稚内観光必須「ノシャップ寒流水族館」の基本情報と魅力をたっぷり♪

稚内には「ノシャップ寒流水族館」という水族館があるのはご存知ですか?ここでは、北海道ならではの珍しい海の生き物や、かわいいアザラシに会えちゃうんです♪この記事ではそんな「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の基本情報と魅力をたっぷり伝えます!
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

稚内にある、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」って?

「ノシャップ寒流水族館」の1番の特徴は、北海道で最北の水族館であること。
さらに、「日本最北」の水族館でもあるんです!(※"公式HP"抜粋)
規模はそれほど大きくはないですが、北の海ならではのアザラシをはじめ、珍しい海の生き物を展示している、稚内に行ったら訪れておくべき水族館なんですよ◎

建物は赤い煙突が目印。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」へのアクセスは?駅からは約15分◎

ノシャップ寒流水族館へのアクセス方法は2つあります!

1つ目は公共交通機関を使う方法。
最寄り駅はJR「稚内駅」です。
「稚内駅」で降りたら、駅前バスターミナル2番から宗谷バス「ノシャップ行き」に乗車してください。
約15分乗った後、「ノシャップ」停留所で下車、その後徒歩約5分で到着します。
2つ目は車で向かう方法です!

車の場合、JR「稚内駅」から約10分で到着します。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」周辺の駐車場情報は?

気になる駐車場ですが、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」周辺には駐車場が2つ。

水族館に一番近いのは「水族館・科学館駐車場」です。
水族館入り口の裏側にあります。
料金は無料で、24時間駐車が可能です。

2つ目は、「恵山泊漁港公園駐車場」。
こちらは水族館からは少し距離がありますが、無料で24時間駐車ができます。
ただ、どちらも駐車可能台数が20台前後と多くはなく、時期によってはかなり混雑するので、心配な方は公共交通機関を使うことをおすすめします。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の気になる入館料は?

気になる料金は一般・高校生・大学生の場合、¥500(税込)、小中学生の場合¥100(税込)と比較的リーズナブルな値段です。

開館時間は4月27日~10月31日までは9:00~17:00、11月1日~11月30日、2月1日~3月31日までは10:00~16:00となっています。
年末年始は、休業しているので注意してくださいね!

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」を全部見るにはどれくらい時間がかかる?

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」はそこまで規模は大きくはありません。
そのため、所要時間はじっくり時間をかけたとしても1時間ほどで終わります。

ただ、見どころは多いのでその分、ゆっくり観察してみてくださいね♪

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の見どころ:かわいいアザラシとご対面♡

(※写真はイメージです。)

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の見どころの1つは、かわいいアザラシ!
2019年3月には2匹の赤ちゃんアザラシも誕生し、話題になりました。
生まれたときは白くふわふわしていたそう。
今は、大人と同じゴマ模様になっていますが、それでもかわいさは変わらず。
愛嬌たっぷりに、水族館のアイドルになっています。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」では、そんなかわいいアザラシたちに餌やりができちゃいます◎
¥100(税込)で餌やり用の缶を買って、体験できます。
自分があげた餌を美味そうに食べるアザラシを見ると、より一層愛おしさが増すはず…♡

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の見どころ:360度魚たちに囲まれる水槽!

(※写真はイメージです。)

水族館入り口から奥に入ると、ほぼ360度見渡せる、大きな水槽が!
この「回遊水槽」も、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の魅力の1つ。
中でも、「幻の魚」といわれている「イトウ」を間近に見られるのは、ポイント。
その他にも北海道特有の珍しい魚たちを見ることができるのが、このエリア。
まるで、海の中にいるような気分になります。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」の見どころ:楽しいペンギンショーも!

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」には、みんな大好きなペンギンもいます♪
ペンギンの種類はフンボルトペンギン。
水族館でよく見る、小柄なペンギンです。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」では、ペンギンたちのショーも見ることができます!
小さい子も、楽しめること間違いなし◎

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」隣接:科学館にも行ってみよう!

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」には、「稚内市青少年科学館」も隣接しています。
「科学館」では北の大地ならではの、数多くの展示を見ることができます。
料金は水族館と同じで、一般・高校生・大学生が¥500(税込)、小中学生が¥100(税込)と水族館と別にかかってしまいますが、ここも珍しい展示の数々やイベントがあるので、訪れる価値はありです。

科学館にはプラネタリウムも◎素敵な夜空を、眺めよう

(※写真はイメージです)

「稚内市青少年科学館」には、なんとプラネタリウムが!
1日2回、「稚内の夜空」という名前のプログラムで、投影会を行っています。時間は11:30~と15:30~の2回です。
家族で楽しめるのはもちろん、恋人同士で訪れてもいいですね♡
北の大地の雄大さを感じることができるでしょう。

南極観測の、壮絶さを目の当たりにする

(※写真はイメージです。)

展示の内容も充実しています。
目立つのは、「南極観測隊」に関する展示。
珍しい南極観測船や、あの「タローとジロー」に関する展示も見ることができます。
大きな船を見ると、いかに南極観測が大変であるかを目の当たりにします。

「稚内市立ノシャップ寒流水族館」に行ったら、夕日も見逃せない!

ちなみに、稚内岬は夕日がきれいなことでも有名です♪

水族館や科学館のある「野寒布(ノシャップ)岬」からは、対岸にサハリンを望む、夕日の絶景を見ることができます。
北海道・稚内観光の締めにはぴったり。
一生忘れない、夕日をみることができるでしょう。


稚内観光には欠かせない、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」へ行こう♪

いかがでしたか?

日本最北にある、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」には、まさに北海道でしか見ることのできない、数多くの珍しい生き物たちを見ることができるんです。
また今ならかわいいアザラシに会うこともできて、行かない手はありません♪

稚内に観光に訪れた際は、ぜひ、「稚内市立ノシャップ寒流水族館」を訪れてみてくださいね◎
ノシャップ寒流水族館
稚内駅から4062m / 北海道稚内市ノシャップ2丁目
★★★★★
★★★★★
3.20
4件
10件
稚内市青少年科学館
稚内駅から4224m / 北海道稚内市ノシャップ2丁目2-6
あわせて読む
日本最北端を満喫♡雪じゃない真っ白な道の正体は…!?
更新日:2021年7月5日
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年12月3日

  1. 1【2022】ミスド福袋は12/26販売開始!全4種類の…
    kabutan
  2. 2【2022】福袋のおすすめ15選!毎年人気の食品やコス…
    yk0220
  3. 3【2022】スタバ福袋の当選倍率を発表!中身ネタバレや…
    kabutan
  4. 4品川のおすすめランチ!安い人気店や個室でゆっくりできる…
    satomi0908
  5. 512月3日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama