奥飛騨に佇む趣深い温泉宿「岡田旅館・和楽亭」宿泊記をお届け!

今回ご紹介するのは、奥飛騨の平湯温泉に佇む純和風のお宿「岡田旅館・和楽亭」。豊かな自然に囲まれ、四季折々の景色や味覚を楽しめる癒しのお宿です。今回は実際に宿泊したアウモ調査員の宿泊記と共に、「岡田旅館・和楽亭」の魅力や口コミをご紹介します!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

平湯温泉に佇む癒しのお宿「岡田旅館・和楽亭」をご紹介。

今回ご紹介するのは、長い歴史と伝統を持つ奥飛騨の温泉郷・平湯温泉のお宿「岡田旅館・和楽亭」。岐阜県高山市で多くの人々を迎えてきたこちらの旅館は、どこか懐かしさを感じる癒しの空間と充実した温泉が楽しめる本館「岡田旅館」と、よりプライベートな時間が流れる離れのお宿「和楽亭」とに分かれています。

アウモ調査員が届けてくれた宿泊記をご紹介します!

純和風のお部屋は暖かみを感じる造りとなっていて、休日をゆったりと過ごしたい方にはぴったりのお宿。日常の喧騒を離れてリフレッシュすることができる、まさに癒しのお宿です。

今回は「岡田旅館・和楽亭」にアウモ調査員が宿泊し、その宿泊記を届けてくれました!旅館までのアクセスやお食事についてなど、実際に宿泊したからこそわかる情報をご紹介します。

大人気の温泉についても解説します!

また宿泊客から大きな人気を集める「岡田旅館・和楽亭」の温泉についても詳しく解説!鮮やかな自然に囲まれた旅館だからこその魅力を余すところなくお届けします。

次の休日に訪れたくなる「岡田旅館・和楽亭」の魅力を、お見逃しなく!
岡田旅館 和楽亭
岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷平湯温泉505
★★★★★
★★★★★
3.20
0件
0件
公式HP(♦ベストレートでお得♦)
公式サイトを見る
他の宿泊予約サイトで見る

「岡田旅館・和楽亭」が誇る大満足の温泉について解説します!

まずは「岡田旅館・和楽亭」で大きな魅力の1つである温泉についてピックアップしてご紹介します!

「岡田旅館・和楽亭」が位置する平湯温泉は、長い歴史を持ち数々の湯めぐりスポットもある温泉街。その天然の源泉がかけ流しとなった「岡田旅館・和楽亭」のお風呂は、宿泊される方の間でも人気を集める魅力ポイントです。

開放的な大浴場は木の温かみを感じる空間です。

こちらは大浴場の様子。木の香りが漂う開放的な空間は心身ともに癒しに包まれ、心ほぐれる時間を過ごすことができます。また中央にはジャグジーがあるなど、その楽しみ方のバリエーションも様々。時間を問わず何度も癒されたくなるお風呂となっています。

季節に合わせて表情を変える露天風呂は見逃せない。

そしてこちらが露天風呂。風光明媚な奥飛騨に佇む「岡田旅館・和楽亭」の露天風呂では、四季折々の豊かな表情を楽しむことができます。

特に冬の時期には雪見風呂になることも。温泉に浸かりながら風情ある時間が流れます。

「岡田旅館・和楽亭」名物の「鉄鍋露天風呂」!

こちらは「岡田旅館・和楽亭」名物の「鉄鍋露天風呂」。約37度と比較的低温の温泉で満たされていて、じっくりと全身が温まるお風呂です。

またこちらのお風呂からは、目の前に安房峠の山々を眺めることもできます。雄大な自然に囲まれながら、極上の癒しに包まれてみてはいかがですか?

家族などで楽しみたい方は貸切風呂がおすすめ!

よりプライベートな空間で温泉を楽しみたい方は、「和楽亭」に用意された2つの貸切風呂がおすすめです。広々とした露天岩風呂と、温もりを感じる木の半露天風呂とがあり、どちらも趣向が凝らされた空間となっています。

またこちらの貸切風呂には、1人用のフィンランドサウナも設置されています。体の芯からリフレッシュしたい方には、特におすすめです!
岡田旅館 和楽亭
岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷平湯温泉505
★★★★★
★★★★★
3.20
0件
0件
公式HP(♦ベストレートでお得♦)
公式サイトを見る
他の宿泊予約サイトで見る

奥飛騨の自然に囲まれた「岡田旅館・和楽亭」の宿泊記をお届け!

それでは早速、自然豊かな奥飛騨に佇む癒しのお宿「岡田旅館・和楽亭」について、実際に宿泊したアウモ調査員が届けてくれた宿泊記をお届けします!

天然温泉100%かけ流しの温泉が大きな魅力の1つである「岡田旅館・和楽亭」ですが、それだけではお宿の魅力は語りつくせません。実際に宿泊したからこそわかるポイントや楽しみ方を、お見逃しなく!

今回調査員は「岡田旅館・和楽亭」まで車でアクセス。

「岡田旅館・和楽亭」が位置するのは、奥飛騨に広がる自然豊かな温泉郷「平湯(ひらゆ)温泉」。癒しの湯として数多くの人々に愛されてきた、歴史ある温泉街です。

電車・バスでアクセスする場合は、新宿から「平湯温泉」まで直結の高速バス「ストライナー」や、松本駅から発着する特急バス「アルプスライナー」、高山駅から発着する「濃飛バス」の利用がおすすめです。
今回調査員は、車でアクセスしたそうです!
kirarin さんaumoアンバサダー
車の場合、名古屋・大阪方面からは名神高速道路一宮インターチェンジから東海北陸道に入り北上。高山インターで高速を降り、飛騨市方面に1時間ほどです。関東方面からは中央道を通って松本インターで高速を降り、158号線を西へ。高速が開通して時間が短縮できるようになった安房峠を超えてアクセスすることができます。

趣深いエントランスから、いざ館内へ。

歴史ある温泉街で長く愛される本館「岡田旅館」と、古民家風の離れ宿「和楽亭」。どちらも趣深い雰囲気となっていて、和のおもてなしを感じることができます。

今回調査員は、本館である「岡田旅館」に宿泊してきました!
kirarin さんaumoアンバサダー
本館である岡田旅館は、純和風の風格ある佇まいの建物。入り口ではたくさんのサルボボたちがお出迎えしてくれます。

「和楽亭」のエントランスがこちら。

aumo編集部
こちらは「和楽亭」のエントランス部分。大木から切り出された存在感のある看板が特徴的です。

「和楽亭」はよりプライベート感のあるお宿で、家族水入らずの時間を過ごすこともできます。

「和楽亭」は古民家風の雰囲気です。

aumo編集部
入り口に向かうスペースには、木製の水車をはじめ様々な歴史感じる装飾が施されています。築150年以上の古民家を移築したという「和楽亭」は、どこか懐かしさを感じる居心地のいい空間となっています。

数多くの骨とう品を鑑賞することもできます。

aumo編集部
館内の廊下部分には様々な骨とう品が展示されており、掛け軸や壺など細かい意匠が凝らされた作品をじっくりと鑑賞することができます。

自動販売機が設置されるなど利便性は充分。

aumo編集部
館内には自動販売機等もあり、利便性は充分。滞在中に不自然だと感じることは基本的にないかと思います。

またスタッフの方の対応についても口コミでは評価が高く、非常に心地いい時間が流れるお宿となっています。

「岡田旅館」の客室はシンプルながら居心地抜群…!

それでは続いては、調査員が今回宿泊したお部屋について見ていきましょう!
今回宿泊したのは、「岡田旅館」の和室のお部屋。「老舗温泉旅館」というイメージ通りのシンプルな造りながら、非常に居心地がいい空間だったそうです。

ちなみに「和楽亭」の客室は、客室露天風呂付のタイプやメゾネットタイプなどバリエーションが豊か。シチュエーションに合わせてお好きな方をお選びください。

ウェルカムサービスも用意されていました!

aumo編集部
お部屋にはあらかじめ、ウェルカムサービスとしてお茶菓子と梅昆布茶が用意されていたそうです。

こちらは大浴場に向かう前に頂くのがおすすめ。入浴は思いのほか体力を消費してしまうので、軽く腹ごしらえしてから向かいましょう!

お布団にもおもてなしへのこだわりが感じられます。

aumo編集部
お部屋のお布団は通気性が良く寝心地抜群の寝具メーカー「muatsu」の製品をご用意。お部屋でゆっくりくつろいでほしいというおもてなしの心が込められています。

雄大な北アルプスの景色を望むことができます!

お部屋の窓からはこちらの景色を望むことができたそう!雄大な北アルプスの大パノラマを満喫することができます。
kirarin さんaumoアンバサダー
部屋の窓からは、一面に北アルプスの山々が望め、小鳥のさえずりが聞こえてきました。

「岡田旅館」の夕食は豪華和食会席料理!

続いては調査員が頂いた「岡田旅館」の夕食をご紹介します!

本館「岡田旅館」の夕食はお食事処「欅」で頂きます。季節の味覚が揃った豪華な和食会席、その全容をご紹介します!

豪華な飛騨牛すき焼きが絶品!

まず目に飛び込んでくるのは、国内有数のブランド牛・飛騨牛のすき焼き!きめ細かいサシが入ったお肉はとても柔らかく、その味わいはまさにご馳走です…!

飛騨のブランド品種「飛騨サーモン」をご賞味あれ。

aumo編集部
こちらは新鮮な御造り。中でもサーモンは飛騨で誕生したブランド品種「飛騨サーモン」で、大型に育てられている分たっぷり脂も乗っています。

豪華会席の締めくくりはもっちりとしたデザート。

aumo編集部
こちらは笹を使った葛餅などのデザート。丁寧に仕上げられていて、豪華な夕食の締めくくりにもぴったりです。

ちなみに「和楽亭」に宿泊した際は、囲炉裏端で頂く厳選食材の会席料理を頂けます。「岡田旅館・和楽亭」に宿泊する際は、ぜひ夕食もご堪能ください!
kirarin さんaumoアンバサダー
この日の夕食は、サワガニや飛騨の新ブランド飛騨サーモンのお刺身、鶏の朴葉味噌焼き、飛騨牛のすき焼き、笹の葛餅など。お腹いっぱい楽しみました。

飛騨の郷土料理が楽しめる「岡田旅館・和楽亭」の和朝食!

そしてこちらが「岡田旅館」の和朝食!
夕食と同じくお食事処「欅」で頂く朝食は、色とりどりの食材が楽しめるバランスのいいラインナップとなっています。

奥飛騨の郷土料理や名物「漬物ステーキ」など、「岡田旅館・和楽亭」ならではの朝食が絶品。ゆったりと過ごす休日の朝にぴったりです。

お土産は「岡田旅館・和楽亭」内のショップで購入!

旅行のお土産を買いたい時には、館内のお土産処「赤とんぼ」へ!様々な装飾で彩られたこちらのショップには、お土産にぴったりのお菓子やおつまみなど様々な商品が揃っています。

また温泉から上がった後にぴったりのものも売っていたそうですよ…!
kirarin さんaumoアンバサダー
飛騨の牛乳を使用した飛騨アイスクリームは、温泉を楽しんだ後のクールダウンにぴったりの一品。チーズ味を頂いたところ、とっても濃厚で美味しかったです。

「岡田旅館・和楽亭」の周辺散策ならこちらがおすすめ!

最後にご紹介するのは、「岡田旅館・和楽亭」の周辺散策スポット!
歴史ある温泉街・平湯温泉は、数多くの湯めぐりスポットはもちろんのこと、豊かな自然も大きな魅力です。

特にこちらの「平湯大滝」は、落差約64mの荘厳な滝で、四季折々の美しい表情が魅力的なスポットです。「岡田旅館・和楽亭」からは車で約5分。チェックアウト後の散策などに訪れてみてはいかがですか?

「岡田旅館・和楽亭」での滞在に調査員も大満足!

今回1泊2日の宿泊を経て「岡田旅館・和楽亭」での滞在を満喫した調査員。9月末に訪れた調査員は、秋らしい豊かな時間を満喫できたそうです。

夏には避暑地として、冬には雪景色とともに温泉を楽しめるこちらの旅館。調査員も大絶賛でした!
kirarin さんaumoアンバサダー
今回の旅行では、乗鞍の豊かな自然を間近に感じながら、岡田旅館・和楽亭で飛騨の味と天然温泉を心ゆくまで楽しむことができました。
奥飛騨の日常とかけ離れた雄大な景色の中で、極上の温泉と料理を味わいながら癒しのひとときを過ごしてみては。
岡田旅館 和楽亭
岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷平湯温泉505
★★★★★
★★★★★
3.20
0件
0件
公式HP(♦ベストレートでお得♦)
公式サイトを見る
他の宿泊予約サイトで見る

魅力溢れる奥飛騨のお宿「岡田旅館・和楽亭」をお見逃しなく。

今回は奥飛騨の地で多くの人々に愛されるお宿「岡田旅館・和楽亭」について、実際に宿泊したアウモ調査員の宿泊記を交えながらご紹介しました。

源泉かけ流しの温泉はもちろんのこと、ゆったりと過ごせるお部屋や旬の味覚溢れるお食事など、至る所に魅力溢れるお宿となっていました!

何度でも訪れたくなる宿「岡田旅館・和楽亭」。

本館の「岡田旅館」と離れ宿「和楽亭」ではそれぞれ異なる魅力を感じることができ、何度でも訪れたくなるような空間が広がっています。

休日の過ごし方に迷っている方や温泉旅館をお探しの方は、ぜひ「岡田旅館・和楽亭」に宿泊してみてください!
岡田旅館 和楽亭
岐阜県高山市 奥飛騨温泉郷平湯温泉505
★★★★★
★★★★★
3.20
0件
0件
公式HP(♦ベストレートでお得♦)
公式サイトを見る
他の宿泊予約サイトで見る
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2021年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年12月8日

  1. 1【Enjoy EU クリスマス・ヴィレッジ】EU27か…
    kabutan
  2. 2【2021年12月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  3. 312月8日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  4. 4【2022】福袋のおすすめ15選!毎年人気の食品やコス…
    yk0220
  5. 5【2022】スタバ福袋の再販はある?中身ネタバレや当選…
    kabutan