コストコのベーグル徹底解説!カロリーや冷凍方法・食べ方まで

コストコのベーグルは美味しい上にコスパも高く人気の商品です。アメリカンサイズの商品が多く、カロリーや冷凍・解凍方法、アレンジ方法など気になるポイントがたくさん!今回はコストコのベーグルについて徹底解説するので、ぜひ参考にしてみてください。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

コストコベーグルの特徴!コスパ抜群で美味しい

アメリカンサイズの商品が大型倉庫にずらっと並ぶ、「コストコ」の人気商品の1つである「バラエティベーグル」680円(税込)。直径約11cmで重量は約110g~120gとずっしりボリューム満点のベーグルです。

同じ種類のベーグルが6個1パックになっていて、好きな味を2パック選んで購入します。1パックのみの購入はできないので注意が必要です。ベーグル1個あたりの値段は約57円!コスパが高い上に美味しく、保存やアレンジも簡単にできるのでおすすめです。

コストコベーグルの種類!定番と限定フレーバーから5選ご紹介

コストコのベーグルは種類が豊富なのもうれしいポイント!店頭には4~5種類程が販売されています。定番のプレーンの他には、チーズやハニーウィートなどがよく置かれています。店頭に並ぶ種類は不定期で、あまり出会えないレアな商品もあります!

ここからは定番フレーバーのカロリーや、糖質など気になる情報をご紹介します。

1. 定番の美味しさ!アレンジも簡単「プレーン」

最初にご紹介するのは定番のプレーン。ほんのり甘みがありシンプルな味わいなので、そのまま食べるだけでなく食事系やスイーツ系など幅広くアレンジしやすい商品です。

コストコのベーグルを初めて食べる方におすすめ!
カロリー(1個当たり)260kcal
糖質(100g当たり)40.0g

2. 香ばしい香りがたまらない「チーズ」

aumo編集部
続いてご紹介する「チーズ」は、袋を開けた瞬間に香ばしい匂いが漂う人気のフレーバーです。
ベーグルの表面にチーズが焼き付いており、そのまま食べるのはもちろんベーコンなどを挟んでガッツリ系にアレンジしても絶品!
カロリー(1個当たり)370kcal
糖質(100g当たり)47.25g

3. ベリーがたっぷり入った絶品ベーグル!アレンジも楽しい「ブルーベリー」

次にご紹介する「ブルーベリー」には、ブルーベリーとクランベリーの2種類が練りこまれています。食感が楽しく満足感もばっちりです。定番はクリームチーズを挟むアレンジですが、食事系のアレンジもおすすめ!
カロリー(1個当たり)300kcal
糖質(100g当たり)44g

4. たっぷりのった白ゴマの香りが魅力「セサミ」

続いてご紹介するのは「セサミ」です。ベーグルの表面にたっぷり白ゴマがのっており、生地の塩気ともマッチして豊かな風味を楽しめます。

おすすめはこんがりトーストして食べること!ゴマの香ばしさが増し、外はカリッと中はもちもちの2つの食感を堪能できます。
カロリー(1個当たり)290kcal
糖質(100g当たり)不明

5. カロリー抑えめで食べやすい!ほんのり甘い「ハニーウィート」

aumo編集部
次にご紹介するのは「ハニーウィート」。全粒粉とはちみつが入った、ふわふわしていてほんのり甘いベーグルです。カロリーも「プレーン」と同じくらいで抑えめなので、罪悪感なく食べられます。

クリームチーズやブルーベリージャムなど、スイーツ系のアレンジがおすすめ!甘さ控えめで、くどくありません。
カロリー(1個当たり)260kcal
糖質(100g当たり)47.47g

他にも色々な種類のベーグルが楽しめる

上記で紹介した以外にも、子供にも人気の「チョコレートチップ」やシナモンの良い香りがする「シナモンレーズン」など色々な味があります。そのとき何が売られているかは行ってからのお楽しみ!

ぜひお気に入りの味を見つけてみてください。

コストコベーグルの保存方法を徹底解説

コストコのベーグルは大容量な分、保存方法を不安に思う方も多いと思います。消費期限は加工日を含めて3日と短めになっており、食べきれない分は冷凍保存するのがおすすめ。

コストコのベーグルを長く楽しむための冷凍方法や解凍方法のポイントについて解説します!

冷凍するときのポイント

コストコのベーグルを冷凍するときのポイントは、しっかり密封して水分を保つこと。いかに水分量を保てるかが、解凍したときのおいしさを左右します。

おすすめは、購入後すぐに丸ごとジッパー付きの袋に入れて冷凍保存すること!1個ずつラップでくるむとさらに安心です。この状態で冷凍保存すると、約1か月はおいしく食べられます。

半分にカットして冷凍保存する方法もありますが、解凍後にカットする手間が省ける反面カットした断面から水分が抜けやすいので、この場合は約2週間のうちに食べきった方が安心だと言われています。

解凍するときのポイント

ベーグルの美味しさを保つには冷蔵庫でじっくり解凍するのがおすすめですが、今回はすぐに食べたいときにおすすめの解凍方法をご紹介します。

  • 1. 冷凍した状態のベーグルを水でサッと濡らす
  • 2. 軽く濡らしたベーグルを電子レンジ(600W)で約5分温める
  • 3. アルミホイルをして220℃に予熱したオーブンで約5分焼く


この3ステップでベーグルをおいしく解凍できます。カットしたい場合は、柔らかくなった手順2のあとがおすすめ!アルミホイルは、くしゃくしゃにしてから使うとベーグルとくっつかず外しやすくなります。

コストコベーグルの美味しい食べ方!こだわりの温め方をご紹介

コストコでベーグルを買った後、冷凍せずにそのまま食べたいときにおすすめの温め方をご紹介します!

サクサクの食感を楽しみたい方は軽くトースターで焼くだけでOK。基本的にはそのままでも美味しく食べられますが、こうするとさらに香ばしさが増します。
また、もちもちのベーグルを楽しみたい方は電子レンジで約30秒温めてから、5分ほどトースターで焼くのがおすすめ!自分の食べたいベーグルに合わせて調整してみてください。

コストコベーグルのおすすめアレンジをご紹介!

コストコのベーグルは、自分なりにアレンジを楽しめるのも醍醐味の1つ!ベーコンや卵を挟んでガッツリ食事系にするのも、あんこや生クリームなどを挟んでデザート系にするのも、気分に合わせて食べ方を変えられます。

おすすめのアレンジは、プレーンベーグルにクリームチーズとイチゴを挟んだもの。ベーグルを切って間に挟むだけなのでとても簡単です。なめらかでさっぱりしたクリームチーズは、イチゴだけでなくブルーベリーなどほかのフルーツとの相性も抜群!

色々なアレンジを試して、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてください。

みんなで楽しくコストコのベーグルを食べよう

今回はコストコのベーグルのカロリーや冷凍・解凍方法、アレンジ方法など気になるポイントを徹底解説しました。一人暮らしでストックしておくもよし、家族や友人とワイワイ食べるもよし!
ぜひこの記事を参考に、お気に入りのフレーバーやアレンジ方法を見つけてみてください。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2021年08月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月28日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月27日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【10月28日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5【12/15まで】新幹線が半額で乗れる!乗り放題情報や…
    irh173
  • aumo
  • コストコのベーグル徹底解説!カロリーや冷凍方法…