターや両替所でする場合の手数料が2.0~10.0%であることを考えると、クレジットカードで決済した方がお得ということになります♪

海外で利用したクレジットカードの請求のタイミングは遅い?

海外で買い物をすると、クレジットカードの決済が遅いという話を検証していきましょう。せっかく支払額を用意していてもいつまでも請求が来ない、では困ってしまいますよね。

実際のところはどうなのでしょうか?

請求書は国内決済と同じ請求先住所に届く

カードの請求の流れは次のような流れです☆

海外のショップでカード決済の買い物をすると、ショップがクレジットカード会社に対し利用明細を送ります。クレジットカード会社は日本円に換算し、請求書を作ってカードの所有者に送る、というのが一般的なカード決済です。

そのため、現地でカード決済をした場合はすぐに口座からお金が引かれるということはありませんし、カード会社からの請求がその場で発生することもありません。

2重請求などの手口にかからないように注意しましょう♪

レートの適用はいつのタイミングか

先ほど紹介した基準レートは、JCBやVisa、Mastercardなどの一部のブランドでは、公式サイトから日付を選択して調べられます◎

ここで注意したいのは、カード決済をした日のレートが採用されるわけではないという点です。カード会社にお店から買い物のデータが送られてから換算されるので、実際には数日経ったレートが採用されるのが一般的ですね☆

海外のカード決済の請求が遅いことがあるというのも、ここに関係してきます。お店がデータを送らなければクレジットカード会社は請求書が作成できないので、カード会社へのデータ転送が遅い場合は請求がそれだけ遅くなるというわけです。

海外利用のクレジットカード請求で知っておきたい注意点とは

海外でクレジットカードを使った場合の請求について、知っておいた方が良い知識を紹介します。
帰国後にトラブルになるといったことがないように、ぜひ実践してみてください!

ホテルの明細は0でももらう

クレジットカードの請求を見たら、すでに支払っているはずのホテル代が含まれていることもあるため、明細がたとえ0だったとしても、後々証拠になるのでもらっておくようにします☆

また、レンタカー代などをはじめ、頼んでいないサービス料金が含まれていることもあるので、確認した方が良いでしょう。

ショッピングも同じです。悪質なお店の場合、購入をしていない商品の費用が請求されるケースもありますので、明細は必ずもらうようにしましょう♪

請求金額に間違いがあったら

もし請求金額を確認し間違いがあった場合は、カード会社に問い合わせて、引き落としを止めてもらうように手続きを取らなければなりません。カード裏の電話番号に問い合わせてみましょう。

その後は、クレジットカード会社の調査が入るという形になります。このときのためにも、レシートは捨てずに持っておいてください☆

海外でクレジットカード利用する際には明細と請求額を必ず確認しよう

海外旅行の請求の早さについては、一般的には日本より遅いということはないようです。お店がクレジット会社にデータを送るまでの期間が重要ですので、お店次第と言えます☆

その際に明細と請求金額が一致しているかの確認は必ずしましょう♪
お店やホテルのスタッフが間違えて請求していることもありますし、悪質なお店が意図的に請求を水増ししている可能性もあります。発見次第すみやかに、カード会社に問い合わせてください◎

国内でもキャッシュレスが流行中

近年では日本でもキャッシュレスが流行中。
中でもPayPayの広がりは断トツです。

海外での支払いを経験すると、国内での現金持ち歩きが苦に感じることってありますよね。
PayPayなら携帯さえ持っていれば買い物に不便なし。
お得なキャンペーンでキャッシュバックがあるのも嬉しいです。

下記のリンクでは、PayPayの説明と簡単シンプルな登録方法を紹介しています。
この機会に日本でもキャッシュレス生活を始めてみませんか?

あわせて読む
PayPay(ペイペイ)とは?クーポンの使い方や仕組みまで徹底解説
更新日:2021年8月24日
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月27日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月25日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【10月28日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5【2021年10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ラン…
    tunetune95
  • aumo
  • 海外利用のクレジットカード請求は遅い?知ってお…