「神田明神」を徹底解剖!気になる参拝時間からアクセスまで♪

東京に鎮座する「神田明神」は長い間、江戸・東京を見守ってきた神社。今でも多くの方が時間をぬって参拝に訪れる、東京屈指のパワースポットです♪今回はそんな「神田明神」を徹底調査!気になる参拝時間から、境内のおすすめスポット、アクセス方法までご紹介しますよ◎是非こちらの記事を参考に参拝してみてくださいね!
この記事の目次

「神田明神」ってどんなところ?アクセスをご紹介♪

「神田明神」はJR線なら、中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩およそ5分、京浜東北線・山手線「秋葉原駅」電気街口より徒歩およそ7分の場所に。東京メトロなら、丸ノ内線「御茶ノ水駅」1番口より徒歩およそ5分、千代田線「新御茶ノ水駅」B1出入口より徒歩およそ5分、銀座線「末広町駅」より徒歩およそ5分、そして日比谷線「秋葉原駅」より徒歩およそ7分のところにあります。
また都営バスの利用や、車での参拝も可能!ただし、駐車場数が少ないので注意が必要です。

「神田明神」へと続く参道は2種類!「表参道」と「裏参道」とあります。
「御茶ノ水駅」方面からは「表参道」が、「末広町駅」からは「裏参道」のアクセスが◎
そのまま境内に続いている「裏参道」は、やや急な坂になっているので気をつけて登ってください。途中で止まるときついので、一気に登ることをおすすめします♪

「神田明神」の参拝時間はいつ?おすすめ時間は?

続いてご紹介するのが、「神田明神」の参拝時間!
なんと「神田明神」は24時間開門しているとのこと♪早朝でも夜中でも、時間に関係なくお参りできるそうなんです◎ですが、夜の23:00には消灯するので注意が必要です。
また「御昇殿」の参拝受付時間は、9:00から16:00の間なので祈祷をお願いしたい方は時間に気をつけてくださいね!

お正月やお祭りなどの時期は、変則的な参拝時間になることもあるそう!時期により変更の可能性があるので、公式HPを確認してください。

「神田明神」境内を徹底調査!参拝方法を伝授♪

aumo編集部

「神田明神」といえば、美しい朱色の門が印象的ですよね!その門こそが、「表参道」を真っ直ぐ進むと見えてくる、「隨神門(ずいしんもん)」です♪
外側には朱雀・白虎・青龍・玄武の四神が、内側には「因幡の白兎」に代表される大黒様の神話になぞらえた彫刻があります◎参拝に訪れた際は、注意深く見てみてください♡

そのまま真っ直ぐに進むとあるのが、「神田明神」の「御神殿」です。朱色が眩しい「御神殿」は、迫力満点◎
実はこちらの「御神殿」、関東大震災などで複数回焼失しているんだとか!そのため、当時では珍しい鉄筋コンクリート製の建物になっているんです!

「二礼二拍手一礼」の作法に習って参拝してください。ただし1つ気をつけてほしいことが!
拍手を打つ際に、左手を上に、右手を下にずらして打つのが◎そして打ち終わった際に、両手を同じ場所に戻すんだそうです。昔から伝わる参拝作法で、神様に敬意を払うことが出来るんだそう…♪
皆さんも是非、作法に習って「神田明神」を参拝してください!

「神田明神」境内のおすすめスポットはここ!

登った後の達成感が気持ちいい◎「明神男坂」

続いては「神田明神」内で是非チェックしていただきたいスポットをご紹介♪
1つ目は、「隨神門」をくぐって右手にある「明神男坂」です!
先ほど「神田明神」へのアクセス方法は「表参道」と「裏参道」の2つと言いましたが、実は「明神男坂」からも訪れることが出来ます。しかし、かなり急で長い石段なので通行の際には注意が必要です!
境内から「秋葉原駅」方面を目指したい際に使用するのが◎
また坂の上からの眺望が良いと、絶景を求めに来る方も多いそうですよ♡

立派な「えびす様尊像」が迫力満点!

aumo編集部

続いてご紹介する「神田明神」内で是非チェックしていただきたいスポットは、「えびす様尊像」です♪
「隨神門」をくぐって左手にあるこちらの御尊像は、大海原を渡るえびす様を描いています。青色が鮮やかなデザインはモダンで珍しいですよね!かなりの大きさなので、見応えバッチリ!
ご利益が期待できちゃうご尊像です♡

「神田明神」を参拝の際は、是非一緒にチェックして欲しいスポットですよ◎

ユニークな姿に思わず笑顔に♡「だいこく様尊像」

そんな「えびす様尊像」の隣にあるのが、「神田明神」内で是非チェックしていただきたいスポットの1つである「だいこく様尊像」です。
石造りの「えびす様尊像」は、高さがなんと6.6mもあるそう!その大きさに思わず驚いてしまいます…!
また口を開けているえびす様の像は珍しく、まるで笑っているかの表情がとっても素敵♪こちらまで笑顔になってしまう、ユニークな石像ですよ◎

「神田明神」境内の要チェックな摂社はここ♡

地元の方に愛される「末廣稲荷神社」♡

「神田明神」の境内には、是非とも参拝したい摂社がたくさんあるんです!
「末廣稲荷神社」もその1つ。「御神殿」のちょうど裏側に鎮座する「末廣稲荷神社」は、朱色の鳥居が目を引く神社です♪
ひっそりと佇んでいますが、とても綺麗に手入れされていて、地元の方の信仰を感じます◎
出世の神様を祀った出世稲荷として有名だそうで、「神田明神」を訪れた際は一緒に参拝したい神社ですよ♡

魚市場を守る珍しい神様!?「水神社」

続いてご紹介する「神田明神」内の摂社は、「水神社」です♪
またの名を「魚海岸水神社」というこちらの神社。その珍しい名前から連想できるように大漁祈願の神様と、魚市場の守護神だそうで、あの築地市場にも遥拝所があるそうです◎
「えびす様尊像」の奥にあることもあり、人気が少ない静かな雰囲気!こぢんまりとはしていますが、厳かな雰囲気が素敵な神社です。是非、チェックしてみてくださいね♡

歴史深い素敵な神社!「江戸神社」

続いてご紹介する「神田明神」内にある摂社は、「江戸神社」です♪
「御神殿」に向かって左手にあるこちらの神社は、立派な鳥居と拝殿があります♡「江戸神社」はかつて、皇居内に建立していたという歴史の深い、由緒ただしき神社だそう!
「神田祭」にて使われるであろうお神輿が奉納されていますよ!とても素敵な神社なので、是非一緒に参拝してくださいね◎

「三宿・金刀比羅神社」

続いてご紹介する「神田明神」内にある摂社は、「裏参道」を挟んで「末廣稲荷神社」の隣にある「三宿・金刀比羅神社」です♪
商売繁盛にご利益があるとされる「三宿稲荷神社」と、疫病よけにご利益があるとされる「金刀比羅神社」に同時にお参りすることが出来ます♡厳かな雰囲気の中、参拝することが出来ますよ◎
様々なご利益に期待出来ちゃう、パワースポットです!

「神田明神」の御朱印受付時間はいつ?

aumo編集部

魅力いっぱいな「神田明神」を参拝した際に、是非受け取りたいのが御朱印♪
御朱印とは、参拝した証として神社でいただける印章のこと◎メディアなどでも取り上げられ、神社仏閣をめぐるのと同時に、その御朱印を集めている人が急増中ですよね!

24時間参拝可能な「神田明神」ですが、御朱印の受付時間は決まっているので注意が必要です。
「神田明神」の御朱印受付時間は、9:00から16:00までの間!初穂料は、¥300からお気持ちで。
御朱印をいただきたい方は、この時間内に参拝に訪れてくださいね♪

※現在は、日付のみ手書きとなっており、写真とは形式が異なる可能性があるためご了承ください。

神田明神
詳細情報を見る
asoview_kankou
jalan_kankou

時間がない人も参拝できちゃう!「神田明神」へ行こう♪

いかがでしたか?
今回は、「神田明神」についてアクセス方法から、見どころ、参拝時間までご紹介しました!
24時間開門している「神田明神」は、時間がない方でも参拝できる素敵な神社♡東京を昔から変わらず見守ってくれていますよ♪
魅力がたっぷりな「神田明神」へ、皆さんも是非訪れてみてくださいね◎

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  2. 2【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  3. 3【1分で巡る絶景】柔らかな自然に包まれた島の“天使の道”
    aumo編集部
  4. 4【2019年度版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ26店…
    meme1127
  5. 5【栃木】梅雨が待ち遠しい!あじさいに彩られる美しい参道…