1泊2日で冬の親子旅!嬉しいこと尽くしの「白樺リゾート 池の平ホテル」に行ってみた♪

「家族みんなで冬のアクティビティを楽しみたい♪」そんなパパ・ママさんに朗報!「白樺リゾート 池の平ホテル」にはスキーやそり、動物とのふれあいを一度に楽しめるスポットが併設されているんです!2019年12月にリニューアルした、清潔感溢れる「白樺リゾート 池の平ホテル」の客室も要チェック!
提供:白樺リゾート池の平ホテル
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

【池の平ホテル】2019年12月に客室がリニューアル!

aumo編集部
2019年12月にリニューアルオープンした、「白樺リゾート 池の平ホテル」。

和モダンルームはベッドで寝られて、畳の上でもくつろげるのでとても良かったです。
ベッドガードやベビーベッドの貸出も可能なので、0~2歳弱の子どもでも和室でたくさんハイハイできそう◎

アクセス

所要時間は、約3時間半!

飯田橋駅→新宿駅→(特急あずさ)→茅野駅→(送迎バス)→池の平ホテル

と、乗り換えが少なくアクセスが楽々!ホテルまでの送迎バスが付いているのは、ファミリーにとっては嬉しいポイント!

それでは早速「ポタスノーランド」のアクティビティから紹介していきます。

【14:00】子ども達の笑顔が!「ポタスノーランド」とは?

aumo編集部
到着したのは14:00。
まずはお目当ての「ポタスノーランド」へ♪

緑のアーチをくぐり、向かった先は「ポタスノーランド」。
子ども達は、まさか雪山の中に動物がいると思っていなかったようで、大興奮!

ビクビクしながらもチャレンジ!

aumo編集部
aumo編集部
「ポタスノーランド」では、えさやりが醍醐味です!

初めは少し怖気づいていましたが、一度動物のもとに届くと、何回もリピートしていました(笑)

【15:00】そりで雪遊びデビュー!

aumo編集部
1時間動物と遊んだら、続いては隣にあるスキー場へ!
まるで砂遊びのように、雪で遊ぶ子どもたち。

雪に触れたことがないので、とっても興奮していました!

エスカレーターで移動も楽々

aumo編集部
aumo編集部
「そりは楽しいけど、上まで登るのが面倒くさい…(汗)」
という方も多いはず。

でも、エスカレーターがあったので、頂上まで上がるのも楽でした!

スリルと楽しさ満点!

aumo編集部
そりには、親子で一緒に乗れます◎
ある程度スリルがあったので、何回挑戦しても楽しかったです!

【16:00】「白樺リゾート 池の平ホテル」にチェックイン

aumo編集部
たくさん遊び尽くしたところで、今夜泊まるお宿「白樺リゾート 池の平ホテル」にチェックイン!

今回私たちは、4Fの和モダンルームに宿泊しました◎
部屋に入った瞬間、開放感があり、とても広く感じました。

窓からは山のスキー場や、白く凍った白樺湖が広がっていて幻想的!

ふかふかのベッドにダイブ!

aumo編集部
和モダンなので、ベッドも畳も完備。
大きくてふかふかのベッドを見るなり、子どもたちはすぐにダイブ…!

普段のベッドとは違いますが、これならぐっすりと眠れそう♪

清潔感たっぷりのシャワールーム・アメニティ

aumo編集部
aumo編集部
さらに、シャワールームや洗面所もチェック!
広くてピカピカの空間で、とっても使いやすかったです◎

【17:00】寒い冬の温泉は、体も心も癒える

白樺湖リゾート池の平ホテル
チェックインしたら、混浴大浴場へ。
最初は「服を着てお風呂入るのって、どうなんだろう?」と思っていました。
ですが実際に入ってみると、寒い時期に温かい露天風呂は想像以上に気持ち良く、子どもたちものぼせることなく楽しくお風呂に入っていました♪

あわせ着を着ることに違和感もなく、旅行中一度しか行けなかったことに後悔するくらい良かったです。

子供が疲れて寝てしまいましたが、プロジェクションマッピングもあったので、「次回は絶対観に行く!」と決心(笑)

【18:00】口コミ高評価のディナーバイキング

aumo編集部
身体を温めたところで、レストラン「ホルン」にてディナーバイキング!

子供のメニューは、小さな子どもでも取りやすい高さに料理が設置。
4歳の息子はお皿を持って、自分で好きなものを取れることに大喜びの様子でした!

特に、フライドポテト・からあげ・スパゲッティミートソースを目の前にしたら、目がキラキラ輝いていました◎

お寿司だって贅沢に食べ放題

aumo編集部
目の前で握ってくれるお寿司も、思う存分楽しめます!
回転寿司でもテンションが上がる息子ですが、職人さんが握っている様子を見るのは、ほぼ初。

興味津々な様子で、慣れた手つきに釘付けになっていました◎

チョコレートマウンテンも思い出に!

aumo編集部
頭より高い位置から溢れるチョコレート。
チョコレートマウンテンは、ホテルビュッフェでしか楽しめないので、子どもたちも興味津々!

大人のディナーも楽しむ!

aumo編集部
目の前で調理してくれる牛鉄板焼きは柔らかく、天婦羅もサクサクで美味しかったです!

本格的な味のカレーや、新鮮なサラダなど、和洋中さまざまな料理がビュッフェ台にずらり。
好きな料理を選ぶのも楽しかったです♪

さらに、アルコールの飲み放題も充実。
セルフで注げるので、好きな種類を好きな量だけ飲めます!
自分で作る機会ってなかなか無いですが、いざ作ってみると楽しかったです◎

夕食後はキッズスペースでひと遊び♪

aumo編集部
夕食レストランの隣には、子どもたちが遊べるキッズスペースも◎
お絵描きができるので、1日の最後まで遊べていて大満足の様子でした!

その後は部屋に戻って、子どもたちは就寝。
一度も起きること無く、ぐっすりと眠っていました♡

【7:00】早起きしたくなる朝食ビュッフェ

aumo編集部
翌朝はレストラン「氷河」にて、朝食ビュッフェ。
広々とした内観が印象的でした。

ハッシュドポテトやバターロールは、子どもの鉄板メニュー!
人気キャラクターをモチーフにしたうどんは、見た目が可愛くて子どもたちに人気でした。
aumo編集部
和食・洋食のメニューが豊富で、もちろん好きな料理を選び放題!

目の前で作ってくれる目玉焼き&焼き立てベーコンだけでなく、スムージーまでいただけました。
大人も子どもも楽しめるラインナップは、家族連れにとってはかなり嬉しいポイント◎

生後5か月の赤ちゃんも大満足

aumo編集部
「赤ちゃんコーナー」には、生後5か月からの離乳食が並んでいました!

5か月、7か月、9か月、12か月と、お子さんに合わせて選べるのは、嬉しいサービスですよね♪
aumo編集部
レストラン「氷河」には、絶景が見られるスペースも。
窓際に座ると、東京では味わえない"非日常感"を味わえます♡

家族そろって水入らずの朝食タイムを過ごせました!

【10:00】2日目もしっかり雪遊び

aumo編集部
aumo編集部
今回は1泊したので、次の日も「ポタスノーランド」に行くことに。
朝の雪質は昨日の感覚とは少し異なり、フワフワな印象でした!

雪だるまを作ったり、そりを楽しんだり、写真撮影をしたりして、想像以上に充実した雪遊びを満喫しました♪

【12:00】初めてのボウリングにチャレンジ!

aumo編集部
aumo編集部
「白樺リゾート 池の平ホテル」には、ボウリング場も完備。
バンパーレーンを付けてもらい、ガターに転がらずに何とかボールがピンまで届くようになりました(笑)

重いボールを扱うのは相当難しそうでしたが、貴重な経験!
aumo編集部
屋内でも楽しめる施設はまだまだ!
こちらのキッズスペースには滑り台やカラーボールなど、子ども達が喜ぶものが揃っています。

急に天候が悪化してスキー場が利用できなくなった時でも、ここなら時間を持て余すことなく楽しめそう♪

【13:30】最後のランチまでしっかり楽しむ!

aumo編集部
aumo編集部
外でたくさん遊んで、初めてのボウリングをしていたら、そろそろお腹も減ってくるころ。
レストラン「花」にて、ランチをすることに。

ここにもキッズスペースがあり、子どもが取りやすい位置に器から料理まで並んでいて、優しい心遣いが感じられました◎
おいしい料理を食べられて、ご満悦の様子(笑)

ランチはサラダバー付き

aumo編集部
11:00~15:00のランチタイムは、サラダが食べ放題!
さらに、地元産ところてん+日替わりのスープバーも付いてきます◎

旅行をすると食生活が乱れがちになってしまいますが、栄養バランスを考えて食べられるのは良かったです!

1泊じゃ足りない!充実の冬旅は「白樺リゾート 池の平ホテル」で!

家族連れにおすすめの「白樺リゾート 池の平ホテル」。
飽きないくらい楽しい施設が充実していて、思い出に残る家族旅行となりました!

雪山を見る機会も、雪に触れる機会もなかったので、子どもたちにとっては貴重な経験でした。
「来年の冬はスキー教室に参加できたらな~」なんて思っています♪
人気
ホテル
白樺リゾート池の平ホテル
長野県蓼科・白樺・茅野
★★★★★
★★★★★
4.06
0件
8件
白樺リゾート池の平ホテル 1枚目白樺リゾート池の平ホテル 2枚目白樺リゾート池の平ホテル 3枚目

四季折々の大自然の中を家族で楽しもう

池の平ホテルは、長野県茅野市にある白樺湖のほとりにある総合リゾート施設です。 家族全員が楽しめるよう様々な施設をご用意しております。天候に左右されないアミューズメントが揃っているのも特徴です!時期に合わせたイベントもたくさん行っておりますので、チェックしてみてください♪
利用シーン
ドライブ子連れ家族
感染症対策済み
住所
〒391-0321 北佐久郡立科町芦田八ヶ野1596
アクセス
JR中央本線(東京ー塩尻) 上諏訪駅から徒歩15656m
JR中央本線(東京-松本)芽野駅より路線バスをお使いください。
宿泊時間
15:00(IN) ~ 10:00(OUT)
公式サイトから予約がおすすめ
----
----
----
1泊 8,640円〜/人
1泊 10,800円〜/人
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2022年12月10日

  1. 1【2022年12月最新】コストコで外せないおすすめ商品…
    chanyama
  2. 2【比較16選】マイナポイントを紐付けできるおすすめの決…
    kabutan
  3. 3【ミスド福袋2023】12月26日から販売開始!中身や…
    kabutan
  4. 412月9日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  5. 5【スタバ福袋2023】繰り上げ抽選実施予定!中身のネタ…
    kabutan