【青森の絶景】1度は行ってみたい!自然豊かな観光スポット10選

本州最北端・青森は東北新幹線でのアクセス抜群!絶景スポットがたくさんある地域です♪ねぶた祭やりんごなども有名ですが、今回は自然が非常に美しい絶景スポットを10選紹介します。日本海、太平洋に面した地域であり、冬は雪景色が広がる青森に行ってみたくなる名所があるはずです☆
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

【青森の絶景を見に行こう♪】1. 「白神山地」

最初に紹介する【青森×絶景】の観光名所は「白神山地」。
青森県南西部から秋田県北西部にまたがる広大な山地帯である「白神山地」は、1993年に世界遺産に登録されています。(※”じゃらん”参照)

人の手がほとんど加わっていない原生的なブナ天然林が広く分布しているのが特徴◎
春の花や秋の紅葉、冬は雪景色といった青森の四季を存分に堪能できますよ。青森で豊かな自然を感じたいときに必見の名所です!
aumo編集部
白神山地と言えば、「青池(あおいけ)」も有名です。
透き通った青色が非常にきれいで、木々が映り込む様子は神秘的♪近くに行って写真に収めたくなってしまいますね。
日が出ている時間は池の底が透けて見えるそうです。透明度が高く、鮮やかなブルーが特徴の青池ならではですね♪

青森屈指の絶景を楽しむにはまさにぴったりの観光スポットをお楽しみください!
白神山地
青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1

【青森の絶景を見に行こう♪】2. 「八甲田山」

次に紹介する【青森×絶景】の観光名所は「八甲田山(はっこうださん)」。青森の有名観光名所である「八甲田山」は、北八甲田という10の山々と南八甲田という6峰の山々を指しています◎

観光のときは、ロープウェーを利用しましょう♪山頂部から青森市全体を眺めると、青森の絶景を堪能することができます。特に夜は、豊かな自然の中に広がる星空がきれいですよ☆
また秋は紅葉、冬は雪景色が魅力的です。どの季節に行ってもワクワクする絶景が広がっていますね♪
八甲田山
青森県青森市大字荒川字寒水沢

【青森の絶景を見に行こう♪】3. 「恐山」

続いて紹介する【青森×絶景】の観光名所は「恐山(おそれざん)」。青森県北部・下北半島にあり、日本三大霊山の1つとしても有名ですね。実は恐山という山は存在せず、湖に連なる山々を総称して「恐山」と言われています。

恐山の文字を見ると非常に怖い山のように感じるでしょう。しかし湖に近づいてみると恐い雰囲気はなく、むしろ清々しい空気を感じることができます☆
透き通る湖と山は、まさに青森の絶景と言えますね◎勇気を出してぜひ足を運んでみてください♪
恐山
青森県むつ市田名部宇曽利山
★★★★★
★★★★★
4.01
43件
194件
下北半島の霊場恐山。写真からもわかりますか?少し不気味な場所でした💦恐山内に有る♨️に浸かってきました♨️夕方だったので、貸切で、良い湯加減でずっと浸かっていたかったです♨️😊
投稿日:2021年8月15日
恐山の帰り道に冷水がありました飲めば長生きができると言ういわれがありますゴックン(‘ч’)ゴックン🙇‍♀️🙏ペットボトルに持ち帰ってきてました従姉妹が!☺️
投稿日:2020年11月22日
入山¥500。印象はもっと霊験ドップリのイメージだったが実際のところ普通のお寺だし硫黄の香りがほのかに漂うただの瓦礫の広場。ほぼ砕石場と変わらないところに仏様を祀ってあるだけだった。恐らく雰囲気を盛り上げてた呼子?イタコ?のお姉さん達が全く居ないからかな。下北と言えばココ!と思ったが時代時期の影響なのかも。観光客も余り盛り上がって無かった白けた感触。
投稿日:2020年8月24日

【青森の絶景を見に行こう♪】4. 「城ヶ倉大橋」

次に紹介する【青森×絶景】の名所は「城ヶ倉大橋(じょうがくらおおはし)」。津軽と南部を繋ぐ橋として活躍する青森の観光名所です。

写真のように非常に長い橋となっており、なんとアーチ支間長225メートルもあるんですよ。十和田八幡平国立公園の豊かな自然は圧巻!新緑、深緑、紅葉とどの季節も絶景であるのも嬉しいポイントですね。
ドライブで「城ヶ倉大橋」まで行き、途中下車して絶景を堪能しましょう!
城ヶ倉大橋
青森県青森市荒川字南荒川山
★★★★★
★★★★★
3.23
6件
6件
昨日の城ヶ倉大橋の紅葉!まだ緑が多いようで少し早かったかな^^;この日は風が強く近くにある八甲田ロープウェイは運休してました。
投稿日:2020年10月11日

【青森の絶景を見に行こう♪】5. 「弘前りんご公園」

続いて紹介する【青森×絶景】の名所は「弘前市りんご公園」。青森と言えば【りんご】を思い浮かべる方が多いでしょう。青森の特産が一面に並ぶ絶景が魅力的な観光スポットです☆

「弘前市りんご公園」では、りんごの収穫体験やりんごを使ったカフェを通してりんごを楽しむことができます。収穫体験では、日によって収穫できる品種が変化します。その日のりんごの種類を調べるのも楽しいかもしれません。
視覚で絶景を堪能したあとに、味覚も満足したい!というときに必見です◎
弘前市りんご公園
弘高下駅から2182m / 青森県弘前市清水富田字寺沢125
★★★★★
★★★★★
3.20
4件
4件

【青森の絶景を見に行こう♪】6. 「津軽鉄道 ストーブ列車」

次に紹介する【青森×絶景】の名所は「津軽鉄道 ストーブ列車」。冬限定の観光列車である津軽鉄道は、客車に暖房としてダルマストーブが置いてある雰囲気抜群な列車です◎
車窓から見ることができる地吹雪はまさに絶景♪レトロな電車内と雪景色は非常にノスタルジックですね。
雪国・青森の冬を存分に楽しみましょう!

また、津軽鉄道は夏と秋もイベント列車を走らせているんですよ!夏は風鈴列車、秋は鈴虫列車と四季を感じることができます◎津軽鉄道に乗って青森の絶景をお楽しみください!
津軽鉄道
五所川原駅から60m / 青森県五所川原市字大町39

【青森の絶景を見に行こう♪】7. 「十和田湖」

続いて紹介する【青森×絶景】の名所は「十和田湖」。青森県と秋田県にまたがる湖で、青森の景勝地として有名ですね♪

「十和田湖」は朝昼夜で景色が変化するのが特徴◎朝は朝霧で雲を近くに感じることができ、昼は太陽が湖を照らして輝きます。夜は星空が広がり、静かな夜を十分に楽しむときにぴったりですよ。好きな時間に行くのも、十和田湖のホテルに宿泊して朝昼夜全て楽しむのも◎
またレンタルボートなどのアクティビティも充実しています。青森の絶景をより楽しむために、チェックしてみてください!
十和田湖
青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486
★★★★★
★★★★★
4.00
16件
42件
秋の十和田湖。青森県と秋田県にまたがる十和田湖は、その面積が山手線のエリアとほぼ同じという大きなカルデラ湖。深さも日本で3番目、最深部は東京タワーの高さとほぼ同じくらいになるそうです。そんな十和田湖、湖面からの絶景やパワースポットをスピードボートで巡ってきました。奥入瀬渓流よりもその水源である十和田湖の方が標高が高いため紅葉もこちらの方が進んでいてとてもきれいでした。紅葉は高い場所から始まっていくのが通常ですが、ここでは湖面に近い下の方から色づいていくそうで、小さなボートならではの低い眼高で楽しめたのも色づく葉っぱに近くて感動的でした。とても感銘を受けたのが五色岩。火山を感じる赤や黒の岩肌、木々の緑、湖面の色、空の色…これで五色のようですが、秋は木々が色づき、なないろの岩になっていました。・十和田湖では大きな遊覧船やスワンボート、手漕ぎボートなどいろんなボートがありますが、私たちは一番スピードの早いスピードボート(複合型のゴムボート)を予約して行きました。(青森県側の休屋の近くにあるリブパイオニアというショップです♪)スピードボートなので移動距離が多く、広い十和田湖の見どころをたくさん、しかもスリルと迫力満点で楽しめます。さらに大きな船では近づけないスポットにも行けて満足度の高いクルーズでした。途中で十和田神社の御神木があるパワースポットで願いごとを書いた紙を投げ入れました。沈んだら願いごとが叶うとのこと。みんな無事沈んでいました。・RibPioneerのボートクルーズは1人6,000円(オンライン事前予約で5,000円)です。遊覧船に比べて高いですが、遊覧船では行けないところにくまなく行けてとっても満足でした!おすすめのアクティビティです。
投稿日:2021年11月10日
十和田湖…透明度、スゴイです✨✨もちろん、アヒルボートも楽しいと思いますが、リブボートと呼ばれるゴムボートで時速70キロでかっ飛ばす、十和田湖クルーズが絶対オススメです‼️今回参加したのは、パワースポット巡り。すぐ近くにある十和田神社の御神木は、現在陸路からのアクセスは出来ず、クルーズに参加しないと行けない場所にあります。パワースポット巡りのツアーに参加すると、乗船前に半紙のような素材の紙に願い事を書いてこよりを作り、御神木近くで湖に投げ、紙が沈めば願い事が叶うという体験イベント付きです!パワー巡りではないもので訪れ、個人的に行いたい方は、願い事を書く半紙のような紙を十和田神社で購入もできるようです。御神木の、水中に張った根を見ることができるくらい、透明度が高いです!透明度は10mくらいあるとか。今回はあいにくの天気でしたが、お天気の日で良い時間帯であれば、透明度の高い水面に木漏れ日が差し込む、幻想的な景色も見られるみたいです!
投稿日:2021年8月17日
青森県と秋田県にまたがり水深は日本で3番目に深い湖です。キラキラとした湖面が綺麗です✨近くには乙女の象や十和田神社がありました10月に行ったのでまだ紅葉はしてません。もうちょっと遅かったらなぁー
投稿日:2020年11月22日

【青森の絶景を見に行こう♪】8. 「奥入瀬渓流」

続いて紹介する【青森×絶景】は「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。
十和田湖から放出される河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの流れが奥入瀬渓流です。写真のように、滝から水が流れる様子はとても見応えがありますね。新緑、紅葉の時期の景観は特に必見で、まさに青森の絶景!という景色が広がっています♪

渓流沿いの遊歩道での約4時間半のトレッキングやサイクリングを通して、青森・十和田湖の水の美しい絶景をお楽しみください♪
奥入瀬渓流
青森県十和田市大字奥瀬
★★★★★
★★★★★
4.00
34件
74件
青森の絶景*秋の奥入瀬渓流。先日、土日プラスαで奥入瀬渓流へおでかけしました。ずっと行きたいと思っていた秋の奥入瀬渓流は本当に美しくて、その豊かな自然に癒されました。・奥入瀬渓流のハイライトのひとつ、阿修羅の流れ(写真1枚目と6枚目)は、その流れの激しさからついた名前のようです。奥入瀬渓流は、上流に滝スポットが多く、このあたりの中流域はまさに渓流らしい景観を楽しめる場所だそうで、着いた日の午後は中流付近を歩いて散策しました。阿修羅の流れに差し掛かる頃にはすでに傾き始めた太陽の光が黄色い葉っぱを照らし、さらに流れの上に木の影絵をつくっていて、見事な景観でした。・奥入瀬渓流が初めての人におすすめだという中流域。約4kmほどの歩きやすい渓流沿いをゆっくり散策しました。秋の渓流の風景を楽しみながら、リフレッシュできました。今年はちょっと紅葉が遅かったみたいで、真っ盛りの少し手前ではありましたが、十分に綺麗で絶景の連続でした。
投稿日:2021年11月1日
ここは多少の雨なら全く問題なく楽しめます‼️写真も雨の中訪れた時のものですが、緑や石が艶やかで、とても雰囲気良かったです🍀人も少なく、小雨の日はオススメかも知れません。渓流は、車道にほぼ沿ったかたちで流れています。全ての行程を歩くと約5時間。奥入瀬渓流館側から出発すると、メインスポットまでは車道を歩く箇所も多く2時間近くかかるので、石ケ戸休憩所まではバスを利用することをオススメします。レンタサイクルもありますが、決して広くはない車道を、車と一緒に走ることになるので、けっこう大変そうだな…と思いました。ポスターなどでよく見かける有名なスポットもありますが、正直……どこでも絵になります‼️実際、私が写真を撮った場所は名もなき流れですが…看板を見なければ、どこが有名な所なのか見分けるのが難しいくらい、どこも素敵な景色です。実際に行くまでは、けっこうな山の中を歩いていくのかな…と思っていましたが、すぐ近くに車道もあり、高低差もあまりなく、小さなお子さまからご高齢の方まで、幅広く楽しめる場所かなと思います。とはいえ…気合いの入った登山の準備は必要ありませんが、靴は歩きやすいもので!宿の方が、地形の関係で霧雨が降りやすいと言っていたので、レインコートも準備してお出かけください😌
投稿日:2021年8月17日
奥入瀬渓流(青森県十和田市)北海道新幹線で青函トンネルを通過して青森駅で🚉下車し、観光バス🚌で十和田湖を巡って奥入瀬渓流を観光してきました。突然、熊🐻出没情報があり、歩いての探索は中止となり残念でしたが急いで写真を撮ることが出来ました😊マイナスイオンがいっぱい、空気も美味しくとても気持ちの良い所でした。たくさんの滝、川のせせらぎで癒されました。🤗2019/7
投稿日:2021年1月30日

【青森の絶景を見に行こう♪】9. 「仏ヶ浦」

次に紹介する【青森×絶景】の名所は「仏ヶ浦(ほとけがうら)」。青森県・下北半島にある岩々の総称を指します。

海の波風によって削られてできた長い年月をかけて自然が作り出した岩は、自然の美しさを感じることができますよ。
また「仏ヶ浦」の岩場の奥に進むと、干潮時にのみたどり着くことができる場所があります。その場所に湧く水は「不老長寿の水」と言われており、何かご利益がありそうですね♪
そんな神秘的な青森の絶景は必見です!
仏ヶ浦
青森県下北郡佐井村
★★★★★
★★★★★
4.00
4件
29件
下北半島の仏ヶ浦🎵駐車場からかなり降りました💦帰りの登りは、ココアを抱きながらなので、汗だくでした😣💦観光船とか有るようです🛥
投稿日:2021年8月15日
青い空と、本州なのにこれまた青い海、大粒の白い砂とで、巨大な岩と奇妙な形の岩があり、本当に驚いた。人生の中で、最も感動した景勝地。腹の底から感動した。ここを訪ねたあと、ずっと仏ヶ浦と下北半島のことは頭から離れなかった。一生の思い出と言ったら言い過ぎか?でも、是非また行ってみたいほど素敵で素晴らしい場所。駐車場からも10〜15分階段を結構歩きました。が、歩くだけの価値はあると思いました。(やっぱり遊覧船がおすすめです)現世とは思えない程の素敵な景観。凄い自然の造形美ですね、車で行くと、結構歩きますね、でも、体のためたまには、自然のなか歩くのもいいですよ。船で行くのも楽しそうですね、ぞろぞろ沢山の船から、下りてきてました。子どもと行ったら、ちっちゃい魚とか、すぐそこに泳いでいるので、喜びそうです。景観の味わい方は3通り、山の上の無料駐車場に車を止めデッキから見る。山の中腹の無料駐車場に車を止め自分の足で歩く。戻りは登りなので倍の30分かかる。もうひとつは定期観光船で1時間30分。一度は観たい景色です。
投稿日:2020年8月26日

【青森の絶景を見に行こう♪】10. 「蕪島」

最後に紹介する【青森×絶景】の名所は「蕪島(かぶしま)」。ウミネコの繁殖地として有名で、国の天然記念物に指定されています。(※”八戸市観光情報サイト”参照)毎年繁殖期にはウミネコで島が埋め尽くされるそう。

そして「蕪島」の頂には「蕪島神社」があり、古くから八戸を守ってきた神社として親しまれています。蕪島神社から見える蕪島の様子や、蕪島全体がウミネコでいっぱいになる様子はとてもフォトジェニック♪
自然と動物の共存も青森の絶景の1つと言えますね◎
蕪島
鮫駅から955m / 青森県八戸市大字鮫町字鮫56-2
★★★★★
★★★★★
4.00
6件
8件
蕪島神社⛩火災があり、現在は建て直し中。海沿いにある神社で3月から8月あたりまではウミネコで賑わう場所です。ウミネコはちょっと、、という方はこの初詣時期は特におススメ。夕焼けの港や船、夕日に照らされる神社が映えてまさに「美しいな」と思える景色が見えます。初詣だとウミネコくじなんてのもあるのでそれもまたここならではだと思います🤫💕
投稿日:2019年1月8日

本州最北端・青森の絶景を目一杯堪能しよう♪

いかがでしたか?
今回は、青森で1度は行きたい絶景がある観光名所を10選紹介しました。

春・夏は緑が豊かに、秋は紅葉、冬は北国ならではの雪景色が広がっていましたね。また海に面しているため美しい水の絶景も楽しむことができますよ!
ぜひ青森を観光してみてくださいね。そして、お土産には青森の特産物を買うのをお忘れなく♪
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年12月3日

  1. 1【2022】ミスド福袋は12/26販売開始!全4種類の…
    kabutan
  2. 2【2022】福袋のおすすめ15選!毎年人気の食品やコス…
    yk0220
  3. 3【2022】スタバ福袋の当選倍率を発表!中身ネタバレや…
    kabutan
  4. 4品川のおすすめランチ!安い人気店や個室でゆっくりできる…
    satomi0908
  5. 512月2日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama