【香港】盛大な年越しを楽しもう!花火のスポットをご紹介♪

香港には日本とはひと味違う年越しイベントが沢山♪特に、元旦になった途端に始まる大規模な花火大会を目の前で見るのは圧巻です◎日本ではんなり過ごすのも勿論楽しいですが、1回是非香港で思い出に残る年越しを過ごしてみてはいかがでしょうか?
この記事の目次

香港年越しスポット1. 【Tsim Sha Tsui】みんなと一緒にカウントダウン花火を楽しもう♪

香港島ではなく、ビクトリア・ハーバーを隔てて大陸側の九龍(クーロン)に位置する「チムシャーツイ」。漢字では「尖沙咀」と書き、通称「TST」と呼ばれています♪

古くはここに九龍駅の駅舎があり、その名残で今は時計塔だけが歴史を物語っています。現在の九龍駅は違う場所に移転してしまいましたが、欧州・アジアを結ぶ鉄道網の終点であることは変わりません。

プロの音楽家による路上パフォーマンスも楽しめます♪

「TST」は地元の方にとってはアマチュアミュージシャンの聖地の様な場所で、普段は多くの路上演奏が楽しめます♪大晦日も隣接するフェリーターミナル付近で夜10時頃から音楽家による演奏がありますので、1回散歩がてら回ってみては?

大晦日の夜11時になると15分おきに花火が数発上がりますが、本番は深夜0時◎
目で追いきれない程の花火が、爆音の音楽と共に対岸のビルから放たれビクトリア・ハーバーを彩ります☆ (※"香港政府観光局HP"より引用)

当日は香港中から人が集まってくるので場所取りは早めにすませておきたい所ですが、人が多くても見れそうです◎ぜひみんなと一緒にカウントダウンをしてみてください♪

Tsim Sha Tsui Promenade

香港年越しスポット2.【Sky100 展望台】展望台から年越し花火を楽しもう☆

「ICC」は香港に数ある高層ビルの中でも有名なビルで、全長393mもあります!「ICC」の100Fにある展望台が「sky100(スカイ100)」で、そこから見えるビクトリア・ハーバーは絶景◎(※”ICC公式HP"参照)

日中はもちろん夜は香港のビル群が光り輝く景色を楽しめます☆しかし年越しに「sky100」でみる香港の景色は別格ですよ♪地上からは見られない角度で花火を楽しめちゃいます!

絶好の眺望スポットで年越し花火を♡

周りは運河に囲まれているので、1つも視界を遮る物は無し◎
しかし、地上の「TST」とは違って入館料がかかるので注意です!

「sky100」はぐるっと360度見渡すことができ、中にカフェや座ってくつろげるスペースがあります☆
椅子に座って、花火を眺めながらゆったりと大晦日を過ごすのもいいかもしれませんね♪

Sky100

香港年越しスポット3.【Victoria Harbour Cruise】クルーズ船の上で年越しを楽しもう◎

更にプレミアムな年越しを過ごしたい方には、ディナークルーズをオススメします◎
多様なコースや料金設定があるようですので、皆様に合ったクルーズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

音楽、パーティー、送迎など他のサービスもたっぷり◎

クルーズを主催している会社にもよりますが、多くの年越しクルーズには食事の他にもダンスパーティーや音楽のパフォーマンスなどを提供するところもある様です♪
そして、年越しイベントの後はやはり地下鉄やバスは大渋滞します!満員電車に乗りたくない方の為にホテルまでの送迎を行うクルーズもあるみたいなので、インターネットでしっかり調べておきましょう◎

Victoria Harbour

香港年越しスポット4.【ビクトリア・ピーク】

百万ドルの夜景を楽しむなら、やっぱり「ビクトリア・ピーク」!
香港の摩天楼ができる前から、人々はここで景色を楽しんできたんだとか◎
展望台があるビルが多くできた今も香港を代表する観光スポットで、毎日多くの人で賑わっています。

九龍と香港を同時に見れる絶景スポット☆

ビクトリア・ピークへ行くには「チムシャーツイ」と「Sky 100」からは対岸の香港島に向かいましょう◎
香港は初めこのビクトリア・ピークが頂上となる山々の麓で発展し、現在に至ります。今でもそれを物語るかの様に麓には香港の経済の中心である金融街があり、観光とビジネスが共存してるみたいです☆

ビクトリア・ピークは名前にもある通り山々の頂にある為、上る必要がありますね!
観光客にとっての定番はケーブルカーですが、筆者の様に経済的に余裕のない方はミニバスで行ってみては?
帰りの狭い山道を猛スピードで降りていくのも、ある意味圧巻のアトラクションです◎

Victoria Peak

香港年越しスポット5.【Hotel Icon(ホテル アイコン)】

「人込みのなかにいるより、ゆっくりしたいなぁ~。」そんな方は港が見えるホテルに宿泊してみてはいかがでしょうか?「Hotel Icon(ホテル アイコン)」は九龍の中心部から多少離れておりますが、ハーバービューはバッチリ☆花火と年越しもゆっくり、自分のペースで楽しめます◎

ホテルの正体はなんと香港理工大學?

「Hotel Icon」の魅力は何と言ってもそのコンセプト♪なんと、所有者は香港理工大學の観光学部なんです!
という事は、大学病院ではなく「大学ホテル」って事か!頭がカタい筆者も納得です◎

大学の学生がインターンとして働く場としてだけでなく観光研究の最先端となるべく設立されたため、「安かろう悪かろう」では決してないみたいで、ラグジュアリーホテルとしての価格設定をしながらも多くの人に利用されているようです◎

Hotel Icon
詳細情報を見る
jalan_hotel

香港年越しスポット6.【The Peninsula Hong Kong(ザ・ペニンシュラ)】

「港が本当に目の前のホテルに泊まりたい!」そう思っているなら…。もう迷う事なかれ、ここで決まりです◎

「The Peninsula」は香港を代表する高級ホテルで、1928年の開業以来世界の大御所が何人もここに宿泊してきました◎歴史的にも非常に重要な場所で、旧日本軍が香港侵略後に作戦本部をおいたのもこのホテルです。香港における英国文化の象徴とも言える建物から、歴史を楽しみつつ花火を眺められるなんて凄いと思いませんか?

余談ですが、筆者は歴史オタクなので何度も行っちゃいました!(高いので泊まれませんが)

港が目の前だから花火もバッチリ見えます◎

「ザ・ペニンシュラ」は以前にも紹介致しました「チムシャーツイ」のすぐそばなので、部屋にいながら大迫力の花火を楽しむことができます!ホテル内にはスパやアフタヌーンティーの施設も多いので、リラックスする為には丁度良さそうですね♪

The Peninsula Hong Kong
詳細情報を見る
jalan_hotel

特別な年越しを香港で過ごしてみてはいかがでしょうか?

「もういくつ寝るとお正月かな?」
筆者にとって毎年年末と言えばクリスマス(ヒトリマス)より年越しです♪
女の子に相手にされないんで(泣)

まぁ、それは置いといてと。

チムシャーツイからビクトリア・ハーバー越しに見える香港の摩天楼は普段から美しいですが、一面に広がる花火と建造物のコラボレーションを見れば悩みなんてぶっ飛んで行ってしまう事でしょう!
是非、一生忘れない年越しを香港で過ごしてみては?

※実際に海外旅行をされる場合には、「外務省 海外安全ホームページ」のご確認をお願いいたします。

あわせて読む
【2019年】年越しにおすすめの海外8選!定番から穴場まで♡

香港に行くなら「イモトのWiFi」をお得にレンタル!快適な旅を♪

目的地や現在地を調べたり、SNSに写真をアップするなど、今やスマホでのインターネットは欠かせない時代ですよね!そんな海外旅行で活躍するのが「イモトのWiFi」♪自分に合ったプランを選ぶことができ、快適にネットを使うことができます!
ホテルやカフェのフリーWiFiは遅くて…という方には、特におすすめの一品です♪

国内の主要空港、宅配でも受け取ることが可能ですので、香港に行く際は「イモトのWiFi」をレンタルして快適な旅!
下記のリンクからはお得に申し込み可能です!今すぐクリック♪

※掲載されている情報は、2019年10月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2大阪のラーメン厳選10店!ランキング常連から隠れた名店…
    kftwest69
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  4. 4【大阪】食べ歩きをするならココで決まり!筆者のおすすめ…
    takaya
  5. 5新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…