【2020年中止】津花火大会の最新情報!穴場スポットや屋台も紹介

三重県津市で開催される花火大会は、2020年中止となりました。「津花火大会」を夏の恒例行事として、楽しみにしていた方は多いですよね。そこで、次の開催日程や時間など最新情報をご紹介!駐車場や穴場撮影スポット、屋台についても解説します。
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

「第69回津花火大会2020」の最新情報

「第69回津花火大会2020」は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、中止となりました。2020年は7月25日(土)に開催する予定でしたが、今年は開催中止となり、延期の開催もありません。

2020年の「津花火大会」中止は残念ですが、なんと来年の開催日程が発表されました。
【次回開催の最新情報】
日程2021年7月31日(土)
時間(予定)19:45~21:00
会場場所三重県津市 阿漕浦海岸一帯

(※"津市観光協会 公式HP"参照)
阿漕浦海水浴場
阿漕駅から1644m / 三重県津市阿漕海岸

「津花火大会」は華麗な水上花火が魅力!

「津花火大会」は大正時代から続いている歴史ある花火大会で、三重県津市の地元民にとって夏の風物詩となっています。
打ち上がる花火の数は約1万1,500発で、他県からも注目されるビッグイベントなんですよ!

「津花火大会」の注目ポイントは、花火で孔雀(くじゃく)を表現するところ。疾走する船から花火玉を海に投げ、孔雀が羽を広げている姿が表現されています。芸術的な花火に目が離せません!
(※"津市観光協会 公式HP"参照)

「津花火大会」会場までのアクセスは?

「津花火大会」が行われる「阿漕浦(あこぎうら)海岸一帯」へのアクセスをご紹介!
道路の渋滞や交通規制などを気にせずに花火大会へ行きたいという方は、公共交通機関の利用をおすすめします。

【大阪・名古屋から電車】
・「大阪難波駅」から「津駅」まで近鉄特急で約1時間22分
・「名古屋駅」から「津駅」まで近鉄特急で約1時間3分

【最寄り「津駅」からのアクセス】
・「津駅」東口3番バス乗り場からシャトルバス(※別途運賃がかかります。)
・「津駅」から会場まで徒歩約30分
シャトルバスの詳しい運行情報はこちらをご覧下さい。

車で花火大会へ行きたい!会場周辺の駐車場情報

※画像はイメージです。

「津花火大会」は無料駐車場が設けられていて、駐車場からはシャトルバスも出ているのでとっても便利!花火大会の時は周辺道路が混雑するので、早めの行動を心がけましょう。

【車のアクセス】
・津IC下車後すぐ「津市産業・スポーツセンターサオリーナ駐車場」からシャトルバス(※別途運賃がかかります。)
・国道23号線沿い「ボートレース津駐車場」から徒歩約15分

【無料駐車場について】
駐車場収容台数料金
ボートレース津3,000台無料
津市産業スポーツセンター1,000台無料

(※"三重県観光連盟 公式HP"参照)

「津花火大会」のおすすめ観覧スポット

「津花火大会」は、有料観覧席はありません。例年夕方頃から場所取りをする人が多く、それぞれお気に入りのスポットで観賞しています。

「津花火大会」は海上で花火が打ち上がるため、多くの人が浜辺をチョイス♪それでは、定番のおすすめスポットを2つご紹介します。

観覧スポット1. 「御殿場海岸」

「阿漕浦海岸一帯」から南側へ少し行ったところにあるのが、毎年人気の観覧スポットとなっている「御殿場海岸」です。こちらは会場から少し離れているため、目立った混雑はありません。

「津花火大会」は海上で打ち上げられるため、広いエリアから見ることが可能です。所々見えない花火もあるかもしれませんが、十分に花火大会を満喫できるスポットです!
御殿場海岸
阿漕駅から1051m / 三重県津市藤方

観覧スポット2. 「津なぎさまち」

会場の「阿漕浦海岸一帯」から北側へ行ったところにあるのが、「津なぎさまち」。
「津なぎさまち」とは中部国際空港セントレアに船でアクセスするための拠点として開港した場所です。施設は旅客船ターミナルと賑わい施設「ベイシスカ」の2つで構成しており、週末は多くの客で賑わいます。

ご飯を食べられるところもあるので、花火大会の時間に合わせて予約をしておけばばっちりですね◎
津なぎさまち
阿漕駅から2069m / 三重県津市なぎさまち

「津花火大会」撮影穴場スポットはここ♪

せっかく花火大会に行くのなら、写真や動画に収めたいですよね。
そこで、おすすめの観覧スポットに加えて、写真が撮りやすい穴場スポットをご紹介します◎

インスタ映えするフォトジェニックな写真を撮りたい方は必見です!

撮影スポット1. 「阿漕浦海岸一帯」

やはり花火を撮るのならば、打ち上げ場所の正面から写真を撮りたいですよね♪それならば、打ち上げ場所でメインの観覧場所でもある「阿漕浦海岸一帯」がぴったり!

メインの観覧場所なので早めに場所を取る必要がありますが、場所取りができたら絶景写真を撮ることがでますよ♪
「津花火大会」は海上花火が有名なので、是非正面から見てみてください。
阿漕浦海水浴場
阿漕駅から1644m / 三重県津市阿漕海岸

撮影スポット2. 「安濃川の堤防」

※三重県津市を上空から写した写真です。

次にご紹介するのは「安濃川(あのうがわ)の堤防」です。
堤防は長く続いているので、広い場所を確保できます。窮屈さを感じることなく、ゆっくり花火を見ることができますよ。

「安濃川の堤防」は、打ち上げ場所の「阿漕浦海岸(あこぎうら)一帯」から約2~3km離れているため、迫力のある音と花火のコラボレーションは叶いませんが、大きく打ち上がる花火全体を撮るのにぴったりです!
安濃川
一身田駅から3630m / 三重県津市安濃町曽根付近
★★★★★
★★★★★
3.20
3件
5件
北神山花街道朝6時、朝日に照らされてキラリ❇️お出かけ前に寄り道。既に3人の方がいらっしゃいました。早いねー!
投稿日:2021年9月25日

「津花火大会」で屋台グルメも楽しもう!

※画像はイメージです。

「津花花火大会」では約150店舗の屋台が出店し、多くの人で賑わいます。やはり夏のお祭りらしい屋台グルメは欠かせません!

定番の焼きそばやフランクフルトはもちろん、多国籍料理のタコスなども多く見かけられます。小腹が空いたら、屋台を周るのもおすすめです♪

花火大会のメイン会場近くの「津ヨットハーバー駐車場」は、特に多くの屋台が出店されるので、是非足を運んでみてください。

「津花火大会」の開催が待ちきれない☆

いかがでしたか?
三重県津市で行われる「第69回津花火大会2020」の中止が決定しましたが、撮影スポットや屋台グルメを見ていると来年の開催が楽しみになりますね!

これで「津花火大会」の日時やアクセス、見どころまでばっちり◎お友達やご家族とのお出かけ、恋人とのデートで訪れれば、素敵な夏の思い出になること間違いなしです。

他にも、三重県内で開催されている花火大会を特集している記事もあるので、是非以下もチェックしてくださいね!
あわせて読む
【2019年版】三重の花火大会に行こう!エリア別おすすめ6選+α
更新日:2020年11月16日
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年10月29日

  1. 1【2021年10月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  2. 210月28日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)…
    chanyama
  3. 3【10月28日新発売】セブンイレブンの新作スイーツ一覧…
    eve_jane
  4. 4Netflixの料金プランはいくら?他社比較・プラン変…
    Nalumi_uyu
  5. 5大阪で外せない人気お土産17選!最新のおしゃれなお菓子…
    snoow228