【伊香保】石段街で食べる♡日本初の温泉まんじゅう!

温泉旅行のお土産といえば、温泉まんじゅう! 茶色の皮に、あんこがぎゅっとつまった形はすっかりおなじみ。でもこれ、どこでどうやって生まれたんでしょう?実は伊香保温泉の、あるお店が発祥の地なんです!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

ここが、温泉まんじゅう発祥のお店!

Aya♡
伊香保温泉の石段街にあるこちらのお店、「勝月堂(しょうげつどう)」さん。365段ある石段を、下から数えて300段の場所に店舗を構えていらっしゃいます。

これが、誕生の由来!

Aya♡
店先には、温泉まんじゅう誕生の由来が貼られています。明治時代、伊香保に新しい名物をと考えられたのが誕生のきっかけ。

伊香保温泉は、鉄分を含み茶褐色をしていことにちなみ、おまんじゅうの皮に黒砂糖を混ぜることで茶色くしたと言われています。

お店には「湯乃花饅頭」の文字!

Aya♡
実は、おまんじゅうが出来上がった当初は「湯乃花饅頭」と呼ばれていたそう。ですが、全国の温泉地で作られるようになり、「温泉まんじゅう」と呼ばれるようになったのだそう。(勝月堂公式HPより)

箱詰めの他、バラ買いも出来ちゃいます♡

Aya♡
箱詰めでの値段は写真の通り。
お店で手作りしているからこそ、無添加なので日持ちは2日間だけ。

そして、バラ売りもしているので、店先で頬張る人も♡ただし、大行列になることもしばしば。時間に余裕をもって行ってくださいね!

いただきます♡

Aya♡
実際にひとつ、買ってみました!
蒸されてピンと張った薄皮が、触るとむっちりしていて味への期待が高まります♡

一口かじると、塩気すら感じる黒砂糖の風味。そして、上品な甘さのこしあんが現れ、皮がちょうど良いバランスで口に入ってきます。
何個でも食べられてしまいそうな美味しさと大きさ♡まるでタイムスリップしたような街並みで、あなたもおまんじゅうを頬張りませんか?
勝月堂
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【7月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  2. 2【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  3. 3【2020年】雨の日だからこそ京都の趣を楽しめるスポッ…
    coron0809
  4. 4【2020】札幌のビアガーデン7選!夏にはお酒とお肉を…
  5. 5【大慶園】ディープなナイトスポット!千葉にある謎の巨大…