【山形】大正時代にタイムスリップ?1泊2日で楽しむ冬の銀山温泉♡

この季節、旅行先に温泉を選ぶ方が多いのではないでしょうか?実際冬の季節に訪れたことがあるからこそお伝えできるおすすめグルメや、基本的なアクセスについてご紹介したいと思います☆皆様が銀山温泉に興味を抱くきっかけのひとつになれたら幸いです。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前に最新情報をご確認ください。

大正ロマンの風情溢れる銀山温泉ってこんなところ!

xoxo161129
xoxo161129
東北地方山形県の尾花沢市にある銀山温泉。銀山温泉の名前は、かつてその地で栄えていた延沢銀山(のべさわぎんざん)が由来となっています
。一度は銀山温泉の幻想的な雪景色の写真をご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?銀山川の両側に大正〜昭和初期の木造建築の宿が並ぶ温泉街は、まるで当時にタイムスリップしたかのような気分を味わえます。昼間の景色はもちろんのこと、日が暮れてガス灯が照らす街の景色はノスタルジックでより一層素敵です。

銀山温泉までの交通アクセスについて

1. 山形新幹線で移動時間短縮の楽々コース!

xoxo161129
時間が読みやすい!定番の新幹線で向かうコース☆
東京からの場合、山形新幹線で東京駅から大石田駅まで約3時間。大石田ではながさバスに乗り換えて、銀山温泉まで約35分。合わせて約3.5時間で銀山温泉に到着です。冬の銀山温泉は雪が積もっているので、雪道の運転に慣れていない方でも安心ですね!!

2. 時間よりも価格重視の夜行バスで移動コース!

こちらはとにかく価格重視!時間を潰すのが上手い方にはオススメ◎東北急行バスで「東京(浜松町・東京・上野・浅草経由)」深夜発で「尾花沢待合所」に早朝着(移動約7時間)、はながさバスに乗り換えて「尾花沢待合所」から「銀山温泉」まで約30分。(※はながさバスは始発のみ「尾花沢待合所」に停まらないため、3分程歩いた「尾花沢市役所」から乗車します。)早朝から営業しているお店はないので、足湯で時間を潰しながらお店のオープンを待ちます。(笑)

3. その他の交通手段について

東京から飛行機で向かう場合、羽田空港から山形空港が約1時間。山形空港から銀山温泉まではバスで約1時間10分となっています。もちろん自家用車で行くことも可能ですが、銀山温泉公式HPに通れない山道が記載されているので要確認です。また、温泉街の地面は凍っていて滑りやすいので、雪でも歩きやすい靴で行くのを忘れずに!温泉街の地面には、写真のような可愛い雪模様のタイルが所々敷かれています◎

絶対に外せない銀山温泉おすすめグルメ◎

山形といえば、やっぱり名産の蕎麦!

xoxo161129
山形といえば蕎麦の名産地で、大きな木箱に2〜3人前の蕎麦を盛った「板そば」という独自の蕎麦文化があります。
「板そば」には一緒に蕎麦を食べた人とのご縁が板に付くようにという意味が込められ、縁起の良いものとされています◎写真は瀧見館の板蕎麦です。ここではまず氷水に入った「水蕎麦」(写真左下)が先に提供され、蕎麦そのものの風味を味わえるのがポイントです☆
瀧見館
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る

女子旅には欠かせないお洒落なカフェ♡

xoxo161129
xoxo161129
レトロな丸型郵便ポストが目印、温泉街の奥に位置する酒茶房クリエ。昼間はカフェ、夜はバーとして営業しています。おすすめメニューは、マグカップごと焼く熱々の「焼きココア」♡寒い時期に見た目も可愛いこの焼きココアをいただくと、心も体もぽかぽかに。また、大きな窓から銀山温泉の町並みを見下ろせるので空いていればぜひ2階へ!
酒茶房クリエ

町並みを楽しみながら!食べ歩きグルメ

xoxo161129
はいからさん通りのカレーパン。お店は9時から営業しているので、電車やバスの都合で早く着いてしまった場合はこちらへ!テイクアウトも可能です◎
xoxo161129
温泉街入口の和楽足湯の近くにある手作り豆腐のお店、野川とうふや。おすすめは外はカリカリ、中はふわふわな生揚げです。のんびり足湯に浸かりながら味わうのが銀山温泉流♪
xoxo161129
最後におすすめなのがこちら♡温泉街のお土産屋さんで販売している見た目が可愛いご当地サイダーです!全部揃えたくなってしまいますね。珍しい味なのでお土産にもぴったりです♪
はいからさん通り
ネット予約でTポイントが貯まる
tabelogで見る
野川とうふや

冬の今だからこそ、銀山温泉へ!

xoxo161129
いかがでしたか?
銀山温泉の魅力は何と言ってもゆっくり流れている時間と、雪景色の中に浮かぶ暖かいガス灯の光、ノスタルジックな町並みです。
温泉街は端まで歩くだけなら15分もかからないほど小さいので、1泊2日でも十分楽しむことができます!
宿泊先によっては、新幹線の大石田駅まで送迎があったり、尾花沢牛のしゃぶしゃぶが食べられたり、オプションで袴等の衣装をレンタルできたりします。
女子旅なら当時の衣装で町歩きしてみるのもとても楽しそうですね♡ぜひ一度、大正ロマンを肌で感じてみてはいかがでしょうか。

周辺のホテルを検索♪

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年02月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1だから横浜はハズせない。気軽に立ち寄れる、神奈川で話題…
    aumo編集部
  2. 2手持ちパフェがアツい♡大阪の写真映えテイクアウトパフェ…
    akane.h.0430
  3. 3「焼肉安安」でお得な【春のタンまつり】が開催!春一番の…
    aumo Partner
  4. 4【スタバ】元店員が伝授するおすすめのスタバマイタンブラ…
    mhp120
  5. 5【2020年3月】東京の人気ホテルランキング!おすすめ…
    j16_f