【一度は訪れたい絶景】空の色を映す純白の温泉地パムッカレ

「温泉」という言葉を聞くと、多くの人が茶色や黄土色の情景を思い浮かべるのではないだろうか。それは濁り湯だったり、湯船を取り囲む岩肌や木枠だったりー。驚くなかれ、世界には“純白の温泉”が存在するのだ。
この記事の目次

まるで白き棚田!時を刻むごとに色を変える光景

階段状になった土地に、アイスブルーの水が薄く張りつめる。
まるで日本の棚田のような風景だが、何を隠そう、ここは紀元前もの昔からトルコが代表する絶景温泉地なのだ。

雪のようで雪でない。この白さの理由は?

棚田のような段丘の正体は「パムッカレ」と呼ばれる石灰棚。
ここにはおよそ100以上ものパムッカレが集まり、温泉を満たしている。(『トリップアドバイザー』より引用)

雪のように見える白さは、実は石灰の白さなのだ。

その白さゆえ、温泉は時とともに移り行く空の色をそのまま反射し、色とりどりに染まってゆく。

パムッカレとはすなわち「綿の城」

「パムッカレ」とは日本語に訳すと「綿の城」という意味。
たしかに綿のようにもくもくと盛り上がった純白の大地は、一種独特な感覚を見る者に与える。

どこか夢を見ているような不思議な世界に、足を踏み入れてみてはいかがだろうか。

※掲載されている情報は、2019年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1ゴールデンウィーク10連休!何するか迷っている方にオス…
    hon0327
  2. 2【おすすめ鎌倉観光スポット】食べ歩きから癒されスポット…
    satomi0908
  3. 3【東京】千本鳥居×つつじ!春の名物は桜だけじゃない♪
  4. 4【近畿】1000匹の鯉のぼり?GWのカメラ旅はここで♡
    camel8326
  5. 5金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019