仙台の花火大会"七夕花火祭"の概要と楽しみ方!【2019年版】

"仙台七夕花火祭"は、今年で50周年を迎える花火大会。今回は、そんな東北の大人気夏イベントである"仙台七夕花火大会"についてご紹介♪2019年の概要、見どころ、穴場の鑑賞スポットまで詳しくご紹介するので事前に知っておくと役立つ情報も網羅しています◎
この記事の目次

1. 仙台・東北随一の花火大会"仙台七夕花火祭"の概要

宮城県仙台市で毎年開催される「仙台七夕花火祭」は、「仙台七夕まつり」の前夜祭として開催される花火大会。「仙台七夕まつり」と合わせて、仙台の人だけでなく、全国各地から観光客など、約50万人の人が集まる花火大会で、東北地方でもトップクラスの迫力と盛り上がりなんです!約1万6,000発打ち上げられる花火は圧巻ですよ◎

今年の詳細は以下の通りです!

【第50回仙台七夕花火祭】
日程:8/5(月)(※雨天決行・荒天中止)
時間:19:30~20:30頃(※例年より30分遅い花火打ち上げ開始時間なので注意!)
場所:仙台西公園周辺
アクセス:仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」から徒歩約3分

車で訪れた場合は、特設駐車場がないため、近隣のコインパーキング等を利用しなればなりません。また、交通規制で混雑が予想されるので、電車やバスの利用がおすすめです!交通公共機関を利用の際も、打ち上げ終了後の会場周辺の地下鉄駅・仙台駅は大変混雑するため、事前の往復切符の購入orICカードのチャージをお忘れなく◎

2. 仙台で人気の花火大会なのははぜ?"仙台七夕花火祭"の魅力と見どころ

今年で第50回を迎える「仙台七夕花火祭り」。それだけ長く続く花火大会の魅力とは…?

この花火大会の魅力は、360度全方位から花火を見ることができるということ。仙台市内を流れる広瀬川の側で打ち上げられる花火は、基本的に街中のどこにいても鑑賞できるんです!無料開放される公園や、建物の屋上など様々な鑑賞のスポットがたくさんあるので、じっくり花火を楽しむなら、早めに下調べをすることが肝心◎

次は、そんなたくさんの鑑賞スポットから、おすすめの穴場スポットをご紹介しますよ♪

3. 仙台の花火大会を満喫するならココがおすすめ!有料席or穴場鑑賞スポット?

仙台出身者がおすすめする、穴場鑑賞スポットは「青葉城址(あおばじょうし)」!

こちらの場所はもともと、仙台市内の夜景が一望できると有名な絶景スポット。そんな「青葉城址」は、仙台の夜景と花火を一緒に鑑賞できる贅沢な鑑賞スポットなんです。

しかし、徒歩で行こうとすると軽い登山レベル!急な坂道を登らなければいけないので、早めに家を出て、車やバスを利用して向かいましょう◎

その他、定番の鑑賞スポット「西公園」や「広瀬通」は広いスペースがありますが、例年かなり多くの人が集中して場所取りをするため、早い時間からの場所取りが必須!また、木や建物に花火の一部が隠れてしまう時もあるので、下見をしておくとさらに◎

青葉城址
詳細情報を見る
asoview_kankou

仙台の人気花火大会"仙台七夕祭"は有料席でゆったり鑑賞!料金や場所、購入方法は?

場所取りの心配をしないでゆっくり花火を見たい方は、有料観覧席の利用を♪

今年の有料観覧席の情報はまだ発表されていませんが、毎年、有料観覧席の予約はすぐに埋まってしまうので、公式HPをこまめに確認するようにしましょう!

例年、青葉山交流広場、仲の瀬グラウンド、仲の瀬橋、国際センターエントランス前広場に用意される「仙台七夕花火祭」の有料観覧席。
座席は数種類用意されています。イスやマス席など、座ってゆっくり花火火を楽しめる席はもちろん、飲食しながらの花火鑑賞にピッタリなテーブル席まで様々。お好みの席で、美味しいビールを飲みながら、仙台の夏の夜を楽しむことができますよ♡

4. 花火大会だけじゃない!"仙台七夕花火祭"の楽しみ方♪

aumo編集部

東北の一大イベントとも言えるこの花火大会では花火を見ることはもちろん、浴衣を着てのんびり過ごしたり、仙台のグルメやたくさん並ぶ屋台を食べ歩いたり、様々な楽しみ方ができます◎

ここからは、仙台七夕花火祭と一緒におすすめしたい地元で有名な隠れスポット、おすすめの食べ歩きグルメなどの情報をご紹介するので、仙台に訪れた際は是非参考にしてみてくださいね。

5. 花火大会が始まる前に!屋台グルメや仙台名物を堪能♡

aumo編集部

※写真はイメージです。

花火大会といえば屋台グルメですよね♪「仙台七夕花火祭」で屋台が集中している場所は、主に西公園周辺と勾当台公園。定番の屋台はもちろん、牛タンやずんだなど、仙台ならではの屋台があるかも!?

花火大会の前に腹ごしらえ♪仙台食べ歩きグルメに舌鼓「ひょうたん揚げ」

aumo編集部

屋台グルメの他に食べ歩きにおすすめなのが、仙台名物のかまぼこを美味しく食べられる「ひょうたん揚げ」。

衣はカリカリ、中のかまぼこはふわふわで、1度食べたら病みつき。値段も安くて気軽に食べられることもポイント。私も欠かさず食べる仙台の隠れ名物です!

仙台駅から長く伸びるアーケード内にあるので、花火大会の会場に向かって歩きながら美味しいグルメを堪能して下さい◎

阿部蒲鉾店 本店
詳細情報を見る
hot-pepper-gourmet

6. 花火大会の翌日から開催!東北三大祭の1つ"仙台七夕まつり"

仙台七夕花火祭の後は、翌日から始まる"仙台七夕まつり"を満喫しましょう!

この「仙台七夕まつり」は、仙台市中心部や周辺商店街で行われる、伊達政宗の時代から続く歴史あるお祭りなんだとか。アーケードの中は毎年たくさん七夕飾りが並んでいて圧巻。七夕飾りにはそれぞれに込められている想いや願いが違ったり、金、銀、銅の賞が決められているので、ぜひチェックしてみて下さい♪

例年、仙台七夕祭の翌日からの3日間、8/6~8/8あたりに開催しています。毎日午前10:00~21:00、22:00くらいまで開催しているので、仕事帰りにも美しい七夕飾りを見たり、出店を楽しむことができますよ◎

仙台のフォトジェニックなおすすめ観光スポット♡

最近の七夕飾りは、おしゃれなものやキャラクターをモチーフにしたものなど、バラエティが豊か。フォトジェニックな写真が取れること間違いなし!

長い飾りをかき分けて歩くのは楽しいですよ♪ぜひ、前夜祭の花火大会から、七夕まつりまで、仙台の夏を満喫してみてくださいね。

2019年の夏は仙台の花火大会"仙台七夕花火祭"を満喫♡

aumo編集部

いかがでしたか?
2019年の夏は、仙台の花火大会で長く続く伝統と熱気を感じてみて下さい!また、"仙台七夕花火祭"だけでなく、翌日から始まる"七夕まつり"にも訪れ、お祭り気分で夏を満喫しちゃいましょう♪

あわせて読む
【仙台】出身者が教える定番・穴場を押さえた1日デートプラン♡

周辺のホテルを検索♪

※掲載されている情報は、2019年06月時点の情報です。プラン内容や価格など、情報が変更される可能性がありますので、必ず事前にお調べください。
2019年10月1日からの消費税増税に伴い、表記価格が実際と異なる場合がありますので、そちらも併せて事前にお調べください。

人気記事ランキング

  1. 1【2019年】東京の観光スポット決定版!絶対に行くべき…
    koh481
  2. 2京都のお土産おすすめ16選!定番お菓子から人気コスメま…
    oseraboch21
  3. 3【2019】福岡のお土産と言えばこれやけん!最新26選…
    yuri1020
  4. 4新大久保のお土産と観光コースをご紹介!コリアンタウン新…
  5. 5【関東 紅葉】1度は行ってみたい、穴場〜名所までおすす…
    yufujito