【四国・徳島】芸術の秋!食欲の秋!スポーツの秋!徳島で過ごす1泊2日旅♡

毎年お盆の時期に開催される「阿波踊り」で有名な徳島県。実は自然豊かでたくさん観光スポットがあることを知っていますか?芸術が好きな方!アウトドアが好きな方必見!いまから徳島でアクティブに過ごす1泊2日旅をご紹介します♡
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
この記事の目次

◎徳島ってどうやって行くの?

mmamiho
・飛行機の場合:東京・福岡から徳島空港(徳島阿波おどり空港)行きの便があります。

・電車の場合:本州からでは岡山駅から徳島駅まで、直通の特急電車を利用すれば2時間20分ほどで着きます。

・車の場合:関西からであれば、岡山から瀬戸大橋を通って徳島へ。九州からであれば、広島からしまなみ海道を通って徳島へ行く方法があります。

・その他、高速バスやフェリーなど手段があります。詳細は徳島市ホームページ等を参照して下さい。

◎徳島で過ごす1日目

○大塚国際美術館

mmamiho
「大塚国際美術館」は大塚製薬グループの創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した、日本最大級の常設展示スペースを有する「陶板名画美術館」です。(“大塚国際美術館 公式HP”参照)
地下3階から地上2階まで展示されており、古代、中世、ルネサンス、バロック、近代、現代の6つの時代ごとに分かれています。
世界各国の名画のレプリカでありながら、本物に劣らないこのクオリティは凄すぎますよね!!展示物のすべては大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によって成り立っています。(※"大塚国際美術館 公式HP"参照)

それでは世界に誇る日本の技術を観るべく、大塚国際美術館の筆者おすすめの3点の名画をご紹介します♡

モネ『大睡蓮』

mmamiho
B2階には、モネの『大睡蓮』を連想させる大きな池があります。また、池の近くにはカフェ&レストランも併設しているので、池を眺めながらほっと一息つく時間を過ごすことができます♡
mmamiho
モネの池の小さな橋を渡ると青と緑の世界が待っています♪「自然の中で『大睡蓮』を魅せたい」というモネの願いを叶えた、360度パノラマの絵画が環境展示されてあります。

陶板絵画だからこそ、雨に濡れても風に吹かれても大丈夫!『大睡蓮』の屋外の展示は特別感があります♡
中央には約50個の椅子があり、座って全体を眺めるのも良し、一周ぐるっと歩いて回って細かく絵のタッチを眺めるのも良しです♪

ゴッホ「ヒマワリ」

mmamiho
B1階には、フィンセント・ファン・ゴッホの7つのヒマワリが展示されています。
青い背景に黄色のヒマワリはとても写真映えしますね♡

ゴッホが描いた、世に残っている7つのヒマワリ。7つ並列して展示してあるので、それぞれのヒマワリの違いをその場で見比べることができます♪

ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」

mmamiho
こちらは、B2階にあるレオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐(さいごのばんさん)」』の修復前の絵画です。実寸大ですのでとても大きく迫力がありますね♪こちらの修復前の『最後の晩餐』の真後ろには、修復後の『最後の晩餐』があります。

実物の『最後の晩餐』は年月が経つにつれ色褪せてきていました。そこで何百年前から修復作業が施されてきており、現在もなお修復されています!修復後はキリスト・十二使徒の表情がより鮮明になり、またテーブルの下より足が描かれていたり、ぼやけていた部分が補足されています。
修復前後の違いを探すのは宝探しみたいに楽しめます♪そんな体験ができるのは、再現した陶板絵画だからこそ♡

大塚国際美術館にはおよそ1,000点もの展示物があり、最初から最後まで観るのに全長約4kmを歩かなければなりません。筆者はゆっくり観たので、全て観て回るのに4時間かかりました。

嬉しいことに絵画との写真撮影は可能です。ただし、フラッシュや三脚の使用、商業目的の利用は厳禁なのでご注意ください。(“大塚国際美術館 公式HP”参照)

お気に入りの絵画を見つけて一緒に撮り、思い出に残してみましょう♡そしていつか実物を観に行きたい!という海外旅行の目標にもなりますね♪
大塚国際美術館
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
★★★★★
★★★★★
4.01
72件
190件
世界初の陶板名画美術館で、古代壁画から世界26カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画を原寸大で1000点余が展示されています。オリジナル作品は、環境汚染や地震、火災などからの退色劣化を免れないものですが、陶板名画は2000年以上にわたってそのままの色と姿で残るので、これからの文化財の記録保存のあり方に大いに貢献するものです。美術書や教科書と違い、原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館が体験出来ます。(大塚国際美術館マップ&ガイドより)原画と同じ大きさということで、圧倒されました‼️すごく広いので、4時間も滞在していました💦入館料は、一般3,300円 大学生2,200円 小・中・高生550円
投稿日:2021年9月23日
絵画を見るといつも「フランダースの犬」を思い出します。ネロがどうしても見たかったルーベンスの絵。子供心にどんな絵なのか、ずっと見たかった記憶があります。そんなことを思いながら歩いてると「フランダースの犬」コーナーがありました。ネロが見たかった絵は『キリスト降架』と『キリスト昇架』だったそうです。見る人によって考え方は違います。友達と私の感想…しばし沈黙ん〜…怖い、エグい…キリストが十字架に手足を釘打ち…見てるだけでもゾーッとしました。
投稿日:2021年8月13日
世界中に散らばっている有名な絵画が、一同に集まっているのは凄いし、ありがたいです。システィーナホールの様な、環境展示が沢山有り、凄く見応えがあります。写真も撮れるので、なんか嬉しい。ゴッホのひまわりは、7枚全部見られるので良かったです。
投稿日:2021年8月1日

◯渓谷の隠れ宿「祖谷美人」

mmamiho
芸術を楽しんだ後は、ゆっくり温泉に浸かり疲れを流したくなりませんか?♡鳴門市から車で2時間ほどの場所にある「祖谷美人(いやびじん)」。旅館名から惹かれてしまう隠れ宿ですね!全室露天風呂付きですので、わざわざお部屋から移動しなくても、このプライベート空間です♡
檜露天風呂と陶器露天風呂のお部屋が選べますし、マッサージ機も各お部屋に付いている豪華さです!

日頃の忙しい生活から離れ、プライベート空間を満喫できる隠れ宿となっています♪

祖谷名物

mmamiho
宿について温泉でひと汗流した後は、美味しい郷土食事を頂きましょう♡
お食事処は全室個室となっており、入るとすぐに目に入るのが囲炉裏端。祖谷名物の「あめごの塩焼き」と「でこまわし」はぜひ食べたいですね♪また、鮎のお造りも新鮮で食べ応えがあります。

手前の白いお皿に盛り付けられた季節物の5種盛りには、うずらの卵をどんぐりに見立てたり、みかんの皮をとんぼや紅葉に型取るなど秋を目で感じることができます。

牡丹鍋

mmamiho
夜御飯コースの鍋物として牡丹鍋が出てきます。
囲炉裏端で温められた牡丹鍋を食べると、身体もぽかぽかになります。

お野菜もたくさん♡味噌とお出汁が美味しくて、何杯でも食べられちゃいそう!

清流のそば処

mmamiho
きれいな水があるからこそできる美味しいお蕎麦。宿泊しなくても、宿に併設されたそば処がありますので、祖谷に来たらわざわざ食べに来られる観光客の方も多いとのこと♪

夜御飯コースの終盤に「締めのお蕎麦」として出てきます。少量なのでお腹いっぱいでもつるっと食べられます♡
渓谷の隠れ宿 祖谷美人
徳島県三好市西祖谷山村善徳9-3
★★★★★
★★★★★
3.42
1件
1件
【冬旅人気宿】セクションセール開催中!
ikyuで予約
1泊 19,900円〜/人
他のサイトで見る

◎徳島で過ごす2日目

世界レベルの激流、吉野川ラフティング

mmamiho
隠れ宿で疲れをゆっくり癒された翌日は、アクティブに行動しませんか?
祖谷美人から車で30分ほどの位置ある吉野川の小歩危(こぼけ)と大歩危(おぼけ)コース。2017年には世界大会が開催されたほどの激流があります♡
コース周辺には数ヵ所のラフティングセンターがあるので、事前に調べて電話かインターネットで予約して行くことをおすすめします♪
mmamiho
mmamiho
「ラフティングって大変そうだな」、「川に流されたら怖いなぁ」など不安がある方もいると思います。でも、安心してください!ラフティングに参加される方は初心者・経験者問わず、開始前にきっちりと事前説明がありますので、不安や疑問点はインストラクターさんへ早めに相談しましょう!

ラフティングはゴムボートを漕ぐだけではなく、安全なところでは川に飛び込むなど川遊びを挟みながら進んでいきます♪怪我をする可能性もあり、参加者全員の保険加入が必須。参加費に保険料は含まれているので、ご安心を!午前のみの半日コースと1日コースを選べますので、自分の体力に合わせて大自然を楽しみましょう♪

大自然の中に川面がエメナルドグリーンに輝く吉野川♡エキサイティングな経験をするために、ぜひラフティングをしに行ってみませんか?
デリバリー可
吉野川
徳島駅から2177m / 徳島県徳島市住吉5-244-3
★★★★★
★★★★★
3.28
2件
12件
夜中に吉野川河口付近で行われている、シラスウナギ漁です。船🚢の後ろから漁火の電飾を海中で照らして、ウナギの稚魚を寄せて、網で掬います。寒い季節に地道な作業で、漁をしているのですね。本当にご苦労様ですね。今はまだこの稚魚が取れないと、私達は夏の土曜の日に、美味しいうなぎが食べれない訳ですね。🤣🤣😆蒲焼き鰻重は美味しいですもんね♪食べたいwww.👍😊
投稿日:2021年2月13日
GoToEatのポイント利用でお得に予約!
tabelogで見る

◯祖谷の小便小僧像

mmamiho
祖谷渓へ向かう細い山道を通っていると、道路の脇にぽつんと開放的な名物小便小僧が居ます♪ちょうどカーブのところにいるので、注意して運転しないとうっかり通り過ぎてしまいますよ!

小便小僧像の土台の岩には小銭がたくさん置いてありました。皆さんお賽銭感覚で置かれていったのでしょうか?♡
小便小僧
徳島県三好市池田町松尾~西祖谷山村
★★★★★
★★★★★
3.20
10件
10件
撮影日:2019年6月22日祖谷渓の小便小僧祖谷といえばこの小便小僧なぜこんな高い所に小便小僧❓と思いますがその昔、祖谷渓に沿った祖谷街道を舗装する工事の作業員やそこを通る旅人たちが度胸試しのために像のある岩周辺から小便をしたことが由来で像が設置されたんだとか高さ200メートルの断崖絶壁に立つだけでも十分怖いので度胸試しになると思います💦現在は入ることも立つことも出来ないので眺めるぐらいで満足しておきましょう(笑)
投稿日:2020年5月21日

◯祖谷のかずら橋

mmamiho
mmamiho
祖谷の大自然の中にある国指定重要有形民俗文化財の「かずら橋」。「シラクチカズラ」を編み連ねて創られた吊り橋です!橋の通行料は¥550(税込)かかります。

実際に橋を渡ると、横へゆらゆら揺れてスリル満点です♪さらに、足元は隙間が大きく空いており、何かを掴まないと落ちそうで足がすくんで前に出れません!ぜひ自然のアトラクションに勇気を出して、一歩一歩進んでいきましょう♡
祖谷のかずら橋
徳島県三好市西祖谷山村善徳162-2
★★★★★
★★★★★
4.00
42件
65件
祖谷のかずら橋に行ってきました✨緑と川の流れにマイナスイオンたっぷりです😊かずら橋はところどころ板の間隔が違い、後ろから人が来ると揺れるのですがそれもまた楽しい✨怖がりの人も多分大丈夫かな💓自然の中にいると、嫌なことや、ストレスが軽減されますね💓深い緑色の神秘に癒された1日でした✨自然に感謝です🌼
投稿日:2020年12月9日
撮影日:2019年6月22日祖谷のかずら橋徳島といえばやっぱりこれですよねラフティング後なので中々に体力消耗してましたが好奇心で身体を動かしますよ💪「祖谷のかずら橋」は長さ45メートル、幅2メートルの吊り橋で、水面からの高さは14メートル「かずら」というのは「シラクチカズラ」と呼ばれるつる植物のことで、この橋には約6トンのシラクチカズラが使われているそうですこのかずら橋ぼちぼちの高さの位置にありますそれも足元が見え、揺れるので高所恐怖症の方は結構大変かもしれません😅渡るためには通行料が必要で550円かかりますそれも片道一方通行なので渡るかどうかは自分と相談ですねこの辺は全然平気なので手すりも持たずにカメラ構えて撮影してました(笑)どちらかというと携帯を落とさないようにする方に集中してましたね(笑)水が綺麗で下を見ながら渡るのも楽しかったです🎶帰り道に野良猫に遭遇ちょうどお店の人に魚の頭の部分を貰ってたのでパシャり
投稿日:2020年5月21日
2019.4.27昨年の今頃祖谷のかずら橋♬山藤が綺麗に咲いて♪結構混み合っていてなかなか前には進まないし下は見えるし怖かった〜!
投稿日:2020年5月6日

◯琵琶の滝

mmamiho
かずら橋を渡りきるとすぐある「琵琶の滝」。自然のマイナスイオンたっぷりです♪太陽の陽射しが滝に当たって、隅に小さな虹が現れます。ここに来れば、元気とパワーを貰えちゃうかも♡
琵琶の滝
徳島県三好市西祖谷山村善徳
★★★★★
★★★★★
3.20
9件
17件
祖谷のかずら橋のすぐ近くにある琵琶の滝を見てきました✨源平の戦いに屋島で敗れた平国盛が、安徳天皇を奉じ祖谷に潜入し、この地に土着したといわれている。平家伝説の一つに数えられている場所。その落人達が、古都の生活をしのびながら、滝の下で琵琶を奏で、つれづれを慰め合ったと伝えられていることが琵琶の滝の名前の由来だそうです😌琵琶の滝までにお店があり、火鉢で焼いていたお団子を買いました✨甘いお味噌で美味しかった~💗滝でもマイナスイオンをたっぷり浴びました💗
投稿日:2020年12月9日
JR大歩危駅からバスで祖谷温泉。さらにその先にかづら橋があります。下が見えてるんでスリルあります。けど、橋の上は一方通行。怖くなっても戻る事は出来ません。すぐ近くには琵琶の滝という綺麗な滝もあります。マイナスイオンたっぷりです。、四国のおすすめ
投稿日:2020年1月19日
琵琶の滝徳島の有名な祖谷のかずら橋の近くにある滝です透き通る滝底に吸い込まれそうなくらいマイナスイオン!
投稿日:2018年8月17日

◎徳島でアクティブに過ごそう♡

mmamiho
1日目は芸術に触れ、旅館で疲れを癒す。
2日目には吉野川ラフティングで大自然に触れ、吊り橋でスリルを味わう1泊2日旅♪

いかがでしたか?猛暑の夏が終わり、秋が近づいて来ましたが、まだまだアクティブに楽しみませんか?ぜひこの休日は秋の自然を満喫しに、徳島県に訪れてみて下さいね♡
  • シェア
  • ツイート
  • 保存
※掲載されている情報は、2020年11月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。

人気記事ランキング

更新日:2021年12月8日

  1. 1【Enjoy EU クリスマス・ヴィレッジ】EU27か…
    kabutan
  2. 2【2021年12月版】コストコで買うべきおすすめ商品4…
    chanyama
  3. 312月8日最新!Uber Eats(ウーバーイーツ)の…
    chanyama
  4. 4【2022】福袋のおすすめ15選!毎年人気の食品やコス…
    yk0220
  5. 5【2022】スタバ福袋の当選倍率を発表!中身ネタバレや…
    kabutan
  • aumo
  • 四国
  • 徳島
  • 【四国・徳島】芸術の秋!食欲の秋!スポーツの秋…