【山口】名酒揃いの日本酒特集♪地元民おすすめの山口地酒ご紹介!

山口県は、知る人ぞ知る日本酒の名産地。昨今は全国的に日本酒の出荷量が減少していますが、山口県では、近年も国内向け・海外輸出ともに出荷量が増加しているんです。今回は、豊かな自然に恵まれたこの県ならではの美味しい地酒をご紹介♪
この記事の目次

山口県のおすすめ地酒1. 深みのある独特な味わいにうっとりすること間違いなし!【東洋美人】

まず最初にご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、「東洋美人(とうようびじん)」。
山口県の日本海側に位置する萩市の酒造、澄川(すみかわ)酒造場が販売する、非常に人気が高い日本酒です。
稲の存在感にこだわったキレのある辛口の日本酒で、お猪口に注いだ際は、その美しい色と豊かな香りにうっとりしてしまうこと間違いなし!
日露首脳会談の際に出された日本酒として一躍有名になり、現在は全国各地で人気の日本酒となっています。
実は、山口県萩市は数年前の豪雨災害で大変な被害を受けた場所。澄川酒造場も一時は大変なダメージを受けましたが、どうにか復興し、美味しい日本酒を全国各地に届けています。

筆者おすすめ!東洋美人の「きんつば」をぜひ山口県のお土産に♪

※画像はイメージです。

山口県に旅行に来たなら、ぜひお土産にしてほしい「東洋美人」の商品があるんです。
それは、「東洋美人 蒸しきんつば」。
口の中に入れた瞬間、日本酒特有の豊かな風味が口の中に広がります。さっぱりとしたほどよい甘さの粒あんが日本酒とベストマッチした、おすすめの逸品。
山口県の道の駅やお土産ショップなどで販売されていますので、山口県を訪れた際はぜひ探してみてくださいね♪

山口県のおすすめ地酒2. 筆者イチ押し!すっきりとした味わいの日本酒【雁木】

続いてご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、「雁木(がんき)」です。
山口県の東側、清流と瀬戸内の穏やかな気候に恵まれた岩国(いわくに)市にある、八百新(やおしん)酒造が生み出す日本酒。
飲めば飲むほど味わい深くなる、すっきりとした口当たりと旨みが特徴のお酒です。
筆者は冷奴や焼き鳥と一緒に「雁木」を飲むのが大好きです。
とがったところがなくバランスが整った日本酒で、個人的に、食べ物と合う日本酒はどれか、と言われると真っ先に「雁木」を思い出します。
お夕飯のお共に、ぜひ「雁木」を飲んでみませんか。

山口県のおすすめ地酒3. 柔らかい酸味が味わい深い日本酒【長門峡】

続いてご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、「長門峡(ちょうもんきょう)」。
山口県萩市にある同名の景勝地、岡崎酒造場が生産する日本酒です。
「長門峡」は、山口県の山奥にある小さな渓谷で、清流とともに四季を楽しむ場所として山口県民に愛されています。
そんな「長門峡」の名前を冠するこの日本酒は、辛口なのですが、柔らかな味がクセになりそうな味が素敵なお酒。
きつすぎない程よい酸味がマイルドな味のアクセントになって、ついついたくさん飲みたくなってしまいます。
山口県内では比較的手に入れやすい日本酒で、居酒屋で人気です。
非常に飲みやすく、魚と一緒に頂くのがおすすめ◎

山口県のおすすめ地酒4. 山口県の山奥発!今や全国的なブランド日本酒【獺祭】

次にご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、言わずと知れた人気日本酒「獺祭(だっさい)」。今や全国各地にその名を轟かせており、日本酒は苦手だが「獺祭」の名前は聞いたことがある、という方もいらっしゃるほど。
清流「錦川」が流れる山口県岩国市の有名酒造・旭酒造が生み出す日本酒です。
フルーティで独特な甘さを持ち、幅広い人々に愛される日本酒で、日本国外への輸出も多いんだとか。
口当たりが良く、後味も甘く美味しいですよ◎
一昔前は希少なお酒として知られており、幻の日本酒と呼ばれたこともありましたが、今では流通量が増えて求めやすくなっています。
西日本を襲った豪雨で大きな被害を受けましたが、山口県出身の人気漫画家とのコラボもあり、また一躍注目を受けた「獺祭」。
ぜひ一度は味わってみてくださいね♪

山口県に来たら…ちょっとしたお土産に日本酒はいかが?

aumo編集部

山口県の駅や空港、道の駅などのお土産コーナーには、酒瓶に入った日本酒がたくさん売られています。
小さいサイズのものも多くありますので、お土産にぴったりなんです◎
写真は筆者が購入した「獺祭」。
場所や種類によりますが、2人でちょうど1食分ほどの小さいサイズの瓶は、¥600くらいの値段で購入が可能です。
山口県を訪れたら、豊かな自然に育まれた日本酒をお土産にいかがでしょうか。

獺祭関連商品もとても美味しい♪山口県のお土産に【獺祭煎餅】はいかが?

山口県には、人気日本酒「獺祭」を利用して作られたお土産がたくさんあります。
その中でも筆者のおすすめは、「獺祭」の砕米で作られた「獺祭煎餅」。
塩気がきいた煎餅は、軽い歯触りでさっぱりとした味わい。
日本酒の味は全くしませんが、しっかりとしたお米の味が感じられ、煎餅として非常に高いクオリティを誇っていると感じます。
日本酒が苦手な方へのお土産にもぴったりですよ(笑)。

【獺祭ケーキ】も山口県のお土産に大人気◎

こちらの「獺祭ケーキ」もおすすめ。
「獺祭」を染み込ませたケーキで、程よい甘さとしっとりとした上品な舌触りが非常に魅力的です。
「獺祭煎餅」と異なり、アルコール分が含まれておりますので、お気をつけください。
日本酒好きさん必見のケーキです。もちろんお土産にもぴったりですよ◎
「獺祭」関連の商品は、ほかにも石鹸やグラスなど色々とありますので、「獺祭」ファンの方はぜひ探してみてくださいね。

山口県のおすすめ地酒5. 爽やかな味わいが魅力的な日本酒【貴】

続いてご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、「貴」。
山口県の西側、街中に彫刻などの美術作品が置かれた文化の街・宇部市の永山本家酒造場が生産している日本酒です。
山口県を代表する観光地として有名な、日本有数のカルスト台地「秋吉台」の地下水を使用した日本酒で、透明感のある味わいがやみつきになります。
筆者は、スパークリングの「貴」がお気に入りです。さっぱりとした一杯を期待できますよ。
渋い辛口で、爽やかな風味が感じられ、温野菜やおでんなどによく合う日本酒です。

山口県のおすすめ地酒6. 山口の清流を利用した穏やかな甘さの日本酒【五橋】

次にご紹介する山口県のおすすめ日本酒は、「五橋」。
山口県岩国市の有名観光地「錦帯橋(きんたいきょう)」を流れる清流「錦川」の水を使用した日本酒で、「錦帯橋」近くに蔵元を構える酒井酒造が生産しています。
「五橋」という名前も、「錦帯橋」から来ているんだとか。
穏やかでゆったりとした甘さが人気の日本酒です。
クセがなく、口にしやすい甘さなので、ぐいぐい飲むことができます。
後味がいいので、料理をいただきながら日本酒を飲みたい、という時にもぴったりですよ◎

山口県のおすすめ地酒7. 飲みやすく後味のいい日本酒【原田】

最後にご紹介する山口県のおすすめ日本酒は「原田」。
山口県中東部の工業都市、周南市の酒造、はつもみぢが生産する日本酒です。
口当たりのよさと飲みやすさが特徴的で、何杯飲んでも飽きません。
香りも後味も甘く、筆者が日本酒初心者だった頃も非常に飲みやすく感じました。
まろやかで上品な味わいが魅力的な日本酒。
フルーティな旨みは食中に飲む日本酒としても優秀で、特に女性に人気があるんだとか。

山口県の美味しい日本酒を楽しもう♪

aumo編集部

いかがでしたでしょうか。今回は、山口県のおすすめの地酒をご紹介させていただきました。
美しく豊かな自然に囲まれた山口県の日本酒は大人気◎
筆者は山口県の出身で、山口県へ帰省した際はお土産に日本酒を選ぶことも多いです。
最近では東京都内の居酒屋で山口県の日本酒を見ることも多くなってきています。
今回ご紹介した日本酒の銘柄は、山口県内で有名なものばかり。
また、山口県の特産品であるふぐや瓦そばなどは、非常に日本酒に合いますので、そちらとあわせていただくのもいいかもしれません。
ぜひ山口県の日本酒を美味しく味わってみてくださいね♪

※掲載されている情報は、2018年11月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2018決定版】話題の台湾スイーツ!東京のおすすめカフェ7選☆andi_amo
  2. 2新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21
  3. 3【鎌倉のお正月】初詣は鎌倉で七福神めぐりをしてみませんか?early_summer0321
  4. 4【京の朝ごはん】京都の好立地モーニング&旅行プラン♡aita
  5. 5金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポットご紹介♡aiko1019