【青森×名所】観光からグルメまで!2日間のモデルコースをご紹介♪

本州最北端・青森の名所といえば何を思い浮かべますか?十和田湖や白神山地などの豊かな自然を想像する方が多いかもしれません。しかし、青森には自然のスポットに加えて文化的な名所もたくさんあるんですよ♪今回は2日間のモデルコースを紹介します◎
この記事の目次

東北新幹線に乗って、青森の名所に行こう☆

青森の観光名所を巡るなら東北新幹線がおすすめ◎
東京駅から終点の新青森駅まで約3時間で到着します。途中、車窓からは秩父・八ヶ岳・磐梯山・蔵王を見ることができますよ♪

新幹線のからの景色を楽しみつつ、青森までの道中を満喫しましょう!今回は終点の新青森駅からスタートし、2日間の青森観光をはじめます。

【青森観光におすすめの名所】1. 「ねぶたの家 ワ・ラッセ」

まず初めに行く青森の名所は「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。新青森駅から奥羽本線で約6分、青森駅を下車し徒歩で約1分のところにあります。

青森と言えば、夏の【ねぶた祭り】を想像する方が多いでしょう。「ワ・ラッセ」では、ねぶたを触ることや紙貼り体験ができます。普段の祭りとは違い、ねぶたを近くに感じることができますね♪
吹き抜けになっている1階には、大型のねぶたが展示してあります。2階の「ねぶたミュージアム」と伏せて、ねぶたの歴史を感じましょう!

ねぶたの家 ワ・ラッセ

【青森観光におすすめの名所】2. 「青森県観光物産館アスパム」

続いて行く青森の名所は「青森観光物産展アスパム」。「ワ・ラッセ」からは徒歩約7分、青森駅からは徒歩約8分のところにあります。

正三角形の外観が特徴の「アスパム」は、物産展や郷土芸能を紹介する「青森県の顔」として知られる名所♪品揃え豊富なお土産コーナーでは、青森の名物・りんごのお菓子やジュース、津軽塗の工芸品等を買うことができます。
お土産を買うには早いかもしれませんが、もちろん宅配もあるので買いすぎてしまっても安心ですよ。青森の特産物を楽しみましょう☆

青森県観光物産館アスパム

【青森観光におすすめの名所】3. 「弘前城」

ここから先はレンタカーを利用することをおすすめします。青森駅か新青森駅でレンタカーを借りましょう!
続いて行く青森の名所は「弘前城」。青森駅から車で約1時間のところにあります。国の重要文化財に指定されており、天守・櫓・城門が現存していることが特徴。(※”弘前公園公式HP”参照)

ゆっくりと観覧すると2時間ほどかかりますが、弘前公園の主要な遺構を見ることができますよ!
もちろん外観だけでもフォトジェニック♪特に春、桜と一緒の弘前城は写真を撮りたくなってしまいますね。

弘前城

【青森観光におすすめの名所】4. 「弘前市りんご公園」

続いて行く青森の名所は「弘前市りんご公園」。弘前城からは車で約20分です。りんご公園という名の通り、青森の特産物・りんごを存分に楽しむことができる名所◎

りんごの収穫体験やりんごを使ったメニューが豊富なカフェが揃っています。また、時期によってはりんごの収穫祭や花祭りも開催していますよ♪
収穫体験では、日によって収穫できる品種が異なります。その日に食べることができるりんごの品種を調べてみるとより楽しくなるでしょう!

弘前市りんご公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

【青森観光におすすめの名所】5. 「星と森のロマントピア 星の宿白鳥座」

観光名所を巡ったあとは、おしゃれな宿に宿泊しましょう。次に行く青森の名所は「星と森のロマントピア 星の宿白鳥座」。「りんご公園」からは車で約15分です。

このホテルには公開天文台「銀河」があるのが大きな特徴◎満点の星や宇宙のエネルギー・神秘を楽しむことができますよ♪
ただ宿泊するだけでなく、青森の豊かな自然の中で星を見るとホテルも思い出に残るものとなるでしょう。大人も子供も、時間を忘れてゆっくりとしてください◎

星と森のロマントピア 星の宿白鳥座
rakuten_travelで見る
他の宿泊予約サイトで見る

【青森観光におすすめの名所】6. 「田舎館村」

続いて行く青森の名所は「田舎館村」。田んぼのキャンバスに稲で描かれた絵が浮かぶ、田んぼアートが魅力的ですね♪

テーマに沿って描かれる絵は、近くからも遠くからも見ることをおすすめします◎また秋になるとアートの色が変化します。ぜひ写真に収めてみてくださいね。
また「田舎館村」の展示期間外にもイベントは行われています。1年を通して楽しむことができる田舎館村は、まさに青森必見の名所ですね◎

田舎館村
詳細情報を見る
jalan_kankou

【青森観光におすすめの名所】8. 「八甲田山」

次に行く青森の名所は「八甲田山(はっこうださん)」。田舎館村から車で約50分のところにあります。
青森の観光名所である八甲田山は1つの山を指すのではなく、北八甲田という10の山々と南八甲田という6峰の山々を指すんですよ◎

そんな八甲田山を観光するときは、ロープウェーがおすすめ!山頂部から青森市全体を眺めることができますよ♪
秋はきれいな紅葉を楽しむことができます。また冬はスキー場として利用できるので、スキーやスノボが好きな方にもぴったりですね。

八甲田山
詳細情報を見る
jalan_kankou

【青森観光におすすめの名所】8. 「十和田市現代美術館」

続いて行く青森の名所は「十和田市現代美術館」。
アートを通した新しい体験を提供する開かれた施設として開かれた「十和田市現代美術館」には、館内や広場に個性的な展示が数多くありますよ♪(※”十和田市現代美術館公式HP”参照)

写真は前庭にある、ハキリアリの赤く巨大な彫刻です。ぜひ近くに行って大きさと真っ赤な色を確かめてみてください◎他にも体験型の展示がたくさんあるので、写真を撮りながら楽しみましょう♪

十和田市現代美術館
詳細情報を見る
jalan_kankou

【青森観光におすすめの名所】9. 「すし処 神田」

最後に行く青森の名所は「すし処 神田」。地元八戸の海鮮が美味しい、夕飯にぴったりの寿司料理屋です。

おすすめのコースは「店主おまかせ にぎり」¥3,500(税抜)。八戸で獲れる海鮮を存分に堪能できますね。完全個室も用意していますが、雰囲気抜群なカウンター席もおすすめです◎
旅の最後に青森のグルメを楽しみたい!というときにうってつけの名所ですね♪

そして東北新幹線にて八戸駅から帰宅しましょう。東京駅までは約3時間です。

すし処 神田
詳細情報を見る
hot-pepper-gourmet
tabelog

【青森観光におすすめの名所・番外編】10. 太宰治記念館「斜陽館」

時間に余裕がある方向けに、青森の名所を1つ紹介します。「斜陽館(しゃようかん)」は津軽鉄道金木駅から徒歩約7分のところにある、太宰治の記念館♪
1907年に太宰治の父によって建てられ、青森ヒバがたっぷり使用された建築物としても有名ですよ。また国の重要文化建築材に指定されています。(※”太宰治ミュージアム公式HP”参照)

そんな「斜陽館」では、太宰治の初期作品の展示や愛用執筆用具が展示されていますよ。青森をより深く知ることができるでしょう!

太宰治記念館「斜陽館」
詳細情報を見る
jalan_kankou

これであなたも青森通!本州最北端を満喫しよう♪

いかがでしたか?
今回は、青森の建築物・文化財を中心に名所を巡るモデルコースを紹介しました。

2日間で青森のグルメや観光名所を存分に堪能することができましたね!ぜひ青森に行った際には足を運んでみてください。
そして、お土産には青森の特産物を買うのをお忘れなく♪

※掲載されている情報は、2018年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ゴールデンウィーク10連休!何するか迷っている方にオス…
    hon0327
  2. 2標高1,900m!天空の特等席テラスで絶景体験◎
    mamian
  3. 3【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  4. 4【2019】GWの穴場スポットはここ!関東地方を徹底紹…
    hon0327
  5. 5ターコイズブルーに輝く、“夢の吊り橋”は絶景だった!