活字嫌いでも本が読みたくなる!箱根のブックホテル「箱根本箱」

普段、本を読む機会はありますか。最近は本離れが進んでいると言われていますが、確かに本を読む機会は少なくなっているかもしれません。箱根本箱は、本との距離がぐっと縮まる、本と一緒に暮らしたくなるような仕掛けが散りばめられたお宿なのです。人気の温泉地・神奈川県箱根に、2018年8月にオープンした「箱根本箱」。本に囲まれて、暮らすように滞在をするブックホテル・箱根本箱の魅力をご紹介します。
この記事の目次

本に囲まれて「暮らす」ように滞在をする「ブックホテル」

理恵

箱根本箱は、2018年8月に箱根にオープンした、雑誌「自遊人」プロデュースの新しいスタイルのお宿です。箱根本箱に入ると最初に出迎えてくれる「本箱ラウンジ」には、2階分の吹き抜け一杯に作られた巨大な本棚。そして、各客室や館内のいろんなところに、本棚が置かれているのです。

理恵

本棚の本は、すべてお部屋に持ち込んでよいので、気に入った本をのんびりと読むことができます。小説や文学作品はもちろんですが、パラパラめくるだけでおなかが空いてしまうおいしそうな写真がたくさんのレシピ本や、絵本に写真集までさまざま。
小さめの本棚をよく見ると、本を愛する著名人が選書した「わたしの本箱」になっていたりします。これも、思わず本を手に取ってしまう仕掛けのひとつ。

理恵

巨大本棚は、本棚の中に入り込めるという面白い仕掛けが。程よく狭いスペースで本を開いていると、本の世界に没頭できるから不思議です。

客室はそれぞれ異なる印象に。どのお部屋も居心地がよい

理恵

すべての客室に温泉露天風呂が付いています。全18室のお部屋は、大きく分けて6タイプ。同じタイプのお部屋でも、異なるインテリアが置かれているので、まったく違う印象になっているのが楽しいですね。
こちらのお部屋は、かわいらしい丸いお風呂が印象的な204号室。

理恵

1人で入るのにちょうどよいサイズの丸いお風呂。もちろん温泉です。箱根の山々を独り占めしながら、のんびりとリラックスすることができます。

理恵

お部屋の温泉露天風呂もいいですが、大浴場もおすすめです。女湯では露天風呂には強羅温泉が引かれています。

地元産の旬の食材を使った美食にうっとり。

理恵

レストランで提供されるのは、「オーガニック&クレンジング」をテーマに展開される自然派イタリアン。相模湾や駿河湾の魚介や、神奈川や静岡の有機野菜や柑橘などを使い、「箱根発・ローカルガストロノミー」を表現しています。

理恵

例えば、この日のお魚は「焼津産 活け〆の鰹」。新鮮だからこそ、鰹を活け〆で提供することができるのだそう。付け合わせは、若いうちに摘んだピーマンとエシャロットを刻んで。バルサミコソースとバジルソースが不思議とよく合います。

理恵

朝ごはんは、優しい食感や味わいがうれしいラインナップ。例えば、ミネストローネには野菜がたっぷり。他にも、自家製ロースハムやキッシュなど、手間をかけたおいしい料理が並びます。

チェックアウトはゆっくりめの11時。温泉も読書もたっぷり楽しめる

箱根にオープンしたブックホテル「箱根本箱」をご紹介しました。インテリアのように見える本も、館内にある本はすべて購入ができるというおもしろいシステム。お気に入りの一冊を見つけたら、購入してゆっくり自宅でゆっくりと続きを楽しむのもいいですね。
本をゆったりと楽しむ時間を過ごさせてくれる箱根本箱。たまにはスマホを手放して、のんびりと過ごしてみては。

箱根本箱

人気記事ランキング

  1. 1【奈良の美しい歴史スポット】咲き誇る青紫の花と歴史を感じる時間Ma-ko
  2. 2新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新大久保を…oseraboch21
  3. 3【京都】早朝に起きて、朝活を始めよう♪おすすめ朝活スポット!okt184
  4. 4秋が見頃!国営武蔵丘陵森林公園「ケイトウ花畑」がインスタ映え♡Erica_asa25
  5. 5次の休日はどこへ行く?定番観光地5選!!【大阪編】nyoko_o