下関名物!"関門海峡花火大会"概要と魅力を徹底解説【2019年】

今年の夏は下関で"関門海峡花火大会"を楽しもう!山口県下関市と福岡県北九州市門司区の関門海峡両岸で開催されるこの花火大会は、集客数、打ち上げ数ともに日本有数の規模を誇るんです◎今回は、そんな夏の1大イベントの概要と楽しみ方を徹底解説しちゃいます♪
この記事の目次

下関、夏の一大イベント!「関門海峡花火大会」って何?

「関門海峡花火大会(かんもんかいきょうはなびたいかい)」は、毎年8月13日に山口県下関市・福岡県北九州市門司区で開催されている大規模な花火大会。元々は下関のみで行われていた花火大会ですが、1988年から門司の花火大会と合流して下関・門司合同の開催となったそうですよ♪

しかし、今でも下関側と門司側で主催者や見どころが異なるため、今回の記事では、"下関"側から見る「関門海峡花火大会」にスポットを当てて解説していきたいと思います。

下関側から見よう!「アジアポートフェスティバル in KANMON 2019 関門海峡花火大会」の概要

aumo編集部

【アジアポートフェスティバル in KANMON 2019 関門海峡花火大会】
日時:2019年8月13日(月)(※雨天決行・台風などの荒天の場合は中止)
時間:19:50~20:40
場所:メイン会場は、あるかぽーと下関及び海峡ゆめタワー前(22号岸壁)・カモンワーフ・唐戸市場前

「関門花火大会」は今年35回目(門司との合同開催は32回目)の開催となる歴史ある花火大会。毎年、下関・門司海峡両岸から約15,000発もの花火が打ち上げられ、下関側だけでも約95万人の来場者を誇るんだとか!

鑑賞スポットや有料席についてはまた詳しく解説しますが、小学生以上の方はメイン会場が有料チャリティエリアとなるので注意してくださいね◎

下関側から見る「関門海峡花火大会」の見どころと魅力♡

毎年、下関か門司のどちらかで開かれる開会式ですが、今年は門司側となっています。しかし、開会式に出席しなくても十分に楽しめるようになっているので安心してください◎

また、毎年設けられる時勢に応じた大会テーマですが、2019年は"令和元年、決断のエッフェル"。令和に改元して初の開催のため、今年の花火も期待大ですね!

続いて、下関側の「関門海峡花火大会」の見どころや魅力についてご紹介しますよ♪
下関側では、約450mもの大きさの1尺5寸玉花火のほか、水中花火、フェニックス、尺玉連発など、大迫力の花火が盛大に打ち上がるんです。種類豊富でダイナミックな花火と、関門海峡の美しい夜景のコラボレーションは他にはない魅力です♡

どっちで見る?下関定番の「関門海峡花火大会」人気鑑賞スポット

魅力たっぷりな「関門海峡花火大会」。そんな花火大会を満喫するには、鑑賞スポット選びが非常に重要です。そこで次は、下関側でのおすすめ花火鑑賞スポットを2スポットご紹介します!是非、花火大会に訪れる際の参考にしてみてくださいね。また、どちらも人気の鑑賞スポットなので、場所取りはお早めに◎

毎年大人気!下関「火の山公園」から花火大会を楽しむ♡

最初にご紹介する、「関門海峡花火大会」の定番鑑賞スポットは「火の山公園」。ロープウェイで登頂でき、下関や関門海峡を一望できるため、普段から夜景スポットとして大人気の山です◎

「火の山公園」での花火鑑賞の魅力は、下関・門司の両岸から打ち上げられた花火を、同時に眼下に収められること。日本国内外、大勢の観光客が、「関門海峡花火大会」開始の10時間前には既に場所取りを行っているほどの大人気スポットです!

花火会場から距離があるため、花火は小さく見えますが、関門橋と下関・門司両岸の花火を1枚の写真に収めたいなら必見です☆

火の山公園

下関花火大会デートに♡カップルにおすすめしたいロマンチックな花火鑑賞スポット「海峡ゆめタワー」

aumo編集部

次にご紹介する、下関の「関門海峡花火大会」人気見物スポットは、「海峡ゆめタワー」です!こちらも、下関・門司両岸から打ち上げられる花火を一斉に見ることができるため、毎年多くの人で賑わいます。

「火の山公園」では写真撮影をされる方が多いですが、普段から「恋人の聖地」とされている「海峡ゆめタワー」には大勢のカップルが!そのため、手を繋いだり、2人の世界に入っていても、周囲から白い目で見られること少ないかも♡(笑)

また、例年こちらでは、「関門海峡花火大会」の日の営業時間を23:00まで延長しているそう。花火を楽しんだ後に、ロマンチックで美しい夜景も楽しめる下関のおすすめスポットです◎

海峡ゆめタワー
詳細情報を見る
asoview_kankou
あわせて読む
【下関】海峡の夜に酔いしれる♪おすすめ夜景スポット4選!

下関から見る「関門海峡花火大会」!穴場スポットはコチラ

「下関側から花火を大迫力で見たい!でも、何時間も前から場所取りするなんて無理…。」そんな思いを抱えた方に向けて、次は下関側の穴場花火鑑賞スポットをご紹介します!穴場でありながら大迫力の花火を楽しめたり、花火鑑賞以外も充実しているスポットなど、魅力が詰まったスポットばかりですよ♪

圧倒的な大迫力!下関「巌流島」からの花火鑑賞

まずご紹介する、下関側の穴場鑑賞スポットは「巌流島(がんりゅうじま)」です!
「巌流島」は、関門海峡に浮かぶ下関の無人島。佐々木小次郎と宮本武蔵の決戦が行われた場所として有名なんですよ。

そんな巌流島、「関門海峡花火大会」の際には、下関・門司両岸の花火を間近に見ることができるとっておきの花火鑑賞スポットになるんです◎武蔵・小次郎の決戦像の背後に咲く巨大な花火は圧巻の一言!

巌流島へは、下関・門司両岸から出る船を利用し向かいましょう。花火大会終了後は船が混雑し、乗船の待ち時間もあるものの、花火大会中はゆったりと快適にダイナミックな花火を見ることができるため、筆者イチオシのスポットです♪

巖流島

下関の穴場花火鑑賞スポット!花火×水族館で子供も大人も大満足◎

次にご紹介する、「関門海峡花火大会」下関側の穴場スポットは「下関市立しものせき水族館・海響館(かいきょうかん)」です。
こちらは下関の「関門海峡花火大会」開催会場からすぐの場所にあります。下関側の花火を見物するのには絶好のスポットですが、筆者が見物した際は、他の場所に比べると人が少ない印象でした◎

「関門海峡花火大会」の日は、23:00まで営業しているこちらの水族館。ペンギンやフグの展示が豊富で水族館としても大人気なスポットなので、魚たちと一緒に花火を楽しんじゃいましょう♪

下関市立しものせき水族館・海響館
詳細情報を見る
asoview_kankou

下関でゆっくり花火大会を楽しみたい!有料席や各種ツアー情報をご紹介

これまで、「関門海峡花火大会」の下関側の定番・穴場の鑑賞スポットをご紹介させていただきました。しかし、時間や人を気にせずゆったり花火を楽しみたい方もいるでしょう!
そこで次は、「関門海峡花火大会」下関側の会場と、花火鑑賞の際の有料席、下関市外からいらっしゃる方必見の「関門海峡花火大会」ツアーをご紹介させていただきます♪

下関の「関門海峡花火大会」有料エリアとチケット情報

「関門海峡花火大会」の下関側には、主に4つの会場があり、その全てが有料チャリティエリアになっています(※小学生未満は無料)。花火大会と一緒に楽しみたい屋台は有料チャリティエリア外にもありますが、会場付近で見るなら有料チャリティエリアが◎

また、当日の入場チャリティチケットは先着順となるので前売り券がおすすめ。会場は 「あるかぽーと会場」、「海峡ゆめタワー前(22号岸壁)会場」のいずれかを選択できます。

購入場所はJR線下関駅、新下関駅各観光案内所、下関市役所売店などのほか、インターネット販売もしており、自宅や全国のセブンイレブン、ファミリーマートで受け取ることが可能です!

料金など詳細については、今後更新される公式HPをチェックしてください♪

はい!からっと横丁
詳細情報を見る
jalan_kankou
唐戸市場
詳細情報を見る
jalan_kankou

下関市以外から訪れたなら!ツアーで楽しむ「関門海峡花火大会」もおすすめ◎

「関門海峡花火大会」は、日本でも有数の規模を誇る花火大会。全国各地から様々なツアーが出ていますので、要注目です!特に、関門海峡の船上から花火を見ることができる、「関釜フェリー」の下関ツアーは必見。船上から見る、下関・門司両岸の花火は格別ですよ。

毎年予約が殺到しますので、こまめな情報チェック、早めの予約をお願いします◎

下関で「関門海峡花火大会」を見物する際の注意点!混雑状況やトイレ情報も◎

駐車場はないので要注意!来場には公共交通機関を◎下関周辺での交通渋滞も…。

※画像はイメージです。

下関市・門司区内外から多くの人が訪れる「関門海峡花火大会」。車での来場はおすすめできません。

一般車両の公式な駐車場はありませんし、「関門海峡花火大会」終了後は例年大変な交通渋滞となっています。
筆者も一度車で訪れたことがあるのですが、下関から抜け出すのに数時間かかってしまいました…。来場する際は、公共の交通機関を使用するか、下関市内で宿泊するのがおすすめです◎

トイレや電波で不便な面が…花火大会当日は要注意!

aumo編集部

「関門海峡花火大会」当日の下関は、観光客で大賑わい。下関・門司港両岸で100万人を超える観光客が訪れるため、関門海峡周辺では電波が混雑して電話やインターネットが通じにくくなることもあります。
集合場所や、迷子になった時の待ち合わせ場所はあらかじめ決めておきましょう◎

また、トイレの混雑にも要注意です。会場周辺には既設・臨時トイレがありますが、あらかじめトイレの場所を確認し、「関門海峡花火大会」へ訪れるまでにトイレはできるだけ済ませておくことをおすすめします!

下関の「関門海峡花火大会」で夏を満喫しよう!

いかがでしたか?
下関から見る"関門海峡花火大会"は都内からわざわざ訪れる価値あり!
多彩な花火と、多くの来場者を誇る人気花火大会"関門海峡花火大会"是非、2019年の夏の思い出作りに訪れてみてはいかがでしょうか♡

あわせて読む
下関観光をするならここ!定番から穴場まで観光スポット徹底解説大…

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年07月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新27選…
    yuri1020
  3. 3【大阪】食べ歩きをするならココで決まり!筆者のおすすめ…
    takaya
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【2019年度版】スイーツ愛好家が東京のおすすめ26店…
    meme1127