【横浜】定番の赤だけじゃない!カラフルで不思議なヒガンバナ♪

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)やリコリスとも呼ばれるヒガンバナ。よく見かける花の色は赤ですが、なんと赤以外の色とりどりのヒガンバナを見られるお寺が横浜市にあるのです。新たなフォトジェニック花として要注目!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

カラフルヒガンバナが咲き誇る横浜市の西方寺

おてんばカメラ女子
茅葺き屋根の本堂が印象的なお寺、西方寺。

800年ほど前に鎌倉で建立され、現在は新羽町に存在しています。(”西方寺公式HP”参照)

西方寺は彼岸花だけでなく、1年を通じて季節の花が咲く自然豊かな場所です。
おてんばカメラ女子
お彼岸の時期になるといろんなところで見かけるヒガンバナですが、たいてい見かけるのはこういった赤い放射状に咲く花ですよね。

参道の両脇に赤・黄・白のヒガンバナたち!

おてんばカメラ女子
境内には長い参道と本堂へ続く階段。

その脇にはレッドカーペットならぬ、三色のヒガンバナカーペットが広がります。
おてんばカメラ女子
黄色いヒガンバナです。黄色はかわいらしい感じがしますね。
おてんばカメラ女子
こちらは白です。空に伸びていくように咲くのが華麗。

階段を上がるとピンクのヒガンバナも

おてんばカメラ女子
三色のヒガンバナカーペットを通り過ぎ、本堂でお参りを済ませたら、今度はピンクのヒガンバナもお忘れなく。
おてんばカメラ女子
定番の赤とは違った、やわらかな色合いの世界が広がります。

好きな色はどれでしたか?

おてんばカメラ女子
形状が一般的なお花と違って不思議なお花ですが、新たなフォトジェニックなお花になりそうな予感です。
おてんばカメラ女子
お好きな色はありましたか?ヒガンバナに、赤色以外にいろんな種類があるとは驚きですよね。

訪れる際には、お寺の境内ですので、参拝にいらっしゃる方にもご配慮をお忘れなく!
写真はすべて2018年9月撮影。
西方寺
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1韓国の有名フライドチキンブランド「bb.q オリーブチ…
    atk0227
  2. 2【7月最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)のお得…
    chanyama
  3. 3【7月最新版】出前館のお得なクーポンキャンペーン情報ま…
    chanyama
  4. 4【2020】最新韓国コスメご紹介!新大久保のおすすめコ…
  5. 5【最新】Go To Eat キャンペーンの利用方法につ…
    aya89