うさぎの飼い方を学ぶ!寿命や種類、ペットショップと専門店の値段

    うさぎをペットとして飼いたい方に向けて基礎から解説!うさぎの寿命や値段、飼う前に必要なアイテムなど幅広くご紹介します。種類によって病気のリスクや性格が異なるため、各特徴を知ることが大切です。ぜひかわいい小動物と癒しの日々を送ってみてください。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    この記事の目次

    うさぎを飼う前に知りたいこと

    「かわいいうさぎをペットとして迎えたい!」と考えている方に向けて、うさぎの飼育に関する基礎知識を解説します。

    うさぎは「薄明薄暮性(はくめいはくぼせい)」といわれ、明け方と夕方に活発になる習性があります。しかし足音や鳴き声が騒がしくなることは少なく、静かに飼えるのが魅力です。
    睡眠は飼い主の生活リズムに合わせてとるようになることが多く、仕事をしている方や1人暮らしの方でもスキンシップの時間が取りやすいのもポイント!

    一方で小動物ならではの繊細さがあり、赤ちゃんや子供がいる家でペットとして飼うのは多くの工夫が必要になるでしょう。

    うさぎの寿命は?さみしがりやな性格も

    うさぎの寿命は約5年~11年といわれており、平均8年間くらいです。うさぎにとっての1年は人間の5、6年分に相当するとされ、品種や環境によって寿命は異なります。

    元々は警戒心が強い動物ですが一緒に過ごすことで段々となつき、ひざに乗ったり飼い主を追いかけたり、甘えん坊な表情も見られます。
    そのため遊ぶ時間が少ないと寂しがることもあるでしょう。

    なついていても大きな音は怖がるので、うさぎにとってストレスの少ない環境を整えてあげることが大切です。

    うさぎの値段と飼育費用

    うさぎはペットショップでは3,000円~40,000円(税込)、うさぎ専門店では40,000円~80,000円(税込)と高額なものまで様々!

    ペットショップには多くの家庭で買われているメジャーな品種が並び、専門店では珍しい品種や純血種・血統書つきの販売も行っている場合が多いです。
    年齢によっても値段は大きく異なるため、品種による特徴と成長度合いを見て購入するのがおすすめ。

    年間の飼育費用は食事やペット保険の加入・非加入にもよりますが、50,000円~100,000円(税込)と考えるといいでしょう。

    日本のうさぎは主に2種類

    日本でペットとして飼われているのは、大きく分類すると「ネザーランドドワーフ」と「ロップイヤー」の2種類。
    それぞれ耳や毛の長さ、体の大きさに特徴があり、かかりやすい病気も異なります。うさぎに合った飼育方法と健康観察を行うことが重要です。

    その中でも人気のうさぎを4つご紹介します。

    【有名なうさぎの品種】
    アメリカンファジーロップロップイヤーの仲間 穏やかな性格で初心者でも飼いやすい
    もふもふで毛が長く、たれ耳
    ネザーランドドワーフくりっとしたかわいい目が特徴
    日本で人気が高く、丸顔と耳がピンと立っている
    ダッチ日本で古くから飼われ、丸い体つきが特徴
    白と黒でパンダのような見た目が名前の由来
    ライオンヘッド短めの耳とライオンのようなたてがみが特徴
    比較的新しい品種で個体差が大きい

    うさぎを飼うのに必要なもの

    うさぎをペットとして迎える前には、ケージやエサ入れ、トイレ、おもちゃなど様々なアイテムが必要です。

    広い空間が落ち着かないうさぎのために、まずはうさぎ専用のケージを用意しましょう。ケージはうさぎにあげる水替えがしやすいものがおすすめです。また、エサ入れは重くて平らな固定できるものが便利!
    トイレの匂いを防止したい方は、尿の飛び散りカバーをつけるのもいいでしょう。

    おもちゃは必須ではありませんが、ストレス発散や歯の伸びすぎを防止するのに有効です。「かじり木」や「かじり棒」を購入しましょう。

    うさぎの飼い方を学ぶ

    うさぎを育てる環境を整えよう

    うさぎは声帯が未発達な動物といわれているため、めったに鳴くことはありません。鳴き声が近所迷惑にならない点、マンションでも飼いやすいのが魅力です。

    しかし、うさぎには穴掘りや足踏みの習性があり「カリカリ」とかじる音が気になるかもしれません。この場合は、遊びが足りなかったり育てる環境にストレスを感じたりしている可能性があるので、うさぎの小さな変化も見逃さないようにしましょう。

    またうさぎは体温調節が苦手な品種が多く、直射日光やエアコンの風が当たらない場所にケージを設置することが大切!ケージから放す時は、階段からの落下で骨折しないように注意してあげましょう。

    うさぎの食べ物は年齢に合わせて選ぼう

    どうぶつ村 ラビットフード ミックス 4.5kg
    961円(税込)

    タイムセール実施中!

    ※ 表示価格
    amazon 2021/10/17 02:00 時点
    楽天市場 2021/10/17 03:07 時点
    うさぎの主食はペレットと牧草ですが、成長段階に応じてエサの内容を変えていく必要があります。
    生後6ヶ月くらいの赤ちゃんうさぎは大人の約2倍カロリーが必要なため、年齢別の専用ペレットをあげましょう。
    牧草は、年齢に関わらずいつでも食べられるようにケージにおいてあげるのがポイントです。

    少しでも早くなついて欲しい場合は、自分の手でおやつをあげるのが効果的なのでぜひ試してみてください。

    うさぎがかかりやすい病気は?健康維持とケア

    うさぎを飼う上で、かかりやすい病気やケアの知識をつけることはとても大切!
    長い毛や垂れ耳により通気性が悪くなって病気になりやすいうさぎや、肥満になりやすいうさぎもいます。
    定期的に耳のお掃除をしたり、ブラッシングをしたりしてお世話しましょう。また1日30分~1時間ほどゲージから放して運動させるのも効果的です。

    うさぎの食欲がない場合は、消化器官の病気「うっ滞」の可能性もあるので病院に連れて行きましょう。
    犬や猫しか診ていない動物病院もあるので、あらかじめうさぎの診察が可能な動物病院を確認しておくのも重要です。
    病気が心配な方は、ペット保険の加入も検討してみてください。

    かわいいうさぎと癒しの日々を!

    今回はうさぎの種類や値段、病気まで基本的な飼い方について解説しました。しっぽと耳が愛らしいうさぎに、癒されること間違いなし!
    うさぎを飼ったら、体調の変化に気が付けるように細かな観察が大切です。毎日のお世話で甘えた表情を見せた時は、思い切り可愛がってあげましょう。
    • シェア
    • ツイート
    • 保存
    ※掲載されている情報は、2021年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
    ※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

    人気記事ランキング

    更新日:2021年10月18日

    1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品3…
      chanyama
    2. 210月15日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
      chanyama
    3. 3【2021年10月最新】焼肉きんぐのクーポン情報!ラン…
      tunetune95
    4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
      Nalumi_uyu
    5. 5【10月14日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
      eve_jane
    • aumo
    • うさぎの飼い方を学ぶ!寿命や種類、ペットショッ…