【一度は訪れたい絶景】砂漠の真ん中で40年以上炎が燃え続ける"地獄の門"

今回ご紹介する【生涯で一度は訪れたい絶景】は、少し不気味に感じられるスポットかもしれない。その名も、通称"地獄の門"。日本から遠く離れた中央アジア南西部にあるトルクメニスタンには、まるで地獄への門が開かれたように、灼熱の炎に染まった場所があるのだ。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

落盤事故で生まれた砂漠の大穴に燃え続ける炎

"最果て"にも思えるほどの異郷の地。
トルクメニスタン・ダルヴァザ村から砂漠へ約6キロほど進んだところに、突如としてぽっかりと開いた大穴が出現する。
この直径約90mの大穴こそが、"地獄の門"と噂される穴だ。

この大穴は、1971年のボーリング調査中に落盤事故によって出現した。
有毒ガスの放出を止めるために火をつけたが、ガスは枯れることなく、40年以上が経過しても轟々と炎をあげつづけている。

地中から燃え上がる光景は、まさしく"地獄の門"

ガスがいつ底を尽きるかは誰にもわからない。
人工的に消す手段も見つからないまま、今もまさしく"地獄の門"のような様相を呈し、燃えさかっているのだ。

ある種異様なこの光景は、その不気味さゆえか、かえって人々の心を捉えるらしい。
一種の"観光地"として訪れる人も多いのだそうだ。

日没後は、数キロ離れたところからでも視認できる

"地獄の門"が迫力を増すのは、日没後。
闇の中に浮かび上がる大穴の炎は、まさしく今、地獄の門が開かれたようなインパクトをもって、人々の目を引き付ける。
今にも地底から、デーモンが出現しそうだ。

  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2019年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2020】IKEAのおすすめ人気商品31選!雑貨・家…
    chanyama
  2. 2【長崎】こんなところあったんだ!「アイランド ナガサキ…
    aumo Partner
  3. 3【2020年度版】カロリー低い順にご紹介!スタバの低カ…
    satomi0908
  4. 4【激ウマ!】新大久保でジューシーな韓国チキンがおすすめ…
  5. 5ジンギスカンだけじゃない!札幌のおいしいホルモン10選♪
  • aumo
  • 【一度は訪れたい絶景】砂漠の真ん中で40年以上…