【最新版】小樽のおすすめ観光地25選!厳選グルメもご紹介

小樽は言わずと知れた北海道を代表する観光地!レトロな街並みやロマンチックな夜景が人気です。定番スポットや絶品の海鮮、女子に人気のおしゃれスイーツまで見どころが満載です。そんな小樽の観光で絶対にはずせない、おすすめ観光地をご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗・施設で営業時間の変更・休業、並びに一部イベントが延期・中止になっている場合があります。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて不要不急のおでかけはお控えください。引き続き皆様にお楽しみいただけるコンテンツをお届けしてまいります。

小樽を観光するときに知っておきたいポイント!

小樽は北海道の中心地である札幌から少し北のほうにある人気の観光スポットです。有名な観光スポットや魅力的なグルメが多い小樽の街で、ここだけは押さえておきたいポイントをまとめました!

  • レトロな街並み
  • 綺麗な運河
  • 海鮮
  • スイーツ

小樽は海沿いに面した美しくレトロな街並みや、名物観光スポット「小樽運河」も季節問わず多くの観光客で賑わっています。札幌から日帰りで行ける距離なので、気軽に観光することができるのも魅力!小樽ならではの新鮮な海鮮料理やおしゃれなスイーツ、綺麗な夜景も人気があるので宿泊してゆっくり観光するのもおすすめです。

1. 小樽観光で絶対はずせない!レトロな絶景「小樽運河」

aumo編集部
aumo編集部
「小樽運河」は小樽を代表する定番観光スポットです!重厚でレトロな倉庫が並び、自然と街が調和した美しい風景を満喫できます。夕暮れどきになると、ガスランプの優しい灯りと夕焼けがコラボした絶景が楽しめます。

小樽運河で最もおすすめしたい時間帯は夜。ライトアップされた倉庫の明かりが運河の水面に反射し、散策路に並ぶ63基のガス灯の明かりと相まってノスタルジーな風景を楽しめます。

冬の風物詩!幻想的なイベント「小樽ゆき物語・雪あかりの路」

小樽運河の冬の時期に欠かせないイベントが「小樽ゆき物語・雪あかりの路」。「小樽ゆき物語」は雪と燈火が幻想的な人気のイベントです。青くライトアップされた小樽運河とオレンジに輝くガス灯、そして雪のコラボが美しい風景を作りだし、見る人を魅了します。

「雪あかりの路」は雪で作られたスノーキャンドルや雪のオブジェなどが並ぶイベントで、毎年2月上旬から中旬までの10日間に行われています。開催時間は17:00~21:00と短い間なので、小樽観光でタイミングが合った場合は見逃さないようにしましょう!

またスタンプラリーや雪とあかりをモチーフとした作品のコンテストも行われているので、恋人と過ごすのはもちろん家族でも楽しめるイベントになっています。

「小樽ゆき物語・雪あかりの路」の詳細情報

開催時期時間
小樽ゆき物語日暮れから夜にかけて
小樽雪あかりの路毎年2月上旬から中旬までの10日間17:00~21:00

小樽運河をもっと満喫するなら「小樽運河クルーズ」

aumo編集部
小樽観光でぜひ体験していただきたいのが、船に乗って小樽運河を約40分で巡る「小樽運河クルーズ」。日中に出発するデイクルーズと、日没後に出発するナイトクルーズの2種類から選べる人気のアクティビティです。運航便数や時間は季節によって変動があるので、公式HPにて確認しておきましょう。(※"小樽運河クルーズ 公式HP"参照)

「小樽運河クルーズ」で特におすすめなのがナイトクルーズ。真っ暗で静かな水面に映る石造倉庫群が、陸よりも間近で見ることができます!ここでしか味わえないで貴重な体験を「小樽運河クルーズ」で満喫してください。

「小樽運河クルーズ」の詳細情報

料金所要時間
デイクルーズ1,500円(税込)約40分
ナイトクルーズ1,800円(税込)約40分
小樽運河クルーズ
小樽運河

2. 小樽の地形を利用した人気観光地「おたる水族館」

小樽で人気の観光スポット「おたる水族館」は家族連れにもおすすめ。小樽駅から北へ車で約20分のところにあり、海に面した小樽の地形を利用している人気の水族館です!海を仕切っただけの豪快なプールなど北の水族館ならではの環境や、珍しい動物たちは必見です。

特におすすめなのは、水族館内にある「海獣公園」というエリア。海を仕切っただけのプールで、アザラシやトドなどの豪快なショーを見ることができます!周辺には野生動物も生息しており、毎日変化する北海道の大自然の中で生活する動物たちは生きるエネルギーに満ち溢れています。
おたる水族館

3. 小樽のロマンチックな観光スポット!北海道三大夜景の「天狗山」

続いて紹介する小樽で人気の観光スポットは「天狗山」。函館山(函館市)、藻岩山(札幌市)に続き北海道三大夜景の1つとして知られ、冬はスキーも楽しめる人気のスポットです。(※"北海道ファンマガジン"参照)天狗山ロープウェイを登ってすぐに、小樽の街並みと美しい日本海を眺めることができます。

天狗山の頂上から見る美しい夜景に感動

小樽市街を見下ろす絶景は、小樽観光で絶対にはずせないポイント!光り輝く夜景はもちろん、空が綺麗なグラデーションになる日没後からの景色の移り変わりも必見です。

ベストポイントは「天狗山ロープウェイ」山頂駅の展望台ですが、他にも展望レストランや夏季日中のみ楽しめる天狗山スライダーなど、景色を満喫できる場所がたくさんあります。ぜひ様々な場所から小樽の絶景をお楽しみください!

「天狗山ロープウェイ」の詳細情報


営業時間11:00~21:00
料金往復:1,400円(税込)
片道:840円(税込)
所要時間約4分
天狗山展望所

4. 小樽を代表するレトロな観光スポット「小樽駅」

aumo編集部
小樽の玄関口である「小樽駅」も観光スポットの1つ。1934年に建設された、道内最古の鉄骨鉄筋コンクリート造の駅舎です。(※"たびらい"参照)駅名標にある小樽の名物「るたお」のレトロな文字が印象的!小樽駅は札幌から電車で約1時間で到着するので、札幌を観光拠点にしていても気軽に行けます。

斬新かつ幻想的な駅舎は必見

駅内は改札口やホームに無数のランプが設置してあり、小樽駅にしかない幻想的な風景が見られます。昼もレトロ感がありますが、夜はさらに雰囲気がアップするでしょう。

魅力がたくさん詰まった駅舎は、2006年に国の有形文化財に登録されています。(※"たびらい"参照)
小樽駅

5. 小樽で有名な観光スポット!決まった時間に鳴る汽笛が名物「小樽オルゴール堂」

aumo編集部
「小樽オルゴール堂」は小樽の観光名所である堺町交差点、通称「メルヘン交差点」にあるレトロな建物。その中では約3,400種類のオルゴールが販売されています。

外観は一部がレンガ造りとなっており、入り口には名物の「蒸気時計」が15分ごとに白煙を上げ汽笛を鳴らしています。普段はなかなか見ることができない蒸気時計は、小樽の名物観光スポットとなっています。

オルゴールの美しい音色にうっとり

aumo編集部
店内に入るとそこはまるで別世界。オルゴールの温かく優しい音色がいつでも流れています。

ここでしか買えないオリジナルオルゴールや、様々な素材で作られたオルゴールなどが販売されています。また、曲とオルゴールのベースをそれぞれ選んで組み合わせるイージーオーダーという珍しいサービスもあるので、自分好みの音色やデザインを探して楽しんでみてください!
小樽オルゴール堂

6. 小樽の郊外にある穴場の絶景観光スポット「青の洞窟」

「青の洞窟」はボートでのクルージングで行ける小樽の穴場的観光スポットです。波が岩を侵食してできた天然の洞窟で、太陽光が水面に反射して青い神秘的な風景を見られます!

観光できるのは春~秋の期間限定で、特にゴールデンウィークとシルバーウィークは観光客でにぎわう時期です。

人気の3大アクティビティをご紹介!

青の洞窟ではアクティビティも体験できます!3大アクティビティとされるのは、ボートクルーズ、シーカヤック、シュノーケリング。様々なプランが用意されているので、子供連れでも友人同士でも楽しめます。

恋人との思い出や家族との忘れられない思い出作りにぴったりなスポットなので、小樽の雄大な自然を満喫しましょう!
青の洞窟

7. 小樽の美しすぎる観光スポット!167個のランプが灯るカフェ「北一ホール」

北一硝子三号館内にあるカフェ「北一ホール」は、映画のようなロマンチックな雰囲気が魅力です。167個ある店内照明は、全て石油ランプが使われています。特に開店時に人の手によって行われる点灯作業は神秘的で、ぜひご覧いただきたいイベントです!

美しい空間だけでなくカフェメニューも充実しており、見ても食べても楽しいスポットです。

繊細で美しいガラス細工も必見!

カフェを楽しんだ後は、館内にある様々なガラスショップで買い物もできます。綺麗なガラス細工はお土産にもおすすめです。

さらに同じ堺町本通り沿いにアウトレットの店舗もあるので、そこで掘り出し物を探すのもおすすめです。

「北一ホール」の店舗情報

営業時間8:45~18:30
定休日1月1日
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分
北一ホール
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る
他のサイトで見る

8. 小樽観光で絶対行きたい!北海道を代表するお菓子「北菓楼 小樽本館」

「北菓楼」は北海道産の原料にこだわりを持つ人気の菓子店で、店内ではバウムクーヘンの実演も行われており、できたての味を楽しめます。

小樽店は異国情緒あふれる堺町通りに面しているので、景色を楽しみながら一息つける野外カフェスペースがおすすめです!バウムクーヘンの他にも、北菓楼の看板メニューであるシュークリームにソフトクリームと飲み物がセットになった限定メニューも見逃せません。

「北菓楼 小樽本館」の店舗情報

営業時間9:00~18:30
[冬季]
9:00~18:00
定休日無休(年末年始を除く)
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分
北菓楼 小樽本館
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る

9. 家族で楽しめる小樽の観光スポット「小樽市総合博物館」

「小樽市総合博物館」は小樽市の歴史や自然、北海道の交通史などをテーマにしており、小樽市博物館と小樽市青少年科学技術館の機能を統合した施設です。

プラネタリウムや夏季限定で乗車できるSLアイアンホース号など体験型の施設に加え、北海道を代表する50両もの鉄道車両の展示など様々な展示やイベントがあります。現在は休止していますが、土日祝日は簡単な実験や工作もでき家族連れにぴったりの施設です。(※"小樽市観光協会公式サイト"参照)
小樽市総合博物館

10. 小樽のレトロな観光スポット!どこか懐かしい老舗洋菓子店「あまとう」

昭和4年に創業してから今もなお地元の人々に愛され続ける「あまとう」は、レトロな外観が目を引く喫茶店です。

小豆と求肥餅の相性が抜群な「クリームぜんざい」550円(税込)は、知られざる小樽の名物!季節限定の味もあり、どちらも見逃せません。半世紀以上愛されてきたサブレや洋生菓子も必見です!

「あまとう」の店舗情報

営業時間[1F売店]
10:00~19:00
[2F喫茶コーナー]
10:30~17:00
定休日木曜日・不定休
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約4分
あまとう 本店
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る
他のサイトで見る

11. 小樽の大人気観光地!新鮮な海鮮料理が人気の「三角市場」

続いて紹介する小樽で人気の観光スポットは「三角市場」。小樽駅から徒歩約1分のところにあり、小樽産海産物や野菜、果物などが売られているお土産選びにも最適な人気のスポットです。土地の形と屋根の形が三角になっていることから「三角市場」と名付けられており、通路を挟んで約15店舗が並んでいます。

小樽三角市場

三角市場の中にある小樽の極上海鮮料理が味わえるお店「市場食堂 味処たけだ」

「三角市場」にある飲食店では、その日の仕入れで変わる新鮮な刺身定食や海鮮丼が人気!特におすすめの店舗は「市場食堂 味処たけだ」。朝の7:00ぐらいからオープンするので、小樽観光で近くに宿泊している方は朝食で贅沢に海鮮料理を食べに行くのもおすすめです!

「市場食堂 味処たけだ」の店舗情報

営業時間7:00~16:00
定休日1月1日
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約1分
市場食堂 味処たけだ
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る
他のサイトで見る

12. 小樽自慢の絶品お寿司が食べられる観光スポット「小樽寿司屋通り」

続いて紹介する小樽で人気の観光スポットは「寿司屋通り」。小樽駅から徒歩約10分、国道5号から小樽運河までの通りを「寿司屋通り」といい、小樽の海鮮を存分に楽しめる人気のスポットです。

今回はそんな「寿司屋通り」の中からおすすめの寿司屋を3店ご紹介します。

天然ものだけを厳選したネタが自慢「おたる旭寿司本店」

最初にご紹介する「小樽寿司屋通り」の寿司屋は「おたる旭寿司本店」。小樽近海の天然ものだけを厳選したお寿司が自慢のお店です。旬の握りや逸品料理だけでなく、北海道の美味しい地酒も揃えているので、小樽で海鮮とお酒ゆっくり堪能したいときにおすすめ!

店内にはカウンター席や個室席、広々としたお座敷などがあるため様々なシーンで使えるのも魅力です。
人気のメニューは「旭にぎり」3,240円(税込)。小樽産の天然ものを贅沢に味わえるので、立ち寄った際はぜひ食べてみてください!

「おたる旭寿司本店」の店舗情報

営業時間10:30~22:00
定休日無休
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約15分
おたる 旭寿司
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

幻の魚が食べられる?!小樽寿司屋通りの人気店「すし田」

次にご紹介する「すし田(すしでん)」は、地元の人々からも人気の寿司屋です。小樽運河から徒歩約3分のところにあり、観光がてらランチやディナーを楽しむのもおすすめ!

また「すし田」では、写真2枚目にある「羅臼産・鮭児(ケイジ)」が一年を通して食べられるのも魅力です!10~11月に水揚げされる秋鮭の中でも1万尾に1~2尾しかない幻の高級魚で、とろけるような上質な脂、上品な甘味は1度は食べておきたい逸品です。夏には「バフンウニ」や「ムラサキウニ」など旬なものがリーズナブルに食べられるので、小樽の海鮮料理を気軽に楽しめます。

「すし田」の店舗情報

営業時間11:00~21:00
定休日不定休
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約15分
すし田
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
hot-pepper-gourmetで見る
他のサイトで見る

リーズナブルな価格でランチメニューが楽しめる「ひきめ」

次にご紹介する「ひきめ」は、地元の人々が認める人気の寿司屋です。リーズナブルなランチメニューが人気で、小樽の贅沢な海鮮を思う存分堪能できるのでランチで立ち寄った際はおすすめのお店です!

また、海の幸が贅沢にのった「よくばり丼」2,750円(税込)や、定番の「海鮮丼」3,520円(税込)など丼ぶりメニューが豊富なところも魅力的です。

「ひきめ」の店舗情報

営業時間11:00~21:00
定休日不定休
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約10分
ひきめ
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

13. 小樽観光の途中に立ち寄るならここ!石造りがおしゃれな「六花亭 小樽運河店」

「六花亭」は北海道を代表する銘菓の1つ「マルセイバターサンド」の生みの親であり、創業80年以上の老舗です。素材へのこだわりを大切にしており、長年愛される味を提供しています。

小樽運河店は1Fに販売スペースを構え、2Fがカフェスペースになっています。シュークリームやソフトクリームを注文すると、コーヒーが無料でついてくるのでお得です!観光の合間に一息つきたいときにおすすめです。

「六花亭 小樽運河店」の店舗情報

営業時間9:00~18:00
定休日不定休
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分
六花亭 小樽運河店 (ロッカテイ)
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る

14. 小樽観光で北海道名物の味噌ラーメンを楽しむなら「らーめんみかん」

「らーめんみかん」は駅から少し離れているにも関わらず、行列のできる小樽で人気な店です。北海道は味噌ラーメンが有名なので、特におすすめなのは「味噌」850円(税込)。その他にも「昔ラーメン」750円(税込)など様々な種類のラーメンをリーズナブルな価格で楽しめます!

店主は札幌味噌ラーメンの有名店「すみれ」で修業した経歴を持ち、こってりさとスパイシーさが合わさったとてもおいしい一杯に仕上がっています。

「らーめん みかん」の店舗情報

営業時間【金~火】11:00~18:00
【水】11:00~15:00
(スープがなくなり次第営業終了)
定休日木曜日
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約12分
らーめん みかん
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る

15. 小樽歴史的建造物にも指定された人気観光スポット「小樽 大正硝子館」

aumo編集部
「小樽 大正硝子館」は和風硝子器を中心に小樽市内で製作された手作り硝子を展示、販売している小樽で人気のスポットです。色鮮やかな硝子から普段使いしやすそうな硝子まで、幅広く揃っているのが魅力です。

明治時代に建てられた名取高三郎商店(昭和60年 小樽市指定歴史的建造物に指定)を改装して作られているため、歴史を感じる雰囲気はそのままに、硝子と交わった幻想的な空間を楽しめます。(※"おたるぽーたる"参照)

硝子が散りばめられた神秘的な「願いが叶う木」

aumo編集部
大正硝子館の外に出ると、硝子が沢山ちりばめられた「願いが叶う木」という素敵な木が出迎えてくれます。風水的に縁起が良いとされる八角形の硝子で装飾され、初めは「幸せの木」と命名されていたのですが「願いが叶った」との声が多く寄せられたことから、「願いが叶う木」と新たに名づけられました。

小樽観光で立ち寄った際には、ぜひ願いが叶う木に願い事をしてみましょう!
小樽 大正硝子館

16. 小樽観光で絶対はずせない!日本海が一望できる絶景スポット「祝津 パノラマ展望台」

「祝津パノラマ展望台」のある祝津は、小樽北部に位置し街の中心とは違った趣のある地域です。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の中にあるこの展望台からは、日本海の絶景だけでなく岬や街並み、荒涼とした崖など様々な景色を堪能できます。

「おたる水族館」の近くにあるので、水族館を楽しんだ後に訪れてゆったりとした時間を楽しむのもおすすめです!

見渡す限りの海岸線にうっとり

どの方角を見ても雰囲気の違う絶景が広がり、まさに日本海の大パノラマを楽しめます。三方向が海に囲われており、朝日だけでなく夕日も見られる珍しいスポットです。

冬には海の向こうに雪化粧をした雄大な山々が一望でき、夏とはまた違う自然の美しさを堪能できます。ぜひ四季折々の小樽の絶景を満喫してください。
祝津パノラマ展望台

17. 小樽のレトロな人気観光スポット「手宮線跡地」

aumo編集部
続いて紹介する小樽で人気の観光スポットは「手宮線跡地」。こちらには、小樽市を通る鉄道の中で主要路線だった手宮線の線路がそのまま残されています。小樽で定番の人気観光地「小樽運河」に向かう途中にあるので、ぜひ立ち寄っていただきたい観光スポットです。

線路の中を歩く貴重な体験も

aumo編集部
「手宮線跡地」は自由に線路の中を歩くことが出来ます!普段なかなか歩けない線路の中は、絶好の撮影ポイントとして人気!周辺にはレトロなホームや踏切もそのまま残っているので、当時の雰囲気を体感できる貴重な観光スポットです。
旧手宮線

18. 地酒を堪能できる小樽の大人な観光スポット「田中酒造 亀甲蔵」

田中酒造は創業約120年の小樽の老舗地酒メーカーです。その店舗の1つ「田中酒造 亀甲蔵」は明治38年頃に建てられた石造倉庫群で、小樽市の歴史的建造物に指定されています。

亀甲蔵は南小樽に、本店は小樽にあるので、1日に両方見学することも可能です。

お酒好きにはたまらない!製造見学や試飲も楽しめる

亀甲蔵では北海道産米を100%使用した地酒造りが1年中行われており、毎日無料で酒造り見学ができます。さらに見学の後は、試飲コーナーで代表銘柄「宝川」や蔵元限定の日本酒が楽しめます。(※"田中酒造株式会社 公式HP"参照)

他にも日本酒・リキュールなど約10種類を無料で試飲でき、お酒好きの大人たちにはたまらない観光スポットです!甘酒や黒豆茶もあるので、お酒が苦手な方や未成年の方でも楽しめます。

「田中酒造 亀甲蔵」の店舗情報

営業時間9:00~18:00
定休日無休
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分
田中酒造 亀甲蔵

19. 小樽の人気観光スポット!絶品スイーツが自慢の洋菓子店「小樽洋菓子舗ルタオ 本店」

「小樽洋菓子舗ルタオ 本店」は、言わずと知れた北海道を代表する人気の洋菓子店です。異国情緒あふれる建物の中に入ると、ケーキや洋菓子がズラリと並べられています。

2Fには「メルヘン交差点」を眺めながらティータイムを楽しめる、おしゃれなカフェもあります。洋菓子だけでなく紅茶も美味しいので、小樽観光の合間に一息つきたいときにおすすめです。

ルタオの名物「ドゥーブルフロマージュ」は食べなきゃ損!

ルタオの名物といえば「ドゥーブルフロマージュ」1,728円(税込)です!ミルクの風味が際立つレアチーズケーキと、濃厚でコクのあるベイクドチーズケーキが2層になっているケーキで、新しい食感と優しい甘味が特徴的な絶品ケーキです。

また通販でも購入できるので、小樽になかなか行けないけど食べてみたい方は下のリンクから購入可能です。本格的なお店の味を、ぜひお楽しみください!

「ドゥーブルフロマージュ」の購入はこちら

LeTAO(ルタオ) ケーキ チーズケーキ ドゥーブルフロマージュ ホール 4号(2~3人分)

驚くほど濃密なミルク感となめらかな口どけ。

限定メニュー「奇跡の口どけセット」は外せない

限定メニューの「奇跡の口どけセット」1,430円(税込)は、ルタオ本店でしか食べられない「ヴェネチア・ランデヴー」、定番の「ドゥーブルフロマージュ」に酸味のある苺がアクセントで添えてあるのが特徴です。

味はもちろん、色合いの美しさや店のレトロな雰囲気も楽しみながら小樽の絶品スイーツを堪能しましょう!

「小樽洋菓子舗 ルタオ本店」の店舗情報

営業時間9:00~17:00
定休日無休
アクセスJR函館本線「南小樽駅」から徒歩約7分
小樽洋菓子舗ルタオ 本店(LeTAO)
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

20. 小樽のレトロな建築物が並ぶ観光スポット「北のウォール街」

明治時代に開通した鉄道により、北海道で屈指の物流拠点となった小樽は活気で溢れ、洗練されたデザインの建物が多く建設されました。そんな歴史的建造物がそのまま残っているのが「北のウォール街」です。

中でも存在感があるのが写真の「日本銀行旧小樽支店金融資料館」。現在は銀行業務ではなく、日本銀行の歴史や金融関係の仕組みを紹介している資料館となっています。レトロな外観なので、まるで海外にいるような写真が撮れるのも魅力です!

旧三菱銀行小樽支店は「小樽運河ターミナル」として人気の観光スポットに!

「旧三菱銀行小樽支店」は「小樽運河ターミナル」として人気の観光スポットになっています。小樽観光の中心でもある「小樽運河」の近くにあるので、おたる散策バスや通常バスなどが発着し、観光拠点ターミナルとして利用されています。建物だけでなくバスもレトロ感があり、小樽の雰囲気をより満喫できるおすすめの移動手段です!
日本銀行旧小樽支店金融資料館

21. 小樽観光の新名所!4棟に及ぶ壮大な芸術空間「ニトリ小樽芸術村」

「ニトリ小樽芸術村」は2016年に開設され、2020年公益事業として運営開始された小樽の新観光スポットです。(※"ニトリ小樽芸術村 公式HP"参照)

その中心は20世紀初頭に建造された旧荒田商会、旧高橋倉庫、旧三井銀行小樽支店、旧北海道拓殖銀行小樽支店の4棟。グラスギャラリーやステンドグラスなど、時代を彩った日本や世界の優れた美術品や工芸品が展示されており、写真映えする美しい空間が広がります。
ニトリ小樽芸術村

22. 小樽観光でご当地グルメのあんかけ焼きそばを楽しむなら「中華食堂 桂苑」

「中華食堂 桂苑」は地元の方に長年愛されている中華料理店です。人気メニューのあんかけ焼きそばは、戦後まもなく小樽市内に広まった隠れたご当地グルメ。市内48店の紹介を目指す「AKY48」など、市民が中心となってあんかけ焼きそばをPRする活動も行われています。

醤油味の「あんかけやきそば」は820円(税込)。エビや豚肉、野菜などたくさんの具材が絡むあんと、少し焦げ目の付いたモチモチの麺がよく絡み、絶妙な味わいを楽しめます。

「中華食堂 桂苑」の店舗情報

営業時間【金~水】11:00~20:00
定休日木曜日
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約5分
中華食堂 桂苑
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る
他のサイトで見る

23. ワインを堪能できる小樽のおすすめ観光スポット「おたるワインギャラリー」

小樽の市街地から少し離れたところにある「おたるワインギャラリー」では、様々なワインの試飲や購入ができます。至難の業だとされていた、北海道のブドウを使って作られているワインはぜひ飲みたい逸品です。

現在は休止していますが、団体向けや有料の見学プログラムの他に醸造所を自由に見学できる無料のプランもあり、様々な楽しみ方ができます。

「おたるワインギャラリー」の店舗情報

営業時間9:00~17:00
定休日年末年始
アクセスJR函館本線「小樽駅」から車で約30分
北海道ワイン 小樽ワインギャラリー

24. 小樽観光ではずせない!北海道名物ジンギスカンの名店「小樽 ジンギスカン倶楽部 北とうがらし 本店」

北海道を代表する郷土料理、ジンギスカンでおすすめの店は「小樽 ジンギスカン倶楽部 北とうがらし 本店」。店内はカウンター席からテーブルまであるので、人数を気にせず絶品ラム肉を楽しめます。

生後6〜10ヶ月の子羊を使用しており、ラム肉特有の臭みがなくやわらかいのが特徴です。新鮮な生ラム肉はサッと炙ってレアで食べるのがお店おすすめ!(※"小樽 ジンギスカン倶楽部 北とうがらし 本店 食べログ参照")タレにとうがらしを入れるとよりお肉と相性抜群です。ぜひ本場のジンギスカンを堪能してください!

「小樽 ジンギスカン倶楽部 北とうがらし 本店」の店舗情報

営業時間【月~土・祝前】17:00~23:00
【日・祝】17:00~22:00
定休日年末年始
アクセスJR函館本線「小樽駅」から徒歩約10分
JR函館本線「南小樽駅」から徒歩約10分
小樽ジンギスカン倶楽部 北とうがらし 本店
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
gnaviで見る
他のサイトで見る

25. 小樽の歴史を残す街並みが魅力の観光地「堺町本通り」

「堺町本通り」は運河沿いの大通りより1本内側に入った通りで、ガラス店や洋菓子店、古い商店が立ち並ぶ賑やかな通りです。お土産やグルメなど魅力的な場所が多いので、多めに時間を取りゆっくりと見て周るのがおすすめです。

また「堺町本通り」は小樽駅とその1つ前にある小さな駅「南小樽駅」の間にあるので、「南小樽駅」から歩いて向かうとよりスムーズに観光できます。

小樽の人気観光スポットが集まる絶好の撮影スポット!「メルヘン交差点」

こちらは堺町通りの端にある「メルヘン交差点」。正式名称は「堺町交差点」ですが、周辺には「小樽オルゴール堂」や人気スイーツ洋菓子店「ルタオ本店」などが集中しており、メルヘンな雰囲気にちなんで「メルヘン交差点」と呼ばれています。

広場は開放的で道端には草木が植えてあり、周りのレトロな建物と自然光が相まって非日常空間を演出しています。シンボルの常夜灯を待ち合わせ場所にしたり、撮影スポットとして使ったりと人気の観光スポットです。
堺町通り

小樽観光でノスタルジーな気分を満喫しよう!

今回は小樽を満喫できるおすすめ観光スポットをご紹介しました。石造倉庫群や廃線など歴史を感じるレトロなスポットから、運河や展望台など自然を満喫できるスポットまでとても充実しています。また小樽ならではのグルメやスイーツも欠かせないポイントです。

小樽観光を計画されている方は、ぜひこの記事を参考にして小樽をとことん満喫してください!
あわせて読む
【2021年】人気&定番な北海道のおすすめお土産21選!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2021年04月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

人気記事ランキング

  1. 1【2021年最新版】コストコで買いたいおすすめ商品20…
    chanyama
  2. 2【5月10日最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3Netflixの料金プラン解説!値上げ後のプラン変更と…
    Nalumi_uyu
  4. 4【最新】はま寿司お持ち帰りメニュー19選!セットや予約…
    irh173
  5. 5【2021最新】ミスド食べ放題を徹底解説!実施店舗から…
    Nalumi_uyu