小豆島観光を満喫する♡絶景スポットからグルメやホテルまでご紹介!

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ、オリーブやそうめんなどで有名な島。心が洗われる絶景が多く、温暖で雨が少ない気候なのも特徴的です◎今回は観光する際におすすめなスポットやグルメ、ホテルをまるっとご紹介します!この記事を参考に、素敵な小豆島観光を…♡
この記事の目次

オリーブの島・小豆島ってどんなところ?

小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ香川県に属する瀬戸内海では淡路島の次に広い島。瀬戸内海型気候という温暖で雨が少なく、その気候を活かしたオリーブ栽培が盛んに行われています◎
そうめんや醤油といった数多くの名産品のみならず、「エンジェルロード」や「寒霞渓(かんかけい)」といった雄大な自然も楽しめる島で、観光にはもってこいの場所なんです♪

小豆島までのアクセスや小豆島内での移動手段は?

小豆島までのアクセス方法!

aumo編集部

そんな小豆島へは、本州・またはお隣の豊島(てしま)からフェリーで向かいます。
本州だと、香川県・高松港、兵庫県・神戸港、姫路港、岡山県・日生(ひなせ)港、宇野港、新岡山港からそれぞれフェリーが出ています。
小豆島にはいくつか港があるので、到着してすぐ観光したいところの最寄り港を確認してくださいね♪

小豆島内でのおすすめ移動手段☆

aumo編集部

小豆島は結構広いため、回るには車が必要です。島内でレンタカーを借りるか、フェリーで自家用車ごと小豆島に来るのがおすすめです。
「運転はしたくない!」という方は、路線バスである小豆島オリーブバスを利用するのが◎効率よく観光スポットを回れる「島めぐりバス」も運行しているので、都合に合わせて選んでみてください♡

【小豆島×観光】ロマンチックな恋人の聖地♡「エンジェルロード」

まずご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「エンジェルロード」です。「天使の散歩道」とも言われるこちらは、潮の満ち干きの関係で1日に2回だけ、海の中から砂の道が現れます。
大切な人と手を繋いで渡ると願いを叶えてくれる、なんてロマンチックな言い伝えも…♡

道の手前の高台には、「約束の丘展望台」があります。実はここ、あまり人がいない穴場スポット。
エンジェルロードを見下ろすことができる絶好の撮影スポットですよ◎

エンジェルロード(天使の散歩道)
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】楽しみ方いろいろ「迷路のまち」

aumo編集部

続いてご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは「迷路のまち」。その昔、海賊の侵入から身を守るために複雑な路地が作られたそうで、エンジェルロードから程近い土庄本町(とのしょうほんまち)のことを言います。

普通に歩くだけでも十分楽しいのですが、謎解きしながらまちを歩く「謎解きアトラクション」があったり、アート巡りができたり、レトロな写真が撮れたりと数多くの楽しみ方があるんです♪
あなたはどんな楽しみ方で迷路に飛び込みますか?

迷路のまち
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】小豆島の絶景スポットといえばココ!「寒霞渓」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、日本三大渓谷美の1つと言われる「寒霞渓」。瀬戸内海国立公園の中心に位置し、四季折々の雄大な自然を堪能できる人気スポットです♪
山頂まではロープウェイで簡単に行くことができます。歩きながら壮大な自然を肌で感じるハイキングでも◎
特におすすめな時期は、紅葉の秋!渓谷が黄や赤に色付いた圧巻の絶景をぜひ目に焼き付けてくださいね♡

寒霞渓
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】美しい景色を遮るものなし!「四方指展望台」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「四方指展望台(しほうざしてんぼうだい)」です。
小豆島唯一の高原「美しの原(うつくしのはら)高原」内に位置するこちらは、その名の通り四方を指しても遮るものがなく、思う存分景色を味わえます。
瀬戸内海や鳴門大橋のみならず、姫路や四国といったところまで一望できちゃう…!昼の景色はもちろん、夜景や日の出、夕日を見るのにもぜひ訪れたい絶景観光スポットです♪

四方指展望台
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】昭和時代の雰囲気を感じる「二十四の瞳映画村」

aumo編集部

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「二十四の瞳映画村」です。
『二十四(にじゅうし)の瞳』とは、日本の作家・壺井栄(つぼいさかえ)によって書かれた、小豆島を舞台にした小説のこと。発表後間もなく映画化され、この映画村はその撮影に使用されました。

一歩足を踏み入れると、昭和初期にタイムスリップしたかのような雰囲気を感じます。中には映画で使われたセットや文学館、花畑などが点在しており、フォトスポットもたくさん♪
昔懐かしい給食セットが頂ける「Caféシネマ倶楽部」は必見です☆

二十四の瞳映画村へのアクセスは、「渡し舟」がおすすめ☆

aumo編集部

二十四の瞳映画村へは、小豆島オリーブ公園のすぐ近くにある「オリーブ・ビーチ」から渡し舟が出ています。
瀬戸内海の風を感じながら海の上を走る約10分の航海はとっても快適♪
映画村の入村券と渡し舟の往復分がセットになったチケットを買うと、バラバラに買うよりお得に楽しめるのも嬉しいですね♡

冬の期間は運行していないので、要注意です!

二十四の瞳映画村
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】可愛いお猿さんの様子をじっくり観察☆「銚子渓」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「小豆島銚子渓(ちょうしけい) 自然動物園お猿の国」です。
約500匹のサルが暮らしており、サルの暮らしぶりを実際に見ることができます。1日2回開催されている愉快なモンキーショーは、ここを訪れるなら欠かせない一大イベント☆

またこちらは寒霞渓に並ぶ絶景スポットで、滝があったり頂上に展望台があったりと、小豆島の美しい景色も楽しめますよ♡

小豆島銚子渓 自然動物園お猿の国
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】醤油の匂いが漂う街で、小豆島の歴史に触れる「醤の郷」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「醤の郷(ひしおのさと)」です。
江戸時代から醤油作りが盛んだった小豆島。現在、醤の郷には明治時代に建てられた醤油や佃煮の工場が20程、軒を連ねています。

道を歩いていると、醤油の香ばしい匂いが漂ってくる…。蔵によっては工場見学も可能です♪
小豆島に古くから伝わる味わい深い醤油は、お土産にもぴったり!

醤の郷
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】田んぼが広がるゆったりとした島の風景を「中山千枚田」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「中山千枚田」です。
小豆島の中央部に位置する中山地区には約800枚もの棚田が敷き詰められ、のどかな田園風景が広がっています。
夏には深緑、秋には黄金の壮大な景色が一望でき、見れば心が落ち着くことでしょう…♡

毎年7月には、「虫送り」という伝統行事が開催されます。緑一面の田んぼの中、火手(ほて)と呼ばれる真っ赤な松明の光が揺れ動く様子は必見です◎

中山千枚田

【小豆島×観光】小豆島には世界一狭い海峡がある!?「土渕海峡」

aumo編集部

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「土渕(どふち)海峡」です。
土庄港からバスで約8分、土庄町役場のすぐそばにある全長2.5mの海峡。幅は1番狭いところだと9.93mしかなく、「世界で1番狭い海峡」として1996年にギネスに認定されています。(※"土庄町商工観光課公式HP"参照)

土庄町役場では横断記念証明書を発行していますので、世界1狭い土渕海峡を渡った記念にいかがでしょうか♪

土渕海峡
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】絶妙なバランスで岩が重なる「重岩」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「重岩(かさねいわ)」です。
小豆島のパワースポットと言われるこちらは、その名の通り岩が重なっているのですが、その場所がなんと山頂!更にその岩のすき間には祠(ほこら)があるという、なんとも神秘的なスポットなんです。

眼下には瀬戸内海が広がる大パノラマが…!
山頂までは長い階段を登って徒歩20分程。動きやすい服装で訪れるのがおすすめです♪

重岩
詳細情報を見る
jalan_kankou

【小豆島×観光】世界一美しい観音様から、しあわせを感じよう♡「小豆島大観音」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「小豆島大観音」です。
巨大な姿が目を引くこちらには、スリランカのお寺から寄贈されたお釈迦様の歯が祀られており、別名"しあわせ観音"とも呼ばれています。なんでも、フランスで開催された国際作品コンテストで1位に輝いた、世界が認める美しい観音様なんだとか!(※"小豆島大観音公式HP"参照)

中に入ることもでき、最上階の展望室からは小豆島の美しい景色が一望できますよ♡

小豆島大観音

【小豆島×観光】小豆島に散りばめられたアートを見にいこう♪

2010年から3年に1度開催されている瀬戸内国際芸術祭の開催地でもある小豆島。島内には、過去の芸術祭で設置されたアートが点在しています。
青空に映える「太陽の贈り物」やオリーブ畑に置かれたオブジェ「オリーブのリーゼント」など、思わず写真を撮りたく作品がいっぱい!

小豆島観光で、世界各地のアーティストが作り上げたアートに触れてみませんか♡

【小豆島×観光】小豆島の歴史がココに「小豆島八十八ヶ所めぐり」

小豆島観光の楽しみ方の1つに、「小豆島八十八ヶ所めぐり」があります◎
「小豆島八十八ヶ所」とは、その昔弘法大師(空海)が故郷の讃岐と京都の間を移動する際、しばしば立ち寄り修行を行った88の霊場のこと。その霊場を訪れるのが、「小豆島八十八ヶ所めぐり」というわけです。

回る順番に特にルールはないですが、多くの人は「小豆島霊場総本院」を起点に始めるそう。霊場によって様々なご利益があるので、ぜひ昔の人に想いを馳せながら巡ってみてください!

【小豆島×観光】フォトジェニックスポットいっぱい!「道の駅 小豆島オリーブ公園」

次にご紹介する小豆島でおすすめの観光スポットは、「道の駅 小豆島オリーブ公園」です。
"オリーブの島"として名高い小豆島を存分に楽しめる、外せない観光スポット!
こちらにはオリーブ畑やレストラン、温泉、ジブリ映画『魔女の宅急便』で使われたロケセットがそのまま移設された「雑貨ハーブカフェ コリコ」など、見どころがたくさんあります◎

道の駅小豆島オリーブ公園
詳細情報を見る
jalan_kankou

【ギリシャ風車】白×緑×青のコントラストは映え確実!魔女になりきって空を飛ぼう♪

小豆島がギリシャのミロス島と姉妹島になったことから設置された風車。
いまでは風車の白と小豆島の空や瀬戸内海の青、そして自然の緑…といった色のコントラストが美しい、屈指のインスタ映えスポットとなっています◎

「オリーブ記念館」では、「魔女のほうき」が無料でレンタルできますよ♪ギリシャ風車の前で魔女・魔男になりきったつもりでほうきに跨って飛べば、思い出に残る1枚が撮れること間違いなし♡

【幸せのオリーブ色のポスト】小豆島から幸せを届けよう♡

aumo編集部

オリーブ記念館の前には、オリーブを彷彿とさせるパステルグリーンをした「幸せのオリーブ色のポスト」が設置されています。
"日本のオリーブ発祥の地・小豆島から大切な人にいっぱいの幸せが届きますように"という想いで設置されたんだそう♪
記念館ではオリジナルのポストカードが販売されています。観光記念に、ぜひ大切な人へ向けて想いを届けてみませんか?

【しおり作り】ハートの形をしたオリーブの葉を探して、オリジナルのしおりに♡

aumo編集部

小豆島オリーブ公園に観光に来たら、記念に"幸せのオリーブ"を使ったしおり作りをしてみませんか?
"幸せのオリーブ"とは、見つけたら幸せになれると言われているハートの形をしたオリーブの葉のこと。園内のオリーブ畑で探してみましょう♪
見つけたら採って、オリーブ記念館でしおりのセットを購入します。フィルムで台紙とオリーブの葉を挟んでラミネート加工したら、オリジナルの"幸せのしおり"が完成♡
ちなみに、筆者は見つけられなかったので2枚合わせてハートを作りました(笑)

セットは¥120円(税込)とお手頃価格なので、観光の思い出やお土産にぜひ作ってみては?

【小豆島×体験】オリーブの楽しみ方は食べるだけじゃない!「らしく園」

※画像はイメージです。

小豆島では、様々な体験もできます。小豆島名物であるオリーブを使った体験がしたいなら、「らしく園」に行ってみましょう!こちらは、小豆島でオリーブ作りをしている井上誠耕園が手掛ける観光施設。
井上誠耕園で育ったオリーブを使ったオリーブ体験ができちゃいます♪

好みに合わせてオリーブオイルをブレンドする「マイオリーブオイル作り」や、オリーブオイルを使ったハンドマッサージが体験できる「オリーブオイル美容体験」など、小豆島のオリーブをいろんな角度から楽しめる内容が盛りだくさん♡
小豆島観光の思い出になるものが多いのも嬉しいですね◎

らしく園

【小豆島×体験】そうめんの箸分けに挑戦♪「なかぶ庵」

小豆島名物といえば、オリーブだけでなくそうめんも◎
そうめん作りには、乾かす前に長い箸を使ってくっついたそうめんをはなす「箸分け」という作業があります。「なかぶ庵」では、その工程が体験できるんです!

体験は、1回1時間で¥1,300(税込)。料金の中には、なかぶ庵人気の生そうめんも含まれています。食事も体験も楽しめてこの値段はお安い☆
予約が必要なので、観光に訪れる方は要注意です!

なかぶ庵
詳細情報を見る
jalan_kankoutabelog

【小豆島×グルメ】オリーブオイルを贅沢に味わう◎「ファームズテーブル 忠左衛門」

小豆島観光するなら、美味しいグルメも楽しみたいですよね♡

小豆島ならではのオリーブ料理を食べるなら、「井上誠耕園 ファームズテーブル 忠左衛門(ちゅうざえもん)」がおすすめ!
「アヒージョ」は、オリーブオイルの旨味がダイレクトに味わえる1品。
中でも「鶏もも肉とかぼちゃと大根のアヒージョ」は、なかなかアヒージョにしない食材をアヒージョで食べることができます。かぼちゃや大根の甘さがオリーブオイルによって引き立てられる、オリーブオイル好きにはたまらないですよ♡

井上誠耕園 ファームズテーブル 忠左衛門
詳細情報を見る
tabelog

【小豆島×グルメ】小豆島の旨味が口いっぱいに溢れ出る…♡「セトノウチ 島メシ家」

小豆島の味を堪能したいなら、「セトノウチ 島メシ家」がおすすめです♪
「島の野菜とオリーブ」をテーマにしたレストランで、旬の野菜を使用した料理はどれも美味!

中でも、ぜひ食べていただきたいのが「島の野菜とオリーブ牛のローストビーフ定食」。口の中でとろけるような柔らかさのローストビーフと数種類の彩り豊かな野菜がプレートにこれでもか!という程載っています。
ほっぺが落ちてしまいそうな美味しさは、味わう価値アリです♡

セトノウチ 島メシ家
詳細情報を見る
tabelog

【小豆島×グルメ】小豆島のフォトジェニックカフェ♪「405cafe」

小豆島でインスタ映えするカフェに行きたいなら「405cafe(ヨンマルゴカフェ)」へ!
こちらは、迷路のまちに位置するインスタ映え必至のカフェです。天使の羽が生えたような「エンジェルソフト」は、見た目がとっても可愛いフォトジェニックな人気のソフトクリーム♡他にも迷路を想像させるような「ぐるぐるカフェオレ」や見た目にも鮮やかなサクッと食べられるオリジナルサンドなど、豊富なメニューが揃っています。

テラス席でまちの雰囲気を肌で感じるもよし、2階にある「迷路のまちの本屋さん」で本を読みながらゆったり過ごすもよし◎観光途中に休憩がてら訪れてみてください♪

405cafe
詳細情報を見る
tabelog

【小豆島×ホテル】島の名物をこだわりの醤油で味わう「島宿 真里」

小豆島をのんびり観光するなら、宿泊は欠かせません♪

「醤の郷」の近くにある「島宿 真里」は、木の温もりが感じられる和室で、まったり過ごすことのできる旅館。ロビーには囲炉裏があり、昔懐かしい時代が脳裏に浮かび上がります◎

こちらのイチオシポイントは、なんといっても料理!
かつて醤油屋だったこともあり、料理とともに4種類の醤油が出てきます。味わいの違う醤油を食べ比べできちゃうんです♪
小豆島の新鮮な魚や野菜を、醤油とともに楽しんでみてください◎

島宿 真里

【小豆島×ホテル】小豆島の夕陽を部屋から眺める♡「リゾートホテルオリビアン小豆島」

小豆島でたっぷりリゾート気分を味わいたいなら、「リゾートホテルオリビアン小豆島」に宿泊しましょう♡
夕陽が綺麗なことで有名な小豆島。せっかくなら、夕陽が見れる方のお部屋に泊まって部屋からゆったり夕陽を見るのがおすすめ!

ホテルには瀬戸内海を眺望できる天空露天風呂やゴルフ場、テニスコートなど楽しめる施設が盛りだくさんです!
小豆島観光の後には、「リゾートホテルオリビアン小豆島」でのんびり休日気分を満喫してみては?

リゾートホテルオリビアン小豆島
詳細情報を見る
ikyujalan_kankourakuten_travel

【小豆島×ホテル】小豆島観光にぴったりの立地◎「小豆島国際ホテル」

「小豆島国際ホテル」は、小豆島の人気観光スポット・エンジェルロードから徒歩すぐという立地にあるホテル。
こちらの部屋からは、エンジェルロードを見渡せる絶景が楽しめます♪露天風呂「オリーブの湯」は、なんと海の目の前というロケーション…☆

エンジェルロードだけでなく、迷路のまちも近いので、小豆島観光の拠点にはもってこいのホテルですよ!

小豆島国際ホテル
詳細情報を見る
jalan_hotelrakuten_travelikyu

小豆島には観光にグルメにホテルに、楽しめるところばかり♪

いかがでしたか?今回は、小豆島に行く際にぜひ行きたい有名な観光スポットから、小豆島ならではの体験ができるところ、おすすめグルメやホテルまで幅広くご紹介しました。
オリーブやそうめんが有名なことで知られる小豆島ですが、どの季節に訪れてもうっとりするような絶景スポットや歩くだけでも楽しい街など、他にも見どころが盛りだくさん♡

本島から離れた小豆島で、のんびりリゾート気分を堪能する観光プランをぜひ組んでみてくださいね♪

※掲載されている情報は、2018年12月時点の情報です。情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1「月の雫」のモダンおしゃれさ&コスパがイケてる件。体験…
    aumo編集部
  2. 2「アカマル屋」へ行ったら“中が止まらないホッピー”が最…
    aumo編集部
  3. 3金沢観光といえば!1泊2日の旅にぴったりな人気スポット…
    aiko1019
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【2019年開催!】大阪でスカイランタンが楽しめる♡