京都にある哲学の道…。散歩しながら猫と遊べるんです♡

「京都旅行でお寺・神社以外も楽しみたい」「一風変わった場所に行きたい」こんな旅行先を探しているみなさんに向けて、哲学の道の魅力をご紹介します。具体的には、哲学の道でなぜ猫と遊べるのか、何を見られるのかをお伝えしていきます!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

哲学者たちが好んで散歩していた哲学の道とは

哲学の道は、銀閣寺から南禅寺の近くまで続く、およそ1.5kmの小さな道です。
そして哲学の道といえば、桜と紅葉が楽しめるスポットとして、世界中から観光客が集まります。

道のりも短いので、二つの観光地を哲学の道を歩きながら行き来する方もいます。
かつて哲学者が歩いたように、物思いにふけながら歩いてみるのもおすすめです。
哲学の道
詳細情報を見る
jalan_kankou

哲学の道には猫が住み着いている!

哲学の道には、風景の美しさやロケーションの良さ以外にも、あまり知られていないポイントがあります。
ここには人に慣れている野良猫が多くおり、ちょっとした猫スポットになっているのです。
この「本日は休ませて戴きます」の看板は、閉業した喫茶店のものです。
近所の方が気を使ったのかクッションが置かれており、猫たちが座りやすいようにされていました。
熊野若王子神社のそばにありますので、見落とすことはないかと思います。

桜と紅葉の両方を楽しめるのが、哲学の道の良さ

猫も魅力ですが、やはり景色も圧巻です。
春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪化粧と全ての四季に見所があります。

歩くだけで楽しめる歩道です。
道の途中には喫茶店やベンチがあり、疲れたらひと休みできる場所もあります。
ベンチに座ると猫が寄ってくるときもあります。
人に慣れている証拠ですね。

また、写真のようにユーモアのある展示がされていたり見所がたくさんです。

銀閣寺や南禅寺に寄ったら、哲学の道も散策してみよう!

さて、景色と猫を楽しめる哲学の道を紹介してきました。

哲学の道については、
・桜も紅葉も楽しめる
・他の観光地にアクセスしやすい
・人に慣れた野良猫が住み着いている
が魅力なポイントでした。

ぜひ、京都旅行のプランに組み込んでみてください!

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年12月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 12月開催(2/7~3/1)「#おでかけ」記事キャンペー…
    aumo編集部
  2. 220周年の新「生茶」が届けるおいしさに満たされる時間
    aumo編集部
  3. 3【2020】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4【2020年版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ21店を…
    meme1127
  5. 5【2020】目黒川桜祭りを徹底紹介♪お花見できるカフェ…