海外でクレジットカード利用時も機械の前で慌てずに。要点まとめ

クレジットカードを利用するとき、カードリーダーやATMなどの機械を使いますよね◎機械の使い方は、海外と日本では少し違います。あらかじめクレジットカード利用の流れや操作方法を知っておけば、現地で慌てることなく対応できるでしょう♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

海外でのカード利用の流れ

まずは、海外でのカード利用の流れから見ていきましょう!大まかな流れがイメージできれば、現地でも慌てず落ち着いて対応できるはずです◎

食事をしたり買い物をしたりしたときに、クレジットカード決済するシーンから解説します♪

機械に挿して暗証番号を入力

まずは、支払金額をチェックしてから、クレジットカードを渡します。お店の人がカードリーダーにカードを差し込んだら、暗証番号を入力しましょう♪

お店によっては、カードリーダーへの差し込みを自分で行うケースがあります。もしカードリーダーを自分の方へ向けられた場合は、慌てずにカードをゆっくり差し込めばOKです◎

サインの場合

海外でクレジットカードを利用する際には、本人確認として暗証番号もしくはサインが求められます。基本的には暗証番号、もし忘れた場合はサインという位置付けで覚えておくと良いでしょう◎

サインをする場合は、海外だからと言ってローマ字で書く必要はありません。カード裏面に自筆でサインしたものと同じサインをするようにしましょう!海外では、カード裏面のサインと照合して本人確認をしていることがあります。

機械でのキャッシングの流れ

海外キャッシングをする場合は、現地のATMを利用します。ATMの操作方法は、日本とそれほど大きな違いはありませんが、基本的な流れは以下のようになります◎

1. クレジットカードを挿入する
2. 言語を選択する
3. 4桁の暗証番号を入力する
4. 「WITHDRAWAL」を選択する
5. 「CREDIT」を選択する
6. 引き出したい金額を入力または選択する
7. 現金・カード・レシートを受け取る

機械によっては、カードを挿入してすぐに受け取るケースもあります。その場合は、盗難などを防ぐため、すぐにバッグにしまいましょう◎

使えない場合の原因で多いのは

海外でクレジットカードを利用しようとしたときに、「使えない…」というケースがあります。突然このような事態に陥ってしまったら、パニックになりますよね。一体、どのような原因があるのでしょうか?

クレジットカードが使えない場合に考えられる3つの原因について解説します!

入力ミス

まず1つ目は、暗証番号の入力ミスです。買い物などでクレジットカード決済するときにも、キャッシングするときにも、基本的に暗証番号を入力する必要があります。カード会社によって異なりますが、ここで暗証番号を3回以上間違えてしまうと、カードにロックがかかって一時的に使えなくなってしまうのです!

そのため、暗証番号は落ち着いて入力するようにしましょう◎
もし番号を忘れてしまった場合は、お店などであれば代わりにサインで対応してもらえるか確認すると良いですね♪

限度額を超えている

2つ目は、クレジットカードの利用限度額オーバーです。カードには、それぞれ利用できる限度額が設定されています。この枠を超えてしまうと、クレジットカードを使えなくなってしまうのです!

特に海外では、食事代・買い物代・お土産代などいつも以上に出費がかさみますよね。うっかりすると、あっという間に限度額を超えてしまうケースが多いのです。そのため、出発前に限度額を確認し、必要であれば一時的に増枠する手続きをとっておくと良いでしょう◎

セキュリティロック

3つ目は、カード会社によるセキュリティロックです。カード会社が持つ不正利用探知システムが作動することで、一時的にカードにロックがかかってしまいます。

セキュリティロックがかかる理由としては、「日本でしか使われていなかったカードが海外で使われた」、「いきなり高額決済された」、「同じお店で何度も決済された」などです。

このような事態を避けるためには、あらかじめカード会社に海外に行く旨を伝えておくと良いでしょう◎

知っておくべき要点とは

海外でのクレジットカード利用において、あらかじめ知っておきたい点があります。それは、「明細やレシート」そして「チップ」に関するマメ知識です♪

まずは、明細とレシートを保管しておく重要性について解説します。

明細やレシートは必ず保管

クレジットカードを利用した場合は、必ず明細やレシートを受け取り大切に保管しましょう!帰国後、カード会社からの明細書と照らし合わせることで、請求金額の確認ができます◎

また、身に覚えのない請求がある場合は、明細やレシートが証拠になります。日本と比べて海外ではクレジットカードを使った犯罪が多いので、このような対策が重要ですよ!

キャッシング時のレシートも、同様に保管しておいてください。後でトラブルが起きたときに、レシートの提示を求められることがあります。

チップについて

クレジットカード決済時には、チップを含めることが可能です◎
お店によって、すでにチップ欄に金額が書かれている場合もあれば、空欄になっている場合もあります。

もし空欄の場合は、ドルもしくは%で記入しましょう!お店のランクなどによってチップの相場は変わるので、あらかじめリサーチしておくと良いですね♪
すでにチップが書かれていても、サインする前なら自分で金額を書き直すこともできますよ!

日本と違っても落ち着いて対処しよう

海外では、機械の操作方法など日本と少し違う部分があるので、一瞬戸惑ってしまうかもしれません。しかし、事前に大まかな流れを知っておけば、現地で慌てることはありませんよね◎

もしもクレジットカードが使用できない事態になっても、落ち着いて原因を探ってみましょう。大抵の場合、カード会社には24時間対応のサポートデスクが設置されているので、問い合わせれば問題はクリアになるはずです♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月28日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月27日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【10月28日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5【12/15まで】新幹線が半額で乗れる!乗り放題情報や…
    irh173
  • aumo
  • 海外でクレジットカード利用時も機械の前で慌てず…